農業系列

農業系列日記

農業系列日記

花壇の植え付け!

学校正門前の花壇は全長1,000mあります。例年、グリーンデザインという教科で2年次の生徒とともに管理を行っています。4月末に職員で撤去し、5月中旬のこの日、先生方の協力のもと、メランポジュームの花の苗を植え付けました。この花を見て、この道を通る人たちみんなが笑顔になれることを願っています。

 

ジャムの製造(前処理してます)

新型コロナの影響で実習ができませんが、授業・実習が再開されることを願い、今は職員だけでジャム製造の準備を進めています。1日でも早く新型コロナが終息することを願っています。早く生徒と一緒に実習がしたいな~(^0^)y

 

 

花壇の手入れ!

学校正門前の花壇は全長1,000mあります。例年、グリーンデザインという教科で2年次の生徒とともに管理を行っていますが、生徒たちの教材でもある花壇を今年は管理することができません。そこで、先生方に協力をお願いし、パンジーの撤去を行いました。5月には花苗を植え付ける予定です。苗はすくすく育っています。先生たちも今できることを頑張っています。

 

令和2年度九州・熊本県学校農業クラブスローガン募集について

 令和2年度、九州・熊本県におきまして、各種大会が行われます。農業クラブ員のみなさんの柔軟な発想から、この大会のスローガンを広く募集したいと考えています。ひとりひとつずつスローガンを考え、提出をお願いします。

 なお、このスローガンは、開催地をイメージさせる言葉や名産品、有名人などの組み込み、農業クラブの大会が活発になるようにするものにしましょう。

 

(1)県連スローガンについて

<参考> 平成31年度 熊本県学校農業クラブ連盟(八代大会)スローガン

『そびえたつ八代城のように歴史を刻め!燃えろ農ク魂!』

『情熱のトマト色づく八代平野 まほろばに若人集う農クの祭典』』

 

<令和2年度事務局 阿蘇中央高校(阿蘇地域)をイメージする参考ワード>

   阿蘇五岳、草原、野焼き、あか牛、湧き水、放牧、草千里、外輪山、カルデラ、

   高菜、大観峰、阿蘇神社、世界農業遺産、農耕と神話の里

 

(2)九連スローガン募集について

<参考> 平成31年度 九州学校農業クラブ連盟沖縄大会スローガン

『美ら島にあふれる農クの花 海風に乗せていざ全国へ』

『琉球の空に響かせ大地に刻む 農クの力いざ咲かせはばたけ未来の農力』

 

<令和2年度事務局 福岡県をイメージする参考ワード>

玄界灘、太宰府天満宮、宗像沖ノ島、八女茶、八幡製鉄所、博多祇園山笠など

 

提出期限:令和2年3月16日(月)もしくは、17日、18日の教科書販売時

提出先:実習棟職員室 農業系列食品製造 井上(提出BOXを準備します。)

提出用紙については、『農業クラブスローガン募集』を印刷する。

もしくは、ノート等にスローガン、クラス、番号、氏名を書いて提出する。

 

農業クラブスローガン募集.docx

農業系列の生徒への課題

〇下記の課題について、休講中、春期休業中に取り組み、4月の最初の『総合実習』の授業の時に担当の先生に提出すること。また、疑問に思うことは、農業系列の職員へ相談すること。

 

1.意見発表作文

 下記のテーマにあう事柄について、自分の経験や取り組みを踏まえた自分の意見を文章にしましょう。

 ①農業生物の育成や生産性向上に関する意見

 ②農業生産物の流通や消費に関する意見

 ③農業の経営や経済活動に関する意見

 ④生産物の加工技術や商品に関する意見

 ⑤国土や地球環境の保全・騒動に関する意見

 ⑥動植物や地域資源の活用に関する意見

 ⑦地域の翔文化や伝統文化の継承に関する意見

 

※注意点

 ①文字数は、1300字以上とする。

 ②作成した文章は各系列で発表会を行いますので、発表練習も実施しておくこと。

 ③内容等について、どんなことを書いていいかわからない場合は、『添付1意見発表受賞作品』や

  『youtube』を見て参考にすること。

    Youtube 「農業クラブ 意見発表」で検索

 ④原稿用紙は、各自購入もしくは、『添付2意見発表原稿用紙』を印刷する。

  

2.環境調査『タンポポ調査 ~在来タンポポを探そう~』

 自宅の周囲に咲くタンポポを観察し、在来種か外来種かの調査を行う。 

 ①観察方法は、『添付3環境調査の仕方』を見る。

 ②調査の報告は、『添付4環境調査用紙』に記入する。

 

