翔陽ブログ

学校生活

平成31年度新規原付講習会

 

本校では原付通学を、条件を満たした者に限り認めています。その条件の一つである新規原付講習会が先日行われ、今年度は13人の生徒が講習を受けました。

熊本ドライビングスクールからいらっしゃった講師の先生から服装や心構えなどの講義を受けた後、実技講習も行いました。実技講習では停車姿勢やブレーキのかけ方、自動車の死角についてなど具体的なレクチャーが行われ、生徒らは慣れないながらも真剣に取り組んでいる様子でした。

原付は便利な道具ですが、正しい使い方を行わなければ自分自身が被害者や加害者になってしまう可能性のある危険な道具でもあります。こうした講習会を定期的に行い正しい使い方を身につけ、安心安全な通学が行えるようサポートしていければと思います。

生徒指導部交通係より

平成31年度熊本地震全校集会

4月12日(金)、熊本地震全校集会を行いました。

 集会に先立ち、熊本地震で亡くなられた方々への黙祷、副校長挨拶、防災主任講話の後、生徒代表「誓いの言葉」の中で、生徒会長が3年前の支援物資の運搬や地域ボランティアの経験を活かし、災害に備えての避難経路の確認・非常食の確保・災害に対処する心構えを力強く訴えて終了しました。

 

 

 

「平成30年度後期終業式」

平成30年度後期終業式が行われました。最初に表彰式が行われ37人が表彰を受けました。終業式では、校長から今年度の目標の「①自ら気づき、考え、行動する。②5S活動の実践。③学業の精励。」を次年度も引き続き実践するように式辞がありました。

 

 

平成30年度卒業証書授与式

早春の候、たくさんの来賓をお招きして「平成30年度卒業証書授与式」が行われました。卒業生285名は夢と希望に向かって学び舎を巣立ちました。卒業生の今後の活躍と翔陽高校の益々の飛躍を期待して下さい。

                                        卒業証書授与

                                           学校長式辞

                                  在校生総代送辞

                                          卒業生総代答辞

                                            保護者席

                                            卒業生退場

英語の大会、頑張りました!

【今年度の大会出場者】

☆10月6日(土)第35回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト熊本県予選

 レシテーションの部 最優秀賞     暗唱:What’s the Most Difficult Language?

 村松(1年)(猛練習の成果を発揮し迫力の暗唱で優勝!全国大会へ)

 スピーチの部 優秀賞  スピーチ:The Power of Words

 平井(2年)(「言葉の持つ力」についての豊かなスピーチで、2年連続入賞)

☆1月13日(日)第35回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト(全国大会)

 村松(1年)(東京の全商会館にて、熊本県代表として堂々たる暗唱を披露)

☆1月26日(土)第3回熊本県高等学校英語スキットコンテスト

 Aチーム 村松(1年) 渡邉(2年) 平井(2年)

  <題: A Wheelchair Miracle>(車椅子が結ぶ絆を、確かな英語で活き活きと好演)

 Bチーム 第3位 石田(1年) 橋本(1年) 

  <題: Beliefs>(科学と宗教の対立をコミカルに見せる圧巻の演技で見事入賞)

★素晴らしい努力とチームワークでした。個人もチームも、本番で最高のパフォーマンスを披露できたのは、助け合い  ながら日々の練習に積極的に取り組んだ成果です。

 

  

  

キャリアガイダンス実施(2月22日)

2月22日(金)1・2年次生徒を対象に、キャリアガイダンスが実施されました。2年次では(株)池松機工 代表取締役社長 池松 康博 様による講話が実施されました。午後からは企業8社、大学等7校の中から生徒が希望した2つのブースで説明を受けました。2年次のみなさんは今回のキャリアガイダンスの経験を活かし、進路目標を絞り、自己実現に向けて貪欲に情報を収集し、自ら行動を開始しましょう。

  

平成29年度修学旅行