平成30年度城南地区高校体育大会テニス競技男子団体2連覇
第39回ダンロップスリクソンテニストーナメント九州決勝大会準優勝
平成29年度熊本県高校総体男子団体3位
平成28年度第2回県下高校1年生大会男子団体準優勝
平成28年度全国選抜高校テニス選手権大会男子団体九州大会出場



テニス部blog

冬季ダブルス選手権の結果(硬式テニス部)

12月22日・24日に熊本県高等学校冬季ダブルス選手権大会が開催されました。



Aクラス 
堤・加賀野 
1R6-0濟々黌
2R4-6星翔 

Bクラス 
渡邊・花園 
1R6-4濟々黌
2R6-0文徳
3R6-0熊商
4R6-0濟々黌
5R6-2開新
準決勝4-6専玉 結果3位 

水田・丸野 
1R6-0熊商
2R6-0熊本北
3R6-2熊工
4R6-2北高
5R6-2翔陽
準決勝6-2星翔
決勝3-6専玉 結果準優勝 

Cクラス 
田口・古閑
1R6-1第二
2R6-2小工
3R3-6濟々黌
 
入田・山口
1R6-5星翔
2R67(6)第二 


Aクラスは惜しくも予選で4位になったペアにあたり接戦で敗れてしまいました。
Bクラスは2年生が多い中、本校は4人中3人が1年生という状態でしたが準優勝と3位に入賞できました。
Cクラスは優勝を目指してほしかったペアが熱発と負傷により棄権となり残念でしたがもう2ペアも良く頑張りました。

11月は社会人大会への挑戦(硬式テニス部)

11月は毎週のように社会人も参加する一般大会に本校生も参加しています。

高校生の大会とはまた違ったテニスを経験し、たくさんの大人の人たちとコミュニケーションをとることで、テニスの視野を広げ、テニスの楽しさをさらに感じる機会にしてほしいと思っています。

12月は高校生との練習試合が中心に戻ります。

毎年ハードなスケジュールとなりますが、春に開花できるようにがんばりましょう!

全国選抜県予選ベスト8(硬式テニス部)

10月6・7日に新人戦の団体戦が行われました。



全国選抜の県予選であり、昨年惜しくも逃した九州大会出場を今年こそはと言う気持ちで挑みました。夏の大会の個人戦でなかなかポイントをとれるドローではなく、団体は第8シードでしたので準々決勝では第1シードと戦わなければならないという組み合わせとなりました。

しかも、シード以外の抽選の結果、初戦の2回戦も3回戦もとても厳しい戦いが予想される組み合わせとなり、状況によっては初戦敗退も覚悟しなければならない状況でした。

結果

2回戦 対開新
シングルス1 堤6-5(2)
ダブルス1 水田花園3-3相手負傷により棄権
シングルス2 加賀野6-0
ダブルス2 鍬田丸野2-0(切)
※結果としては3-0での勝利でしたが、相手には力のあるシングルス3が控えていたため、接戦となったシングルス1をものにできたことが勝ちにつながりました。

3回戦 対東稜
シングルス1 堤6-4
ダブルス1 水田花園6-4
シングルス2 加賀野0-6
ダブルス2 鍬田丸野3-6
シングルス3 渡邊7‐5
※2-2で迎えたシングルス3。相手の粘り強いテニスに苦しみましたが接戦をものにしてベスト8進出。
この試合もどちらがシングルス1、ダブルス1ともに接戦を勝利できたために勝てましたが、薄氷の勝利となりました。

準々決勝 対マリスト(第1シード)
シングルス1 水田0-6
ダブルス1 堤加賀野6-2
シングルス2 鍬田0-6
ダブルス2 花園丸野6-4
シングルス3 渡邊1-6
※圧倒的なシングルス3本の力を有するマリスト高校に対し、何とかダブルス2本を取ってシングルス3の試合にプレッシャーをかけチャンスを探りましたが勝利することはできませんでした。


全国選抜県予選は目標としてきた九州大会出場はかなわず、ベスト8という結果でした。
しかし昨年に引き続き今年も実力的には3位校に入れるものがあったと感じます。

夏の大会で誰かが後ほんの少しでもポイントをとっていた場合、組み合わせも変わり九州大会出場の可能性があったということはしっかりと自覚して自信を持ってほしいと思いますし、逆にポイントを取りそこねたことで今回のような結果につながったこともしっかりと反省せねばなりません。

