職員のページ

職員エッセイ

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(15)~

*週刊少年ジャンプ*

 こんにちは。2年2組担任、国語科、清水です。

 私は、『週間少年ジャンプ』が好きです。小学校2年生、7歳の頃から読み始め、毎週欠かすことなくおよそ30年購入・愛読していることになります。『ジャンプ』からは本当に多くのことを学びました。

『SLAM DUNK』や『ROOKIES』からはスポーツに向かう姿勢と熱を、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』からは人情と雑学を、『ろくでなしBLUES』からは男とは、友情とは、ということを学びました。ここ最近のジャンプの話題作と言えばやはり『鬼滅の刃』ではないでしょうか。社会現象と言えるブームとなり、『ジャンプ』の凄さ、素晴らしさを世に知らしめてくれました。ヒットの要因はいくつもありますが、私は登場人物の魅力について触れたいと思います。主人公である竈門炭治郎は、昨今の主人公には珍しく、どこまでも「優しく、良い奴」です。時として敵である鬼にすらも慈愛の念を示すなど、徹底して心優しい少年として描かれます。この炭治郎が作中多くの名言を残していますが、最も印象に残っているのが『悔しいなぁ 何か一つできる様になってもまたすぐ目の前に分厚い壁があるんだ』という台詞です。自分の成長を感じた矢先、すぐにまた壁にぶつかる。言葉にせずとも、人生の中で何度もこのような状況に立ち当たったことがあります。誰しもがそうではないでしょうか。この台詞が登場する場面は強い喪失感を伴うものでしたが、この後炭治郎は成長を続けます。彼が成長できたのは立ちはだかる壁から、己の力不足の痛みから逃げない勇気とひたむきさがあったからだと思います。

 また一つ、『ジャンプ』から学ぶことができました。ちなみ次に心に残った台詞は同じく炭治郎の『俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった』ですが、私は次男なので共感できずに悔しい思いをしました。

 

次のバトンは、同じ国語科で、尊敬する岩間先生にお渡しします。

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(14)~

*見落とさぬように。* 

 こんにちは。保健体育科2年6組担任の長田真治です。最近は、3歳8か月の長男に、「真似っこゲーム」と称し、いろいろな体の動かし方を教えたり、トレーニングをさせたりするのが一番の楽しみになっています。

  さて、そんな長男は、幼稚園や習い事などに通い始め、少しずつではありますが、心も身体も成長してきました。衣類の着脱や排泄など、身の回りのことも自分一人でできるようになり、いわゆる「ドヤ顔」をしながら「できた!」アピールをしてきます。

  親としては、幼稚園の先生をはじめ、わが子に関わってくださっている方々のおかげだということを本当に感じていますが、3歳8か月の長男には、まだそれを感じることは難しいようで、「僕が頑張ったんだもん」という自信に満ち溢れています。物事の背景には、本人の努力と、周りの方々のサポートがあるということに気付く日はいつになるか分かりませんが、少しずつタイミングを考えながら伝えていきたいと思っています。

 皆さんの周りにはどんなサポートがありますか?見えるサポート、見えないサポート、優しいサポート、時にはあなたは思っての厳しいサポート…。たくさん、溢れていると思います。

3年生は余裕がなくなる今だからこそ、1年生2年生は、気持ちが抜けがちな今だからこそ、見落としがちな見えないサポートや厳しいサポートにも気付き、感謝の気持ちをもって日々を送ってほしいな。 

次は、国語科2年2組担任の清水翼先生です。

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(13)~

*色*

こんにちは。3年1組担任、保健体育科の藤本です。天草高校に勤務して3年目になります。この伝統ある天草高校を卒業しました。

勉強に部活動などを通して、成長できたと思います。

皆さんは目標をもって生活できていますか?

