日誌

学校生活

熊本県立多良木高等学校 閉校式

3月1日(土)本校体育館にて、ご来賓の方々、旧職員の皆様、同窓生の皆様、地域の皆様のご出席のもと多良木高等学校閉校式を行いました。
 大正11年に多良木他8ヶ村学校組合立多良木実科高等女学校として創立され、水上分校を含め、これまで19127名の卒業生を送り出した本校97年の歴史に幕を下ろしました。生徒代表の古堀君が、「私たち67名は多良木高校最後の生徒になるにもかかわらず、入学しました。閉校とは感じさせない活気がありました。三年生になると寂しい思いをしないよう地域の方々、先生方が支援してくれて寂しくなく学校生活が送れました。」と述べました。

閉校式にご参加・ご協力してくださった多くの皆様に深く御礼申し上げます。また、これまで多良木高校を支えてくださった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
 

平成30年度第71回卒業証書授与式

 3月1日(金)、多くのご来賓の方のご臨席のもと平成30年度第71回卒業証書授与式が行われました。今年度は、最後の卒業生67名が本校を卒業しました。はじめに、校長先生から、生徒一人ひとりに卒業証書に手渡されました。社会人聴講生代表の愛甲さんにも聴講授業修了証が授与されました。

 そして、学年主任の中村先生が、卒業生へ贈る言葉を述べ、その後、体育コース、福祉教養コース、普通科それぞれの代表である、畑野くん、税所さん、森屋さんが決意の言葉を述べました。

 最後は卒業式に参加された地域の方、来賓の方、職員、卒業生全員で校歌を歌いました。卒業生退場では、入学式の時と同じように、地域の方からお花が一人一人に配られ送り出されました。その後、クラスで最後のホームルームが行われ、生徒一人一人がクラスメイトや担任、保護者へ向けて感謝の思いを伝えていました。

 

光台寺保育園との交流

光台寺保育園の園児が本校を訪問しました。体育館で、園児がハーモニカの演奏、合唱、ダンスを披露してくれました。その後、本校生徒が園児と一緒にダンスを踊りました。生徒は園児との交流を楽しみました。

 

主権者教育

2月8日(金)、主権者教育が行われました。多良木町役場より選挙管理員会の方を講師にお迎えし、「年代別投票率の傾向」や「選挙の意義」等を説明していただきました。生徒は政治に無関心にならず、しっかり投票しようという意識が芽生えたようでした。

租税教室

1月31日(木)、3年生を対象に租税教室を行いました。藤本税理士事務所の藤本淳史様を講師としてお迎えし、税に関する基礎知識をテーマに生徒にお話をしていただきました。暮らしの中で使われる税金の使い道や納税することの必要性などを話されました。今回の租税教室で税金を払うことの大切さを学んだようでした。

新社会人セミナー

 1/16(水) 熊本県雇用環境整備協会の方々を講師としてお招きし、生徒に対して新社会人セミナーを行いました。電話応対時や名刺交換時のマナーなど、社会人として必要なマナーの知識を実践形式で教えていただきました。「社会人の仕事がうまくいくかいかないかの7割近くの要因は、より良い人間関係が作れるかで決まる。人間関係がうまくいくためにはマナーを身につける必要がある。」とのことで、生徒達はマナーについてしっかりと学びました。

3学期始業式

1月8日(火)3学期始業式を行いました。校長先生が「多良木高校のゴールは3月ですが、そのゴールの先に皆さんの未来は広がっています。未来へ向かってください。多良木高校はやがて記憶の中の風景となるでしょう。けれども、皆さんの心にその記憶をいつまでもとどめていて欲しいと思います。」と式辞を述べられました。

 

2学期表彰式・終業式

12/21(金)に2学期の表彰式と終業式を行いました。新聞感想文や俳句、肥後狂句、標語、書道で2学期に活躍した10名が表彰されました。終業式では校長先生が、多良木高校96年の歴史を振り返えられ、先輩たちから引き継いできた襷をアンカーとしてしっかりと締めくくるよう話をされました。

校内駅伝大会

12/20(木)校内駅伝大会を行いました。天候が心配されましたが、無事に実施することができました。生徒は5人1チームで襷をつなぎ、無事に全チームがゴールしました。終了後生徒達は、PTA母親委員会で調理したおにぎりと豚汁を味わい暖まっていました。結果は次のとおりです。

総合の部:優勝3年2組A、2位3年1組A、3位3年1組B

区間賞  1区     2区     3区     4区     5区
男子  那須くん   大山くん   和田くん   山崎くん   恒松くん
女子  井上さん   田﨑さん   税所さん   本田さん   岩本さん

クラス平均タイムの部 1位 3年1組

ステップアップセミナー

 就職希望者と進学希望者に分かれ、それぞれ講師に熊本学園大学招聘教授の越地先生、同教育センター平山先生をお迎えし、講義が行われました。
 就職希望者を担当された越地先生の授業では、社会人基礎力を身に着けて欲しいとおっしゃっていました。社会人基礎力とは「職場や地域社会での多様な人々ともに仕事をしていく上で必要な基礎力」のことです。
 進学希望者を担当された平山先生の授業では、レポートの書き方について講義が行われました。序論・本論・結論といった3段論法が大事であること。感情的な表現はやめたほうがいいことなど、論理的な文章を書くために必要な考え方などを指導していただきました。
 各々の授業で生徒たちは何が必要か学ぶことができたようです。

木綿葉フェスタ

 12月8日(土)木綿葉フェスタを開催しました。今年度で閉校を迎える本校最後の文化祭には、たくさんの地域の方、OB・OGが来校され、盛大に行われました。
 午前の部は、書道選択者のパフォーマンスから始まり、orangeさんのライブで盛り上がりました。
 午後の部は「あの日に帰ろう、歌と共に」と題して、主に音楽選択者の発表が行われました。多くの方が会場に来校され、保護者や同窓生、午前の部でライブをされたorangeさんも参加し、大いに盛り上がりました。最後は「いつまでも」と校歌を全校生徒と職員で合唱し、校歌は、会場の皆さんも口ずさんでおられました。
 展示の部では、山内ジョージさんの絵文字や同窓生、書道選択者の様々な作品等が並びました。
 食品バザーも地域の方々の協力で、カレーやフランクフルト、コーヒー等様々な食べ物が販売されました。
まさに、地域と一体となった多良木高校らしい最後の木綿葉フェスタでした。



