翔陽ブログ

学校生活

三年進路激励会

8月28日、3年次「進路激励会」を行いました。

これから進路試験に向かう3年次生に向けて、校長先生、進路指導部、年次主任の先生方から激励の言葉をいただきました。

夏休み期間中、3年次生は進路実現に向けて、提出する書類を先生たちと何度も話し合い、添削、書き直しを繰り返し、書類を完成させました。

校長先生からは、「字が綺麗で、思いの込められているよい文章に仕上がっている」とお褒めの言葉と、最後は熱いエールをいただき、生徒たちの気持ちも、さらに引き締まりました。

次に、代表の生徒からの宣誓が行われました。緊張した面持ちでしたが、力強く立派に宣誓してくれました。

これからの試験に向けて、よりいっそう頑張ってくれることと思います。

  

 

 

グリーンデザイン、パンジー発芽

先日蒔いたパンジーの種子が発芽しました。(4日程度で発芽)

発芽した様子を観察したり、スケッチや他の班との比較を行いました。

その中で、自分たちで生育予想を立てたり、気づきや疑問点などがあり、より一層植物に興味をもつことができました。

また、発芽している数を数え、発芽率の計算も行いました。

就職推薦決定者面接指導

本日放課後、51会場に分かれて、3年次就職推薦決定者面接指導を実施しました。

今年度の就職希望者は、103名。全員が自分の進路実現に向けて、真剣に取り組みました。

生徒たちは、受験する企業についてしっかりと調査し、自分の思いをちゃんと伝えられるようになってきています。

今年の就職試験は、新型コロナウィルス感染症の影響で10月16日(金)開始になっています。

残された時間は限られていますが、就職希望者3年次生103人の進路実現を期待しています。

 

 

 

グリーンデザイン ~パンジー播種~

今日は、グリーンデザインの授業の中で、『パンジー』の播種を行いました。

播種とは、一般にいう種まきのことです。

パンジーは、授業で管理をしていき、11月頃に学校前花壇に定植する予定です。

学校前を通られるみなさんの心を癒やせるよう、しっかりと準備をしていきます!

 

 

学校再開しました!

 本日、夏休みが終わり、学校活動、授業が再開しました。

 夏休み明けの全校集会は、新型コロナ感染拡大を防止するため、校内放送を用いて行いました。

 校長先生は、「生徒の皆さんの顔が見えなくてさみしい」と話をされ、顔を合わせて話をすることの大切さと喜びを改めて感じました。

 

 

「災害支援ボランティア参加の注意点」について

 夏休みに入り、災害支援ボランティアへの参加に関するお問い合わせがありましたので、「令和2年度7月豪雨災害に伴うボランティア活動上の注意」をアップしました。夏休み前に各教室に掲示したものです。既に参加した、あるいはこれから参加しようと考えている生徒の皆さん、保護者の皆様はご一読下さい。

令和2年度7月豪雨災害に伴うボランティア活動上の注意.pdf

 参加報告書については、8月11日付け学校安心メールでご案内した特設ホームページ内からダウンロードして下さい。

豪雨災害募金を芦北高校に届けました

 本校では、7月30日(木)~31日(金)の2日間、育友会と生徒会合同で「令和2年7月豪雨災害に伴う募金活動」を実施しました。短い期間ではありましたが110,473円を募ることができ、生徒会ボランティア委員長が、被災された芦北高校育友会に届けました。
 芦北高校では、各所に泥が残り、床が大きく波打っているなど、1ヶ月以上経った今でも水害の爪痕が残ったままでした。一日も早い復旧をお祈りいたします。


芦北高校の丁校長先生にお渡ししました

芦北高校の丁校長先生にお渡ししました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに高いところまで泥水が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床が大きく波打ち、泥だらけの教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜を収穫しました!

毎週金曜の3.4限に、1年次生の総合選択の授業を行なっています!

 その中の『農業と環境』では、野菜などの栽培について、自らの体を動かし、知識・技術を学んでいます!

今日は、夏野菜のなすやピーマン、しとうの収穫を行いました!
収穫した野菜は、自宅に持って帰り、家族で楽しみます!

第1回原付通学生対象交通安全教室の実施

7/29(水)に本校で原付通学生を対象とした交通安全教室が行われました。

菊陽自動車学校から3名の講師においでいただき、原付の運転や事故についての講話と車両点検を実施しました。

講話では熊本県の交通事故の傾向と実態から始まり、自動車全般の話から原付特有のルールや運転のポイントなどを説明いただきました。

車両整備では生徒の原付一台一台について、自分でも点検できる箇所と業者にしかできない箇所を分類して説明していただきました。

生徒は、わかっているようでわかっていなかった交通ルールや運転のコツなどを知ることができ、今後も安全運転を心がけてもらいたいと思います。

夢実現に向けて・・・ ~3年次学習会~

3年次生は、自分の進路実現、夢実現のため、放課後の時間帯に学習会を実施しています。

これからスタートする公務員試験や上級学校受験、10月16日からの就職試験に向けて、しっかりと準備をしています。面接練習や志望校対策のための学習など、その姿勢は真剣です!

 

  

 

未来をつくる力・・・・1年産業社会と人間

総合学科の生徒が履修する「産業社会と人間」では、自らの将来について考え、、「これから必要とされる力」を3年間かけて身につけていくために、科目選択や職業研究を行ったり、新しい教材を活用します。

今回のテーマは「未来のイメージを広げる」です。「これからの未来、世の中はどうなるのか?」「人がAIやロボットに負けない力とは?」など、動画を参考に、自分の意見をアウトプットし、仲間と意見を共有しました。

3会場に分かれて行われた授業でしたが、どの会場でも自分なりに考え、そして他者を認める雰囲気でした!

これからも『未来をつくる、3つの力』である「気づく力」「発案する力」「実現する力」を高める学習に取り組んでいきます!

 

 

学校生活をよりよいものにするために・・・ ~令和2年度生徒総会~

 新型コロナウイルスの影響で実施できていなかった「生徒総会」を実施しました。

 今年度の学校生活をよりよいものとするために、生徒会が一生懸命準備してきました。

 今年は密を作らないために、校内放送を使っての総会としました。

 話をする各委員長は、会議室に待機し、緊張した面持ちで順番を待っていました。

 学校行事等、限られた中での取り組みとなるため、生徒自身さみしい部分もあるかと思います。

 しかし、生徒会を中心に、この会を通して学校のスローガンのように「自ら気づき、考え、行動する。」という姿を全員で表現し、今まで以上の翔陽高校を作り上げていって欲しいと思います。

  

  

高校総体の代替大会速報を配信します!

 明日、7月18日(土)から、高校総体の代替大会が実施されます。

 新型コロナウイルスの影響で会場への入場が制限され、応援に行きたくてもいけない方も多いと思います。

 翔陽高校では、試合の状況や結果を翔陽高校公式Twitterにて速報でお届けします。

 各会場で頑張る生徒たちへ、インターネットを通じて皆様方の熱い声援をお願いします!