 

私自身、今年度3つの目標を立てて生活しています。

① 3月1日の卒業式にクラス42人笑って卒業をすること。

② すれ違った生徒に声をかけること。

③ 部活動において全国大会に出場すること。

 

難しいこともありますが、意識をして生活をすれば、変わることを実感しています。

日々、生徒の皆さんの元気な姿を見られることが嬉しいです。

様々な場面で考え、悩み、落ち込む人もいると思います。しかし、人生は長いです。

ストレスコントロールをして日々充実させてほしいと思います。

 

私は、悩んだり、落ち込んだりした際には、音楽を聞きます。ハジメノヨンポというグループの「色」という曲をよく聞きます。

その歌詞の中に、

人生とは なんなのか 捉え方は 十人十色 

自分なりの答えはそれぞれ 正解も不正解もない

見つけ出して これが自分の色と 胸を張って 誇りたいから

歩いてく 明日へ

 

聞いてみてください。そして、各々の色を出して何事にも頑張ってほしいと思います。

 

次は体育科の長田先生にバトンをお渡しします。

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(12)~

*自分の選択*

 

こんにちは。今年度から保健室にいます、鍋島です。

天草高校は母校。懐かしい校舎で過ごしていると高校時代の思い出が蘇ります!

 

さて、いきなりですが私には大切にしているモットーがあります。

それは「物事はすべてプラスに動いている!」という考え方です。

私は元々ネガティブ人間・・・。失敗が怖くて、先を考えすぎるあまり(失敗のシナリオで)、挑戦できないことや選択を躊躇してしまうことがよくありました。大学進学や、就職するのか臨採するのかなど、たくさんの選択をする中で、「失敗した~泣」と後悔したことも数知れず。しかし、時を経て思うのは、あの選択がないと、今でも付き合いがある友人に会えていなかった、尊敬できる恩師、先生方にも会えていなかった、今目の前にいる天草高校の皆さんとも会えていなかった・・・ということです。あの日あの時はたくさん悩みましたが、「すべて今の自分にプラスになっているな、あの選択は間違えていなかったな」と思えるようになりました。

言霊という言葉があるように、考え方、捉え方ひとつで心がすーっと楽になります。 

 

今年はコロナ禍で色々なことに制限がかかり、窮屈だなあと感じるときもあると思います。また特に3年生の皆さんは、大きな選択をしている最中だと思います。きつかったことも、何年後かには笑って話せるようになりたいですね。

自分が選んだ道!きっとプラスに動いていますよ!!!

 

(そんなことを言いながらも、悩むことは多々あります。息抜きしながら、お互い頑張りましょうね。)

 

この写真は、帰ろうかなと思ったときに、きれいな夕焼け空が見えたので思わず撮りました。これも天草高校に赴任しないと見られなかった景色ですね。

 

 次は、OBつながりということで、体育の藤本先生お願いします!

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(11)~

*たまには時間をかけて*

 こんにちは。坂本先生からバトンを引き継ぎました、3年国語科の下田です。
先日新聞を読んでいると、興味深い記事を見つけました。とある男性の方がチャイ(インド式のミルクティー)の淹れ方を教えるというものだったのですが、その記事の最後のほうに「1杯のチャイを淹れるのに7分かかる。でもその時間こそが心にゆとりをもたらすのです。」という男性のコメントが記されていました。素敵な考えだな、と思うと同時に、自分自身にもそういえば似たような経験があったことをふと思い出しました。
 私は昔から家の近所やら旅先やら1人でどこそこ歩き回るのが好きでした。特に目的もなく周りの景色をぼんやりと眺めながらゆっくりと歩くのです。そうすると、その時々の空気や匂い、川のせせらぎや虫の鳴き声、季節の植物など、普段ならば気づかずに終わってしまいそうなものを、全身で感じ取ることができました。また、不思議なことに、そうやって歩いていると気持ちがすーっと落ち着き、穏やかな気持ちになったのです。今になって振り返ると、これが「心のゆとり」だったのでしょうね。
 高校生の皆さんは、限られた時間の中で勉強に部活と日々を慌ただしく過ごしていることと思います。そしてコロナウイルスの影響で例年通りとは言えない生活を送っていることと思います。そのような中で、たまには時間をかけて何かに取り組んで「心にゆとり」を持たせてみませんか?散歩したり、飲み物を淹れてみたり、本を読んだり、それぞれの生活に合わせた形で構いません。一人でゆっくり取り組んでみると、それまで見えなかった新しい「何か」に出会えるかもしれませんよ。
 最後に、私がここ天草で例の散歩をして出会えた景色を皆さんにご紹介して終わりにしたいと思います。こんな不思議な夜空に出会えたのも時間をかけて散歩したおかげだと思います。それでは皆さん、ごゆるりと。


 次は養護の鍋島先生にバトンを渡します!

