◆上天草高校の『いま』◆

~上天草高校の『いま』をお伝えします~

クラスマッチ

今日は学期末のクラスマッチ。
今回は「ドッジボール」を行いました。

1・2年生男女を2チームに分け、総当たりでの戦いです。

 

男子の部ではパワフルなボールが内野と外野を行き来します。


それを避けるのも必死です。

 

女子の部では「キャーキャー」と悲鳴に似た声が響く中、必死にボールから逃げていきます。
中には、男子顔負けの力強いボールを投げる生徒も。

15分間のゲームで最後の最後まで結果が分からない展開。

どのゲームも熱戦が繰り広げられました。

最終的には、男女とも3戦全勝した2年生Bチームが優勝!
おめでとうございます。

今年度の学校行事も今日で最後。
あさっては終業式です。

高校生カフェ@上天草さんぱーる

3月17日(日)道の駅上天草さんぱーるにて『高校生Cafe』がオープンしました。
『高校生Cafe』とは、天草四郎観光協会様とコラボした1日限定のカフェです。

カフェということで、観光協会様にユニフォームを作っていただきました。


上天草地域は、だんだんと暖かくなり、観光客も増えてきています。
この日も大型バイクのツーリンググループが多かったですね。

上天草高校生は、観光客の皆さんにオリジナルレモンケーキやコーヒーを販売して、ひとときの休息を提供しました。

おいしくレモンケーキを召し上がるお客様。
ユニフォーム姿の高校生に「かわいい」とお褒めいただくお客様。

色々と好評のうちに、販売をさせていただきました。
販売の難しさ、お客様へのお声かけと、生徒は貴重な経験をさせていただきました。
多くのお客様のおかげで、勉強になった一日でした。

高校生特派員vol.14

広報上天草3月号に「高校生特派員vol.14」が掲載されました。
今回は「上天草高校へ支援事業」についてまとめてみました。
バス通学生への補助制度や特別奨学金給付制度など、上天草高校で学ぶ生徒への支援策について記載されています。

また、先日卒業した上天草高校3年生の主な就職・進学先の紹介と意気込みが載っています。そして、3学年主任の先生の激励コメントも載っています。

ぜひご覧いただき、地元の高校「上天草高校」を知っていただければと思います。

新2・3年生教科書販売

今日は教科書販売の日。新年度に向けて着々と準備をしていきます。

上天草高校では、クラスの枠を越えて、学習の興味や関心、進路に合わせて授業を選ぶ「選択授業」が行われます。
生徒それぞれの選択科目があるので、それぞれ違った教科書を購入することになります。


新しい教科書を手に、新学年での学校生活を想像していたのでしょうか?
とても活気と笑顔がたくさんの教科書販売でした。

合格発表

本日、31年度入学生の合格者発表が行われました。
合格発表はまだかと受検生が待機するなか、9:00より合格者発表が行われました。


合格者の受験番号が掲示されると、ボードの前に集まり、受検番号を確認をしていました。


友達と一緒に確認する受検生。保護者の方と確認する受検生。
自分の番号を見つけると大きな声で喜び、飛び跳ねて喜ぶ受検生もいました。

生徒全員参加のボランティア

午後から大矢野総合体育館において、1・2年生全員によるボランティア活動を行ってきました。
3月10日(日)。「遅いあなたが主役です。」をキャッチフレーズとする『第47回天草パールラインマラソン大会』が開催されます。
健康マラソン発祥の地である上天草市最大のイベント。春の潮風を感じながら走ります。

生徒は天草パールラインマラソン大会に出場するランナーの皆さんに贈る参加賞の袋詰めボランティアを行いました。


パンフレットや参加賞のTシャツなどを袋詰めしますが、数の多さに驚きます。

歴史あるマラソン大会へ出場するランナーの多さに驚くばかりです。

自分たちが袋詰めした参加賞。どんなランナーが受け取ってくれるのでしょうか?
「頑張ってください」と心を込めてまとめていきます。

なお当日も上天草高校生はボランティア活動に頑張ります。
ランナーへ提供される水分の差し入れです。
給水ポイントでランナーの皆さんを精一杯応援します!