次は高校総体に向けてシングルス2本の徹底強化が必要となりますので、これからの季節を目的意識を高く持って乗り越えて行ってほしいと思います。

また今年は2年生の選手が3人しかおらずの団体メンバー9人中6人は1年生でしたので、来年はさらに上を目指してがんばらなければと思います。


たくさんの応援ありがとうございました。

新人大会個人戦の結果(硬式テニス部)

22・24日に新人戦が行われました。 



22日シングルス 
1回戦 渡邊6-1鹿本 加賀野6-0御船 堤3-6学付 花園6-7(6)熊本 丸野6-2大津  
2回戦 渡邊6₋1鹿本商工 加賀野6-0玉名 丸野4-6星翔 
3回戦 渡邊0-6第二 加賀野2-6星翔 

23日ダブルス 
1回戦 北森・山口6-5(5)濟々黌 
2回戦 加賀野・堤6-0学付 水田・入田6-1ルーテル 北森・山口0-6九学:第2シード 丸野・鍬田6-1水俣 渡邊・花園6-1御船 
3回戦 加賀野・堤6-3九学 水田・入田6-5(2)九学 丸野・鍬田6-4熊商:第11シード 渡邊・花園3-6 第二:第10シード 
4回戦 加賀野・堤4-6文徳 水田・入田3-6専玉:第5シード 丸野・鍬田0-6文徳 

23日のダブルスでは1年生ペアの丸野・鍬田ペアが夏季大会1年ダブルス優勝ペアに勝利しました。
シングルスもダブルスもなかなか厳しいドローでしたが、後一歩で壁を超えることができそうな手ごたえを感じました。
体育祭の1週間後に団体戦が行われます。
団体戦も初戦から厳しい戦いが続く組み合わせですが、後2週間の練習を大事にして勝ち上がっていきたいと思います。 

2年ダブルス・1年シングルスベスト8(硬式テニス)

8月8~10日にかけて熊本県高等学校夏季テニス選手権大会がおこなわれました。



結果
1年シングルス
1回戦 鍬田61(水俣) 花園60(真和) 渡邊61(熊高) 北森36(北高)
2回戦 鍬田62(玉名) 花園36(熊商) 渡邊60(翔陽)
3回戦 鍬田60(熊工) 渡邊63(熊工)
4回戦 鍬田26(熊商:第8シード) 渡邊63(北高)
準々決勝 渡邊16(東稜:第3シード)
結果:渡邊:ベスト8

1年ダブルス
1回戦 鍬田北森WO(高森) 花園渡邊61千(開新)
2回戦 鍬田北森62(小川工業) 花園渡邊60(鹿本商工)
3回戦 鍬田北森16(星翔:第1シード) 花園渡邊61(専玉)
4回戦 花園渡邊67(2)(第二:第3シード)
結果:花園渡邊:ベスト8 鍬田北森:ベスト16

2年シングルス
1回戦 丸野16(文徳) 入田46(御船) 水田06(熊工) 山口64(第二) 堤62(文徳)
2回戦 加賀野63嶋田(九学) 山口06今村(熊高) 堤26(学付)
3回戦 加賀野67(15)(玉名)

2年ダブルス
1回戦 
2回戦 水田丸野67(5)(玉名) 加賀野堤62(第二)
3回戦 水田丸野26(東稜) 加賀野堤63(文徳)
4回戦 加賀野堤64(熊工:第3シード)
5回戦 加賀野堤36(専玉:第6シード)
結果:加賀野・堤:ベスト8

今回学校としては3人がポイントをとる事ができましたので、他校の状況次第ではシードに入る可能性が出てきました。
目標としていたところまでは到達できませんでしたが、この悔しさをバネに新人戦に向けてそれぞれ努力を重ねてほしいと思います。

平成30年度熊本県高校総体の結果(硬式テニス部)

試合結果


男子シングルス 
1回戦 花園5-7東海星翔  濱田6-0開新  水田6-3玉名  鬼塚7-5高森 
2回戦 濱田4-6学付  藤本6-0開新  水田6-3八代  鬼塚6-4玉名 堤4-6真和 
3回戦 藤本6-3熊本  水田0-6マリスト:第3シード  鬼塚7-6(1)九学 
4回戦 藤本6-2学付 
5回戦 藤本1-6熊工:第1シード 
結果:藤本ベスト16 

