東高blog

東高blog

1年生簿記の授業

 今年度の授業もあと1週間となりました。情報ネットワーク科1年生の簿記の授業では、1年間のまとめとして、記帳演習が行われていました。簿記とは、企業が行う経営活動を一定のルールにしたがって帳簿に記録・計算・整理する技術のことです。損益計算書や貸借対照表という書類を作成し、1年間の利益を算出します。簿記の授業は、高校生になって初めて学習する内容で、初めはとても難しく感じていたようでしたが。しかし、学習を進めるにつれ慣れていき、1月に行われた全商簿記検定では、ほとんどの生徒が3級に合格することができました。簿記の知識があれば、企業の財政状態(健康状態)を知ることができ、様々な場面で役に立ちます。これからも学習を続けて検定にももっとチャレンジしてきたいと思います。

 

全国商業高等学校協会 情報処理検定1級満点合格

全国商業高等学校協会 情報処理検定1級満点合格!

 1月31日に実施された全国商業高等学校協会情報処理検定「プログラミング部門」において、情報ネットワーク科1年橋本さん(八代四中出身)が満点で1級に合格しました。情報処理検定は、コンピュータのハードウェアやソフトウェアに関する知識、ビジネスにおける実務的表計算ソフトウェアの活用やデータベースソフトウェアの活用、プログラミングに関する技能をはかる検定です。また、この検定は独立行政法人情報処理推進機構(IPA) ITパスポート・基本情報技術者試験の登竜門として位置付けられており、高度な資格取得への足がかりとしての地位を固めつつあります。今回の1級合格率は56.5%と高くはありますが、満点での合格は非常に難しく、本校でも過去15年くらいは例がないようです。しかも橋本さんは1年生での満点合格ということで、他に例を見ない快挙と言えます。橋本さんはコンピュータ部に所属しており、授業以外にも部活動にて学習に取り組み、何度も繰り返し問題を解き理解を深めていきました。今後は同じく情報処理検定の「ビジネス情報部門」1級合格を目指しているとのことでした。次も満点1級合格ができるよう頑張って欲しいです。