工業系列

工業系列日記

工業系列日記

今年もしました、木育教室!(大津町生涯学習センター)

令和4年7月29日(金)、大津町生涯学習センターで「木育教室」を開催しました!

大津町の子ども達15名が参加し、翔陽高校の生徒11名が先生役となりました。

子ども達に木の魅力や木を使ったものづくりの楽しさを、実験や作品製作をとおして伝えました。

作品は、ペンダントやコースター、積み木や筆箱などを作りました。

普段は教えられる側の生徒が、先生役になる・・・初めての体験でしたが、新鮮で貴重な体験になったようです!

本校の生徒からは工業系列建築を学ぶ3年次生と、家庭系列で保育を学ぶ2年次生が参加しました。

この体験を今後の進路や人生に役立ててもらえるとうれしいです。

建築実習やっています!(2年次)

 2年次で開講される「建築実習α」では、次の3つのテーマを4週(8時間)ごとにローテーションします。テーマは、「手作業による木材加工」「レベル測量」「平板測量」です。建築における基本的な内容なのでみんな真剣に取り組んでいます。

木材加工(のみ)

木材加工(墨付け)

レベル測量

レベル測量

平板測量

平板測量

この日は雨のため、測量は室内や渡り廊下周辺で行いました。

 

1年次総合選択「工業技術基礎」の様子(2)

 今回は「総合選択:工業技術基礎」で行う9つの実習テーマの残りの4つを紹介します。

 10月には、2年次で学ぶ講座(科目)を選択していくことになります。この「工業技術基礎」のテーマの中から将来の仕事につながってい欲しいと思います。

原動機(機械)

旋盤(機械)

電気工事(理論)(電気)

測量(建築)

歩幅で距離測量をしています

建築実習やっています!(3年次)

 3年次の科目「建築実習β」では、33人を3つの班に分け、6時間毎にローテーションをして3つのテーマの実習をします。テーマは、「機械加工による木工」「CAD」「模型製作」です。更なる技術習得のために毎回、頑張っています。木工作品については、最近はコロナ禍で出来なかった文化祭での販売も検討しています。(決まりましたらホームページで連絡します)その時はよろしくお願いします。

 

機械加工による木工

 

CAD

 

模型製作(住宅模型)

 

1年次総合選択「工業技術基礎」の様子(1)

 翔陽高校は『総合学科』です。自分が学ぶ科目を一つ一つ選択していく学校です。1年次はほとんどが必履修科目なのですが、「芸術」と「総合選択」の2科目は3月の合格者説明会の時に学ぶ内容を選びます。

 今回は「総合選択」の中から、「工業技術基礎」の実習の様子を紹介します。

 「工業技術基礎」では、「機械」「電気電子」「建築」の3つの分野の中から9つのテーマの実習を行います。そのすべてを1年間かけて回り、学んでいきます。

 初めて体験する工業の実習に戸惑いながらも、みんな一生懸命に取り組んでいます。

 1年次生はこれから、2年次3年次で学ぶ科目を選んでいきます。この総合選択「工業技術基礎」を学んでいく中で、自分の学びたい科目(そして将来の仕事)を見つけていって欲しいと思います。

溶接 溶接(機械)

 手仕上げ

 

 

 

 手仕上げ(機械)

 

 

 

 

電気工事

 

 

 

 

 電気工事(電気電子)

 

 

 

 

 

 

 

木材加工(建築)

 

 

 

 

 

 工業数理(工業全般)