強歩会

 11/9(金)に強歩会がありました。校長先生が「みんなで歩き、ひたすら歩いてゴールを目指してください。」とのお話の後、生徒がスタートしました。途中、王宮神社、覚井観音、植深田観音などの名所の近くを通り、総長20km歩きました。生徒達は途中できつそうにしていましたが全員歩ききることができました。7時50分にスタートし、早いものでは1時頃遅いものでも2時頃に到着しました。充実した強歩会になりました。



交通安全講話

 11月2日(木)、6限目に交通安全講話がありました。日本自動車連盟より前川氏をお招きして、「歩行者から見た道路交通と安全」というテーマで講話がありました。講話の中で、人間は、注目するものによって視界が変わるということを、注意するには時間をかける必要があることを教えていただきました。生徒達も自分から危険を回避することを学びました。

中原丈雄氏講演会・恵比須神社秋季大祭

10月20日(土)の午前中、俳優の中原丈雄氏の講演会を行いました。「これからの『時』を歩む」という演題で、中原氏の経験に基づくお話をしていただきました。夢について語っていただき、生徒も自分の夢について語り返す場面もありました。講演会の後は演奏会も行われ、中原氏のギターの演奏と歌声にも耳を傾けました。


午後は多良木町の恵比須神社秋季大祭の神輿担ぎに参加しました。多良木高校が参加する最後の祭ということで、地域の祭の参加者から感謝のことばや労いのことばをかけていただきました。生徒も盛り上がり、祭に花を添えました。多良木高校が担いできた神輿は、来年から多良木中学校が引き継ぐこととなり、祭りの最後には多良木中学校への引継式が行われました。

光台寺保育園との交流

10月23日(火)に光台寺保育園の園児たちが遠足の行程の中で本校を訪ねてきました。
本校の生徒がプレゼントとして園児達にシールを渡しました。園児達は大変喜んでいました。

家庭クラブ翠光園訪問



10月23日(火)5~6限目に家庭クラブで翠光園に行ってきました。生徒が中心となって懐かしの曲あてクイズや紙芝居、認知症予防クイズを行いました。手作りのプレゼントをお渡ししながらお話をさせていただき、最後は、別れを惜しんで涙を流される様子もありました。閉校のため、交流は今回が最後となりました。翠光園のみなさん、多良木高校家庭クラブとの40年もの長きに渡る交流をありがとうございました。
0

健康教育講演

10月18日(木)、健康教育講演会を行いました。本校職員で、現在休職中の前田先生を講師とし、「生まれてきてくれてありがとう」というテーマでお話しされました。妊娠初期のエコー画像から出産後の赤ん坊の様子まで、たくさんの映像資料を見せてもらいながら、お話していただきました。生徒は命の尊さを学びました。

防犯啓発看板を作成しました。

多良木警察署及び多良木地区防犯協会連合会からの依頼で、本校生徒が防犯を呼びかける看板を作成しました。作成した看板は、多良木町役場玄関横に設置してあります。

10月11日から10月20日までの10日間の日程で実施される「全国地域安全運動」に併せて設置されたものですが、この看板は、通年で設置されるそうです。

看板のデザインは美術部部長の村上さん、題字は書道部部長の小笹さんが手がけ、様々な生徒が色塗りを手伝ってくれました。

多良木町役場に行かれた際はぜひご覧ください。

いきいきサロン

多良木町6区の公民館で開催される「いきいきサロン」に、本校の代表4名(鍬田くん、青山くん、梅木さん、恒松くん)が参加してきました。地域の方々と、多良木中学校の3年生と交流を行いました。4名それぞれが、高校3年間で学んだこと、地域との交流の思い出、地域への感謝の言葉、中学生へのメッセージをスピーチしました。その後、体操やゲームなどを一緒に楽しみました。

進路激励会

9月6日(木)3年生の進路激励会を行いました。校長先生が「多良木高校だから学べたこと、体験できたことを伝えてください。地域に開かれた学校である多良木高校の生徒として、多くのボランティア活動や地域の方との交流活動を展開してきました。」と挨拶をされました。就職志望の生徒を代表して鍬田君が「今回の試験ではこの先何十年と携わる仕事が決まります。試験日まで時間は少ないですが頑張ります。」、進学志望の生徒を代表して、井上さんが「それぞれの進路実現に向けて協力し合って頑張ります。」とそれぞれ決意の言葉を述べました。

槻木地区での交流

旧槻木小学校で行われている生涯学習「いきいき教室」の講師として福祉教養コース14名が参加しました。授業では、介護予防体操、3年間の学びの発表、ふれあい小物作りを行いました。多良木高等学校卒業生の大先輩もおられ、世代を超えた情報交換は大いに盛り上がりました。授業の後は、槻木の清流で少しだけ水遊びをしました。槻木の美しい自然を肌で感じ、槻木地区への愛情が深まりました。

多良木高校野球部感謝状贈呈式

8月28日(火)に野球部指導者感謝状贈呈式が行われました。本校同窓会の味岡副会長、野球部OB会長と保護者会会長を来賓としてお迎えし、長い間野球部を指導していただいた、齋藤監督、尾方コーチ、馬場コーチにそれぞれ校長先生から感謝状と永世監督、永世指導者の称号が贈られました。齋藤監督は、「生徒に野球を楽しんでほしいとの思いで監督を続けてきた。尾方コーチ、馬場コーチ2人の協力があってこそ」とのお言葉がありました。

2学期始業式

8月28日(火)、2学期始業式がおこなわれました。校長先生から「進路実現に向けて最後まで頑張り抜こう」という話がありました。生徒は真剣に聞いており、頑張ろうという意識が高まっていました。

