科学部最新情報

科学部最新情報

部活動風景(科学部編)

近年、活躍のめざましい科学部。

今日は、3年生がこれまでの活動を振り返りるとともに、研究活動への熱い思い後輩たちに伝え、後輩たちは先輩へに対する思いを伝える「引き継きの日」です。

その様子を、そっとのぞかせてもらいました。

まずは、3年生の4人から。

3年生4人のスピーチは、さすがと思わせるプレゼンテーション能力。

昨年、シンガポールで行われた世界大会「グローバル・リンク・シンガポール」への出場を機に、今年も日本代表を目指した思いや、研究をとおして気づいたこと、自分の中で成長できたと実感できることなど、あふれる思いが次々と語られました。

 ※3年生4人の活躍は、すでに当HPで何度も紹介済みですが、科学技術振興機構(JST)の「Science Window」に、   

  掲載された特集記事はもう一度読んでいただきたい内容です。

  是非、下記URLからご覧ください。

 ■サイエンスウィンドウ記事はこちら →  https://sciencewindow.jst.go.jp/articles/2020/0312.html

続いて、2年生から、先輩の研究姿勢から学んだことや、シンガポールに同行して感じたことなど、

また、今後研究を引き継ぐにあたっての思いが語られました。

3年生は、ここで研究はいったん終了となるのでしょうか?

是非それぞれの進路目標を実現し、さらなるステージで活躍して欲しいと思います。

また、2年生、1年生は、先輩の思いを引き継ぎ、研究を深め新たな展開を見せてくれることと強く感じるひとときでした。

 

科学部

科学

科学部紹介

K01 K02
K03 K04

私たち科学部は、先輩方の研究結果や先生方のご助言を参考にして、10月に行われる生徒理化研究発表会に向けて研究を行っています。研究テーマは自由で、自分の興味のあることを研究できます。また、御所浦で化石、町山口川では生物の調査も行っています。
 現在は1:天草の昔の環境(海の深さや植生)の解明、
    2:光合成の昼寝現象(光が当たっているのに光合成していない状態)の解明、
    3:ゲンジボタルの発光パターンの地域差の解明を行っています。
 活動日は自由で、学業と両立もでき、兼部も可能です。理科が好きな人だけではなく、誰でも大歓迎です。興味のある人は理科棟2階の地学教室をのぞきにきてください!

平成29年度  

第68回熊本県高等学校生徒理科研究発表会地学部門  最優秀賞(一位:天草の海水準変動を探る) 
第68回熊本県高等学校生徒理科研究発表会生物部門  優秀賞 (光合成の昼寝現象、ゲンジボタルの発光パターン)

九州高等学校生徒理科研究発表大会(大分大会)    優秀賞(二位:天草の海水準変動を探る)

サイエンスキャッスル九州大会            優秀ポスター賞(ゲンジボタルの発光パターン)

平成26年度
  

第65回熊本県高等学校生徒理科研究発表会  優秀賞