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(10)~

 約2週間と短い夏休みも終わり、天草高校では、今週月曜日から2学期が始まりました。残暑と言うには暑すぎる毎日ですが、生徒は元気に勉強に、部活動にと励んでいます。

 そんなみなさんへの天高職員リレーメッセージは、これからも続きます。

 2学期のトップバッターは、今年5月に新米パパとなった坂本先生です。

 では、お楽しみください。

 

*心が変われば…*

 中村先生からバトンを引き継ぎました、坂本祐輔です。野球部の顧問をしていますが、練習試合に行くとき、必ず相手の高校の野球部の監督に名刺を渡します。生物の教員ですので、肩書のところに「野球部監督」、「生物」と書いてしまうと、「私は生物です。」と言っているみたいで名刺の作成には気をつけています。

 さて、ちょうど1年前の夏、非公式ではありますが、「天高runner’s」という集団を結成しました。この集団は、ランニングをしたいという私と周囲の先生方とで夜にランニングをするというものです。大会を目指しているわけでもなく、ただ自分の体を鍛えるために週2回ランニングを行いました。中には「12年ぶりに走る。」と言っていた先生が後々「走らないと調子が出ない」と言うようになりました。最初の一歩は重たいものですが、きっかけがあり、その行動を継続していたら、それが習慣となり、人格が変わるものですね。野村克也監督も言っていましたね。先生たちも仕事だけでなく、体づくりなどの自己研鑚(趣味?)も意欲的に行っています。皆さんも2学期の始まりをきっかけに、何かを始めてみたらどうでしょうか。人格が変わり、人生が変わるかも。

 次は、そのrunner’sで仲良くなった、同級生の下田先生にバトンパスします。

 

 

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(9)~

  コロナ禍の今だからこそ、生徒に向けて職員からメッセージを送りたい!という思いで休校期間中の5月21日から始まったこのリレーエッセイ。約2か月半で9人にバトンが繋がりました。順調ですね。

 天草高校は、本日1学期の終業式で明日から夏休みです。

 その1学期最後を締めくくるのは、若手のホープ!中村先生です。

 では、どうぞお楽しみください。

 

*夏休み、有効活用!* 

 天草高校、3年部、英語科の中村です。

 毎日暑くて嫌ですね。年を経るごとに暑くなっている気がします。

 今年の夏休みは2週間と非常に短いですが、授業がない分、普段はできないようなことにチャレンジできますよね。やりましょう!

 思い出しました。私は高校2年の夏休みに、毎日朝と夕方に筋トレを続けてしていました。当時、プロジェクトXという番組のDVDを部活動で見たのですが、荒くれ者の集まりだった西脇工業という学校を、全国区の駅伝強豪校に変えた渡辺先生という方の生きざまに感銘を受け、家に帰るや否や筋トレを開始しました。渡辺先生が、長距離選手の弱さが、上半身の貧弱さにあると見抜いたシーンでビビッと来たのです。

 

 

 腕立て、腹筋、背筋を数十回やるだけの単純な筋トレでしたが、40日続けるのは地味にきつかったですね。ですが、夏休み明けの部活動で先輩から、「中村、胸筋がついたんじゃない?」と言われたときに、すさまじい達成感を感じました。

 やりましょう!高校生の皆さんは、身体も頭も感受性もどんどん伸びていく時期です。冷房の効いた部屋でねまっているだけではもったいないですよ!3年生の皆は、無論、1,2,3、勉強ですね!

 次は、坂本先生のメッセージです!

 

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(8)~

*天草*

こんにちは。3年2組担任、国語科の池下です。

突然ですが、私は島が好きです。 

それも小型のプロペラ機や船を乗り継いでようやく辿り着く絶海の孤島が大好きで、これまでに約30の離島を巡りました。断崖絶壁から紺碧の海を覗き込んだり、その島特有の自然や文化を堪能したりして癒されます。 

さて、天草は絶海の孤島ではありませんが、四方を海に囲まれ、景色や食、観光など様々な面でその恩恵に預かっています。生活圏からわずかに車を走らせるだけでこれほど鮮やかな青い海を望むことのできる地域は、日本中探してもそう多くはありません。

その物質面(生活のしやすさ)と精神面(癒し)のバランスの良さは全国トップレベルだと、47都道府県全てを旅した私の中で誠に勝手ながら認定されています!