 

第7回上天草高校卒業式

本日は、上天草高校第7期生の卒業式が行われました。
普通科50名、情報会計科22名、福祉科5名、計77名が上天草高校を飛び立ちます。

「卒業証書授与」では、担任から生徒一人一人呼名を行い、生徒は大きな声で返事をしていました。

「校長式辞」では、卒業生に対して3つの言葉を送られました。
 『チャレンジ』…信じる道を強い意志をもって進むこと
 『言動』…社会人としての責任の重さ
 『誠実と思いやり』…日本人本来の姿「秩序と助け合い」、互いを信じること

また来賓の方々から卒業生へのはなむけの言葉を送られました。
 『感謝』『努力』『向上心』の大切さ。
 『生まれてきてくれてありがとう』と保護者の皆様の思いが伝わるメッセージもいただきました。

「送辞」では、先輩たちの活躍を尊敬のまなざしで見てきた後輩たちの感謝の言葉で綴られていました。
 先輩たちの絆の強さを感じ、その絆を後輩たちが引き継ぎ、先輩たちに負けない上天草高校を作り上げることを約束しました。

「答辞」では、前生徒会長の杉本ひまわりさんが代表して感謝の言葉を述べました。
 入学時の不安や中心学年となっての努力や工夫など大変なことがあったことを振り返り、仲間と一緒に頑張ってきたことを言葉にしてくれました。一緒に頑張ってきた仲間がいてくれたからこそ、3年間大人へと成長できたことを語ってくれました。
 在校生に対し、挑戦することを忘れず、自分の道を自分で切り開いてほしいとエールを送ってくれました。


式後は各クラスで最後のHRです。
担任から生徒各自に卒業証書が渡され、そのまま家族への感謝の言葉を送っていました。
クラスによっては、3年間を振り返るDVDを上映したりと、笑顔こぼれる最後のHRが行われていたようです。


卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
上天草高校は皆さんの母校です。
社会での荒波にもまれ、迷うこともあるでしょう。
母校は心のよりどころ、ふるさとです。
いつでも上天草高校は卒業生の皆さんを応援しています。

卒業式前日~各種団体からの表彰~

 いよいよ明日は卒業式です。
 昨日から3年生が登校し、卒業式に向けての指導が行われております。

 今日は卒業式の予行や表彰式、同窓会入会式が行われました。

 学校生活、スポーツ・文化活動、委員会、産業教育など、生徒の活躍に対して、各種表彰が行われました。
 今年度の表彰者は以下の生徒です。

 

 

 熊本県がんばる高校生表彰 山下桜さん

 

 産業教育振興中央会表彰【商業】 成田朝香さん

 

 産業教育振興中央会表彰【福祉】 宮下香月さん

 

 全国商業高等学校長協会卒業生成績優秀者表彰 迫田藍華さん

 

 全国福祉高等学校長理事長賞 江口夢斗君

 

 熊本県高等学校体育連盟表彰 山下桜さん(陸上部)

 

 熊本県高等学校文化連盟文化功労者表彰 濵本亜衣さん(美術部)

 

 熊本県高等学校野球連盟表彰 渡邊空良君(主将)

 

 熊本県高等学校保健会表彰 山下力也君 宮下香月さん

 

 熊本県高等学校図書館部会表彰 尾石珠莉君

 

 全国高等学校長協会主催検定試験3種目1級合格者表彰
 何川貴将君 植田かおりさん 成田朝香さん 太田璃奈さん 迫田藍華さん

 

 3カ年皆勤賞(1・3・4組)
 宮下香月さん 植田かおりさん 橋柿龍志君 川口真宗君 他1名

 

 3カ年皆勤賞(2組)
 貝川陽彩さん 吉本朱里さん 小幡麗菜さん 松尾宝来さん
 藤島高康君 焼尾葵さん 宮﨑安美さん 白石優華さん

 

受賞された生徒の皆さん。おめでとうございます。
皆さんが取り組まれた諸活動への思いを、上天草高校の伝統として後輩たちが引き継ぎます!