 下記のリンクからTwitterをご利用ください。

 

  熊本県立翔陽高等学校公式Twitter

長雨の合間に・・・ ~グリーンデザイン~

 2年次生、全員選択の「グリーンデザイン」では、授業の一環として学校周辺の花壇の整備を行います。農業に関する事だけではなく、体を動かして働くことの意義も学んでいます。最近、梅雨の長雨で花壇の管理ができず、雑草が伸び放題になっていました。

 本日は、雨も上がり、作業日和!生徒たちは、一生懸命除草作業に取り組んでいました。

 花壇には、メランポジウムを植えています。

 学校周辺にお越しの際には、綺麗な花を見て、心を癒やしていただければと思います。

  

              

 

インターンシップ~マナー実践編~

2年次の「総合的な探究の時間」では、10月実施予定のインターンシップに係る学習を進めています。

今回は、マナー実践編です。社会人としてのマナーとはどのようなものかを考え、正しい姿勢・正しいお辞儀をポイントに沿って、練習しました。

各教室では「翔陽高校からまいりました〇〇と申します。」「よろしくお願いいたします」といった声があちこちから聞こえました。

インターンシップに向けた学習が進むにつれ、自分の進路について考える姿が見られています。

 

職業研究プロジェクト ~産業社会と人間~

 産業社会と人間の授業では、社会の中で生きていく上で、大切なことについて学んでいきます。

 今回は、その中の一つである仕事や上級学校について知る「職業研究プロジェクト」についての説明が行われました。

 これから1年次の生徒たちは、自分の興味のある仕事や学校について理解を深めるための学習を行います。

 その中で、自分たちで各事業所にアポイントメントを取り、実際の現場やお話を聞きにいったり、上級学校のオープンキャンパスに参加するなどの取り組みも計画します。

 

 

 

 

大切な人を守るために・・・ ~性教育講演会~

 本日、1年次生を対象とした「性教育講演会」を実施しました!

 今回は、「妊娠と性感染症」と題して、菊池保健所の保健師である倉野尾様にご講演いただいました。

 また、生徒にこの内容を身近に感じてもらえるよう、本校職員が家庭内での性教育というテーマでの演劇を披露しました。生徒たちは、自分の年代に実際に起こることだと感じ、真剣に話を聞いていました。

 高校生として、性に対する意識を高め、自分の思いだけではなく、相手(パートナー)を守ることの大切さを感じてくれたように思います。

 

 

 

3年次部活動生、最後の晴れ舞台!

 新型コロナの影響で、6月の高校総体が中止となりましたが、このたび高校総体の代替大会の実施が決定しました。

 3年生にとっては、高校生活最後の晴れ舞台!悔いを残さないよう、精一杯頑張ってほしいと思います。応援よろしくお願いいたします!

 また、実施されない競技もありますので、詳細は、「熊本県高校体育連盟ホームページ」にて御確認ください。

 なお、新型コロナの感染拡大防止の観点から、会場への入場等につきましては制限があります。

 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

 熊本県高校体育連盟ホームページ ←大会の要項や組み合わせは、こちら!

進路決定への第一歩!

 本日、3年次生を対象とした「一斉模擬面接」を行いました。

 進路決定に向け、重視されるのが面接です。実際の試験を想定して行いました。

 生徒たちは、緊張しながらも、一生懸命取り組んでいましたが、自分の思いを正確に伝えることの難しさを感じ、頭を抱える生徒もいました。

 面接を待つ間も、何を話すのか確認を行う姿が見られ、より一層真剣さが増し、これからが楽しみになりました。

 新型コロナ等の影響で、就職、進学ともに厳しい状況ではありますが、それぞれの就職、進学、公務員と自分の夢実現のため、さらなる努力を期待しています。

 

 

 

 

8月19日(水)に「中学生体験入学」を実施します!

2020中学への依頼文.pdf

2020体験入学FAX送信票.pdf

 

 本年度の体験入学を、令和2年(2020年)8月19日(水) 午前9時~正午に実施します。総合学科についてや入試に関すること、各系列の実習などの説明や体験活動があります。中学3年生の皆さまの参加をお待ちしております。

 なお、申し込みは中学校を通してお願いします。希望される方は、中学校の先生にご相談ください。

 また、中学校の先生におかれましては、様式をダウンロードいただき、7月20日(月)までにFAXにて送信ください。

 何かお尋ねがあれば、学校にお電話ください。

 

7月7日の授業について

 本日、午後から大雨が予想されますので、2限終了後授業を打ち切り、放課とします。

 明日、7月8日(水)については通常どおりの授業を予定しておりますが、今後の状況をもとに、身の安全を考えての対応をお願いします。なお、明日の3年次の朝課外は中止いたします。

 ※こちらも併せてご覧ください。【https://sh.higo.ed.jp/shoyo/wysiwyg/file/download/26/1702】

令和2年度大津町企業ガイダンス

 大津町企業連絡協議会のご協力のもと14社の企業の方々においでいただき、令和2年度大津町企業ガイダンスを実施しました。

 大津町にある各社からは、入念な準備の上に生徒たちの心に響く熱のこもったお話をしていただきました。参加した3年次生の就職希望者は、それぞれの会社の概要や仕事をする上での心構えなどを伺うことで、社会人としての意識を高めることができました。

 今年度の就職については、新型コロナウイルスの影響で試験開始時期が変更され、求人数の減少も懸念されていますが、これから生徒たちは、進路実現に向けてさらに力を注いでいきます。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年次 制服着こなしセミナー

 6月19日、制服着こなしセミナーを実施しました。今年で8年目となります。

 光多制服の方のご協力で、制服の着こなしを通して、社会人になるときに必要なフォーマルウェアの着こなし、就職・進学試験時に必要な心構えまで、幅広いご指導をいただきました。

 本講習を通して、生徒たちは制服を着こなすことが、一歩一歩大人に近づいていくことだと知り、成長するきっかけをいただきました。

 

 

 

1年次 手帳活用セミナー

 本校生徒、全員で活用している「スコラ手帳」の有効な活用方法について、ノルティプランナーズの方から教えていただきました。講演会の中で、手帳の活用方法だけではなく、変化する社会に対応できる人物になるために必要なことなども併せてご教授いただきました。

 これから先、Society5.0の社会となり、私たちの仕事もAIなどに取って代わられるかもしれません。その中で、AIに負けないよう、自分たちの力を成長させて行かなければならないと考えさせられました。

 

 

 

総合的な探究の時間 ~インターンシップ(目標設定)~

2年次の総合的な探究の時間では「インターンシップ」を題材に、探究活動を進めています。自ら設定したテーマに基づき、今回はインターンシップの目標を設定しました。自分の強み(長所)、克服したい課題(短所)を考え、自らと向き合うことを忘れずに取り組みました。

産業社会と人間 ~科目選択~

 総合学科高校の必修科目である「産業社会と人間」の中で、来年度以降の『科目選択』についての取り組みを行いました。今回は、選択するための情報収集として、専門教科の選択科目群である『系列』でどのようなことを学ぶのかを共有しました。休校中に各系列の説明動画を見て、事前学習を行いましたが、これからさらに理解を深めていかなければならないと言うことが分かりました。次回は、系列の授業見学を行います。ここでしっかりと理解を深め、自分の夢、進路、生き方を学んでいきたいと思います。

 

 

 

課題研究、頑張ってます!

