船高トピックス

2018年1月の記事一覧

【3学年】新社会人セミナー

 1月30日(火)、学年末考査最終日の午後より、企業へ内定している生徒56名(普通科16名、電子機械科40名)を対象に、「新社会人セミナー」を実施しました。
これは入社へ向けた心構えやビジネスマナーなどを学ぶことで、社会人生活に円滑に移行できるよう不安の解消を図り、早期離職を予防するために毎年実施しています。
 今回は「いけだマナーアカデミー」池田様と、「オフィスDear」今村様に講師として来校していただきました。セミナーでは、社会人として必要な5つの要素(①礼儀正しい態度、動作 ②自分から先に挨拶 ③身だしなみを整える ④正しい言葉遣い ⑤約束(時間)を守る)についてご指導をいただきました。
 生徒たちは考査の疲れも見せず、初めて体験する電話の応対や名刺交換に戸惑いながらも真剣に取り組んでいました。この経験を活かし、来春からの新生活に役立てて欲しいと思います。
 
 

【2学年】普通科Ⅰコース(2・3組)集会を開きました。

 1月29日(月)、第5実習棟「ものづくりラボ」で、2学年普通科Ⅰコース(2・3組)の集会を開きました。2回目となる今回のテーマは「学年末考査に向けて」です。修学旅行も無事に終え、次の目標は何か、と生徒に尋ねたところ「卒業!」と大きな目標が返ってきました。まさにその通りです。進路の目標を定め、将来の自立のために学業・生活ともに充実させる必要があります。その大きな目標へ到達するために、まずは目の前の課題=学年末考査にしっかりと取り組む必要があります。
 はじめに3組担任の村上先生から、一人前の社会人として収入を得て、自立することの大切さを、正社員と非正社員との賃金格差などを例に交えて話がありました。そして、学ぶことの意味、テストに真剣に臨んで実力を養うことの重要さ、授業態度や提出物など学ぶ姿勢を振り返り、改善する必要性などについて考えるよう促されました。
 次に学年主任の高森先生が、生徒が動く活動を交えて話をされました。まず、大学、医療系上級学校、専門学校、就職・公務員の4つの進路希望別に生徒を移動させ、Ⅰコースの仲間が多様な進路目標を持っていることを視覚的に確認しました。まだ、はっきりと自分の進路を決めていない生徒はよい刺激を受けたと思います。そして、互いに切磋琢磨して自己を高めること、進路希望を意識して毎日の学習に臨むよう激励をされました。
 勉学や学校生活、進路に対する意識を高め、学年末考査に向けて精一杯努力してほしいと思います。

宇城地区ダンス発表会に出場しました

 1月26日金曜日午後、宇城市のウイング松橋において熊本県高等学校宇城地区ダンス発表会が開催され、本校からも2年生の3クラスが学校代表として出場しました。それぞれ、「ENJOY」、「LOVE]、「CUTE」をテーマに笑顔でとても楽しそうに発表していました。
 指導してくださった保健体育科の吉村先生から、「今日の経験を学校生活にいかしてください」と言葉をいただくと、この日見学にきていたクラスの生徒も含めて、「は~い!」と元気な返事が返ってきました。今後に期待しています!

 

【2学年】修学旅行ありがとうございました

 1月23日(火)おかげさまで無事に生徒たちが熊本へ帰着することができました。多くの保護者の皆様に送迎を頂き、ありがとうございました。
 1人ひとりの事前指導に関する意識は大変高く、集団行動や毎日の生活面では班長を中心にスムーズな流れで感心することも多々ありました。また、東京では長野から上京した頃に雪が本降りになり、その日は例年にない大雪となり心配されましたが、ダイヤも乱れ始める中、先生方と連絡を取り合い、各人それぞれが声を掛け合いながら自主研修を終えることができました。

 3年での進路決定に際し、入試会場・入社試験会場には一人で赴くことになります。季節や状況に応じ、様々な不測の事態に備える心も学んだ4日間だったと思います。2月、3月と進路講座などが予定され、二者面談・三者面談も各クラスで始まります。2学年が結束し1つのチームとなって、進路実現を目指して進んでいきたいと思います。