3年生保護者会・進路ガイダンス

7月24日(火)に保護者会及び進路ガイダンスを視聴覚室で行いました。前半の保護者会では、生徒と保護者が一緒にビジネスマナーについての講演をうけました。社会人として求められている力とは何か考えることができたようです。後半は就職・進学に分かれてガイダンスを受けました。3年生にとって最後の夏は勝負のときです。一致団結して進路実現を目指します。

1学期終業式


7月13日(金)、1学期終業式を行いました。校長先生から「ありがとうの詩」の紹介と、「地域の皆さん、親、に感謝をしよう」という挨拶がありました。生徒は1学期を終え、ホッとした様子でした。

1学期クラスマッチ

7月12日(木)、1学期クラスマッチを行いました。内容は全校生徒での百人一首の後、男女に分かれてのスポーツクラスマッチでした。男子はバスケットボール、女子はビーチボールバレーを行い、白熱した試合が行われました。結果は以下のとおりです。

百人一首の部優勝  3年2組
男子バスケットボールチャンピオンリーグの部優勝  3年1組A
男子バスケットボールチャレンジリーグの部優勝  3年2組A
女子ビーチボールバレーの部優勝  3年1組A

防火避難訓練

7月3日(火)、防火避難訓練を行いました。4限終了時に火災が発生したと想定し、第一体育館に避難しました。当日は天候が大荒れで外へ避難はできませんでしたが、生徒は真剣に取り組んでいました。避難終了後は上球磨消防署から講評と消火器の使い方を指導していただきました。

多良木小学校へ絵本の読み聞かせボランティア

7月2日(月)、本校の生徒3人が、多良木小学校へ絵本の読み聞かせボランティアへ行きました。2年生と4年生の教室で小学生に絵本の読み聞かせをし、小学生に好評でした。本校の生徒自身も勉強になっているようです。今年度は3学年しかおらず、人数は少なくなりましたが最後まで頑張らせていただきたいと思います。

野球部推戴式


6月29日(金)、「第100回全国高等学校野球選手権記念熊本大会」の選手推戴式を行いました。校長先生より校旗が貸与され,選手を代表して野球部主将の3年1組平野君が決意の言葉を述べました。また「野球部応援隊」の味岡会長より激励のお言葉を、「木綿葉っ会」の皆様から激励の品をいただき、応援してくださる,地域の方々のためにも"一戦必勝”の心構えで戦いたいと、選手たちは決意を新たにしていました。
 1回戦は7月9日(月)に八代工業と山鹿市民球場で対戦します。応援よろしくお願いします。

薬物乱用防止教室

6月14日(木)、平成30年度 薬物乱用防止講演会を行いました。講師として、多良木警察署生活安全課から吉良紗織様をお招きし、薬物乱用の恐ろしさや、現状などをお話ししていただきました。生徒たちは、メモを取りながら真剣に話を聴いていました。

第61回全国空手道選手権大会激励会

全国空手道選手権大会に出場される山下さんの激励会を校長室で行いました。この会の中で、木綿葉ッ会様、同窓会副会長の味岡峯子様、学校より激励金が直接山下さんに手渡されました。山下さんは、「高いレベルの大会なので自分のベストが尽くせるように頑張ります。」と決意の言葉を述べていました。

高校総体 入場行進の練習

本日、高校総体開会式に向けた入場行進の練習を行いました。本番に向けて緊張感を持った練習ができました。本番も最後の多良木高生として堂々とした行進を披露いたしますので是非ご覧ください。

平成30年度高校総体・総文祭・全国空手道大会推戴式


5月25日(金)、平成30年度高校総体・総文祭・全国空手道大会の推戴式を行いました。各部活動から決意表明があり、選手代表としてアーチェリー部主将の城本さんが「最後の多良木高校生として、悔いの残らないように頑張ります」と挨拶しました。また、「木綿葉ッ会」様より激励のお言葉と、スポーツドリンクをいただきました。各部活動それぞれの会場で頑張りますので応援よろしくお願いします。

防災教育LHR

5月17日(木)、全校生徒を対象に防災教育を行いました。防災主任の上原教諭が講師となり、前半は熊本地震の体験談や教訓を映像や写真を交えて紹介しました。後半は避難所想定グループワークを行いました。避難所の責任者になった想定で、避難者に起こる様々な問題への対処の方法について意見を出し合い、共有していました。様々な人への配慮が避難所生活だけでなく、誰にとっても過ごしやすい生活につながることを学びました。

第68回多良木高等学校体育大会

5月12日(土)に晴天に恵まれ、第68回多良木高等学校体育大会を開催しました。今年度は『一勝懸命』~Fainal Lap~をテーマとし、全校生徒67名が赤団、青団に分かれ熱戦を繰り広げました。3月で閉校となる本校にとっては最後の体育大会であり、例年以上に多くの来賓の皆様、保護者の皆様、地域の皆様にご来場いただき、また、競技にも参加していただき、最後を締めくくる素晴らしい大会となりました。

     <堂々の入場行進>      <厳粛な雰囲気の中での開会式>         <100m走>

<顔を汚しながらの技巧走>        <地域の皆さんと一緒>       <先生と一緒に7人8脚>

     <台風の目>         <光台寺保育園の園児との玉入れ>     <男子生徒による 多高体操>

<女子ダンス『Love Revolution 21』> <体育コースによる集団行動>      <フィナーレ>

     <大縄跳び>            <綱引き>             <クラス対抗リレー>

       <閉会式>

沢山のご参加、ありがとうございました!!