添付1意見発表受賞作品.pdf

添付2意見発表原稿用紙.pdf

添付3環境調査の仕方.pdf

添付4環境調査用紙.xlsx

菓子講習会

1月16日(木)、農業系列食品製造において、菓子講習会を実施しました。

 今回は、これまで高校で学んできた学習内容を、将来母親として子どもとのコミュニケーションのツールとして活用できることを知ってもらいたいという目的の下、菊陽町で料理教室をされ、様々なイベントで菓子等の指導をされている高岡リエ様に講師をお願いし、アイシングクッキーの製造を行いました。

 生徒たちは、いつも以上の集中力を見せ、一心不乱に取り組み、魅力的な作品を作りました。

 最後に、生徒代表の謝辞の中で、「今日学んだこと、食品製造で学んできたことを、母親になったとき、子どもに伝えていきたい。」と話してくれました。

 

  

  

  

  

 

みそ製造指導体験活動

 6月20日(木)に、大津町室にあるグループホーム光喜園さんで、入園者の方々を対象に生徒によるみそ製造指導を体験してきました。

 農業系列食品製造では、発酵調味料として「麦みそ」と「しょうゆ」を製造しています。日頃は大型機械で製造していますが、この日は人生の先輩方と蒸した大豆をめん棒や手でつぶしながら麹と混ぜていくなど手作りでの笑顔満載の体験でした。次回は、熟成したみそを使った試食体験を行う予定です。

  

 

 

第70回熊本県学校農業クラブ連盟年次大会(八代大会)

 令和元年6月20(木)、21日(金)に、八代市にあるやつしろハーモニーホールにおいて、第70回熊本県学校農業クラブ連盟年次大会が行われました。この大会は熊本県内にある農業関係高校11校と1分校が集まり、農業に関する意見や研究発表を行う会です。本校からは、意見発表(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ類)に3名の生徒が出場しました。その結果、農業系列食品製造3年次生が、Ⅱ類において、優秀賞(2位)を受賞することができました。日頃の学習の成果が結果として表れたことにとても喜んでいました!

本校の中でなかなか目立たない農業系列ですが、こんな活動も行っています!

 なお、農業クラブは、農業クラブの歌である「FFJの歌」を広瀬すずさんが、現在放送中のNHK朝ドラ「なついろ」で歌って、話題になっています。

 

 

 

第4回KUMAMOTO農業高校フェア

 令和元年6月8日〔土〕に、熊本市のびぷれすにおいて、第4回KUMAMOTO農業高校フェアが実施されました。県内の農業関係高校が集まり、学科体験や実習製品の販売、ステージ企画など、さまざまな取り組みをとおして、農業の楽しさや農業高校の良さをPRしました。

 本校は、ステージ企画の『ファッションショー』を担当しました。先日行われた「東京ガールズコレクションin熊本」をオマージュし、「KUMAMOTO AGRICULTURE COLLECTION 2019」と銘打ち、各校の制服や実習服、そしてPRのステージを企画しました。当日は、農業系列の生徒たちのダンスも披露され、ショー自体も各校様々なパフォーマンスが行われ、大盛況のうちに終了しました。当日までの準備期間が短く、多忙を極めましたが、大成功に終わり、生徒たちも充実した表情を見せてくれました。

詳しい様子が、下記の日程で放送されました。

 6月29日(土) 15:30~ RKK 特集番組

 7月 5日(金) 19:54~ KAB 「Do you のうぎょう? +プラスワン」

 ※KAB 「Do you のうぎょう? +プラスワン」は、KABホームページにてご覧になることができます。

 https://www.kab.co.jp/nougyou/backnumber/20190705/

 

 

 

 

さつまいも苗植え研修

 6月12日(水)に、大津町でさつまいもの栽培を行われている、株式会社なかせ農園 中瀬靖幸さんのご指導のもと、「さつまいも苗植え」を体験してきました。

 農業系列食品製造の3年次生は、総合的な学習の時間の授業の中で、大津町特産である「さつまいも」をつかった新製品開発に取り組んでいます。その原料となるさつまいもがどのように栽培されているのか、加工前の一次産業の実態を学ぶことを目的としました。とても暑い中の取り組みでしたが、普段食べているさつまいもが大変な思いをして栽培されていることを学ぶことができました。

今後は、なかせ農園さんで栽培されたさつまいもを用いて、新商品開発を進めていきます。完成したら、みなさまにもご披露いたしますので、お楽しみに!!