 3年次では、これまでの授業で学んだ知識や技術をもとに、自らの周りに存在する様々な課題を解決する「課題研究」という授業に取り組んでいます。各科目・系列ごとに特色のある内容が多く、自らのため、周囲のひとのために、研究に取り組んでいます。

 写真は、機械、建築のものです。

 他の科目や系列の取り組みや研究の経過など、定期的にご紹介しますので、お楽しみに!

 

 

 

花は心の栄養源

熊本県の花き協会から、バラのフラワーアレンジが届きました。

「新型コロナウイルス感染症に負けないように」「少しでも明るい気持ちで過ごせるように」という思いから送られたそうです。

生徒の目に留まる場所に設置しました。すてきな花ありがとうございました。

 

学校設定科目 ~グリーンデザイン~

 翔陽高校では週2時間、2年次生全員が学校設定科目である「グリーンデザイン」を受講しています。

 農業科目を選択していない生徒も受講し、生き生きと活動しています。

 農業は全ての産業の礎となるものです。そして、命を学ぶ授業でもあります。

 食事の前の「いただきます」は、料理を作ってくれた人だけではなく、農作物を作ってくれた人、料理のために犠牲になった農作物、動物の命を「いただく」ことに感謝する言葉です。

 今は学校前花壇の除草作業などが中心ですが、今後は野菜等の栽培も行っていきます。

 暑い中、みんな頑張っています!

 この授業をとおして、命のありがたさを学んでいきます!

 

 

みんなで新型コロナウイルス対策!

 登校が再開し、生徒の元気な姿が見られるようになってきました。

 しかし、新型コロナは気を抜くと、第2波、第3波と容赦なく襲ってくる可能性があります。

 本校では、感染防止のため、十分な換気を行った環境での授業、こまめな手洗いやアルコール消毒、放課後に職員で講義室や机のアルコール消毒を徹底し、感染拡大を防いでいます。

 さらに、工業系列建築では、授業で学んだ測量の考え方を活かし、ソーシャルディスタンスをとるための取り組みを行いました。また、生徒会や保健委員会など、掲示での感染予防を呼びかけています。

 新型コロナの感染予防は、生徒や職員だけではなく、家族、地域の方々の協力があってこそだと思います。

 みんなで新型コロナに負けない取り組みを続けていきます!

 

 

 

   

授業再開しました!

 本日より、分散登校という形にはなりますが、授業を再開しました。あいにくの雨ですが、生徒たちは久しぶりの授業を満喫している様子でした。

 授業前後には、生徒たちも新型コロナ感染症対策として、アルコール消毒を徹底しています! 

 このまま落ち着き、全員での授業ができる環境に戻ってくれることを望みます。

 また、学校関係者だけではなく、全世界の方々が気を緩めることなく、新型コロナ感染症対策を続け、一日も早くみんなが安心して暮らせるように頑張っていきましょう! コロナに負けるな!

 

 

 

1年次集会

 1年生の年次集会が行われました。全員マスク着用、登校後に消毒、出来る限り間隔を取るなどのコロナ対策をしながら行われ、年次主任からのお話や年次団の紹介を行うことができました。みんな元気そうで、来週からの通常登校(6/4までは分散登校)が楽しみです。

対面式

 対面式が行われました。新入生と生徒会役員だけの対面式で規模縮小で行われましたが、春休みから企画・準備していた動画やメッセージで新入生を迎えることができました。

 

3年次進路別学習会

5月28日、3年次の登校日でした。その中で、年次集会、進路別の学習会が実施されました。

新型コロナウイルスの影響で、休校となり、進路指導についてもなかなか進まず、厳しい状況でした。

6月からの学校再開を契機に、怒濤のごとく進路への取り組みが始まります。

本日の学習会を受け、生徒たちの目の色が変わったように感じました。

就職、進学と受験の時期は異なりますが、チーム3年次、一丸となって夢実現に向け、頑張っていきます!

 

就職希望者                   公務員希望者

 

進学希望者                  スケジュール管理が大切なので、手帳に記録しています!

5月の図書館

5月は「母の日」(家族の日)特集をしています。家族に感謝するために読んでみませんか?

また、何を読めばいいか悩んだら「話題の本」コーナーをぜひご覧ください。

『スポーツを通して子供たちに夢を!メッセージプロジェクト』について

 熊本県教育委員会では、『スポーツを通して子供たちに夢を!メッセージプロジェクト』と題しまして、熊本にゆかりのあるスポーツ選手・指導者から子供たちへの熱いメッセージ動画を配信しています。また、選手によっては、トレーニング動画も配信されていますので、STAYHOMEでなまった体を動かす機会にしてもらえればと思います。

 

リンク先 : https://www.higo.ed.jp/center/gakushu-ouen/kodomo-tatini

 

〇配信中・後日配信予定の方々

氏名 競技 選手(団体)・指導者の紹介
平岡 和徳 サッカー 大津高校サッカー部総監督・宇城市教育長
横田(肥川)葉子 水泳

バルセロナ五輪競泳水泳女子400mメドレーリレー7位入賞

熊本県教育長県立学校教育局体育保健課

西村 英久 剣道 全日本剣道選手権大会3度優勝、熊本県警察本部機動隊
再春館製薬所バドミントン部 バドミントン 全日本選手権、SJリーグ、各種国際大会
熊本ヴォルターズ選手 バスケットボール バスケットボールB2リーグ
德井 清明 ラグビー 岱志高校ラグビー部監督、日本代表流大選手の指導者
中尾 有沙 車いす陸上

平成27年日本陸上競技選手権女子三段跳び優勝

現在車いす陸上競技選手

オムロンハンドボール部 ハンドボール 女子ハンドボール日本リーグ
ロアッソ熊本選手 サッカー サッカーJ3リーグ

 ※上記の方々で、アップされていない場合は、後日アップされます。

 

教育相談室からのお知らせ

本校ではスクールカウンセラーの先生に月2回程来校していただき、生徒や保護者の相談を行っています。

先日、ご家庭にお送りした育友会総会の資料の中にスクールカウンセラーの先生の来校日時を載せております。

なお、5月の予定がコロナウイルスの影響で変更になりましたのでお知らせ致します。

 5月22日(金)29日(金)の分を6月と7月に変更して、次のようになりました。

    ↓

 6月 5日(金)12日(金)19日(金)

 7月 3日(金)10日(金)17日(金)

令和2年度体育大会について

   令和2年度体育大会について

 熊本県教育委員会の通知に従い、感染拡大防止の観点から体育大会を延期することとしました。11月に規模を縮小しての実施を検討しておりますので、御理解と御協力をお願いいたします。

forms研修

 

 2日間にわたり、アンケートやクイズなどが作成できるformsの研修会を実施しました。

 現在、新型コロナウイルスの影響で休校になっていますが、このシステムを活用することで、アンケートだけではなく、生徒の家庭学習課題の確認テストなども可能となります。

 全職員に研修を行い、生徒の皆さんの学習環境を整えていきたいと思います。

検定にチャレンジしませんか?