本日、晴天に恵まれ第68回多良木高等学校体育大会を開催しました。
多くのご来賓、保護者、地域の方々にご参加いただき、盛会のうちに終了することができました。多良木高校最後の体育大会となった今回は、青団が優勝しました。詳細は、後日お知らせいたします。

多高夢実現進路ガイダンス

4月18日(水)3年生を対象に進路学習を行いました。午前中は、全体での進路講話に始まり、進学・就職に分かれての講話、さらには大学・短大・専門学校・就職・公務員等に細かく分かれての説明会、一般常識テストを行いました。午後は、進路相談会に参加し、生徒各々が希望する大学・専門学校の相談ブースに足を運び、説明を受けました。真剣に進路に向き合い、各進路の受験に対する意識も高まったようです。

出張授業「カタリ場」

4月9日(月)平成30年度出張授業「カタリ場」を実施しました。大学生との対話によって、進路に対する意識の高揚を図ることを目的に、認定NPO法人カタリバにご協力いただき行いました。生徒はそれぞれ2~5人程度の班に分かれ、各班にカタリバの大学生(福岡、大分出身)が1人加わり、対話形式で進んでいきました。生徒は大学生の体験談に耳を傾け、自分の学校生活を見つめ直し、進路について真剣に考えました。

平成30年度転任式・表彰式・始業式

  4月9日(月)、平成30年度新任式・表彰式・始業式が行われました。新任式では、新たに2名の先生をお迎えしました。続く表彰式では、3年1組福祉教養コースの介護職員初任者研修課程修了の修了証が渡されました。また、空手の2大会で優勝した3年1組の山下さんが表彰されました。始業式では、校長先生から「大正11年の創設以来、引き継がれてきたバトンがいよいよアンカーの皆さんに渡されました。ゴール(閉校)に向かって挑戦しましょう。」との挨拶がありました。


[新転任された先生]
岩田清美先生(家庭科)  ・有薗真澄先生(理科)

平成29年度転退任式

 3月28日(水)、職員の人事異動に伴う転退任式を行いました。今年度は多良木高校を3名の先生が転出され、3名の先生が退任されました。生徒代表の伊勢濱くん(2-2)から、「先生方がそれぞれ転勤されても、私たちは、ずっと『多良木ファミリー』です。」と、お別れの挨拶と花束が贈られました。

〈転出される先生〉佐々木梅子先生(生物)、七田絵梨先生(英語)、中山惠太先生(保健体育)
〈退任される先生〉内田京子先生(家庭科)、末吉智章先生(化学)、白坂涼聖先生(数学)

平成29年度3学期表彰式・終業式

 3月20日(火)、平成29年度3学期表彰式と終業式を行いました。表彰式では、朝日新聞社・朝日放送主催「第100回全国高校野球選手権記念大会キャッチフレーズコンクール」の優秀賞2名、日本漢字能力検定、商業経済検定、硬筆・毛筆書写技能検定の検定取得者などの表彰がありました。
 また終業式では、校長先生より、「大正11年から始まった多良木高校のバトンリレーは、いよいよアンカーの皆さんにバトンが渡されました。来年のゴールに向けて、この春休みに走り出す準備をしましょう」と挨拶がありました。

3学期クラスマッチ

 3月19日(月)、3学期クラスマッチを行いました。今回は午前に百人一首、午後にドッヂボールを行いました。百人一首、ドッヂボールともに白熱した展開でした。結果は以下の通りです。
   〈百人一首〉    優勝 2年2組    
   〈ドッヂボール男子〉優勝 2年1組Bチーム
             2位 2年1組Aチーム     
   〈ドッヂボール女子〉優勝 2年1組Aチーム
                              



2学年主権者教育

 3月15日(木)、公職選挙法の改正に伴い、選挙権が18歳以上に引き下げられたのを受けて、生徒の政治的関心を高め、確かな政治的判断力を養うために、多良木町議会の傍聴を行いました。生徒たちは、地域の課題やその解決策について考え、自分たちの意見をまとめていました。

進路講演会

 3月14日(水)、本校体育館で進路講演会を行いました。ボンボサウンドワークス代表の”ボンボ藤井”こと藤井衛様を講師としてお招きし、アシスタントの木下もえ様と共に「あなたの夢は?」をテーマにお話ししていただきました。途中、ウクレレ演奏も交えつつの楽しい講演会になりました。生徒たちも自分の将来の夢や目標について考える素晴らしい機会となりました。


スポーツメンタルセミナー

3月6日(火)スポーツメンタルセミナーを実施しました。ひとよし花まる学園大学講座の一環で、講師に熊本学園大学教授の橋本公雄先生をお招きして、「競技力向上と自己成長を図るメンタルトレーニング」と題して講演していただきました。様々なデータを提示して説明され、最後にはメンタルトレーニングの方法を実践していただきました。特に運動部活動生には有意義な講座であったようです。

平成29年度卒業証書授与式(3月1日木曜日)

 3月1日(木)、平成29年度第70回卒業証書授与式を行いました。今年度は、67名の生徒が本校を卒業しました。校長先生から、卒業証書が一人ひとりに手渡されました。そして、在校生代表の伊勢濱くん(2-2)が送辞を述べ、卒業生代表の福田くん(3-2)が答辞を述べました。卒業生、在校生ともに式歌、校歌を声高らかに歌い、生徒をはじめ、保護者の方々や職員も感動の涙を浮かべていました。「多良木ファミリー」を強く感じられる素晴らしい式典となりました。


         《卒業生入場》                《卒業証書授与》                   《送辞》


         《答辞》                     《式歌斉唱》                  《卒業生退場》


            《卒業式後、サニーガーデンで3年生集合写真》

書道開放講座(第7回・閉講式)

最終日は、第5回で作成したマーブリングを転写したはがきに作品を書きました。その後、前回の続きのはがきの額作りを行いました。細かい作業が続きましたが、皆さん素敵な額を作り上げていました。
 閉講式では、同窓会より浦本副会長から修了証が贈られました。受講生からは、「参加してよかった」、「楽しかった」という感想を頂きました。参加した生徒も、普段の授業とは違い、一般の方と会話をしながら学習できて楽しかったと話をしていました。