天草高校の生徒は、多くが卒業後すぐに天草を離れます。今は自分の出身地を田舎でつまらない所だと思っている人もいるかもしれません。私もそうでした。大きな塾や書店も少なく、勉強に不利だと感じることもあるでしょう。

でも、潮風香る綺麗な空気に包まれ、“誘惑”の少ない静かな空間で暮らせることは、勉学に励む上でも決してマイナスなばかりではないはずです。 

離れてみてわかる良さが天草にはあります。故郷に誇りを持つと同時に、今置かれた環境の良さに目を向け、せっかくならばその良さを十分に生かしながら生活したいですね。 

次は英語科の中村先生にバトンをお渡しします。

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(7)~

*少し前に見たネットニュース*

 暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?田上先生よりバトンを授かりました理科の上中です。僕からは少し前に見たネットニュースの話をしたいと思います。見たことのある人もいるんじゃないでしょうか?

 最近は、スーパーやコンビニでコロナウイルス感染症の対策でレジ前に店員と客の間に透明なシートが張られているのを目にしますよね。とあるコンビニでは、こんなお願いの紙が貼ってあったそうです。

 いかがでしょうか?

 真面目に物理的な話をすると、音波(波)は空気などの媒質の振動を伝達していくことによって、音として聞き取ることができます。口元にマスク、間に透明なシートがある状態では振動がうまく伝わらないため、声が聞き取りにくくなるのはご理解いただけるかと思います。 

 マスクをつけると暑苦しいですし、声も聞き取りづらくなりますが、しかしそれは相手も条件は同じです。これからはさらに暑さも手伝ってイライラしてしまうこともあるかもしれません。そんな時にこそ相手に少しの気遣いができるようになってほしいと思います。

 自分がキツイのに無理!!という気持ちもあると思いますが、そんなときにこそ、周りのために気遣いができる、周囲を見渡すことができるそんな器の大きな人になってほしいと思います。ちょっとの気持ちでお互いに助け合える関係を作ってほしいと思います。

 どこか説教臭くなってしまいましたが、これから2学期に向けて様々な取り組みが進んでいく中で、自分のことももちろんですが周りと協力していくうえで、少し大人になってほしいなと思う上中でした。

 

次は、進路室のつながりで池下先生にバトンをお渡ししたいと思います!

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(6)~

*卒業生との会話*

 物理の田上です。みなさんよろしくお願いします。教科の都合上、一人で作業することが多い私ですので、リレーメッセージを書くにあたって、誰かと誰かの間をつなぐ意味を持つこの言葉に憧れと心地よさを感じています。うれし楽しいというパスには答えられていませんが、『休校からの生活リズムの回復が課題!!』という新聞記事を見て、物理選択だった一昨年度の卒業生との会話を思い出しましたので、ご紹介します。

 みなさんも中学校でならったであろう慣性の法則ですが、どのようなものか説明できますでしょうか?物体は運動の状態を保存する性質があり、それを「慣性」とよびます。力がはたらかいない状況下では、静止しているものは静止し続け、動いているものは同じ向きに同じ速さで運動(等速直線運動)し続けるというものです。その生徒が言うには、「私たちの行動にも『慣性』がはたらいている。勉強し始めれば止まらずにできるのですが、休憩しているときはいつまでもだらだらとしてしまう。これは『慣性』そのものだし、今とは違う状態へと動き始めるのに力が必要なのもまた物理の法則どおりですね(精神的にも体力的にも)!!!」と。

