Living for Agri/Since 1974
生活科
農業教科(草花・野菜の栽培管理、フラワーアレンジ、農業情報処理など)と家庭教科(調理実習、被服製作、保育、家庭看護など)を専門的に勉強します。多くの体験を通して、職業人として地域社会や家庭生活に貢献できる人を目指します。また外部講師を招いての講習会や、ふれあい農場で保育園や幼稚園の子どもたちと、じゃがいも掘りやタマネギ掘りをしながらの体験交流もあります。
新着情報

生活科 NEWS

テーブルコーディネート講習会(生活科)

 生活科3年生の「フードデザイン」で、外部講師による「テーブルコーディネート講習会」がありました。各テーブルに与えられた課題をあらかじめ検討し、講習会では講師の本田和子先生にアドバイスいただき完成させました。今後はこのテーブルの献立で栄養価計算や調理実習を行う予定です。今回の授業は、熊本県の「専門高校プロジェクト学習支援事業」の一環で、専門的な学びを深める活動のひとつとして実施されています。

食品ロスとSDGsについての学び(生活科)

 生活科2年生、3年生の「フードデザイン」において「生産者から出る食品ロスとそれを解消する取り組み」と題した外部講師による講演会が実施されました。

 「規格外である・コロナウイルス予防のための営業自粛の影響・水害」などで廃棄予定の食品でも流通できるよう、いろいろな活動をされている方のお話をお聞きしました。

 イベントを通して規格外品を食する経験をしてもらう、幼稚園の子どもたちの食育活動と連携する、などの食品ロス対策の活動について知ることができました。また、私たちひとりひとりの食品ロス対策がSDGsの取り組みになることもわかりました。

 今回の授業は、熊本県の「専門高校プロジェクト学習支援事業」の一環で、専門的な学びを深める活動のひとつとして実施されています。

 

折り紙検定4級受験(生活科)

 

 生活科3年生が、家庭科保育技術検定造形表現4級の受験を終えました。この検定は30分以内に1つの規定課題、5つの自由課題の計6つの伝承折り紙を折るという実技試験です。「子どもと発達と保育」という家庭科専門科目の中で取り組みました。練習の成果が出て、6つ全部きれいに折れた生徒が多く、合格者が多いと思われます。

 折り紙は、乳幼児との遊びの中で行われますが、集中力や思考力などを付け、保育者とのコミュニケーションを図ることができる、良い遊びの一つです。日本独自の文化でもあり、将来自分の子供や地域の子供、そして海外の方との交流の一助になればと考えています。

 

シャツブラウス完成!(生活科)

 昨年度の2月から製作に取り掛かった長袖シャツブラウスが完成しました。本来なら4月には完成していたはずの長袖シャツ。休校中の課題として一部は自宅で動画を見ながら、仕上げました。季節は夏になりましたが、今年の冬からは、着用できると思います。

 襟や、カフスの幅(袖口はまだ未完成)などは、好みのデザインとしました。袖付け等、カーブが多く縫製は大変難しかったのですが、みんな丁寧に頑張っており、日常着として十分着用できると思います。

 先週から、今度は半袖のシャツブラウスの裁断に入りました。家庭科技術検定洋服2級の実技試験の材料です。時間内(3時間!)で縫い上げることができるように、しっかり練習、集中して取り組みます。

生活科 新入生歓迎会及び学科集会

 6月2日(火)1限目に、例年実施していた、学科オリエンテーションと体育大会結団式を、今年は新入生歓迎会という形で行いました。40名の新1年生を迎え、2年生41名、3年生39名、計120名の学科の出発会です。

 コースリーダーの鍬釣さんが生活科代表として、[たくさんの行事を楽しみながら高校生活を充実させてほしい」と、各クラスのルーム長(3年:川崎さん、2年松尾(桃)さん、1年沼田君)からもそれぞれの学年の目標を、家庭クラブ会長の小田さんは活動の主旨と主な活動と役員の紹介をしてくれました。先生方の紹介では、糸数先生の「生活科、頑張ろう!」の元気な掛け声もあり、一致団結して、それぞれの自己実現へ向けて頑張ろうという会になりました。

 学科の目標として、情報収集力、判断力、実行力、表現力、人間力(時場礼の徹底)を挙げています。明るくたくましく時代を切り拓く人材育成に、生徒・職員ともに協力し励んでいきます。

 

3年生「幼児のおもちゃ作り」(生活科)

「子どもの発達と保育」の授業の休校中課題で、幼児のおもちゃ作りをしました。ガラガラと音の鳴るもの、ボールを投げるもの、ボタンやファスナーを使うもの、絵合わせ、手遊び、魚釣りなど、各自が工夫していろいろなおもちゃを作ることができました!

手作りマスク (生活科)

 生活科の2・3年生が、家庭学習期間と春休みに製作しました。

 なかなかガーゼやゴムが手に入らず、これまでの授業で使用した端切れを使用したものもあるようです。カラフルでおしゃれにできていますね。

 授業再開後は、熊本県教育委員会から材料の提供を受けて、家庭科を学ぶ2年生全員、製作しようと考えています。

 休校が続いていますが、簡単ですので、時間がある生徒はぜひ取り組んで欲しいです。

○マスクの作り方(文部科学省ホームページ「子供の学び応援サイト」内)
 https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00460.html

 

「夢未来みかん料理コンテスト」(生活科)

2月15日(土)に行われた「第10回 JA熊本市柑橘部会料理コンテスト」【お菓子部門】において、生活科3年生の作品「スイートスプリングのババロアケーキ」が特別賞に、「まるごとみかんロールケーキ」が入賞に輝きました!

 

 

「2030SDGs」カードゲーム体験(生活科)

2月11日(火)、富合公民館で行われた持続可能な開発目標(SDGs)の考え方をカードゲームで学ぶ催しに、家庭クラブ役員7名で参加してきました。ファシリテーターの方が解りやすく説明してくださり、SDGsについて楽しく学ぶことができました。地域の方々との交流もできたのでよかったです。