聴講制度閉講式

 2月21日(水)、本校で毎年実施している聴講制度の授業が無事終了しました。今年度は2年1組体育コースの生徒とともに情報処理の授業を聴講生の皆様には受講していただきました。閉講式では、聴講生を代表して村山京子様に「生徒の皆さんとともに勉強でき、とても良い思い出になりました。まだまだ学びたいことがあるので、是非来年度も受講したいと思います。」と御挨拶いただきました。聴講生の皆様お疲れ様でした。

あかりをつけましょ ぼんぼりに

 お花をあげましょ 桃の花
 今日はたのしいひな祭りですね。
 先日、生徒有志でひな人形を飾りました。
 お手本を見つつ、悪戦苦闘しながら飾り付けました。
 細かいところまで美しく作られたひな人形、見ているだけで春の訪れを感じます。

3年生選挙出前授業

 2月20日(火)、本校3年生を対象に選挙出前授業を行いました。熊本県選挙管理委員会の松藤高朋様を講師としてお招きし、「選挙を考えよう」という演題で出前授業をしていただきました。生徒たちは、改めて選挙の意義や重要性について理解を深め、選挙権を行使する有権者としての意識を高めました。

書道開放講座(第5回・第6回)

第五回は、マーブリング、墨流し、ぼかし染めの体験をしました。同じ模様にならないため、色の組み合わせを楽しまれていました。
 第六回目はカレンダーの台紙とTシャツに、好きな文字を篆書体で書き入れました。特にTシャツは、文字配置、大きさ、色使いなど、同時に様々なことを考えなければならず、みなさん集中して書かれていました。Tシャツのお披露目会は閉講式で行います。



平成29年度第8回熊本県高等学校生徒地歴・公民科研究発表大会

 2月17日(土)、熊本大学全学教育棟で行われました平成29年度第8回熊本県高等学校生徒地歴・公民科研究発表大会に本校2年生の伊勢濱くんと嶋村くんが出場しました。『語り継ぐ「平和」のメッセージ ~卒業生への聞き取りを通して~』をテーマに、授業で取り組んだ聞き取り活動と2人が追加調査したものをまとめて発表しました。


     〈本校での聞き取りの様子〉              〈大会発表の様子〉

年金セミナー(3年)

 2月9日(金)、3年生を対象に年金セミナーを行いました。日本年金機構八代年金事務所の田中湧也様を講師としてお招きし、「知っておきたい年金のはなし」という演題で講演していただきました。生徒たちは、真剣に話を聴き、社会人としての自覚も芽生えていたようでした。

保育交流(2年)

  2月7日(水)、本校セミナーハウスにて、福祉教養コースの2年生と光台寺保育園の園児19名で保育交流を行いました。フルーツバスケットや的当てゲーム、ぬり絵をしたりなど、楽しい時間を過ごしました。生徒たちは、保育者や家族のあり方を考える機会となりました。

進路体験報告会

 2月7日(水)、6限目に進路体験報告会が開かれました。就職・進学を決めた3年生8名が、自分たちがどのようにして進路を実現させたかを詳しく話してくれました。「評定を意識して勉強してほしい」、「志望する企業または学校について、しっかり調べてほしい」、「資格取得やボランティア活動などに積極的に取り組んでほしい」などのアドバイスがあり、2年生はメモを取りながら、真剣に聴いていました。

書道開放講座(第2~4回)

 1月20日(土)、27日(土)、2月3日(土)に書道開放講座の第2回、第3回、第4回を行いました。

 第2回で「石鼓文(せっこぶん)」第3回では「金文(きんぶん)」について学習し、文字構成の面白さに触れました。

 第4日は、現存最古の漢字と呼ばれる(篆書の中では最も古い)、「甲骨文(こうこつぶん)」について学びました。「甲骨文」は、亀の腹甲、獣骨に刻まれた文字です。実技では、直線的で鋭い線質を習得するのに苦戦しました。実際に刻むことを体験するために、石膏に彫刻刀で、好きな漢字を刻しました。次の講座で完成します。



租税教室(3年)

 1月31日(水)、3年生を対象に租税教室を行いました。牧本税理士事務所の牧本光秋様を講師としてお迎えし、暮らしの中の税や納税の必要性について丁寧に教えていただきました。生徒からは「税金を納めないと、困るのは自分自身であることが分かりました。」や「税金を納めることは大変だけど、払わないともっと大変な事になることが分かりました。」という感想が聞かれました。今回の租税教室で、社会人としての自覚が芽生えたようでした。

スケート実習(体育コース)

 1月23日(火)、本校体育コースの2・3年生が、熊本市のアクアドームくまもとにて、スケート実習を行いました。生徒たちは慣れないスケートに悪戦苦闘しながら、徐々に滑れるようになっていました。

修学旅行(2年)

 1月16日(火)、午前7時30分、2学年67名が多良木高校を出発しました。鹿児島空港から羽田空港に向かい、その後、福島県いわき市コミュタン福島へ行き、震災学習をしました。


 1月17日(水)、修学旅行2日目はスキー研修でした。福島県あだたら高原スキー場にて、生徒たちは、病気やケガもなく、みんな元気にスキーを楽しみました。


 1月18日(木)、修学旅行3日目は東京で班別自主研修でした。各班で事前に計画した内容で観光に出かけます。朝食後、みんな元気に首都東京に出発しました。


 1月19日(金)、修学旅行4日目は東京スカイツリータウンの東京ソラマチを観光しました。生徒たちはそれぞれ買い物など、楽しんでいました。その後、羽田空港から鹿児島空港、多良木高校には午後6時30分ごろ帰ってきました。

書道開放講座(1回目)

 

