建設工学科 Construction Department
強靭な国土を造ろう!
建設工学科では、最新の建設工学技術とICTを駆使した技術教育を通して、
強靭な国土を構築する倫理観高きエンジニアの育成を目指します。
 
   
建設工学科 過去ブログ
トピックがありません。
建設工学科のトピック

建設工学科ブログ

【建設工学科】 1年生「製図」

1年生「製図」の様子です。

今後、複雑な図面を描くために基礎となる「線の練習」に取り組んでいます。

 

実線や破線、一点鎖線の練習や、円弧や矢印を描いていきます。

 

ドラフターという製図用の器械や、コンパスの使い方に悪戦苦闘しながら頑張っています!

【建設工学科】 1~3年生「テスト勉強」

1学期末考査最終日の朝です。

教室をのぞいてみると、建設工学科の生徒が早めに登校し、

テスト勉強に取り組んでいました。

 

たくさんの努力の結果、少しの成果がうまれます。

コツコツが勝つこつ!しっかり頑張りましょう!

1年生 担任の先生と一緒に

1年生 すみずみまで確認

2年生 集中してます

3年生 黙々と

 

【建設工学科】 1年生「教育実習生研究授業」

6月10日(月)~21日(金)の日程で、教育実習の池田先生が来られています。

池田先生は、平成27年度に建設工学科を卒業された本校OBで、

このたび母校に戻ってこられました。

 

本日は、1年建設工学科「建設基礎」の研究授業が行われました。

題材は、「力のモーメント」です。

スライドを用いた授業を丁寧に展開され、良い雰囲気の中で学ぶことができました。

生徒も積極的に授業に取り組み、生徒同士が教え合う姿も見られました。

 

本日で教育実習は終了となります。

池田先生、お疲れ様でした!

これからも頑張ってください!

 

【建設工学科】 1~3年「建設企業の魅力発見フェア」

6月13日(木)グランメッセ熊本で「熊本県建設企業の魅力発見フェア」が行われました。

本校から、建設工学科1~3年生計80名が参加をしました。

最新技術を導入したICT建機の説明や最新ワークウエアのファッションショーをはじめ、

約70社の企業説明ブース、体験コーナーが設けられ、参加者にとって大変有意義な時間となりました。

県内から大勢の高校生が集まりました!

【建設工学科】 測量サークル「ものコンデモンストレーション」

いよいよ今週末、6月16日(日)に玉名工業高校にて「第16回熊本県高校生ものづくりコンテスト」が行われます。

それに向けてデモンストレーションを行いました。

代表生徒3名の競技の様子を建設工学科3年生が見学しました。

外業(測定)の様子

内業(計算)の様子

たくさんの生徒に見られるという緊張感の中でデモンストレーションを行うことができました。

当日も頑張ってください!

平成31年度若年者地域連携事業「高校生と企業との交流会」

6月6日(木)に熊本市総合体育館で開催された「高校生と企業との交流会」に、

就職活動の一環として3年生の希望者が参加しました。

県内50の企業がブースをもうけて、企業のPRや地元で働くことの魅力について教えてくださいました。

今後の進路実現に向けて有意義な学習ができました。

【建設工学科】 2年生「朝読書」

5月30日(木)建設工学科2年の朝読書の様子です。

本校では、8:45~の10分間朝読書に取り組んでいます。

朝から集中して読書をすることで、一日落ち着いた生活を送ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

1年生の頃に比べ、進路について考え始め、勉強など日々の生活に変化がみられる生徒も増えてきました。そういった生徒が更に増え、クラス全員でもっともっと頑張っていきましょう!

 

【建設工学科】 2年生「実習」

2年生実習の様子をお伝えします。

建設工学(土木工学)には、”3力(さんりき)”と呼ばれる、

①構造力学②土質力学③水利学の分野があります。

そのうちの②土質力学に関する内容を、実習でも学んでいます。

 

この日行ったのは、「突固めによる土の締固め試験」です。

 

構造物を土地盤上に建設する場合や、土を材料とした構造物(ダム・堤防など)を建設する場合、土を締固める作業を行います。この”締固める”作業が重要なのです。

本試験の目的として、土を最も安定した状態に締固めることのできる「最適含水比」と「最大乾燥密度」を求めることがあげられます。

土は、水が少なすぎても多すぎてもうまく締固まりません。

土によって違う「最適な水の含み具合」=「最適含水比」を求めるのです。

 

①モールドに土試料を入れます

 

②器械で締固めます(2.5キロのおもりを30㎝の高さから25回落下させる)

 

③質量を測定し、モールドから押し出し、含水比を測定します。

 ・モールド容量V=1000cmであるので、質量m÷体積Vで密度ρが求まります。

 ・水を含んだ状態と乾いた状態の質量の差から水分量を導き、含水比を求めます。

この作業を水分量を変えて8回程度繰り返し、最適含水比を求めるのです。

 

ということで、土質力学に関する試験の紹介でした。

あまり知られていないと思いますが、このような試験も建設工学科で行っていますよー! 

建設工学科について
絵文字:良くできました OK 建設工学科ブログ(随時更新)
絵文字:学校 建設工学科カリキュラム(教科・科目)(平成24年4月5日更新)
絵文字:ノート 建設工学科取得可能な資格
絵文字:出張 建設工学科の主な就職・進学先(平成25年8月13日更新)
3 8 5 7 3