公務員と介護福祉士を目指すなら来たれ芦高に!!

 イベント令和4年度スクール・ミッションはこちら右芦北高校.pdf

重要芦北町からの総合的な支援事業について 

重要芦高受検を考えている方へ.pdf

 令和5年度(2023年度)熊本県立芦北高等学校入学者選抜説明会

 (関係中学校職員向け)

  期日 令和4年(2022年)10月21日(金)14時~15時

  入学者選抜説明会 案内文.pdf

  入学者選抜説明会 出席者名簿 募集要項調査票.pdf

  入学者選抜説明会 説明会日程.pdf

 NEW 部活動紹介

  令和4年度 部活動に係る活動方針.pdf

 

 キラキラ 2022年スクールガイド

   SCHOOL GUIDE 2022.pdf

 

 花丸芦北高校制服の御紹介

 

 

  農業科  学科紹介                林業科  学科紹介

〜今、農業がおもしろい〜           〜未来のために、環境を育む〜

 

福祉科  学科紹介                コンセプトムービー

〜「あたらしい幸せ」をデザインする〜     〜食・いのち・環境・資源〜

 

興奮・ヤッター!芦高公式Twitter興奮・ヤッター!


 進路情報(令和3年度)

  お祝い 国家公務員一般職(林業)一次試験合格者数日本一!!

 国公立大学(鹿児島大学)をはじめ、高等看護学校など医療系専門学校にも多数合格を果たしています!

 就職希望者全員内定!

うち9割以上が県内就職!

地元就職に強い!大変好調な結果を収めています。詳しくはコチラ→卒業生の進路

 合格令和3年度 介護福祉士国家試験 合格率90.0(全国平均72.3%)

・介護職員初任者研修 1年生全員修了
・医療的ケア(基本研修) 2年生全員修了


農業科から生徒実習製品(食品加工品)販売再開のお知らせ

 生徒実習製品のマーマレードの販売を再開しました!

 他の生徒実習製品(いちごジャム、乳酸飲料、しそジュース、梅ジュース、クッキー、マフィン、梅干し、漬け物)については、販売が再開され次第、下記の芦高ブログにて随時案内しますので、ご確認ください。

 毎年楽しみにされている皆様に、食品加工実習製品販売のお知らせができるように、職員一同精一杯頑張ってまいりますので、御理解いただきますようお願いいたします。


令和4年度 芦北高校 生徒心得・校則.pdf

新着情報
学校生活(芦高ブログ)

芦高ブログ

ピース 新日本プロレスへお礼の挨拶に行きました

令和2年7月豪雨災害時に新日本プロレス団体より、本校並びに地域に多くの支援物資(タオルや帽子等)とお気持ちを届けていただきました。 

令和4年9月21日(水)にグランメッセ熊本にて大会(バーニング・スプリット)が開催され、当時のお礼をお伝えするためにご挨拶に伺いました。

代表して棚橋 弘至(たなはし ひろし)選手に直接お礼を伝えることができ、本校特産のマーマレードをお渡ししました。

「社会貢献を大切にしており、何かあればいつでもお知らせください」と嬉しい言葉を掛けていただきました。

試合前の貴重な時間にご対応いただき感謝いたします。

(写真は、マーマレードを持つ棚橋選手と本校校長)

 

小まめな観察が大切(林業科)

林業科3年生の課題研究「ホタル班」は学校横の乙千屋川の観察を定期的に行っています。この日は、なぜか川が濁っており、ホタルの餌となるカワニナの数も減っていました。上流に登ってみると、砂防ダムの工事をしていました。先日の台風による大雨で土砂が流れ込んだのかもしれません。工事自体は仕方ありませんが、このように上流の環境が河川環境に影響するということを再認識したようです。

実践的に学ぶ!(林業科)

林業科の2年生が二日間かけて演習林実習を行いました。今回は、チェーンソーを使っての間伐実習です。

最初に山の神様に実習の無事を祈りました。

そして、チェーンソーの基本的な操作について学んだ後、実際に操作をしてみました。

エンジン音が大きく、最初は驚いた様子でしたが、すぐに慣れ、丁寧に操作していました。

次は、実際に樹木の伐採方法について確認を行います。安全に配慮しながら決められた方向に倒すのは、とても難しいです。授業で学んでいることを実際に行うのは大変ですが、みんなしっかりと取組んでいました。

伐採した後は、小型のチェーンソーで枝を払って、2mの長さに切り分けていきます。

最後は、トラックに積み込みます。樹齢50年を越えたヒノキはずっしりと重かったようです。このヒノキ材を使って、木工実習を行います。自分たちで教材を準備する。さすがは林業科ですね!!!

介護研修会『動き出しは本人から』(1年福祉科)

北海道にある日本医療大学の大堀先生をお招きし、介護研修会『動き出しは本人から』が実施されました。

大堀先生との研修会はここ数年、リモートで行っていましたが、実に3年ぶりの来校となりました1ツ星

研修では、利用者自身の動き出しを大切にした支援の方法について学び、介護者としての適切な言葉のかけ方などを学びました会議・研修

コミュニケーションとは何か?

