演劇部

 私たち演劇部は、1年生6名、2年生5名の計11名で活動しています。秋の大会を中心として、他に新入生歓迎公演などの活動を行っています。
 キャストだけではなく裏方とも協力し、1つの舞台を作るのはとてもやりがいがあります。ぜひ演劇部室に来てみてください。お待ちしています。
演劇部最新情報

演劇部最新情報

3年生引退公演(演劇部)

6月4日(火)、今年度最初の演劇部校内公演を学習センター2Fで行いました。

演劇部は9名という少人数で活動していますが、不定期で行われる校内公演には毎回欠かさず足を運んでくれるファンも多く、演者と裏方、観客との距離の近さが魅力です。

3年生の引退公演も兼ねた今回の公演では、部長の山﨑くんの熱演で大いに盛り上がりました。

まず、朗読劇「Perfect Answer」では、塾講師のアルバイト4人が、数学の文章題に疑問を持つところから物語が展開し、意外にも兄妹愛が描かれることに...。映像と音楽も絶妙でした。

次の演目「縁集うコンビニ」は、コンビニ激戦区にある、一風変わったコンビニでの人間模様を描いた作品で、登場人物の個性溢れる演技が光りました。「店長」のミニスカート姿が、観客のみなさんの瞼に焼き付いてしまったようです...

3年生2名は、この公演を最後に引退し、それぞれの夢に向かって勉学に励みます。

 

 

 

校内公演 (演劇部)

3月14日(木)、学習センター2Fで、演劇部の校内公演が開催されました。

演目は「ピロシキ」「マッチ売りの田島さん」「白雪姫vs鏡」「カゾクカイギ」の4つです。

台本はありますが、各部員の演技力が試されるものばかりです。

肝臓がピロシキとなった患者と医者のやり取りなど、ユニークな内容で観客を楽しませてくれました。

追加公演は、3月28日です。

まだ、見たことがない方は、ぜひ御覧ください。

  

  

校内公演!

3月14日放課後、校内公演を行います。

3月28日にも校内公演を予定しています。

みつばちラジオに出演しました!(演劇部)

11月18日(土)の午後から、世界的演出作家の小山薫堂氏が企画された“あまくさHAPPY HUNTING”の中のあまくさン会議に演劇部が出演しました。
昨日から作成している無声映画の告知も兼ねています。
制作の目的などを楽しく話すことができました。
小山様、山本先生、野崎様、ありがとうございました。


無声映画ワークショップ(演劇部)

11月17日(金)、ポルトで、無声映画ワークショップが開催されました。
京都造形芸術大学の山本先生と学生の方々を講師として、約10分間の無声映画を創ります。
天草高校からは全日制7名、定時制1名が参加しました。
映画の構想を練ったあと、カメラを手に街に飛び出し、思い思いの映像を撮ってきました。
試写会では、初めて自分達で制作した作品を実際に観ることができ、生徒たちは感激した様子でした。
今日撮った映画は、学生の方に編集を加えていただき、明日の15:30より本渡第一映劇で上映されます。
天高生も登壇して「舞台挨拶」を行う予定です。
14:15からは、みつばちラジオに演劇部の3人が登場しますので、是非お聴きください。


引退&新人デビュー公演

演劇部の引退&新人デビュー公演が、2日にわたり開催されました。
声劇には、いつもは裏方を努めるメンバーが初挑戦!しっかり笑いもとっていました。
伝統の演目「オフライン」は、引退する3年生が主役。
「幽霊退治承ります」は、初出演の1年生も存在感を発揮していました。
友人の引退公演を見届けようと、多くの3年生や文化部の観客が集まりました。写真撮影には、写真部が協力していましたよ!

 
 

演劇部、校内公演


部活動結成を17日に控え、どこの部活動も新入生獲得に力が入っています。
演劇部では、2日間の新入生歓迎公演を行いました。
初日の演目は「蒼」、翌日は「perfect answer」。両日とも30名以上の観客がありました。

 
 

演劇部、校内公演

文化祭で好評だった演劇部。「もっと観たい!」との声に応え、校内自主公演を行ないました。
演目は「緑集うコンビニ」、「嫌い(声劇)」「うさぎと飼い主(声劇)」の3本。
今回初挑戦の「声劇」は、演者の声のみによって演じられる物語を楽しむ趣向。
観客は後ろを向いて聞き入り、大いに想像力をかきたてられているようでした。