 1月13日土曜日から平成29年度書道開放講座を開講しました。今年度は、毎週土曜日10時~12時、全7回を予定しています。7名の一般参加に加え、書道部2年生の3人も共に学びます。
 講座タイトルは「楽しみま(しょ)(てん)(しょ)体の基礎から発展まで~」です。篆書体の歴史や筆法を学び習得し、それぞれの好きな漢字を篆書体で創作していきます。
 第一回目は、最初に開講式を行いました。主催である同窓会の副会長・浦本様から講座内容の篆書にまつわるお話をしていただきました。式後は篆書の基本点画を学びました。主に、筆遣いと余白、線の太さを意識して練習しました。練習の成果として最後は「○」の字を2画で書き上げました。また、秦時代に文字統一が行われた際にできた「小篆」について知り、その小篆で書かれた『泰山刻(たいざんこく)(せき)』の学習を行いました。
 生徒とも受講生と作品を見せ合いながら会話をし、笑いもある、アットホームな雰囲気の講座となりました。




表彰式・3学期始業式

 1月9日(火)、表彰式と3学期始業式を行いました。表彰式では、第4回人吉・球磨新聞感想文コンクール優秀賞の受賞とバレーボール部の球磨人吉バレーボール選手権大会優勝の表彰、各種検定取得者、2学期学力クラスマッチの成績上位クラスと満点者の表彰がありました。
 また、始業式では、校長先生から「歴史から学び、広い視野で、新しいことに挑戦する一年にしてください。」と挨拶がありました。その後、今年最初の校歌も大きな声で歌いました。


2学期表彰式・終業式

 12月22日(金)、2学期表彰式と終業式を行いました。表彰式では陸上競技部、アーチェリー部、美術部、書道部の大会表彰や読書感想文コンクール、日本遺産絵画コンクールの入選などの表彰を行いました。
 終業式では、校長先生から、「一年の節目を、自身を振り返り、短所や欠点を直す絶好の機会にしてください。柔軟性のある人になりましょう。」と挨拶がありました。生徒は、今年最後の校歌斉唱も大きな声で歌いました。


門松作り

 12月21日(木)、PTAの方々に門松を作って頂きました。野球部の生徒も手伝い、立派な門松が完成しました。正門に飾っていますので、是非一度、ご覧ください。

校内駅伝大会

 12月21日(木)、校内駅伝大会を行いました。男子が約4.2キロメートル、女子が約3.5キロメートルのコースを1組5名で襷を繋ぎました。走り終わった生徒も自転車に乗り、走者に声援を送っていました。クラス一丸となり、アンカーがゴールするまで一生懸命声を張り上げていました。駅伝大会終了後、PTA母親委員会特製の豚汁で身も心も温まりました。交通指導や豚汁作りで御協力頂いた保護者の皆様、誠にありがとうございました。なお、大会結果は以下の通りです。


  【総合の部】                      【区間賞】
    優勝 3年1組 (1時間12分59秒)         1区 男子 大山君(2-1)  女子 井上さん(2-2)
    2位 2年1組 (1時間18分28秒)         2区 男子 谷山君(2-1)  女子 椎葉さん(3-1)松永さん(3-2)
    3位 2年2組 (1時間18分59秒)         3区 男子 恒松君(2-2)  女子 田﨑さん(2-1)
    4位 3年1組 (1時間19分13秒)         4区 男子 田山君(3-1)  女子 高田さん(3-1)
    5位 3年2組 (1時間22分01秒)         5区 男子 西君 (3-1)  女子 越替さん(2-1)
    6位 2年1組 (1時間23分50秒)


2学期クラスマッチ

 12月20日(水)、2学期クラスマッチを行いました。前半が国語・英語・数学の学力クラスマッチで、後半がスポーツクラスマッチでした。今年は男女ともにバレーボールで、白熱した試合が展開されました。男子は3年1組Aチームが優勝し、女子は2年1組Aチームが優勝しました。


ステップアップセミナー(3年)

 12月15日(金)、3年生がステップアップセミナー(ひとよし花まる学園大学講座)を行いました。熊本日日新聞社NIE専門委員、熊本学園大学招聘教授の越地真一郎先生を講師としてお招きし、「新聞を読める社会人・学生になろう」をテーマにお話ししていただきました。生徒たちは、新聞に親しみ、新聞をどう読むのかという態度をワークショップを通じて学びました。

企業訪問(2年)

 12月14日(木)、本校2年生が企業訪問を行いました。午前は、全員で本田技研工業株式会社熊本製作所を訪問し、午後は、2班に分かれて、YKK AP(株)九州製造所と九州武蔵精密株式会社を訪問しました。生徒たちは、普段見ることができない工場の内部などを見学しました。

くまもとお仕事探検フェア(2年)

 12月13日(水)、本校2年生がグランメッセ熊本で行われた「くまもとお仕事探検フェア」に参加しました。生徒たちは、県内の様々な企業や団体、専門学校、大学などの出展ブースを巡って説明を聞いたり、製品に触れて、将来の進路選択に向けた様々な職業について理解を深めました。

ゴルフ実習(体育コース3年)

 12月12日(火)、熊本クラウンゴルフ倶楽部にて、体育コースの3年生25名がゴルフ実習を行いました。生徒たちはハーフラウンドを回りましたが、珍プレー・好プレー続出で大変盛り上がりました。

防火・防災避難訓練

12月11日(月)、地震や火災による被害を防止し、生徒たちの防災意識を高めるため、防火・防災避難訓練を行いました。生徒たちは非常ベルが鳴った後、落ち着いて速やかに避難しました。また、消火器を使用した訓練と本校職員による屋内消火栓操法の披露を行いました。

献血ボランティア

12月8日(金)、多良木高校で学校献血を行いました。熊本県赤十字血液センターの後藤善隆様を講師としてお招きして「献血に関する講話」をしていただきました。その後、献血希望者は多良木高校に来た献血バスで献血しました。まだ年齢が条件を満たしていない生徒は「今回はできませんが、将来、必ず献血したい」と言っていました。

地域との合同避難訓練

 12月7日(木)、本校生徒、職員および多良木町6区の住民の方々と合同避難訓練を行いました。大規模な地震が発生し、多良木町6区の避難所の公民館が使用不能となり、多良木高校が避難所になったことを想定しました。生徒たちは避難所の設営、避難する人の誘導、地域の様子の見回りなど、グループに分かれて活動しました。学校運営協議会の委員の方々に講評をいただき、今後の有事に備えました。


スタントマンを活用した自転車交通安全教室

 12月5日(火)、熊本県警本部交通部交通企画課主催、JAくま共催でスタントマンを活用した自転車交通安全教室を行いました。自転車と歩行者、自転車と自動車などの交通事故をプロのスタントマンの方々が実際に再現され、交通ルールをしっかり守ることの大切さを学ぶことができました。


球磨支援学校との交流及び共同学習

 11月28日(火)、2年1組の生徒が、球磨支援学校の生徒と、本校野球場でティーボール大会を行いました。初めは緊張しているようでしたが、ティーボールを通して親睦を深め、声を掛け合いながら試合を楽しんでいました。

第11回強歩会!!