女子シングルス 
2回戦 岩木5-7熊本北 

個人戦男子ダブルス

1回戦 加賀野堤6-0大津 鬼塚濱田6-1高森 水田渡邊4-6濟々黌
2回戦 藤本西村6-4第二 加賀野堤6-1真和 鬼塚濱田6-1マリスト
3回戦 藤本西村6-2大津 加賀野堤0-6東稜:第5シード 鬼塚濱田6-3文徳
4回戦 藤本西村6-4熊高 鬼塚濱田0-6熊高:第3シード
準々決勝 藤本西村2-6マリスト:第1シード
藤本西村ベスト8、鬼塚濱田ベスト16

男子団体

1回戦 シードのため無し 
2回戦 熊本商業に3-0 
3回戦 鹿本商工に3-0 
準々決勝 第3シードマリストに0-2敗退 
結果:ベスト8
※マリストが優勝

団体戦の準決勝の審判を大きな声で堂々とがんばりました。


感想
昨年の団体は準決勝で優勝校に敗れ3位という結果でしたので、今年の3年生も先輩たちの結果に追いつこうと練習を頑張ってきました。

努力が実りなんとか3位を狙える第5シード候補になっていましたが、第6シードとのポイント差の計算ミスなのかどうなのか公表されないのでわかりませんがシード順が入れ替わり、優勝候補と準々決勝で当たる第6シードになってしまいました。

結果的に圧倒的なシングルス2本を有するマリストに敗れ、そのままマリストが団体優勝を果たしました。

3位に入賞できる可能性も感じていただけに悔しい思いもありますが、優勝校と試合をできることも貴重な経験です。
昨年の3年生は進路目標も実現し、同時にテニスの社会人大会でも九州大会準優勝するなど文武両道でがんばっていました。

3年生は高校生の公式戦はこれで引退です。
目標とする進路実現に向けて、テニスをとして学んだ事を活かして頑張ってください。

たくさんの保護者の皆様の応援ありがとうございました。

新チームでも上位を狙って頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

城南大会2連覇(硬式テニス部)

4月27日(金)に城南地区体育大会テニス競技大会が行われました。

今年の3年生は全員が初心者からのチームでしたが、もっている力を発揮できれば優勝してくれるものと信じていました。

予選リーグは2対戦とも3-0で勝利し1位通過、決勝トーナメント準決勝も3-0で勝ち上がり決勝戦へと進みました。

決勝戦は今年県でも有力校である八代高校と対戦。

団体はダブルス1つ、シングルス2つの3本勝負となります。

キャプテン西村と濱田の電気科ペアで挑んだダブルスは序盤はお互いに苦しみながらもサービスキープ。中盤以降八代工業が流れを掴み5-2のマッチポイントを握りましたが、そこから食らいつかれるもなんとか6-3で勝利。

シングルス2の相手は小学校からテニスをやっているジュニア選手。対する八代工業生はサッカーからのテニス転向者J3鬼塚。
良い試合はしましたが残念ながら2-6で敗退。

残るシングルス1。相手は県大会でもベスト16に入った事のある選手で総体は19シード。八代工業はエースの3MB藤本。総体は15シード。
力の差はそれほどないこととプレースタイルの相性から苦戦を予想していましたが、相手のミスもあり5-2のマッチポイント。
度々訪れるマッチポイントをその都度しのがれ苦しい戦いでしたが最後は6-4で勝利。

後輩たちの目の前で気迫あふれるテニスを展開し、見事2連覇を達成してくれました。



おめでとう!よく頑張りました!
硬式テニス部 男女
平成4年に硬式テニス愛好会としてスタートし、平成10年全国選抜県予選優勝、平成15年県高校総体団体戦準優勝、個人戦でも優勝や上位入賞などの戦績があります。日々の練習で全国大会出場を虎視眈々と狙っています。また男女同じ練習メニューを行うため、女子生徒も県大会で3位入賞など活躍しています。平成28年度全国選抜県予選において男子団体が18年ぶりの九州大会出場となる準優勝を果たしました。九州大会出場メンバーもほとんどがソフトテニスや野球、サッカーからなどのテニス歴1年ちょっとの初心者ですのでやる気さえあれば活躍可能です。