 私も休み明けの月曜日や長期休暇明けは確かに体は重いと感じますし、皆に共通することでしょう。卒業生との会話に、物理的な考え方を付け加えるとすれば、体を動かし新しいことへ挑戦するとき、私たちは「力」(1年生6月履修済み)を加え、自分自身に対して「仕事」(1年生7月履修予定)をすることになるでしょう。その結果社会的な「位置のエネルギー」(1年生8月履修予定)をため込むことになります。この「位置エネルギー」は保存力に逆らってした「仕事」の分だけ蓄えられるのですが、この「力」は常にはたらいているので、気を抜いて支えを取ってしまうと、元の高さ(またはそれ以下)に落下してしまいます。天草高校の皆さんは、自分を高めるための、進路目標を設定していることと思います…がそれだけでは、エネルギーは蓄えられません。今の自分をしっかり支えて、目標に向かって高く高く持ち上げてください。

 次は理科つながりで上中先生にバトンをお渡ししたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(5)~

*ある新聞記事より*

 宮部(日本史)です。学校が再開されて1カ月がたちました。学校中が、授業が受けられる「喜びに満ちた」生徒の顔であふれている・・・ような気がします。さて、5月初旬の話になりますが、ある新聞記事(投稿)が気になりました。

  1人暮らしの私は、政府から配布される布マスクが届くのを心待ちにしています。スーパーへ買いに行ってもマスクは品切れだし、年で指が動かないので自分では作れません。配布されるマスクがいらないという人がうらやましい。というのも、私、1枚しかない使い捨てマスクを洗いながら大事に使っているからです。そのマスクは今年1月、インフルエンザがはやったころ、病院の玄関先に置いてあったもの。それを毎日、顔との間にガーゼを挟んで着用しています。けば立ってきましたが、せきエチケットが大切だと思って。今どきの体温計も品切れなので、昔の水銀体温計で体温を測っています。今の時代、私は落ちこぼれなんだと思いますよ。 (熊本市西区、女性、82) (『西日本新聞』5月5日(火))

  アベノマスクには「小さい」「2枚では足りない」「届いても使わない」など多くの批判がありました(自分もその一人です)が、このおばあちゃんのように一日千秋の思いで待っている人もたくさんおられたのでしょう。そして、けばだっても1枚のマスクを大切にして、水銀の体温計を使うこの女性に、貧乏性で我慢強かった亡き母の姿を思い出して、不平不満ばかりの自分を反省しました。また、この記事を見て、「おばあちゃんに使ってほしい」とマスクが続々と新聞社に送られてきたそうです。人との距離を保つことが義務付けられたソーシャルディスタンスの中でも、人のぬくもりを感じられました。

 さて、次回は田上先生(物理)から、うれし楽しいお話があると思います。

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(4)~

*パラレルワールド*

こんにちは、もうすぐ年男の辻 伸吾です。3年2組副担、数学を担当しています。

 2月末からのコロナ禍の影響で、特に3年生は十代の一番濃い時期を「自粛」という規制でストレス溜まりまくりだったのではないでしょうか。私の教師生活35年で、このような事態は初めてです。ただ、この事態は全人類平等です。今後を濃い素晴らしい人生にするか、しないかはあなた次第!

 ところで、「パラレルワールド」という言葉を聞いたことがありますか。現在の世界と平行していくつもの「ワールド」が存在し、それぞれの「ワールド」に自分(あなた)がいるのだが、自分を取り巻く環境は違う。という話です。どの「ワールド」に自分の身を置くのかは自分の考え方や行動で決まり、それによっていろいろな「ワールド」に移行することができるのだといいます。今がその時期ではないでしょうか。ベストな「ワールド」に向けて、今何を考え、何をするのかであなたの未来は決まります。

 

 今こそ、この逆向に立ち向かう時です。天高生、頑張れ!全職員がみんなを応援しています!

 次回のメッセージは宮部先生です。おたのしみに。

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(3)~

*葦*

はじめまして、4月1日に天草高校にやってきてもうすぐ2か月経ちますが、はじめまして「リオ・オリンピック金メダリスト内村航平………」、間違えました「内村幸平」です。

 

 今回「今だから伝えたいこと」ということですが、かの有名なパスカル先生はこんなことをおっしゃっています。

   「人間は考える葦である」

人間は孤独で弱いが、考えることができることにその偉大さと尊厳があるということです。

これからコロナのワクチンや特効薬などが開発されるまでは行動の制限があったり、一つ一つの行動に前よりも責任を持たなくてはいけない状況が続くと思います。

そういう状況の中で自分の感情を優先した行動をとってしまうと、後々後悔するということが必ず出てきます。なので何かをするときは行動したあとのことを考えて行動してほしいと思います。

 スターウォーズのマスターヨーダは

   「考えるな、感じろ」

 

とおっしゃってますが、これはあくまでも映画の中の話ですので現実ではしっかり考えた上で行動しましょう。

コロナに負けず頑張りましょう!!