 11月17日(金)、第11回強歩会を行いました。今年は、午前7時40分に学校を出発し、中山観音、宮原観音、谷水薬師、秋時観音、岡留熊野座神社、あさぎり町農協(アグリ)、学校という全長31kmのコースを歩きました。生徒たちは、例年以上に冷え込む中、互いに声を掛け合い、励まし合いながら、無事ゴールすることができました。今回、交通指導等のボランティアに御協力いただいた保護者の方々や地域の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。



系統・分野別進路ガイダンス、進路シアター、進路相談会

11月1日、8日、11月15日の3週連続で2年生が進路学習を行いました。8日は、系統・分野別進路ガイダンスということで、各系統・分野別で大学や専門学校等から講師の先生に来ていただき模擬講義をしていただきました。

15日は、進路シアターを鑑賞した後、進路相談会に参加をしました。進路シアターは「高校生と社会人のルールと意識の違い」と「自分に合った専門学校の見つけ方」というテーマの演劇を鑑賞しました。進路相談会では、それぞれ、自分の進路に対する意識を高めることができるよい機会となりました。





 

職業別・体験型進路ガイダンス(2年)

 11月1日(水)、5・6限目に2年生を対象に職業別・体験型進路ガイダンスを行いました。大学・短大・専門学校など18講座を開講し、生徒は希望する2講座のガイダンスを受講しました。各職業に関する基礎知識を学び、職業選択を考える良い機会となりました。


ハロウィン特設コーナー(図書館)

 10月27日~11月9日は「第71回読書週間」です。本校も10月23日~11月6日で朝読書を行っています。図書館前にも図書委員会おすすめの秋にぴったりな本や、ハロウィンに関する本を紹介しています。この機会にたくさんの本を読んでください。


2年生阿蘇研修旅行

10月27日(金)に2年生が阿蘇へ震災学習に行ってきました。阿蘇火山博物館を訪問した後、阿蘇五岳のひとつ杵島岳を登りました。博物館がある草千里ヶ浜への道中では、学芸員の方の説明を聞きながら、熊本地震の残した爪痕などを見てきました。博物館では、災害についての学習をして、防災意識をさらに高めることができました。登山では、天気にも恵まれて阿蘇の大自然を肌で感じることができました。阿蘇での活動は、とても有意義な研修旅行となりました。


多良木町ゑびす祭り

 10月20日(金)、『多良木町ゑびす祭り』に参加しました。3年生が男女に分かれて、味岡建設から多良木町町民体育館横のお祭り広場まで御輿を担いで、祭りを盛り上げました。2年生は男子が警察ボランティアに参加し、女子は多良木町社会福祉協議会とともに赤い羽根共同募金と御輿パレードに参加しました。




木綿葉フェスタ 特別ライブ!!

 10月7日(土)、木綿葉フェスタ2日目に、テレビ番組やCM、イベントなどで活躍する現役女子高生歌姫の鈴木瑛美子さんをゲストとしてお招きし、特別ライブを開催しました。鈴木さんの圧倒的な歌唱力に会場は割れんばかりの大盛り上がりでした。フィナーレには鈴木さんと全校生徒で『翼をください』を大合唱しました。


木綿葉フェスタ開催!!

 10月6日(金)・7日(土)に平成29年度文化祭「木綿葉フェスタ」を開催しました。今年の文化祭は『笑顔~キラリ輝く多高smile~』をテーマに笑顔あふれる素晴らしい文化祭になりました。
 観世流能楽師シテ方の菊本澄代様と菊本美貴様をお招きし、能楽ワークショップを行いました。能楽の世界に生徒たちも興味津々でした。また、書道パフォーマンス、ボランティア部の手話ビデオ、音楽選択者の発表、委員会の発表、各クラスのステージ発表と展示発表があり、普段とは違う生徒たちの姿を見ることができました。また、鬼木町臼太鼓踊り保存会による「鬼木臼太鼓踊り」の披露や、本校卒業生でよしもとクリエイティブエージェンシー所属の岩田麗さんによるトークショー・コントなどがありました。
 今年の木綿葉フェスタも多くの方々に御観覧、御協力していただき、誠にありがとうございました。これからも多良木高校をよろしくお願いします。

〈以下文化祭スナップ〉







国際理解に係る特別講話

 9月25日(月)、本校体育館にて、国際理解に係る特別講義を行いました。講師として、ソウル大学校名誉教授の全京秀(チョン・ギョンス)先生をお招きして、「グローバル社会と私」という演題でお話ししていただきました。全京秀先生は、韓国を代表する文化人類学者であり、現在は中国の大学で教鞭をとられ、アメリカ合衆国のエール大学等の客員教授を務めながら、学術研究、教育活動等、ご活躍されています。
 生徒たちは、全京秀先生がとても流暢な日本語でお話しされるのに驚きながら、「これから更にグローバル化していく社会の中で生きていく皆さんは、”確かな自分”を持つことが大切です」というお話を真剣な表情で聴いていました。

インターンシップ実習(2年)

 9月12日(火)~14日(木)の3日間、2年生が人吉市、球磨郡内のスーパー、病院、消防署、保育園など、30カ所の事業所や店舗に御協力いただき、インターンシップ実習を行いました。生徒たちは実習を通して、社会人としての礼儀やコミュニケーションの大切さ、仕事の大変さを学ぶことが出来ました。


