船高トピックス

2018年8月の記事一覧

パソコンが新しくなりました。

第1パソコン室のパソコンが更新の時期を迎え、新しいものに取り替えられました。OSやソフトがすべて最新のものになり、使いやすくなりました。2学期から情報や工業の授業、総合的な学習の時間、進路学習、パソコン部の活動などに活用していきます。生徒の皆さんは大切に使いましょう。
 

マレーシア留学から帰ってきました。

2年生の黒岩さんが7月から約1ヶ月間、ライオンズクラブ主催の「夏期YCE派遣」でマレーシアに留学していました。その帰国報告会が8月23日にライオンズクラブの定例会の中で行われました。楽しい思い出をたくさん作り、日本とは違う様々な文化について多くの経験を積んできたようで、ライオンズクラブの皆様には心より感謝を申し上げます。11月16日~の龍鳳祭(文化祭)で、全校生徒向けに報告会を行います。

また、本校の生徒会で組織されるライオンズクラブの組織「御船レオクラブ」の活動費の助成金贈呈も行われました。ライオンズクラブのみなさま、ありがとうございました。


会議・研修 【3年生模擬面接会】

 いよいよ就職試験を9月16日に控えた中、本日就職希望者約80名の生徒が模擬面接会を受講しました。講師として県内企業の経営者や人事担当者21名を招聘し、職種ごとに10班に区分し、本番さながらの実践指導を受けます。
 講座は各講師の先生方の自己紹介で始まりました。様々な職種の紹介やユーモアある挨拶や話術に、間近に迫る「社会」との距離感や、講師の先生方に指導いただく重みを実感したようでした。


 さて、いよいよ班ごとに分かれての実践です。今回は「事務・販売」「輸送・機械運転・建設土木・保安」「技術・生産・管理」を基軸に班分けされました。
  

 最初はどの班も緊張して声が小さかったり、元気がなかったり不安な様子がうかがえました。せっかくしっかりと受け答えができていても、表情が乏しかったり声が小さいと、せっかくの良さも半減してしまうことなど、その場で審査をした生徒の皆さんも気づきは多かったようです。

  

 互いの未熟さは、己の未熟さとしてとらえ、まずはこの80名の第一陣が、内定をつかめるよう切磋琢磨することが肝要です。長い夏休みでした毎日のように登校して準備をしていたこともあり、皆、引き締まったよう表情でした。
 講師の先生方も、酷暑の中、ご来校ご指導をいただきまして、本当にありがとうございました。

花丸 【電子機械科】毎年恒例!小学生ものづくり教室

8月24日(金)、夏休みも残り一週間となった本日、御船高校で毎年開催しています「小学生ものづくり教室」を行いました。これは、近隣の御船小学校、木倉小学校の小学生4~6年を対象としたものづくり教室です。
今回は「クリスマスツリー」または「くまモン」のパネルを製作し、LEDを使用したイルミネーションを製作しました。
 子どもたちのほとんどが初挑戦だった「はんだづけ」に少々苦戦したものの、それぞれが工夫を凝らしたクリスマスツリーやくまモンを製作しました。

 
 
 

東日本大震災被災地交流研修に出発しました

 8月21日(火)~23(木)の2泊3日で福島県相馬市を中心に東日本大震災被災地交流研修が実施されます。これは、宇城・上益城地区高校の合同事業で、今年は5校から8人の生徒と4人の引率の先生が参加します。集合場所の交通センターでは、本校から参加する2年生の中野君と本田さんが、他校生と親しく話しながら、研修を楽しみにしていました。心配していた台風の影響も大丈夫なようです。充実した研修になるように祈っています。