春の訪れ

図書館棟前の梅の木。紅梅、白梅きれいに咲いています。
2月上旬から紅白の色が目立ち始めましたが、いまでは梅の木全体に鮮やかさが広がります。

3月1日は卒業式です。
この梅の木が、卒業生の門出を祝ってくれることでしょう。

今津小認知症サポーター養成講座のお手伝い

本日の福祉科。近隣の今津小学校での「認知症サポーター講座」のお手伝いに伺いました。
福祉科の生徒は、7月に認知症サポーター養成講座を受講し、認知症についての正しい理解を学びました。サポーターとして何ができるかなどを考えた生徒たち。新しく認知症サポーター養成講座を受講する小学生たちの補助を行いました。

日頃の学習活動で身につけた知識や技術、コミュニケーション能力を発揮することができるでしょうか。

まずは、認知症についての講義を受けたあと、福祉科による認知症劇「梅さんのもの忘れ」です。

認知症の人や家族を温かく見守る応援者が「認知症サポーター」です。この劇で小学生の皆さんに認知症や支えるサポーターの方々について理解をしてもらいます。

次に、グループワークです。小学生のグループに高校生が入り、小学生の活発な意見を聞き、助言してあげます。小学生のアイデアに高校生のお兄さん、お姉さんたちも感心するばかりでした。

グループワークでまとめられた内容を発表します。小学生の皆さんの素晴らしい発表に拍手が送られます。

最後には、認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)が配られました。

サポーターのなかから地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。

福祉科の皆さんも、認知症への支援やサポートを積極的に取り組んでいこうと改めて気を引き締めたかと思います。今回の今津小の皆さんのように、地域で支援できるサポーターが一人でも増えるといいなと思った時間でした。

学年末考査

本日より、1・2年の学年末考査が始まります。

1年間の集大成のテスト。朝のHRから生徒の緊張感が伝わります。

 出題範囲の用語を確認する生徒。

 隣の友人とお互いに確認しあう生徒。

 黙々と用語を覚えている生徒。

それぞれが、1点でも多く点数を取ろうと必死に頑張っています。

いい結果に結びつくよう、最後の最後まで頑張って下さい!

投てき場完成

本校グラウンドに、陸上部の「投てき場」が完成しました。
投てき場の完成に合わせ、陸上部の顧問や選手たちが、無事に工事が終わったことへの感謝と怪我などの災いなく守っていただけるよう竣工式が行われました。

この投てき場では、「ハンマー投げ」「砲丸投げ」「円盤投げ」などの練習を行います。
これらの競技は、県大会やさらに上の大会でも上位入賞が期待される競技です。

まずは顧問の先生から、御神酒あげが行われました。

そして、感謝の心と災いなくお守りいただくためにお祈りいたしました。

先日の城南駅伝大会をはじめ、様々な競技で活躍をしている陸上部。
新しい練習場で力を伸ばし、県大会・九州大会・インターハイへとステップアップして下さい!
頑張れ!上天草高校陸上部!

防災学習会

2月6日(水)。福祉科1・2年生を対象に『上天草市における防災学習会』が実施されました。

この会は、「平成30年度くまもと未来への復興人材育成事業」の事後学習として、上天草市における【防災】について学びます。
今後、地域での防災活動の中で自分たちができることを考え、行動できる人材育成を目的としています。

講師には、
上天草市役所 総務企画部危機管理情報課 課長補佐 荒木 勝樹 様。同じく、防災管理専門員 松岡 正樹 様をお招きし、上天草市における地域防災についてお話しいただきました。

 

生徒からも「避難所」「防災マップ」「備蓄品」などについて松岡様に質問をし、丁寧にお答えいただきました。

高校生の自分たちにできることは何か?上天草高校が避難所になった経緯は?
高齢者や障がい者の方々への支援やパニック等で不安になられた方々への対応など実践的な内容の質問をさせていただきました。

生徒からも、
防災について初めて知ることがあり、万が一に備えることができました。
誰かを助ける前に自分が助からないと意味がないと聞き、自分の命を大切にしようと思いました。
避難所内では高校生や中学生にもできることがあると教えていただいたので、自分から行動して少しでも誰かのためになりたいと思いました。
と感想を残してくれました。

防災に対する意識、そして自分に何ができるのかを考えるよい機会となりました。

※平成30年8月に上天草市と上天草高校は、災害時に学校を避難所として利用する際の協定を結んでおります。

高校生のための消費生活講座

1年1・2・3組「家庭基礎」と4組「家庭総合」の授業の一環として、特別授業が行われました。


金融広報アドバイザーの内村恒子様をお招きし、『高校生のための消費生活講座』をご講演いただきました。

私たちの生活をとりまく身近な消費者トラブルについて学ぶとともに、18歳で成人を迎えた際に生じる契約における責任や危険について考えました。

2022年4月。民法改正により成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
民法が定めている成年年齢では「一人で契約をすることができる年齢」という意味があります。
各種契約の場面で消費者トラブルに巻き込まれないよう、賢い消費者であることが求められます。