自律でき自立できる人間を目指して
テニスは試合中にアドバイスを受けることができないため、基本的生活習慣の確立こそがテニスの競技力向上に重要な要素となります。時間、食事、睡眠、勉強、学校生活など自立・自律した人間を目指します。練習内容や部活の運営なども部員の自主性を大切にしています。

段階的に解りやすい練習を行いますので、初心者でもメキメキ上達していくのが特徴です。また、短時間集中で練習を行うため電車通学生の活躍も可能ですし、勉強や資格検定試験など部活動以外の分野でもテニス部員は活躍しています。


練習環境
テニスコート4面(ソフトテニスと2面ずつ)
平日は基礎練習を積み、土日は練習試合や県外遠征などで成果を試し、新たな課題を見つけていきます。県外の上位進出校との交流も盛んで、様々な刺激を受けるこてができる環境です。また、ガット張り機も所有しているため、経済的負担も軽く済みます。一般的に3000円から4000円かかるガット張りをロールガット代のみの800~1200円で張っています。


練習スケジュール
 月~金 16:15~18:30(電車の時間に間に合います)
     ※5分前には集合
     基本毎週水曜日を休み
土日祝日 練習試合や大会。
     練習時は4面使用の半日練習
     ※奇数日は8:30~12:30 偶数日は12:30~16:30
    
テニス競技普及活動
部活動の一環として県内女子トップ校である白百合高校と共同で様々なジュニアイベントや練習会を開催し、テニス競技の普及活動・強化活動も行っています。なかなか硬式テニスに馴染みのない地域ということもあり、八代近辺のテニスキッズ達がつながりを持つ場にもなっています。

下宿生について
八代には民営の下宿先もあるため遠方からの入部も可能ですので電話にてご相談ください。2017年現在人吉から1人下宿生がおり頑張っています。
戦績
 ※シングルスベスト32以上、ダブルス16以上、団体ベスト8以上を紹介します。

 平成30年新人大会
  男子団体:ベスト8

 平成30年八代オープンダブルス
  堤加賀野:男子Bクラス優勝

 平成30年度夏季選手権大会
  渡邊:1年男子シングルスベスト8
  花園渡邊:1年男子ダブルスベスト8
  鍬田北森:1年男子ダブルスベスト16
  堤加賀野:2年男子ダブルスベスト8

 平成30年度県高校総体
  男子団体ベスト8
  藤本:ベスト16
  藤本西村:男子ダブルスベスト8
  鬼塚濱田:男子ダブルスベスト16

 平成30年度城南大会
  男子団体優勝

 平成29年度九州ジュニア県予選
  藤本:18歳以下男子シングルスベスト16
  藤本西村:18歳以下男子ダブルスベスト8
  鬼塚濱田:18歳以下男子ダブルスベスト16

 平成29年度冬季ダブルス選手権
  藤本濱田:男子Aダブルスベスト8
  加賀野水田:男子Cベスト16
  岩木中村:女子Bベスト16

 
 第39回ダンロップスリクソンテニストーナメント九州地区決勝大会
  今田中原:一般男子Bクラス準優勝


 平成29年度新人大会
  男子団体ベスト8
  藤本:男子シングルスベスト32
  藤本福島:男子ダブルスベスト16
  西村鬼塚:男子ダブルスベスト16
  中村岩木:女子ダブルスベスト16

 第42回ダンロップスリクソンテニストーナメント
  今田中原:一般男子Bクラスダブルス優勝(熊本県選手団として九州決勝大会出場)

 平成29年度夏季選手権大会
  水田堤:1年男子ダブルス3位
  藤本:2年男子ベスト16
  加賀野:1年男子シングルスベスト16
  藤本福島:2年男子ダブルスベスト8
  西村濱田:2年男子ダブルスベスト8
  鬼塚入田:2年男子ダブルスベスト8
  中村:2年女子シングルスベスト32
  中村岩木:2年女子ダブルスベスト16
  
 平成29年度熊本県高校総体
  男子団体3位  (今田・田中・谷澤・中原・井上・藤本)
  田中:男子シングルスベスト8
  今田:男子シングルスベスト32
  藤本:男子シングルスベスト32
  谷澤中原:男子ダブルスベスト8
  今田田中:男子ダブルスベスト16 

