球磨工業高校野球部

 

野球部紹介

 

 ○球磨工野球部

  本校野球部は、「人吉球磨から甲子園」を目標に練習に励んでいます。野球の技術向上はもちろん、
卒業後社会に出たとき社会で活躍できる人物になれるよう日々の練習に励んでいます。

 

 ○部員数

  62名(3年生:16名,2年生:23名,1年生:23名)

 

 ○練習時間

  平日 16時30分~19時30分

  休日 8時~16時

  完全休みは週に1回程度

 ○過去の大会成績

  第66回NHK旗高等学校野球大会      優勝

  第143回九州地区高校野球熊本大会     ベスト8

  第100回全国高等学校野球選手権熊本大会  ベスト4

  第144回九州地区高校野球熊本大会     優勝

 ○野球部の主な進路先

  九州(県内含)

   大阪製鐵㈱西日本熊本工場、㈱九電工、㈱球磨電設、トヨタ自動車九州㈱、

㈱永井製作所、日鉄電磁㈱ 九州工場、新日本製鐵㈱大分製鐵所、住友ゴム工業㈱宮崎工場、九州電力㈱、

本田技研工業㈱熊本製作所、西日本高速道路エンジニアリング九州㈱、九建架線工事㈱、平田機工㈱

  関西

 JFEスチール㈱西日本製鉄所、㈱神戸製鋼所、関西電力㈱、㈱きんでん、㈲宮川屋根工業

中京

   アイシン・エィ・ダブリュ㈱、愛知製鋼㈱、㈱デンソー、三菱自動車工業㈱、トヨタ車体㈱、新日本製鐵㈱広畑製鐵所、アイシン精機㈱、

   トヨタ自動車㈱、太平工業㈱東海支店、新日本製鐵㈱名古屋製鐵所、住友軽金属工業㈱

  関東

葵機械工業㈱、JFEスチール㈱東日本製鉄所、日本飛行機㈱、中央工営㈱、新日本製鐵㈱君津製鐵所、㈱ヒラサワ、㈱日野自動車、

㈱テルム、㈱東芝京浜事業所、日本金属工業㈱

  公務員

   東京消防庁、国家Ⅲ種、東京都国家Ⅲ種(電気) 福岡市役所 人吉市役所

  進学

   宮崎大学 佐賀大学 日本福祉大学 日本文理大学 第一工業大学 九州産業大学 大東文化大学 久留米工業大学

  専門学校

   沖データコンピュータ教育学院 九州工科自動車専門学校 

 

野球部ブログ

野球部

野球部 1年生大会 3回戦

 11月7日、土曜日に「令和2年度 第1回城南地区高等学校野球一年生大会」の3回戦が

県営八代野球場にて行われました。3回戦の相手は城南地区の強豪、秀岳館高校との対戦となりました。

 試合は、1回表秀岳館高校の攻撃で、ピンチを背負い0点に抑えたいところですが、

相手に先取点を与えてしまいます。本校もすぐさま反撃したいところでしたが、

相手投手の好投でヒットを打つことすら許しません。2回、4回にも追加点を奪われ、

守備も最少失点で我慢を続け、前半に1点でも追いついておきたいところでしたが、

相手投手を打ち崩すことができません。ついに8回に相手のホームランを浴び、

0-8の8回コールドで敗退と相手との力の差を見せつけられました。

 これで今シーズンの公式戦は終了しました。練習試合は残り数試合ありますが、

春、そして夏を見据えて練習に励んでいきたいと思います。

たくさんの応援ありがとうございました。

     1 2 3 4 5 6 7 8  計
秀岳館  1 1 0 1 0 2 0 3  8
球磨工  0 0 0 0 0 0 0 0 
 0

野球部 1年生大会 2回戦

 11月1日、日曜日に「令和2年度 第1回城南地区高等学校野球一年生大会」の2回戦が

県営八代野球場にて行われました。2回戦の相手は湧心館高校・松橋高校・八代農業高校の

連合チームとの対戦となりました。

 この試合は初回から2本のヒットで先制点を奪います。この日は先発椎葉が4回をヒット1本7奪三振に

抑えると、打線がその後も得点を重ね、3回には10本のヒットと3つの四球で一挙12点を奪います。

しかし、5回の表に四死球とエラーで相手に得点を許し、2点を返されますがその後のバッターを抑えて

17対2で試合終了となりました。次の相手は秀岳館高校との対戦となります。

応援よろしくお願いします。

             1 2 3 4 5   計
湧心館・松橋・八代農業  0 0 0 0 2   2
球磨工          1 1   12    3 X  17

 