さまざまなゲームやグループワークを通して、生徒らはたくさん考えましたグループ

  

  

「『起きてください』の指示ではなく、『起きられますか?』と尋ねることで、そこに相手の主体性が生まれます。相手自身が考え、判断し答えを出せれば、動き出します。相手を認め、尊重することが大切です。」

大堀先生のこの言葉を聴いて、生徒はたくさんヒントを得たようでしたにっこり

生徒は、相手が次を予測できる説明こそがコミュニケーションであると考えることができました。

最後は、サポートメンバーの皆さんも一緒に記念撮影ピースを行いました。大堀先生、県介護福祉士会の皆様、医療福祉考動塾PLUSONEの皆様、またこの研修会を主催してくださった水俣病被害者等保健福祉ネットワークの皆様、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

  

 

3年福祉科事例研究発表会 芦北高校×沖縄県立真和志高校

3年福祉科の生徒による事例研究発表会会議・研修を行いました。

今回は新たに『沖縄県立真和志高校みらい福祉科2年生グループ』と

オンライン情報処理・パソコンでつながり、本校の発表会に参加していただきました。

初めての試みで四苦八苦しましたが、本番が始まれば、3年生は堂々と発表することができていました。

  

  

真和志高校のみなさんや本校2年福祉科の生徒から質問がありましたが、それにも丁寧に答える姿に、

生徒の成長ぶりを感じました。

生徒からも「また、オンラインしたい!」と前向きな言葉があり、今後も合同で授業や演習ができれば良いなと思います。

沖縄県立真和志高校のみなさん、お世話になりました。ありがとうございました。

全国2位

2年福祉科の梅原さんが、全国福祉高等学校長会主催の「生徒体験発表」において、全国2位星という好成績を収めました。

梅原さんは昨年度行われた県大会で最優秀賞、九州大会で2位となっており、今年度の全国大会でも高く評価されました。

今、私にできることという題目で、自身のボランティア経験から感じたことや将来の夢についての内容です。

 梅原さんは、「障がいをもった子どもたちに、横断歩道の歩き方やトイレの使い方など、今後生きていくために必要な社会的習慣や質の高い教育を提供できるケアワーカーになりたい」と力強く語っていました。また、「今後も、福祉科でしっかり学び、必要な資格を取得し、子どもたちと社会が結びつく活動を広げ、誰一人取り残さない社会の実現を目指していきたい」とのことでした星

 おめでとうございますお知らせ

中学生体験入学(福祉科)

7月30日(土)、本校にて「中学生体験入学」が実施されました学校

福祉科では、3年福祉科の生徒による杖・車いす体験会学科紹介がありました。

この日までに、3年福祉科の生徒は「どうしたら中学生にわかりやすく説明できるか」など何度も協議を重ねてきましたグループ

中学生や保護者の皆様に楽しんでもらえるように、ICTを活用したり、クイズ方式で説明したりと工夫を凝らした内容となりました。

3年福祉科の生徒は緊張している様子でしたが、参加者が福祉科に興味を持たれている様子をみて、喜んでいました星

  

  

介護研修会「動き出しは本人から」(3年福祉科)

水俣病被害者等保健福祉ネットワーク主催、熊本県介護福祉士会共催のもと、「介護研修会」が実施されました。

日本医療大学の大堀教授をリモート情報処理・パソコンでお迎えし、「動き出しは本人から」をテーマに適切な声かけや介護技術を学びました会議・研修

  

スタッフの方々によるわかりやすい説明やサポートのおかげで、充実した学びとなった様子でした。

  

この研修会も5年目を迎えました。高校生として受講した生徒が、今ではスタッフとして来校することもあります。

本来であれば、大堀先生にも来校して頂きたいところですが、諸般の事情等もありリモートとなりました。生徒も「コロナが落ち着いていれば、直接御指導を受けたい」と話していました。

  

3年生のほとんどは福祉関係の就職や進学先にそれぞれ進みます。この学びを生かして、地域の福祉業界を支える人材になって欲しいと願います3ツ星

インターハイに向けての取材!!

今年の夏にインターハイ出場が決まっている新体操部と空手道部に取材がありました。インターハイに向けての意気込みを話し、その後、実際に各部の活動をアナウンサーの方に体験していただきました。空手道部では、実際にミット打ちをしてもらったのですが、うまくて部員が驚いていました。取材を通して、インターハイ本番に向け志気も高まったようです!。

3年ぶりのクラスマッチ!!!

芦北分教室の生徒と合同のクラスマッチ(ビーチボールバレー)が3年ぶりに行われました。コロナ禍になり、様々な行事が中止になる中、今回は、生徒会役員や体育委員、保健委員が何度も話し合い、「新型コロナウイルス感染症対策」と「熱中症対策」を取った上で、行われました。教室からのリポート応援や定期的な給水などを行うことで、無事、終えることができました。優勝した林業科3年生チームおめでとうございます!