「人吉お城まつり」での集合写真

● 部員 25名
● 顧問 園田和道 柳瀬成美
● 指導計画
 4月:球磨審査、五高校体育大会  10月:新人戦
  5月:おどんな日本一弓道大会   11月:県選抜大会
  6月:県高校総体、国体予選    12月:納射会
  8月:人吉市大会、安土崩し     1月:射初会、1年生大会
  9月:球磨審査
● 顧問より

 一般的に弓道は個人競技と思われているようです。しかし、学生弓道については「団体競技である」と私は考えています。選手として選ばれた生徒が与えられる四本の矢は、個人の矢であって個人の矢ではないからです。選手として公式戦に出ることができない部員の思いも、他のメンバーの思いも背負って眼前の的に向かう。試合で悔いのない射をするために、心を整え、体を鍛え、道具を手入れし、稽古の環境を整備する。一人ではできないからこそ、全部員が「自分ができること、やるべきこと」に全力を尽くす。 

全ては「目標を倒す」ために。

 だからこそ学生弓道は「団体競技(団体戦)」なのです。指導者も生徒もまだまだ未熟ではありますが、日々精進を重ねております。迷いがあり、失敗があるからこそ、人は成長します。弓道は的前に立てるようになってからが本当の修行です。また、弓道に限らず、武道は生活の全てが修行です。目標を持って前進しようとすれば、壁にぶつかることも少なくないでしょう。しかし、仲間がいるからこそ共に乗り越えられる。その日々の積み重ねから得られる全てのことが、部員達の血となり肉となっていくのです。

このブログを見られた中学生の皆さん、球磨工に入学されたら、是非稽古を見に来てください。そしてできれば一緒に弓を引きましょう! あなたにお会いできる日を楽しみにしています。


弓道部ブログ

弓道部

新人大会・弓道部

令和元年度 熊本県高等学校弓道競技大会

兼第27回九州高等学校弓道新人選手権大会県予選

 10月12日(土)・13日(日)に熊本市北区植木町弓道場において、弓道新人大会が行われました。本校からは、男子団体(5人制)A・Bの2チーム、女子団体1チームが参加し、女子団体は残念ながら予選を突破することができませんでした。男子団体はAチームが3位(シード校)、Bチームが5位タイで通過し、男子団体決勝トーナメント(上位16チーム)へと駒を進めました。

 決勝トーナメントでは、Bチームが一回戦力みがはいり、熊本高校に9対11で敗れました。的中数では11位タイでした。

 Aチームは、一回戦九州学院高校に11対9で勝ち、準々決勝では八代工業高校に13対12で勝ち勢いに乗るのが空回りしてしまい、準決勝では、熊本工業高校に9対13で負けてしまい、3位という結果に終わりました。その後、3位の小川工業高校と九州大会代表決定戦を行いましたが、残念ながら10対11で破れ、3年連続九州大会出場の目標を失いました。

 男子個人では、予選(4本中3中以上)を4人(椎葉・永尾・渕木・土屋)が通過し、準決勝(4本中3中以上)には2人(椎葉・永尾)が駒を進めました。決勝では、2本目を永尾が外し9位タイ、椎葉が4本目を外し、6・7位決定戦(遠近法)に進みました。椎葉(2MB:水上中出身)の矢が近いという事で、6位に入賞しました。

 今回の大会も、九州大会代表決定戦では1本に泣きました。1本の重み、勝負の1本を外さないということが勝ちへ繋がると、生徒達は改めて学んだと思います。

 3週間後には、全国選抜大会県予選が行われます。この悔しさを胸に、次の大会に挑みます。応援、よろしくお願いします。

【大会結果】

〇女子団体 予選敗退

〇男子団体 Aチーム 3位(椎葉・後村・永尾・嵯峨・永田)

      Bチーム11位(犬童・山本・皆越・渕木・土屋)

〇男子個人 椎葉遥希 6位

昨年優勝したので、優勝カップの返還

男子団体のBチーム

男子団体3位のAチーム

男子個人6位入賞の椎葉遥希君

表彰式の様子

集合写真