~一年生大会 3回戦の日程~
  11月7日 土曜日 12:00~
  vs 秀岳館高校
  於:県営八代野球場

 観戦等につきましては、原則無観客とします。なお、特別入場者名簿に記載のうえ、

 控え選手、保護者、学校関係者につきましては、感染防止対策を講じた上で入場を認めることとします。

 

野球部 1年生大会 1回戦

 10月31日、土曜日に「令和2年度 第1回城南地区高等学校野球一年生大会」の1回戦が

県営八代野球場にて行われました。今年度から一年生大会の規模を広げ、城南地区で行うこととなりました。

初戦の相手は天草拓心高校との対戦となりました。

 初回は満塁のチャンスを作るものの得点を奪うことができません。

しかし、この日の先発古賀が相手打線にヒットを許さず、守りからリズムをつかみます。

2回に6本のヒットなどで一挙7点を奪います。その後も攻撃の手を緩めず、18本のヒットと21個の盗塁で

26点を奪い、2投手で相手打線を1本に抑え26対0で1回戦を突破しました。

 

     1 2 3 4 5   計
天草拓心 0 0 0 0 0   0
球磨工  0 7 5 14   X  26

野球部 川上哲治生誕100周年記念事業高校生硬式野球交流試合

 10月24日、25日に「川上哲治生誕100周年記念事業高校生硬式野球交流試合」が

川上哲治記念球場にて行われました。川上哲治氏にゆかりのある熊本工業高校、

済々黌高校を招いて試合を行いました。

 24日土曜日に熊本工業高校と対戦し、初回に2点先制し、その後も1点追加しますが、

3回に同点に追いつかれます。その後はゼロ行進が続きますが、

7回に一気に点差を突き放され敗北してしまいました。

 25日日曜日に済々黌高校と対戦し、今試合も先制点を奪いますが、粘りきれず後半に追いつかれ、

2試合とも敗北してしまいました。

 ミスが絡み大量点につながる場面も多く、自分たちの弱さが出てしまいました。

もう一度すべてを見直して春、そして夏につなげていきたいと思います。

野球部 支援頂きありがとうございます。

 10月22日、木曜日に本校野球部を長く応援していただいている、水俣市の松村様より野球部に

今回の7月豪雨災害の支援を頂きました。本校野球部も多くの生徒が被災しました。

まだまだいままでどおりの生活が送ることができていない生徒も多いですが、日々の練習を頑張ってます。

色々な方に支えていただいて練習が行える環境に感謝し、しっかりと努力していきたいと思います。

結果を残し、恩返しができるよう甲子園を目指して頑張ります。

本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

野球部 ZETT Condition Clinic測定会

 10月13日、14日に大阪からゼット株式会社より本校グラウンドにお越しいただき、

ZETT Condition Clinic測定会を行いました。冬に入る前に自分の筋力などを測定し、

この冬にどこを鍛えればよいのかを数字で理解することができ、弱点を鍛えて

春先のパワーアップを目指したいと考えています。

様々な部分の測定し、生徒たちも真剣に計測を行いました。

自分のどこを鍛えればいいのか、この冬何をすればよいのかそれぞれが理解できたと思います。

冬の短期間でパワーアップする生徒も出てきて欲しいものです。これからの成長を期待したいと思います。

大阪からわざわざお越しいただきありがとうございました。

野球部 秋の大会 2回戦 結果

 9月23日、水曜日に「第147回九州地区高校野球熊本大会」の2回戦が

リブワーク藤崎台球場にて行われました。

対戦相手は同じ城南地区の八代工業高校との対戦となりました。

試合は1回の裏に八代工業高校の攻撃でヒット、四球、エラーが重なり、

初回から5点を奪われ、追う展開となりました。

2回にも2点を奪われ、7点差と大きく突き放されます。早めに追いつきたい本校は、