 平成29年度城南大会
  男子団体優勝 
  女子団体3位

 平成28年度九州ジュニア県予選
  今田:18歳以下男子シングルスベスト8
  田中:18歳以下男子シングルスベスト16
  谷澤:18歳以下男子シングルスベスト32
  藤本:18歳以下男子シングルスベスト32
  今田中原:18歳以下男子ダブルスベスト16
  谷澤田中:18歳以下男子ダブルスベスト16

 平成28年度1年生団体戦スリクソンチャレンジカップ
  男子準優勝 西村(一中出身)藤本(錦中出身)濱田(四中出身)福島(四中出身)吉田(二中出身)入田(四中出身)鬼塚(二中出身)
  女子3位 中村(二中出身)岩木(四中出身)稲葉(佐敷中出身)+御船高校1名
   

 平成28年度新人大会
  男子団体準優勝(全国選抜テニス九州大会出場)18年ぶり
  
  今田:男子シングルスベスト16
  谷澤:男子シングルスベスト32
  藤本:男子シングルスベスト32
  谷澤・中原:男子ダブルスベスト8
  今田・田中:男子ダブルスベスト16
  山中:女子シングルスベスト32
 
 平成28年度夏季選手権大会
  今田:2年男子シングルス7位
  今田・谷澤:2年男子ダブルス3位
  中原:2年男子シングルスベスト32
  藤本:1年男子シングルスベスト32
  吉田:1年男子シングルスベスト32
  西村:1年男子シングルスベスト32
  藤本・吉田:1年男子ダブルスベスト16
  山中:2年女子シングルスベスト32
  稲葉:1年女子シングルスベスト32
  中村・岩木:1年女子ダブルス準優勝 

 平成28年度熊本県高校総体
  男子団体ベスト8
  女子団体ベスト8
  家入:女子シングルスベスト16
   積:女子シングルスベスト16
  今田:男子シングルスベスト32
  今田・谷澤:男子ダブルスベスト16
  南部・佐藤:男子ダブルスベスト16
   家入・積:女子ダブルスベスト16

 平成27年度九州ジュニア県予選
  家入:18歳以下女子シングルスベスト16
   積:18歳以下女子シングルスベスト16
  家入・積:18歳以下女子ダブルスベスト8
  今田:18歳以下男子シングルスベスト16
  坂田:18歳以下男子シングルスベスト16

 平成27年度冬季ダブルス選手権
  南部・坂田:男子Aクラスベスト16
  佐藤・門口:男子Bクラス3位
  田中晴・中崎:男子Bクラスベスト16
  家入・積:女子Aクラスベスト8

 平成27年度1年生団体戦スリクソンチャレンジカップ
  男子団体優勝 
  


 平成27年度新人大会
  坂田:男子シングルスベスト32
  佐藤谷澤:男子ダブルスベスト16
  南部今田:男子ダブルスベスト16
  家入:女子シングルスベスト16
  積:女子シングルスベスト16
  山川:女子シングルスベスト32
  家入積:女子ダブルスベスト16

 平成27年度夏季選手権大会
  南部:2年男子シングルスベスト32
  坂田:2年男子シングルスベスト32
  家入:2年女子シングルスベスト16
  積:2年女子シングルスベスト16
  山川:2年女子シングルスベスト32
  家入・積:2年女子ダブルスベスト8
  今田:1年男子シングルスベスト8
  田中:1年男子シングルスベスト32
  今田・谷澤:1年男子ダブルスベスト8

 平成27年度熊本県高校総体
  女子団体ベスト8
  家入:女子シングルスベスト16
  積:女子シングルスベスト32
  家入・積:女子ダブルスベスト16

 平成26年度九州ジュニア県予選
  南部:18歳以下男子シングルスベスト32
  家入:18歳以下女子シングルスベスト16
  積:18歳以下女子シングルスベスト32
  佐藤・山下:18歳以下男子ダブルスベスト16
  家入・積:18歳以下女子ダブルスベスト8
  門口:16歳以下男子シングルスベスト32
  