本校では、「ニュース時事能力検定」「世界遺産検定」を実施しており、今年度はそれぞれ3回実施する予定です(新型コロナウイルス感染症による状況次第では、延期・中止も予想されています)。

今、時間のある時に検定の勉強を行い、スキルアップにつなげませんか?

詳しくは、PDFを確認してください。

受験希望する生徒は、学校の安心・安全メールで届いた受験案内に記載してあるURLにて校内申込みを行ってください。

 ニュース時事能力検定.pdf

 世界遺産検定.pdf

LINEを使ってスキマ時間に学習しよう!

 文部科学省の公式LINE アカウント『子どもの学び応援』を知っていますか?

 本校のホームページで紹介している『子どもの学び応援サイト』と同じ内容ではありますが、LINEの方がみなさんも気軽に利用できるのではないかと思いましたので紹介します。

 「文部科学省」で検索し、「文部科学省 子どもの学び応援」というアカウントを友だち追加してみましょう。LINEを活用して、いつでもどこでもスキマ時間学習をしてみてはいかがですか。 

 NHK高校講座の活用方法ガイダンスもありますので紹介します。

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/spring_break/intro.html

 

 

 

コロナウイルスに負けないぞ!

新年度になりましたが、休校が続いています。

本来、授業で植えてもらう予定の野菜たちですが、野菜の苗も大きくなりすぎるので、先生方の協力で植え付けてもらいました。

植え方を学んで生徒の教材だから丁寧に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて経験される先生方も多かったのですが、野菜に愛情を込めて丁寧な実習でした。

生徒も職員もそれぞれが、今できることを頑張っていきましょう。

 

令和元年度冬休み前全校集会

 令和元年度冬休み前全校集会がありました。

表彰式・生徒会認証式・全校集会の順で行われました。

全校集会では、学校長より「一年を通して、できたこと・できなかったことを振り返って新年の志につなげていただきたい」との式辞がありました。

 

 

 

3年次 プレ社会人セミナーを実施しました

 12月23日(月)、卒業間近の3年次生を対象に、昨年の卒業生と4年前の卒業生を講師として招き「プレ社会人セミナー」を実施しました。

 講演では、実際に働いている卒業生の話を聞くことで、社会の仕組みや働くことへの理解、職業生活を送る上での社会認識、社会人としての心構えなど多くのことを学ぶことができました。2人から共通して話された社会人として必要なことは「コミュニケーション力」「報告・連絡・相談」でした。

 生徒の感想の中の多くに、「二人の話を聞いて、働く上で大切なことは挨拶やコミュニケーションだと改めて感じた。また、何事もポジティブに考えることや相談できる仲間(友人)を持ち、相談することでストレスに立ち向かっていきたい。」と書いてありました。

 3年次生には、このセミナーを糧に、4月からの新生活に向けて、残り約3ヶ月、しっかりと準備をしていってほしいと思います。

 

 

 

 

令和元年度長距離走大会育友会豚汁支援

12月20日(金)令和元年度長距離走大会において、今年も育友会の一人一役による豚汁支援およびコース内での交通整理が行われました。

豚汁支援では1800杯を目標に執行部、役員及び保護者を中心に準備、前日の切り込み、当日の調理を経て豚汁が振る舞われました。

育友会活動の中で最も人手を要する行事の一つですが、寒さの中多くの保護者の協力で無事実施することができました。

保護者の皆様本当にありがとうございました。

 

 

 

校門前の看板が新しくなりました!

校門前の看板が新しくなりましたので、デザインされた工業系列建築の横山先生にインタビューしてみたいと思いますにっこり

イ:インタビュアー

横:横山先生

 

イ:とても明るい雰囲気の看板になりましたね!

横:ありがとうございます興奮・ヤッター!作ったのが夏で掲示されたのが冬なので季節に合わない感じになってしまったのですが、冬空に皆さんが明るい気持ちになってもらえればと思います笑う

 

イ:夏から準備されていたと。どのような経緯でデザインをすることになったのですか?

横:左側の未来塔の写真を加工したものを昨年の文化祭の書道部の企画で掲示したところ前事務長先生の目に留まりまして、今年度に入り武下主幹先生から正式に依頼されデザインをすることになりました鉛筆

 

イ:なるほど、この絵は写真を加工したものだったのですね。そして前事務長先生と武下主幹先生の采配でデザインすることに至ったと。では右側の生徒の写真はどういった理由で選ばれたのですか?

横:右側の写真を選ぶ前に、「翔陽高校で夢をつかもう」というキャッチコピーを思いつきました。そこで生徒が上に手を伸ばして何かをつかもうとしている写真だとピッタリだなぁ思いながら探していたところ、今年度の体験入学のチラシに採用されなかったこの写真を見つけまして、それをレイアウトしたところピッタリとはまりました。

 

イ:キャッチコピーが先だったのですね。そして使われなかった写真を再利用するとは、エコでいいですねニヒヒ。「夢をつかもう」の文字がピンク色だったり珍しい形をしていたりするのにはなにか意味があるのですか?

横:青い空にピンク色の文字で青春を表しています(笑)。伝わりますかね?汗・焦る。文字が珍しい形をしているのは雲のようにふわふわとして目立たないようにしたいと思っていたのですが、管理職の先生に「もっと目立たせて」と言われてしまい、縁をグレーで囲ったところ雲っぽさが薄れてしまいました苦笑い。ですが、経年劣化して看板が薄くなっても読めるようになったので、結果的には良かったと思っています。

 

イ:背景の写真だけでなく文字にも熱い思いを持っておられるようで(笑)。最後になにかメッセージがあればどうぞ。
横:このようなデザインをする機会を頂きありがとうございます。また学校の出版物や掲示物でデザインする仕事がありましたら喜んでお引き受けしますので、お声掛けください!