球磨の地を疾走

2月3日(日)。

平成30年度男子64回・女子25回熊本県高等学校城南地区新人駅伝競走大会が、球磨郡あさぎり町立上総合運動公園をスタート・ゴールで行われました。
男子は5区間21.6km、女子は5区間16.8kmで競われます。
男子26チーム、女子は15チームが出場しました。
雨降るなか行われた本大会。選手たちは全力を尽くしてくれました。

成績は以下のとおりです。
男子12位 1:16:49
女子9位 1:15:05
男子チームは躍進賞の一歩手前!好成績を残してくれました。

上天草高校を代表して頑張ってくれた選手の皆さん。本当にお疲れ様でした!

感謝の気持ちを込めて

昨日で3年生の学年末考査も終わり、就職・進学に向けての準備期間となります。
本日はテスト返却日。

返却も終わり、1年間の感謝の気持ちを込めて、学年全体で大掃除を行いました。

 

2月からは家庭学習期間に入ります。
普通科の生徒の中には、国公立大学を目指して、最後の追い込みをかけている生徒もいます。
それぞれの夢実現に向けて、ラストスパートです。みなさん頑張ってください!

上天草市を代表して

1月27日(日)。熊日郡市対抗女子駅伝大会が行われ、本校生徒の山下桜さん(3年大矢野中出身)が上天草市代表として出場しました。


県内19都市の代表が郷土の誇りを胸に襷をつねげる本大会。熊本市中央区のびぷれす熊日会館前をスタートに、7区間28.4キロで競います。

山下さんは6区の5.0kmを走り、アンカーに襷をつなげることができました。
沿道には本校職員も応援に駆けつけ、一生懸命に走る山下さんに声援を送っていました。

上天草市の代表として頑張った山下さん。地域代表の一人として、上天草高校の誇りを胸に頑張ってくれました。

「上天草じぶん学舎」開催に向けたワークショップ!

1月29日(火)、本校福祉科の1年生13人を対象に「上天草じぶん学舎」開催に向けたワークショップが行われました。

「上天草じぶん学舎」とは、上天草市を【 いいまち 】にするため、自分に何ができるか考え、動き出すきっかけづくりとなる取組のことです。今後、上天草高校における福祉科の魅力向上をテーマに開催が予定されています。

今回は、その準備段階として、生徒たちの意見や思いの聞き入れを目的にワークショップが行われました。

生徒たちは、上天草市まち・ひと・しごと創生推進会議の座長を務めておられる、熊本大学の田中尚人准教授によるコーディネートで、総合戦略会議の委員や大学生、上天草市職員の方々と共に意見を出しあいました。

最初は緊張していた生徒たちも、徐々に活発な意見交換ができるようになり、自分の将来像を考えるうえで貴重な経験になったようでした。

高校2年生対象就職ガイダンス

1月23日(水)に2年生56名を対象に、本校図書館棟で就職ガイダンスが行われました。

模擬面接、自己PR、グループワーク等の参加型プログラムをとおして、就職活動に必要な基本的実践能力及び職業意識を身につけます。

体験型ゲームやグループワーク、模擬レッスン等をとおして、就職にかかわる必要な知識や心構え等について学びました。

2年生の3学期は、3年生の0(ゼロ)学期とも言われます。就職・進学に向けていよいよスタートと言ったところでしょうか。皆さんの希望する進路実現に向けて上天草高校も応援します!

「広報上天草」に紹介されました

上天草市より毎月発行される「広報上天草」。隔月、高校生特派員として、上天草市の情報を1ページで紹介しています。

今月号には「上天草バザール」「野球部」の情報を掲載していただきました。

11月10日に行われた上天草バザール。生徒と地元事業所様とのコラボ「デコポン味のレモンケーキ」が紹介されています。

 

地元企業の天草池田電機様から上天草高校野球部保護者会にELIランプが寄贈され、その目録授与式の様子が紹介されました。同社は、上天草高校卒業生を採用するなど、地域で若者を育てていこうと積極的に地域貢献されている企業です。地域の応援を受けながら、大会で1試合でも多く勝利を収めると共に、部活動で学ぶチームワークの大切さを学んで欲しいです。

地域に見守られ、たくさんの応援をいただきながら頑張っていきます!

これからの上天草高校にご期待下さい!