次は辻先生です。よろしくお願いします。

 

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(2)~

今年度より天草高校に赴任となりました、田中博士です。担当教科は英語、出身は天草です。

 

5月22日より授業が再開しました。

感染を防ぐため分散登校での再開です。

生徒たちも3密を避けての生活を送っています。

 

3密をさけて歯を磨く1年生。

 

自席での昼食。。。

 

早く収束させるためにも今は我慢です!

協力して乗り越えましょう!

 

 
 
 
17

今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ(1)~

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ予断を許さない状況ではありますが、本校では、新型コロナウイルス感染拡大防止策を十分に講じることによって、22日(金)から徐々に教育活動を再開させていくことになりました。

 通常に戻るのはもう少し先になりそうですが、そんな今だからこそ、天高の職員から生徒の皆さんにメッセージを送りたいと思い、「今だから伝えたいこと~天高からのメッセージ~」と題して、リレーメッセージを始めたいと思います。

 トップバッターは、4月から本校で教員生活をスタートさせた大山先生です。

 では、よろしくお願いします。


*マスク*

今年4月から天草高校に来ました。大山千穂です。担当教科は音楽、クラリネットという管楽器を専攻していました。

音楽は、言葉なしに想いや気持ちを表現することができます。音楽の魅力を皆さんに知ってもらえたらと思います。

 

ところで、最近はお店にマスクが並ぶようになりましたね。

不織布マスク、ガーゼマスク、布マスク・・・

プリーツ型、平型、立体型・・・ 

マスクにはいろいろな種類・形状がありますが、私は頂き物の布マスクをよく使っています。

 

 

自粛続きで少し気が滅入ってしまう毎日だと思いますが、お気に入りのマスクをつけて、コロナに負けずに頑張っていきましょう!

22日から段階的に学校が再開されます。手洗いの徹底、咳エチケットを守り、油断せずに過ごしましょう。

次は、田中博士先生です。よろしく、お願いします。

東京からエールが届きました!

3月まで本校にご勤務され、現在は文部科学省でご勤務されている釜賀先生からメッセージをいただきました。

こちらに来てから2か月半になります。生活のリズムらしきものは少しずつできてきたかなとは思っています(鉄道が好きな私でも満員電車にはうんざりしますが…)。
1年間ですので、「東京でしかできないこと(今しか行けないところ)」というテーマで特に休みの日は行動しています。その中で、東京っていうところはすごいところだなと思う反面、熊本や天草の素晴らしさを改めて感じることができます。また、東京に住んでみて、改めて東京から熊本はどう見えているのかも考えます。せっかく来たのですからいろいろ吸収して、これからに生かしたいと思っています。天高の生徒たちにも、「天草・熊本に誇りと自信を持ってもらいたい」「今いろんなことを勉強して、考えて大学に進学して、そして地元のために戻ってきて頑張る」ことの大切さをいつか伝えることができたらいいなあと思います。

追伸:先日、新宿の「BEAMS JAPAN」の1階で「天草フェア」をやっていました!藍染、大漁焼き、天草エアライングッズなど販売されていました。
(文部科学省 釜賀健司)

天草と天草高校のことを思っていただき、嬉しいですね!
偶然にも、新宿「BEAMS JAPAN」で開催されている天草紹介のタブロイド紙を、先日講演していただいたSSH講演第1回目講師の平山先生にいただきました。図書館で展示しています。


鹿児島県立加治木高校へ行ってきました

9月27日、28日に、本校5人の職員が鹿児島県立加治木高校を訪問しました。
加治木高校での進路指導や展開授業等の取り組みを伺い、授業見学をしました。「自学」を基本とするなど、天草高校とは異なる点が多くあり、とても勉強になりました。
今回の学びを本校の職員に報告し、学校改革に役立てます。