校長挨拶

 

ごあいさつ

 創立59年目を迎える本校は、機械、電気、建築(建築コース、伝統建築コース)、建設工学の4学科に加え、伝統建築専攻科(高校卒業後2年課程)を設置し、産業を支える先端的工業技術教育をはじめ、日本の伝統的なものづくり教育まで幅広く学科を設置しています。現在、卒業生は1万名を超え、県内はもとより、全国各地、海外においても優れた才能を発揮し、産業界をはじめ、多方面にわたり活躍しています。特に、伝統建築の分野では、専攻科を併せ持つ全国唯一の工業高校で、国内の貴重な文化財の継承を支える人材を輩出しています。

 「技と心と志」を育成する校風を確立し、「日本一の工業高校」を目指す特色ある工業教育を展開するとともに、三綱領「剛健誠実・自主自律・好学敬愛」を基盤に、ものづくり教育、部活動、生徒会活動、地域貢献活動など、多様な教育活動の中で、将来を担う人づくりに取り組み、心豊かで活力に満ち、礼節をわきまえ、実践力を兼ね備えた技術者を育成します。

 一人ひとりの可能性を最大限に引き出し、多彩な経験によって人間的に大きく成長できる本校教育は、皆さんの青春時代の輝く舞台となり、卒業後を見据え、産業界と連携した確かな進路指導によって、将来の夢を着実に実現していきます。新たな仲間と先生方と共に、未来を切り拓く第一歩を踏み出しましょう。

校長 原田 茂