3回の表2アウトから1番岡本の3ベースヒットと続く四死球で満塁の場面で、

4番上竹がライト前に2点タイムリーを放ち2対7とします。その次の回にも点数を重ねますが、

試合はそのまま9回に入ります。先頭バッターが死球で出塁すると、ヒット2本で2点を返します。

しかし、反撃もここまで。試合は5対7で2回戦敗退となりました。

平日にもかかわらず、たくさんの応援ありがとうございました。

今大会でたくさんの課題が浮き彫りとなりました。

春の大会に向けてそれぞれがパワーアップしていきたいと思います。


     1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
球磨工  0 0 2 1 0 0 0 0 2  5
八代工  5 2 0 0 0 0 0 0 X  7

野球部 秋の大会 1回戦 結果

 9月20日、日曜日に「第147回九州地区高校野球熊本大会」の1回戦が

県営八代野球場にて行われました。

秋の大会が新チームとなり初めての公式戦となります。

対戦相手は同じ城南地区の水俣高校との対戦となりました。

試合は1回の表、水俣高校の攻撃で四球とヒットでいきなり2点を奪われてしまいます。

しかしその裏に1点を返し、反撃の狼煙を上げます。2回、3回と得点を重ね、7回には3番村上の

打球はライトスタンドへ叩き込み、3ランホームランとなり、

ここで7点差以上つきコールド勝ちで初戦突破となりました。

連休ということもありたくさんの保護者、学校関係者に応援いただきました。

ありがとうございました。

 
     1 2 3 4 5 6 7    計
水 俣  2 0 0 1 0 1 0     4
球磨工  1 3 4 0 0 0 5x  13

野球部 新チームスタート

 8月8日より夏休みが始まり、新チームもスタートしております。

練習試合も県内の学校と練習試合も行っており、それぞれの課題が早くも見えてきています。

練習も暑い中ではありますが、選手たちも必死で頑張っているところです。

夏休みも例年より短い日数になっていますが、1日1日を大切に練習に励みたいと思います。

これからのレベルアップに向けてしっかり頑張っていきます。

野球部 夏の代替大会 準決勝

  8月2日日曜日に「2020夏期熊本県高等学校野球城南地区大会」の準決勝が

リブワーク藤崎台球場にて行なわれました。対戦校は同じ人吉球磨地区の南稜高校との対戦となりました。

試合は3回の表、南稜高校の攻撃はヒットとデッドボールでピンチを作ると3連打を浴び3点を奪われます。

しかし、5回の裏、本校の攻撃でようやく先頭バッターがヒットで出塁すると8番上田のタイムリーヒットで

1点を返します。その直後の6回の表に南稜高校がヒット、四球、エラーで1対6と再び突き放されます。

食らいついていきたい6回の裏、ヒットと四球で満塁のチャンスを作り、タイムリーヒットなどで4対6とします。

8回の表に南稜高校の猛攻に遭い、一挙5点と再び大きく突き放されます。8回の裏に1点取り返しますが、

反撃もここまで。終わってみれば5対11で南稜高校に敗れてしまいました。

球場まで足を運んでいただき、多くのご声援ありがとうございました。

 3年生はこれで引退となりますが、これまでの経験が必ず生きてくると信じています。

これから進路実現に向けて頑張ってください。期待しています。3年生の皆さんお疲れ様でした。

 
     1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
南 稜  0 0 3 0 0 3 0 5 0 11
球磨工  0 0 0 0 1 3 0 1 0  5

 

 新チームも被災した生徒やコロナウイルス等で大変ですが、

次の大会に向けてしっかりと頑張っていきたいと思います。

これまでと変わらないご声援よろしくお願いいたします。