 

イ:以上、工業系列建築の横山先生のインタビューでした。今後の活躍に期待しています!

 

  

 

「くまもと教育の日」講演会

 11月21日(木)、法相宗大本山 薬師寺 大谷徹奘様を講師にお招きし「くまもと教育の日」講演会を実施しました。

 大谷様は、17歳の時に薬師寺の僧侶となられ、現在は薬師寺執事長に就任されています。「心を耕そう」をスローガンに全国各地で法話をされています。本校では『面白く生きよう』という演題のもと、数多くの心に響く言葉を残してくださいました。

 

・「命を運ぶで『運命』、その『運命』の運転手は自分」

・「花の咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ。やがてでっかい花が咲く」

・「『面倒』という漢字は“面(ツラ)が倒れる”と読める。その反意語は『面白い』。

  “面が明るい”という意味。面白いと思ったら、物事の捉え方が大きく変わる。」

 

 大谷様の話されるお言葉の一つ一つが、温かさ・優しさを持った素敵なお言葉ばかりでした。生徒たちだけでなく、職員・保護者も今の自分自身を素直に振り返り、「自分の人生を面白く生きていこう」と気持ちを新たにすることができました。

 約50分間の講演でしたが、冒頭の自己紹介から一気に話に引き込まれ、体育館の全員が大谷様のテンポの良いお話に釘付けになり、あっという間に時間が経った気がします。大谷様とのこの貴重な出会いに感謝し、明日からの生活を面白いものへと変えるべく、前向きに日々を送っていこうと感じることができました。

 ご講演くださった大谷様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

翔陽祭での育友会食品・物品バザー

11月10日(日)翔陽祭において育友会食品バザーと物品バザーを行いました。

物品は家庭の贈答品等を提供していただき、食品では今年もハヤシライスと餅・箸巻きを販売しました。

用意した食材もすべて売り切れ、盛況に終えることができました。

一人一役の育友会活動ですが、事前の道具調べから前日の調理準備と細やかな活動に感謝いたします。

  

 

 

3年次人権教育講演会

  10月25日(金)に、「水俣病から学ぶ」と題して、水俣病を語り継ぐ会 熊本県人権教育研究協議会社会教育部会事務局長の坂本みゆき様より、ご講演いただきました。水俣病と言う病をとおして、数多くの方々が差別を受け、心に傷を負ってこられたことを教えていただきました。また、「知らない」ということが、差別を増長させていたことなど、「知る」と言うことの大切さも知ることができました。

 水俣病だけではなく、地球上に存在する差別をなくすために、生徒、職員一同、これから意識を高めていかなければならないと考えさせられました。

 

 

 

令和元年度防災避難訓練

 令和元年度防災避難訓練がありました。

本年は、非常ベル・火災報知器等を使わない避難訓練を行いました。

雨天のため体育館に避難し、防災主任の話・防災業者による消火器の取り扱い・副校長講評の順で実施されました。

 

 

令和2年度(2020年度)生徒募集及び学校説明会

 令和元年10月15日(火)に学習塾の先生方や中学校の先生方を対象に、「令和2年度(2020年度)生徒募集及び学校説明会」を実施しました。

 説明会の中では、学校概要や近年の進路状況、及び令和2年度生徒募集関係に関する説明を行いました。また、1年次の川添さんが『翔陽高校で学んだこと』3年次の大窪さんが『翔陽高校の魅力とは』と題し、翔陽高校を志望した理由や本校の特色ある教育活動を通して学んだこと等について発表しました。本校の特色ある教育活動について、十分御理解いただけたのではないかと思っています。また、先生方から示唆に富んだ御意見を多数賜り、今後の学校運営にも是非参考にさせていただきたいと考えております。卒業生との懇談会(希望中学校のみ)では、久しぶりの恩師との再会に生徒たちも嬉しそうな様子でした。

 本日御来校くださった先生方、お忙しい中ありがとうございました。今後、各中学校主催で実施される学校説明会にも参加させていただく予定です。本校の魅力を十分にお伝えしていきたいと思っています。

 

▲ 所狭しと展示された各系列の作品紹介コーナー

 

▲ 生徒発表では本校の魅力や体験談を語ってくれました。

 

 

令和元年度後期始業式

 10月9日(水)、令和元年度後期始業式がありました。表彰式・新任式・始業式の順で行われました。

始業式では、学校長より「①凡事徹底。②学力の向上。③学校行事への積極的な取り組みを行って欲しい」との式辞がありました。

また、新任式では、新たに2名の先生が着任されました。

 

 

大津町ジュニアリーダー夢議会

10月6日(金)大津町立大津北中学校で行われました「大津町ジュニアリーダー夢議会」に出席してきました。

「大津町ジュニアリーダー夢議会」とは、大津町内の中学校・高校・支援学校の代表生徒が集まり、大津町のことについて議会形式で町長に質問・提案を行うもので、本校からは2年次の片山聖太さんと野中優希さんが参加しました。

片山さんは、議会において「防犯・防災の効果が高く、周囲の人々とのつながりを感じることのできる挨拶を必ず行うような条例を制定し、観光客や住民の人口増加につなげてはどうか」という提案を行いました。

野中さんは、パネルディスカッションで「挨拶や、通行上危険な箇所の情報共有を盛んに行い、その結果犯罪や事故が減少したというデータを公表すれば、『住んで良し、訪れて良し』の大津町になるのでは」という意見を発表しました。

どちらの意見も、大津町町長をはじめ多くの方から「着目点がよく、効果が期待できる提案だ」という主旨のお言葉をいただきました。

 毎日お世話になっている大津町のために、私たち翔陽高校ができることは何か、翔陽生が元気に挨拶をすることがどれほど大事なことか、考える良い機会になりました。

 なお、議会の模様はYouTubeでライブ配信されていましたので、見てくださった方もいるのでは? 

 

   

パネルディスカッションのリハーサルを行う     議会一般質問のリハーサルを行う片山議員

野中議員

全体集合写真 4回の学習会と本番を経て、仲良くなりました(^_^)

 

 

育友会レクリエーション

 9月28日(土)育友会レクリエーション(ビーチバレーボール大会)が本校体育館で保護者102名、教職員34名、計136名の参加で実施されました。

 決勝では昨年優勝の2-5(旧1―5)と2-6の対戦になり、激戦の末16点対14点の僅差で2-5が見事2連覇を飾りました。3位は1-5でした。

 また懇親会では81名の参加があり、クラスの懇親を深めた1日でした。来年も多くの保護者の参加をお待ちしております。参加の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

 

「令和元年度前期終業式」

9月27日(金)、令和元年度前期終業式がありました。

表彰式・推戴式・終業式の順で行われました。

終業式では、学校長より「①思いやりの気づきを持った行動。②読書を通して自分自身を振り返り、国語力、読解力を高めて欲しい」との式辞がありました。

 

 