 平成26年度冬季ダブルス選手権
  家入・積:女子Aクラスベスト8
  山川・川添:女子Cクラスベスト8
  福井・太田:男子Cクラスベスト16

 平成26年度新人大会
  南部:男子シングルスベスト32
  家入:女子シングルスベスト32
  積:女子シングルスベスト32
  山川:女子シングルスベスト32
 
 平成26年度夏季選手権
  家入:2年女子シングルスベスト16
  積:2年女子シングルスベスト32
  家入・積:2年女子ダブルスベスト16
  福井:1年男子シングルスベスト16

 平成26年度県高校総体
  家入:女子シングルスベスト32

 平成25年度九州ジュニア県予選
  上野・田島:男子ダブルスベスト16

 平成25年度新人大会
  上野・田島:男子ダブルスベスト16

 平成25年度県高校総体
  団体ベスト8

 平成24年度全国高校選抜テニス九州地区大会熊本県予選
  団体ベスト8

 平成24年度夏季選手権
  山本・西本:1年男子ダブルスベスト8

 平成24年度高校総体
  男子団体ベスト8
  太田:男子シングルスベスト32
  西村・太田:男子ダブルスベスト16

 平成23年度九州ジュニア県予選
  西村・太田:18歳以下男子ダブルスベスト8
  太田:18歳以下男子シングルスベスト32

 平成23年度新人大会
  西村・太田:男子ダブルスベスト8
  太田:男子シングルスベスト32

 平成23年度夏季選手権
  西村・太田:2年男子ダブルスベスト16
  大田:2年男子シングルスベスト32

 平成23年度高校総体
  濱元:女子シングルスベスト16
  濱元・高橋:女子ダブルスベスト16

 平成22年度九州ジュニア県予選
  濱元:18歳以下女子シングルスベスト32
  濱元・前田:18歳以下女子ダブルスベスト16

 平成22年度冬季ダブルス
  高橋・小山:女子Bクラス3位

 平成22年新人大会
  濱元:女子シングルスベスト16
  濱元・小山:女子ダブルスベスト16

 平成22年度夏季選手権
  濱元・小山:2年女子ダブルスベスト16
  濱元:2年女子シングルス3位
  太田・西村:1年男子ダブルスベスト16
  太田:男子1年男子シングルスベスト32
  山本:男子1年男子シングルスベスト32

 平成22年度県高校総体

  濱元:女子シングルスベスト32

 平成18年度新人大会
  福田:男子シングルスベスト32

 平成18年度県高校総体
  団体ベスト4
  稲田:男子シングルスベスト16
  
小山・瀬海:男子ダブルスベスト8
  稲田・久保田:男子ダブルスベスト16

 平成17年度九州ジュニア県予選
  瀬海:男子シングルスベスト16
  稲田:男子シングルスベスト16
  松村:男子シングルスベスト32
  松尾・松村:男子ダブルスベスト8
  瀬海・小山:男子ダブルスベスト16

 平成17年度冬季ダブルス選手権
  瀬海・小山:男子ダブルスAクラスベスト16

 平成17年度新人大会
  稲田:男子シングルスベスト8
  瀬海:男子シングルスベスト16
  松村:男子シングルスベスト32
  稲田・福田:男子ダブルスベスト16
  瀬海・小山:男子ダブルスベスト16

 平成17年度夏季大会
  稲田:2年男子シングルスベスト8
  瀬海:2年男子シングルスベスト32
  稲田・瀬海:2年男子ダブルス準優勝
  松村・松尾:2年男子ダブルスベスト16
  山口:1年男子シングルスベスト16
  福田・山口:1年男子ダブルスベスト8 

 平成16年度九州ジュニア県予選
  稲田:18歳以下男子シングルスベスト16
  野田:18歳以下男子シングルスベスト32
  稲田・瀬海:18歳以下男子ダブルスベスト16
  濱元・宮本:18歳以下男子ダブルスベスト16

平成16年度冬季ダブルス選手権
  稲田・瀬海:男子ダブルスAクラスベスト16
  田川・小山:男子ダブルスCクラスベスト16

平成16年度新人大会
  
野田:男子シングルスベスト32
  稲田:男子シングルスベスト32
  宮本・稲田:男子ダブルスベスト16

平成16年度夏季大会
  稲田:1年男子シングルス準優勝
  稲田・瀬海:1年男子ダブルス準優勝

平成16年度県高校総体
  男子団体ベスト8
  小橋:男子シングルスベスト16
  野村:男子シングルスベスト32
  小橋・野村:男子ダブルスベスト8

平成15年度九州ジュニア県予選
  小橋:18歳以下男子シングルス4位
  野村:18歳以下男子シングルスベスト32
  小橋・野村:18歳以下男子ダブルスベスト8
  濱元:16歳以下男子シングルスベスト32

