農業系列

農業系列日記

農業系列日記

2年次お持ち帰り実習~パイ菓子~

 3月4日、5日の二日間で、農業系列食品製造の2年生が、パイ生地を使ったお菓子作りを行いました。パイ生地作製には、バターを溶かさないという、慎重な温度管理が必要になります。そのため、手際よく素早い作業が求められ、生徒たちは苦戦していました。

 焼き上がりは、ふっくらとできあがり、生徒たちからは驚きと嬉しさの声が聞こえてきました。

 

3年次フラワーアレンジメントへ挑戦!

「生物活用」の最後の授業ではフラワーアレンジメントを初めて体験しました。

限られている材料の中で「どの花を使おうか、こうしたらいいかな」と考えながら思い思いに作成しました。

作ったものは家に持ち帰ったり、お世話になった先生に渡したりしていました。

 

 

 

3年次最後の製造実習~イチゴ大福~

農業系列食品製造の3年次が、高校最後の製造実習「イチゴ大福」を製造しました。

久々の和菓子製造実習でしたが、これまで培ってきた技術を活かし、スムーズに実習を終えられました。イチゴの包み方や、見た目を気にして綺麗に丸めており、非常にこだわった作品ができました。

今まで学んだお菓子の製造技術を、就職先や家庭で活用してくれることを期待しています。

 

2020年最後のお持ち帰り実習~クリスマスケーキ~

 12月22日(火)に3年次食品製造の授業で、2020年最後の製造実習を行いました。今回は、クリスマスケーキの王道「ホールケーキ」を1人1台ずつ、生地から焼き上げ、デコレーションを施しました。前日までに、デコレーションの完成図をスケッチしておき、実習当日その通りにデコレーションを施しました。各々生クリームを塗る作業で苦戦を強いられましたが、完成すると個性豊かな作品ができあがりました。完成図を考えるときや、デコレーションを行っているときの生徒たちの楽しさが、いつも以上に伝わってくる実習になりました。

 ~♪Happy Merry Christmas♫ & 良いお年を~

 

農業実習生産品を販売します

 翔陽高校では、農業学習や課題研究の授業で栽培・管理したシクラメンやパンジー、ダイコン、ハクサイを販売致します。生徒が授業のなかで一生懸命育てた草花・野菜になります。是非ともお買い求めいただければ幸いです。なお、販売日時場所・販売金額などは下記のとおりです。
           記
1販売日時:11月26日(木)~ 14:30~16:30 
            ※毎週月曜日、木曜日のみ販売致します。(12月7日は代休のため販売できません)
2販売場所:翔陽高校ガラス温室内(野球場付近、馬場の向かい側)
            ※コロナウイルス感染症予防のため、直接販売場所までお越しください。
              (駐車場も用意しています)
3販売物等:シクラメン(6号鉢)1500円(税込み) 
                パンジー(1ポット)     40円(税込み)
                ダイコン(1本)         100円(税込み)
               ハクサイ(1玉)        100円(税込み)
4連絡先 :翔陽高校園芸・造園系列
            TEL 096-293-2055(内線:361)

冬野菜の収穫が始まりました!

生物活用の授業では1人1畑で作物を育てています。夏休みから計画を立て、9月に定植や播種を行いました。

農薬をほとんど使っていないため毎日虫との格闘です。

今週はキャベツやハクサイ、ブロッコリーなどを収穫しました。おいしく食べたい思います。

 

延段づくり

3年生造園技術の時間に初めての延段を作りました。

延段とは、園路や庭などを散策するための通路のひとつです。飛石と同じような役割があります。

今回は縁石と敷石を1つずつ使用し、間を自然石で埋めました。

   

 

記念日 3年生お持ち帰り実習「ブッシュ・ド・ノエル」

 11月12日(木)3・4限目の食品製造βで、3年生がクリスマスケーキの1つである「ブッシュ・ド・ノエル」を製造しました。「ブッシュ・ド・ノエル」とは、フランス語で「クリスマスの丸太」を意味し、クリスマスケーキの1つです。予定の関係上、一足早いクリスマスケーキ製造となりました。各自飾りやフルーツなどを持参し、自分の好きなようにデコレーションを施しており、個性豊かな作品を製造してくれました。

 ♫メリークリスマス♪

生地を型に流し込みました飾り付け作製中個性豊かなブッシュ・ド・ノエル

大津中学校の庭園改修及び手入れ

 園芸・造園系列3年生4人が科目「課題研究」で大津中学校入口にある庭園の改修及び手入れを行っています。平成5年度大津産業高校時代の授業で作庭されたと聞いています。低木や下草も大きくなり、石組みを覆っていたので手入れを行いました。また、内村造園さん(保護者)に植栽のアドバイスの他にワイヤーロープの使い方、クレーン操作や灯籠の設置についてご指導いただきました。今後は新たな植栽と竹垣作りを行う計画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

学校農業クラブ ~農林水産大臣より激励状~

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、静岡県で開催予定だった学校農業クラブ連盟の全国大会が中止となりました。このため、全国の農業関連高校クラブ員を激励するために、前 江藤 拓農林水産大臣より激励状をいただきました。当日は農林水産省九州農政局からご来校いただき、クラブ員を代表して園芸・造園系列3年生の平山さんが激励状を受け取りました。3年生は卒業後も農業をとおして学んだことを将来の様々な場面で生かしてくれると思います。