全国高P連京都大会

8月22日~23日に全国高等学校PTA連合会大会京都大会がロームシアター京都において開催され、約1万人が参加しました。大会は6つの分科会に分かれて講演・パネルディスカッション・意見交換会・ワークショップなど多彩な企画で盛りあがり、全体会では日本電算(株)の永守重信CEOの記念講演がありました。またこの大会で熊本県から2名の個人表彰のうち、芹口前会長が表彰されました。大会の内容などは後日会報誌に掲載いたします。

 

夏休み肥後大津駅駅舎清掃ボランティア

7月31日(水)に地域ボランティア活動の一環として肥後大津駅駅舎清掃を行いました。本校の最寄り駅の肥後大津駅は、約300人の生徒が毎日利用しています。日頃の感謝の意を込めて駅舎の清掃活動を行いました。気温30度を超える中、熱中症に留意しながら一生懸命取り組むことができました。翔陽高校は、グローバルな視点を持った、地域に貢献できる生徒の育成を目指しています。

  

 

7月12日 交通安全教室

交通安全教室は本校が取り組んでいる交通安全教育の一環で、全生徒を対象に毎年実施しております。今年度は自転車での交通事故が多発しているため、道路交通法による自転車利用の規則や交通マナーを学び、交通社会人として自覚と責任を持つ生徒の育成を目指すことを目的とし、般社団法人熊本県交通安全協会安全課の西安一様と石原幸次様にお越し頂きました。

講話の内容は近年増加する自転車に乗車中の事故の中でも、自転車の運転者が加害者となり多額の賠償金を請求される場合の話を中心に行われました。自らが被害者になる場合は想像できても、加害者になる場合はなかなか想像することが難しいのではないでしょうか。講話では具体的な事例を挙げ道路交通法を参照しながら高校生に起こりうる事故をわかりやすく説明して頂きました。

 

下記が生徒代表、交通委員長の西山颯真の感想文になります。

先日、交通安全教室が行われました。講話を聞き、私たちは日頃から交通ルールを意識して一人一人が周りに気を配り行動することが大切なことだと感じました。これからは今以上に交通社会の一員として自覚を持ち、自分と周りの人たちを大切にできるよう心がける必要を感じました。今回の講話をこれからの生活に活かしていきたいと思います。

 

令和初の体験入学

 7月26日(金)に体験入学を実施しました。今年も、県内各地より中学生やその保護者を含め500人以上のご参加をいただき、30度を超える気温の中大盛況で行われました。

 始めに体育館で全体会が行われ、学校説明や1年次代表の生徒二人による翔陽高校のプレゼンテーションが行われました。その後、18班に分かれて各5系列(8分野)をローテーションで見学していただきました。

それぞれの系列で行われる説明に参加者は真剣に耳を傾けていました。特に、農業系列の食品製造で準備されていたキンキンに冷えた乳酸飲料の「ミルピス」は参加生徒に大人気でした。

翔陽高校の特色である「総合学科」の取組をより詳しくお伝えできる良い機会になったと思います。参加した生徒さん及びその保護者様、ご参加ありがとうございました。来年の春、翔陽でお待ちしています。

  

 

 

 

 

 

Direction Game & 英語のレシピでクッキー作りに挑戦

 7/9(火)『英語表現Ⅱ』(3年次、受講者11名)の授業は、2時間にわたってALTのローラ先生とのティーム・ティーチングでした。

 6限目は教室でDirection Gameを行い、大いに盛り上がりました。まず始めに、ローラ先生が“ピーナッツバター・ジェリーサンドウィッチ”の作り方を実際に生徒の目の前で実演。次に、それを見ていた生徒たちが、その手順を一人ずつ順番に英語でローラ先生に指示していく、というゲームでした。最初の生徒が「Take a bread.」と指示を出すと、ローラ先生は、袋の中から食パン全てを取り出してしまい…。慌てて次の生徒が「Take two slices of bread out of the bag.」と修正。ジャムを塗る際にも指示を間違えてしまい、ローラ先生が手掴みでピーナッツバターを取り出す始末に!「With a knife…(ナイフを使って…)」の指示が抜けていたのです。生徒たちは自分たちの言い間違いに大爆笑しながらも必死になって英語で指示を出し、どうにかこうにかサンドウィッチが完成しました!

 7限目は英語で書かれたレシピを使ってクッキーを焼きました。分量や手順、ローラ先生からの説明も全て英語!でも、生徒たちはしっかりと英語を理解して、楽しくクッキーを焼き上げました!

 生きた英語に触れるとても貴重で楽しい時間でした!

 

 

   

3年次キャリアガイダンスを実施しました

6月26日(水)の5,6時間目、進路希望(就職・公務員・進学)ごとに分かれてキャリアガイダンスを行いました。

 

1 就職希望者対象:

 大津町企業連絡協議会主催で「大津町企業ガイダンス」が開かれ、地元の16事業所から社会人になるための心構えを教わりました。

 

 

 

2 公務員希望者対象:

 大津町役場総務課の方から、大津町のことや求める人材等について御講話いただいた後、活発なグループディスカッションを行いました。

 

 

 

3 進学希望対象者:

 進学手続きの流れとスケジュールを確認した後、News検定に取り組みました。

  

 

 

 今日のガイダンスを受けて「視野が広がった」、「頑張ろうという気持ちになった」と放課後は、進路室で進路活動をする生徒たちがあふれていました。

 目指す夢は、それぞれですが3年次団で一致団結して暑い夏を乗り越えます。

 お忙しい中、おいでくださった大津町企業連絡協議会及び大津町役場の皆様、ありがとうございました。

 

総合的な学習の時間 不要車椅子の募集について

私たち機械科三年生は、総合的な学習の時間で「空飛ぶ車椅子」という活動を行っています。「空飛ぶ車椅子」とは、壊れて使えなくなった車椅子を修理し、車椅子を必要としている海外へ届けるというボランティア活動です。

翔陽高校では「総合学科だからできる学習を通して、グローバルな視点と能力を身につけ地域に貢献する」という目標があります。

 

現在、修理を行う車椅子が不足しています。

このブログを見ていただけた方で、不要になった車椅子をお持ちの方がいらっしゃいましたら翔陽高校機械系列までご連絡下さい。

TEL 096-293-2055

 

  

教育実習生による研究授業②

 3週間にわたる教育実習の最終日、『体育Ⅱ(2年次)』の研究授業が行われました。生徒たちは、着衣水泳の浮き方や安全な泳ぎ方、救助の仕方について学習しました。浮力を生かした待機法やペットボトルを用いた救助法など、疑似体験しながら救助される側と救助する側の対処方法を学ぶことができました。

 吉崎先生には教育実習を通して経験されたことを今後の大学生活に是非生かしていただきたいと思います。3週間お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

