船高トピックス

2016年10月の記事一覧

【電子機械科】お帰りなさい! 右田君

平成28年度専門高校生による海外インターンシップ事業に参加していた 2年A組右田宜也 君(電子機械科)が元気に帰熊しました。熊本空港に5分遅れの20:45に到着。第一声は『楽しかったです!』でした。長時間のフライトの疲れも見せず、その顔には自信や充実感で溢れていました。解散式では右田君が参加者10名を代表してあいさつをしてくれました。地場企業である平田機工様のアメリカでの活躍、マイクロソフト社やボーイング社見学では先端技術に目を奪われ、現地高校生との交流では英語でコミュニケーションをとることの難しさ 等々様々なことを学んできたようでした。1週間の研修、お疲れ様でした。

 

【1学年】オープンキャンパス報告会

10月28日(金)オープンキャンパス報告会を行いました。この報告会は総合的な学習の時間で取り組んでいるキャリア教育の一つとして、夏季休業期間を中心に参加した大学や専門学校のオープンキャンパスでの体験を生徒の代表10人に発表してもらいました。

 発表では参加した大学(専門学校)の全学部・学科の紹介をはじめ、参加した学部の教育内容、取得できる資格、就職実績などの報告がありました。

 生徒の感想文から、「これまで就職した興味がなかったが進学にも興味が湧いてきた」等、同級生の発表にあらためて進路を見つめ直す機会になったようです。
 
 

【保健委員】保健だよりコンクール優秀賞受賞!

高等学校保健会主催の保健だよりコンクールで、昨年に引き続き優秀賞を頂きました。生徒保健委員会では毎月、保健だより「船高Health」を発行しています。全ての保健委員が必ず一回は担当し、一生懸命作っています。全員で頂いた賞です。これからも船高生の健康のために、健康に関する大切な情報を発信していきたいと思います。

写真は、10月21日()に行われた第2回生徒保健委員連絡協議会での、保健だよりコンクール表彰式に代表で参加した2年生保健委員の春口君、小栗さんです。

【1・2学年】合同人権教育LHRを行いました

10月26日(水)の7限目に、1・2学年合同の「人権教育LHR」を行いました。
 
これは11月16日(水)に実施する「人権教育講演会」にて「水俣病」に関する講演をしていただきますので、水俣病に関して事前学習を兼ねたものになりました。
 

全員でDVDを視聴し、用意されたワークシートへ記入しながら学習を行いました。
事前の調査では、小中学校までにほとんどの生徒が水俣病に関して学習又は現地へ行ったことがあるということが分かりました。
しかしながら高校生で改めて学習することで、水俣病に関して考えが深まるのではないかと思います。

【コーラス部・吹奏楽部】城南音楽会

 10月26日(水)、第42回城南地区高等学校交歓音楽会が天草市民センターで開催され、コーラス部と吹奏楽部の1・2年生19名が出場しました。
 この音楽会は、県内高等学校の音楽の授業や音楽関係の部活動の、日ごろの活動の成果を発表しあい、生徒同士の交流を深めるために行われている伝統ある行事です。賞や順位が出るコンテストとは違い、リラックスした雰囲気の中、ポップス曲など親しみやすい曲目が発表され、会場は盛り上がっていました。
 本校のコーラス部、吹奏楽部も日ごろの練習の成果を発揮し、会場から手拍子をもらいながら、はつらつとした演奏で演奏会を盛り上げることができました。
 写真はコーラス部の発表の様子です。