インターンシップ出発会(2年)

9月11日(月)インターンシップ出発会を行いました。校長先生からは、教員の仕事を例に挙げ、仕事の裏側をしっかり見に来てくださいと激励がありました。また、2年2組の伊勢濱くんが生徒代表としてインターンシップ決意の言葉を述べました。インターンシップは明日12日(火)~14日(木)の3日間で行います。受け入れていただく事業所の方々、よろしくお願いします。

海のまち・山のまち交流会(鹿児島県阿久根市・熊本県多良木町)

 9月9日(土)、鹿児島県阿久根市の市長や市の関係者、鶴翔高校の生徒・保護者を招いて、「海のまち・山のまち交流会」が本校と多良木町多目的研修センターで行われました。本校と鶴翔高校が野球部とバレーボール部の練習試合を行い、その後、多良木町多目的研修センターで交流会をして親睦を深めました。


進路激励会(3年)

 9月7日(木)、3年生全員で内定・合格を勝ち取るために進路激励会を行いました。粟谷校長先生から激励の言葉があり、生徒たちも気合いが入ったようです。また、生徒代表として椎葉さんと福田くんが決意表明をしました。全員の進路希望が達成できるよう、精一杯頑張ります。

マナー講座(2年)

 9月7日(木)に、麻生専門学校グループ教務副主任の濱地由紀様を講師としてお招きし、マナー講座を行いました。今月12日から3日間行うインターンシップに向けての心構えを中心にお話しされました。言葉遣い、時間厳守、出退勤時の挨拶、服装・身だしなみ等、専門学校生の実例を交えた分かりやすいお話でした。生徒は真剣な表情で聞いており、インターンシップに向けて気を引き締めたようでした。

多良木小学校陸上教室

 9月5日(火)、多良木小学校の5・6年生を対象に多良木高校陸上競技部の体育コースの生徒14人が陸上競技の基本技術指導を行ってきました。多良木小学校は1ヶ月後に運動会を控えており、その練習の一環として今回の交流授業を計画されました。まず初めに多良木小学校の卒業生である3年生の三浦君が100mで県高校総体優勝、そしてインターハイに出場したことに関してのこれまでの経験や小学生に伝えたいことをインタビュー形式で話しました。その後、高校生による模範演技で100m走やリレーを走り、とても盛り上がっていました。最後に各班ごとで高校生から早く走るためのコツを教えました。とても真剣な表情で聴き入る小学生の姿が印象的でした。また、教える側の高校生もとても貴重な体験をさせていただき、勉強になったようでした。




キャンプ実習2日目(2年体育コース)

 8月30日(水)から始まりました2年生体育コースのキャンプ実習は2日目を迎えました。2日目は市房山頂上を目指して全員で登山をしました。険しい山道もありましたが、互いに助け合い、無事全員で山頂に着きました。



キャンプ実習1日目(2年体育コース)

 8月30日(水)、2年生体育コースが2泊3日のキャンプ実習に出発しました。水上村スカイビレッジで、高地トレーニングを行い、2日目の市房山登山に備えました。午後には、キャンプ場に到着し、入村式を行った後、テント設営をしました。


2学期表彰式・新任式・始業式

 8月25日(金)、2学期がスタートしました。表彰式では、各種検定と1学期学力クラスマッチ等の表彰がありました。また、新しいALTのチャールズ・マーチャント先生の新任式があり、「多良木高校の皆さんに出会えたことが嬉しい。早く生徒のみんなと英会話を楽しみたい」と英語で挨拶されました。
 始業式では、校長先生から、「技術が進歩し、刻一刻と世界が変化しています。この変化をチャンスと捉えて、対応できる人材になりましょう」と挨拶がありました。


3年生保護者会・進路ガイダンス

 7月28日(金)、本校体育館で3年生保護者会と進路ガイダンスを行いました。保護者会では、生徒と保護者が一緒に麻生専門学校の濱地由紀様よりビジネスマナーについての講演を受けました。生徒はメモを取りながら話を聞き、社会人として求められている力とは何か考えることができたようです。後半は、就職、進学に分かれてガイダンスを受けました。3年生にとって夏休みは勝負のときです。一致団結して進路実現を目指します!

夏季PTA清掃作業

 7月25日(火)、午前7時から夏季PTA清掃作業を行いました。早朝から多くの保護者の方々にも御協力いただき、PTA、部活動生徒、職員で隅々まで清掃することができました。御協力ありがとうございました。

人吉球磨地区高等学校生徒図書委員研修会

 7月21日(金)に平成29年度人吉球磨地区高校生徒図書委員研修会がセミナーハウス木綿葉にて行われました。今年度は本校が事務局校のため、図書委員が総合司会や取りまとめをしました。はじめは皆緊張した面持ちでしたが徐々に緊張も解け、各校の生徒と楽しく交流していました。研修会で学んだことを今後の図書委員活動に活かしていって欲しいです。




西和任さん来校

 7月7日(金)、1985年の県高校総体で陸上男子100mを制した本校卒業生の西和任さん(写真右)が来校されました。先月行われました県高校総体陸上男子100mで優勝し、インターハイに出場する三浦くん(3-1)を激励していただきました。県高校総体の陸上男子100mで本校生徒が優勝したのは、西さん以来32年ぶりの快挙であり、西さんは「全国の舞台でも良いレースをしてほしい」と三浦くんにエールを送っていました。

防火・防災避難訓練&地震に係る講演会

 7月4日(火)、地震発生を想定した避難訓練を行いました。生徒たちは教室から速やかに本校第2体育館下のピロティに避難しました。その後、第1体育館にて、『地震に係る講演会』を行いました。阿蘇火山博物館館長の池辺伸一郎様を講師としてお招きし、「地震を知る」をテーマに御講演していただきました。
 地震のメカニズムや熊本地震の影響など、地震に関する基本的な知識を学び、人吉球磨地域にある断層についても詳しくお話ししていただきました。