教育実習生による研究授業①

 6/3(月)から3週間、教育実習生の先生がいらっしゃっています。本校の平成27年度卒業生で、現在、日本女子体育大学に通われている 吉崎 沙織先生です。本校在学中はフェンシング部に所属され、優秀な成績を収められています。

 6/20(木)の1限目に『保健Ⅰ(1年次)』の研究授業が行われました。「食事と生活習慣病」に関する授業内容で、生徒たち自身にしっかり考えさせる授業を展開されていました。参観した教職員にとっても大変参考になる授業でした。

 

 

平成31年度 第二回 原付交通安全運転講習会

6月18日(火)の午後から原付通学生を対象とした交通安全講習会が行われました。

昨年度は雨天で屋内の講習会しか行うことができませんでしたが、今年度は路面が濡れているものの曇天だったので、屋外での実技講習を行うことができました。

前半は指定された地点でのブレーキの練習を行いました。校内ではありますが、ある程度のスピードを出した状態から濡れている路面での訓練であったため、指定された地点ちょうどに停車する訓練は難しい様子でした。

後半はスラロームという意図的に蛇行運転を行う練習を行いました。蛇行運転は交通違反になってしまうため実際の道路で行うことはないのですが、急な飛び出しに対応するときなどにこのような運転技術がないと困るため訓練が必要とのことでした。

最後は講義室にて原付特有の二段階右折についての講習を行いました。

今回講習会を開いてくださった菊陽自動車学校の皆様、ご協力ありがとうございました。

激励会を行いました!!

いよいよ熊本県高校総体や高校野球選手権熊本大会が間近に迫ってきました!

5月24日(金)、熊本県高校総体・総文祭及び全国高等学校野球選手権熊本大会出場生徒激励会が行われ、副校長先生の激励の言葉の後、各部主将による決意表明、生徒会長の吉川君から激励の言葉がありましたにっこり

また、選手代表宣誓では宣誓をフェンシング部主将の板楠君、旗手を拳法部女子主将の古津さんが行い、最後に全校生徒で校歌を斉唱しました笑う

競技によっては5月25日(土)からスタートしている競技もあります。

出場する選手達は翔陽高校の代表としてしっかり頑張ってくれることと思います星

様々な会場で行われますので、ご声援のほどよろしくお願いしますお知らせ

  

 

 

 

熊本県高校総体の組み合わせや会場はこちら >>>熊本県高等学校体育連盟HP(※別サイトに飛びます)

熊本県総合文化祭の日程や会場はこちら >>>熊本県高等学校文化連盟HP(※別サイトに飛びます)

平成31年度 翔陽高校体育大会

 5月11日(土)に実施しました本校体育大会「力戦奮闘~翔び上がれ太陽より高く~」は、生徒1人ひとりの頑張りや、保護者・地域の皆様のご協力ご理解のおかげで、大盛況のうちに終えることができました。

 

 3年次生が中心となって創り上げる各団対抗の集団行動や、翔陽生全員が一つとなった翔陽行進、優勝を目指して必死になった競技と応援など、翔陽生のエネルギーをおおいに感じることができた体育大会でした。

また、役員として体育大会を運営する生徒たちのキビキビとした動きも印象的でした。体育大会が素晴らしいものになったのも、生徒役員の活躍があったからこそです。

 

最後になりましたが、近隣にお住まいの皆様には、4月19日からの体育大会に向けた練習におきましてスピーカー音量や砂埃など、ご迷惑をおかけしました。皆様のご協力ご理解に深く感謝いたします。

 

 

 

 

  

1年生図書館オリエンテーション

 1年生が入学して約1ヶ月が経ちました。早くもたくさんの1年生が図書館に足を運んで本を読んでいます。

 図書館では毎年恒例の一年生向けの図書館オリエンテーションを行いました。図書館の利用の仕方やサービスについての説明など、皆さん真剣に聞いてくれました。さっそく本を借りたりインターネットを利用したりリクエストを出したりと、図書館を楽しんでいました。3年間たくさんの本に触れて豊かな高校生活を送ってほしいと思います。

 

平成31年度新規原付講習会

 

本校では原付通学を、条件を満たした者に限り認めています。その条件の一つである新規原付講習会が先日行われ、今年度は13人の生徒が講習を受けました。

熊本ドライビングスクールからいらっしゃった講師の先生から服装や心構えなどの講義を受けた後、実技講習も行いました。実技講習では停車姿勢やブレーキのかけ方、自動車の死角についてなど具体的なレクチャーが行われ、生徒らは慣れないながらも真剣に取り組んでいる様子でした。

原付は便利な道具ですが、正しい使い方を行わなければ自分自身が被害者や加害者になってしまう可能性のある危険な道具でもあります。こうした講習会を定期的に行い正しい使い方を身につけ、安心安全な通学が行えるようサポートしていければと思います。

生徒指導部交通係より

平成31年度熊本地震全校集会

4月12日(金)、熊本地震全校集会を行いました。

 集会に先立ち、熊本地震で亡くなられた方々への黙祷、副校長挨拶、防災主任講話の後、生徒代表「誓いの言葉」の中で、生徒会長が3年前の支援物資の運搬や地域ボランティアの経験を活かし、災害に備えての避難経路の確認・非常食の確保・災害に対処する心構えを力強く訴えて終了しました。

 

 

 

「平成30年度後期終業式」

平成30年度後期終業式が行われました。最初に表彰式が行われ37人が表彰を受けました。

終業式では、校長から今年度の目標の「①自ら気づき、考え、行動する②5S活動の実践③学業の精励」を次年度も引き続き実践するように式辞がありました。

 

 

平成30年度卒業証書授与式

早春の候、たくさんの来賓をお招きして「平成30年度卒業証書授与式」が行われました。卒業生285名は夢と希望に向かって学び舎を巣立ちました。卒業生の今後の活躍と翔陽高校の益々の飛躍を期待して下さい。

                                        卒業証書授与

                                           学校長式辞

                                  在校生総代送辞

                                          卒業生総代答辞

                                            保護者席

                                            卒業生退場

英語の大会、頑張りました!

【今年度の大会出場者】

☆10月6日(土)第35回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト熊本県予選

 レシテーションの部 最優秀賞     暗唱:What’s the Most Difficult Language?