平成15年度冬季ダブルス選手権
  小橋・野村:男子ダブルスAクラスベスト8
  山口・今村:男子ダブルスBクラスベスト8
  岩崎・濱元:男子ダブルスCクラスベスト8

平成15年度新人大会
  小橋:男子シングルスベスト16
  米原:男子シングルスベスト32
  野村:男子シングルスベスト32
  小橋・野村:男子ダブルスベスト8

平成15年度夏季選手権大会
  小橋:2年男子シングルスベスト32
  川嶋:1年男子シングルスベスト8
  濱元:1年男子シングルスベスト16
  小橋・野村:2年男子ダブルスベスト16

平成15年度県高校総体
  男子団体準優勝(九州大会出場)
  飯田:男子シングルスベスト16
  吉井:男子シングルスベスト16
  本多:男子シングルスベスト32
  本多・飯田:男子ダブルスベスト16
  吉井・堤:男子ダブルスベスト16

平成14年度九州ジュニア県予選
  吉井:18歳以下男子シングルスベスト16
  堤:18歳以下男子シングルスベスト16
  本多:18歳以下男子シングルスベスト16
  吉井・堤:18歳以下男子ダブルスベスト8
  本多・飯田:18歳以下男子ダブルスベスト8
  今田・谷岡:18歳以下男子ダブルスベスト16

平成14年度新人大会
  吉井:男子シングルスベスト16
  堤:男子シングルスベスト16
  飯田:男子シングルスベスト32
  吉井・本多:男子ダブルスベスト8
  堤・今田:男子ダブルスベスト16

平成14年度夏季大会
  吉井:2年男子シングルスベスト16
  飯田:2年男子シングルスベスト32
  堤:2年男子シングルスベスト32
  吉井・堤:2年男子ダブルスベスト16
  小橋:1年男子シングルスベスト8
 
平成14年度県高校総体
  男子団体ベスト4
  小堀:男子シングルスベスト8
  小堀・廣瀬:男子ダブルスベスト8

平成13年度九州ジュニア県予選
  小堀:18歳以下男子シングルスベスト8
  廣瀬:18歳以下男子シングルスベスト16
  上野・吉井:18歳以下男子ダブルスベスト8
  小堀・広瀬:18歳以下男子ダブルスベスト16

平成13年度新人大会
  小堀:男子シングルスベスト8
  廣瀬:男子シングルスベスト32
  吉井:男子シングルスベスト32
  小堀・廣瀬:男子ダブルスベスト16
  上野・吉井:男子ダブルスベスト16

平成13年度夏季選手権
  小堀:2年男子シングルスベスト4
  広瀬:2年男子シングルスベスト32
  小堀・広瀬:2年男子ダブルスベスト4
  吉井:1年男子シングルスベスト32

平成12年度九州ジュニア県予選
  中山:18歳以下男子シングルスベスト16
  松浦:18歳以下男子シングルスベスト32
  松浦・小橋:18歳以下男子ダブルスベスト8
  中山・小堀:18歳以下男子ダブルスベスト8

平成12年度新人大会
  男子団体3位
  中山:男子シングルスベスト16
  小橋:男子シングルスベスト16
  松浦・小橋:男子ダブルスベスト8

平成12年度夏季選手権
  中山:2年男子シングルスベスト16
  松浦:2年男子シングルスベスト16
  吉川:2年男子シングルスベスト32
  小橋:2年男子シングルスベスト32
  松浦・小橋:2年男子ダブルスベスト8
  小堀:1年男子シングルスベスト32
  小堀・廣瀬:1年男子ダブルスベスト8

平成12年度県高校総体
  渡辺:男子シングルスベスト16
  松浦:男子シングルスベスト32
  渡辺・丸塚:男子ダブルスベスト8
  小橋・松浦:男子ダブルスベスト8

 平成10年県新人戦
 男子団体優勝(九州大会出場)
 個人戦でも九州大会出場