 村松(1年)(猛練習の成果を発揮し迫力の暗唱で優勝!全国大会へ)

 スピーチの部 優秀賞  スピーチ:The Power of Words

 平井(2年)(「言葉の持つ力」についての豊かなスピーチで、2年連続入賞)

☆1月13日(日)第35回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト(全国大会)

 村松(1年)(東京の全商会館にて、熊本県代表として堂々たる暗唱を披露)

☆1月26日(土)第3回熊本県高等学校英語スキットコンテスト

 Aチーム 村松(1年) 渡邉(2年) 平井(2年)

  <題: A Wheelchair Miracle>(車椅子が結ぶ絆を、確かな英語で活き活きと好演)

 Bチーム 第3位 石田(1年) 橋本(1年) 

  <題: Beliefs>(科学と宗教の対立をコミカルに見せる圧巻の演技で見事入賞)

★素晴らしい努力とチームワークでした。個人もチームも、本番で最高のパフォーマンスを披露できたのは、助け合いながら日々の練習に積極的に取り組んだ成果です。

 

  

  

キャリアガイダンス実施(2月22日)

2月22日(金)1・2年次生徒を対象に、キャリアガイダンスが実施されました。2年次では(株)池松機工 代表取締役社長 池松 康博 様による講話が実施されました。午後からは企業8社、大学等7校の中から生徒が希望した2つのブースで説明を受けました。2年次のみなさんは今回のキャリアガイダンスの経験を活かし、進路目標を絞り、自己実現に向けて貪欲に情報を収集し、自ら行動を開始しましょう。

  

「総合的な学習の時間」発表会

1月23日(水)、午後から「総合的な学習の時間」発表会を実施しました。

3年次の総合的な学習の時間におけるこの一年間の学習成果を、普通、建築、食品製造、家庭、機械、電気電子、園芸造園、商業(海外研修2年次含む)の8つの班が発表しました。

どの班も各系列の専門的で深い学習に取り組んでおり、工夫を凝らした発表をしてくれました。堂々とした姿でハキハキと発表する姿を見て、3年次生の成長を感じることができました。

1,2年次生も先輩方のレベルの高い発表を聞き、刺激になったのではないでしょうか。特に2年次生は来年度は自分たちの番なので、今日の発表会を参考にしてほしいです。

 

校長挨拶

 校長挨拶

トップバッターの普通系列

普通系列1普通系列2

工業(建築)

 工業(建築)1工業(建築)2

農業(食品製造)

 農業(食品製造)1農業(食品製造)2

家庭

 家庭1家庭2

工業(機械)

 工業(機械)1工業(機械)2

工業(電気電子)

 工業(電気電子)1工業(電気電子)2

農業(園芸造園)

 農業(園芸造園)1農業(園芸造園)2

商業

 商業1商業2

最後に2年生による海外研修を終えての発表

 その他1その他2 

社会人プレセミナー

1月11日(金)、卒業間近の3年次生を対象に、昨年の卒業生を講師として招き「プレ社会人セミナー」を実施しました。

講演では、実際に働いている卒業生の話を聞くことで、社会の仕組みや働くことへの理解、職業生活を送る上での社会認識、社会人としての心構えなど多くのことを学ぶことができました。

生徒の感想の中の多くに、「二人の話を聞いて、働く上で大切なことは挨拶やコミュニケーションだと改めて感じた。大きな声で挨拶をしたり、周りに関心を持ち、自分のプラスにしていきたい。」と書いてありました。
 


 


育友会長距離走大会豚汁支援

12月7日(金)校内長距離走大会において毎年恒例の育友会豚汁支援が行われました。前日の材料の切り込みから調理・交通整理まで、育友会執行部と保護者延べ約150名から支援をいただき、大釜調理で約2,100食分の豚汁が振る舞われました。豚汁支援は大変大きなイベントですが、豚汁を食べた生徒の笑顔が育友会活動の支えとなっています。

   

翔陽祭育友会バザー

11月11日(日)本年度も翔陽祭で育友会バザーを実施しました。2回の実行委員会と道具調べなど延べ150名ほどの保護者が関わり、例年以上の支援活動を行いました。今年もハヤシライス、餅、箸巻きの3つを食品バザーで販売し、また保護者提供の日用品等を物品バザーとして取り組みました。バザーの収益金は12月の豚汁支援の材料代に提供されました。

  

平成30年度防災避難訓練


訓練地震・訓練火災・避難訓練が行われました。生徒・職員950名が参加し、真剣に取り組みました。この後、防災士の方からの講評で「素早い避難ができて良かった。県内トップクラス」というお誉めの言葉をいただき、突然の災害に備えた実のある訓練ができました。
 
 

「くまもと教育の日」講演会

 11月19日(月)、株式会社植松電機代表取締役 植松努様を講師にお招きし「くまもと教育の日」講演会を実施しました。

 植松様は、全国各地での講演やモデルロケット教室を通じて、人の可能性を奪う言葉である「どうせ無理」を無くし、夢を諦めない事の大切さを伝える活動をされています。

 『思うは招く-夢があればなんでもできる-』という演題のもと、数多くの心に響く言葉を残してくださいました。

 ・「『どうせ無理』を『だったらこうしてみれば?』に変えてみよう。」

 ・「とは大好きなこと・やってみたいこと、仕事とは人の役に立つこと。」

 ・「この世の中にはいろんな人がいる。ダメな人間はいない。『自分なんて』と思わなくて良い。自分を信じよう!」

 ・「幸せを起こすキーワード『違う』は『素敵!』」

 ・「人間は必ず失敗する。生まれて初めての人生をぶっつけ本番で生きているのだから。」

 ・「本当の我慢=問題解決する方法を考えること。」等々。

 生徒たちが、明るい希望を持って未来に向かっていけるような力強くもあり、温かさ・優しさを持った素敵なお言葉ばかりでした。

 約100分間の講演でしたが、冒頭の自己紹介から一気に話に引き込まれ、生徒・保護者職員が植松様のテンポの良いお話とスライドに釘付けになり、あっという間に時間が経った気がします。講演後の生徒・職員からの質疑応答にも誠実にお答えくださり、最後には「いつでも困ったことや質問があればメールして。」と気さくに返してくださいました。植松様とのこの貴重な出会いに感謝し、今一度、自分の夢を思い描いてみようと感じることができました。

 ご講演くださった植松様、本当にありがとうございました。
 


 

 

 

1年次修学旅行事前学習

 13日(火)7限目に、修学旅行の事前学習として、熊本YMCA学院の先生3名と台湾からの留学生5名による台湾語講座が行われました。留学生から、台湾のクイズや、簡単な台湾語を学んだ後、本校生徒のクイズ大会がありました。生徒は、楽しそうに取り組んでいました。

  
  
 

翔陽高校文化祭、素晴らしい2日間でした!


 11月10日(土)・11日(日)に実施した本校文化祭「翔陽祭~笑い合える笑陽へ~」は、生徒達の素晴らしい頑張りや、育友会・同窓会及び地域の皆様のご協力のおかげで、無事に終えることができました。

 生徒達が準備した様々な展示物や食品バザーなどが見られ、たくさんのお客様にもご来場いただき、笑顔が溢れる”笑陽”となったのではないでしょうか。

 また来年度も、生徒達が工夫を凝らし準備をしてお待ちしておりますので、ぜひ多くの皆様方のご来場をお待ちしております。