校長室からの風

校章の由来

御船高校校章のデザインのもとは旧制御船中学校時代にさかのぼる。そもそも「御船」という地名は、神代のころ景行天皇が九州征伐の途中に、有明海からこの地に「御船(おんふね)」に乗って到着されたことに由来すると言われている。高速道路も鉄道もなかった時代、水運が人や物資を運ぶ手段であり、御船は緑川水系の御船川を擁した一大集積地として栄えた。以前の御船には旅館や造り酒屋が何軒も立ち並んでいたそうである。そこに県下8番目に創設されたのが「県立御船中学校(現在の御船高校)」である。校章には天皇の御船が三つ(三綱領の三と一致する)組み合わされている。



全国PTA大会に参加して。

8月24・25日に静岡県で開催された「第67回全国高等学校PTA連合会大会静岡大会」に、本校の育友会の河地会長・川口副会長、南総務部長と四人で参加してまいりました。「有徳の人」づくりを推進している静岡県のPTA活動の取組をはじめ、全国の先進的な取組を学ぶことができました。全体会の基調講演は、静岡大学の小和田哲男名誉教授による「戦国武将に学ぶ子育てと人づくり」でしたが、NHK大河ドラマの裏話も聞け、大変興味深いものでした。静岡は徳川家康などの戦国武将ゆかりの地。先人の威徳をしのび現代の教育に生かす取組をされてます。我が御船高校も、ふるさと御船の歴史・偉人を生徒に紹介し、動乱を生き抜いた知恵と勇気を学ばせたいと四人で確かめ合いました。この大会で学んだことを本校のPTA活動に生かしていきたいと思います。

書道パフォーマンス甲子園の報告

8月5日から7日まで、全国書道パフォーマンス甲子園に御船高校書道部が出場したため四国に行ってきました。台風5号が接近していたのでフェリーが欠航となり、陸路で四国入りをしました。全国から予選を勝ち抜いてきた強豪校ぞろいの中、御船高校は最後に登場し、熊本地震震災復興の決意と全国からの支援への感謝の気持ちを堂々と書き上げました。会場の拍手は、参加校の中で一番大きかったと思います。熊本県民の思いを伝える立派なパフォーマンスでした。この大会のもようは新聞・テレビでも報道されますので、是非ご覧になってください。また、この大会に出場できることが決まってから、ライオンズクラブや同窓会、育友会などから多くの賛助金をいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。


ゆるキャラ「しこちゅー」

暑中お見舞い申し上げます。

御船高校に赴任して、早くも四ヶ月になろうとしています。昨日は表彰式から始まり、ALTの退任式、一学期終業式、午後は職員会議、職員研修会。夜はイベントの打ち合わせまであり、一日中大忙しでした。しかし、不思議と疲労感はありません。一学期中の生徒の活躍も振り返ることができましたし、先生方の教育活動への情熱も感じることができたからです。校長として、生徒と職員が頼もしく感じる時が一番幸せな時です。
一学期中は学校外の皆様にも大変お世話になりました。私は御船高校は初めての勤務ですが、母の実家が御船であり、母もおじおばも御船高校の卒業生であること、母方の祖父(増岡末政)が御船中学校の校長であったこと、旧制御船中出身の軍神西住戦車長は父方の親戚であったこと、さらには近隣の中学校や小学校の校長先生に高校の先輩や同級生がいたことなどにより、本当に、この「御船町」から温かく受け入れてもらいました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。
夏休みには「書道パフォーマンス甲子園」に出場しますし、二学期には御船中や平成音大にもご協力いただき、「震災復興祈念『船高フェスティバル』龍鳳祭」を大々的にやろうと企画しています。地域の皆様に高校生の元気を届けられるような行事を、これからもどんどん企画してまいりますのでご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

御船町社会福祉協議会様

御船ライオンズクラブ様

自衛隊熊本地方協力本部長様
御船高校同窓会様

進路のしおり(巻頭言)より

「仕事をするということ」  

                             校長  西 澤 頼 孝

 

「まず、自分をこの世に必要な人間とせよ。そうすれば、パンは自然に得られる。」
 (エマーソン,R.W・アメリカの思想家)

 

 まず、自分自身を社会に必要な人間にしなさい。そうすれば、食べ物は自然と手に入れることができる。そういう意味である。生きていくためには食べねばならぬ。食べ物を手に入れるためには収入(金)が必要だ。では、収入(金)を得るにはどうすればいいか。それは、社会で何らかの役に立つ人間になることだ。

 自分はいったいどんな点で社会に必要とされるのだろうか。君たちの中には、自分が社会の中で何ができるのか自信が持てない人もいるだろう。無理もない。それが「若者」だからだ。自分がどんな人間か、これからどんな人生を歩みたいのか、混沌とした思考の渦の中で右往左往するのが青春時代の特権とも言えるのだ。

 学生時代の体験を一つ。21歳の冬、場所は東京。私は親からもらう毎月の仕送りを使い果たし、極度の金欠に陥っていた。アルバイトはしていたが給料日まであと一週間は食いつながなければならなかった。道ばたで配られるギョーザのタダ券を握りしめてライスのみを注文したこともある。一袋100円のさつまいもで二日過ごしたこともある。学生だったからあまりみじめな思いはしなかったが、このままでは体がやられると思った。そんなとき、一晩で8000円もらえるアルバイトに飛びついた。夜8時に品川駅前集合。マイクロバスに乗せられた。学生風は私と先輩の二人だけ。あとは労働者風のおじさんたちだった。着いたのは東名高速道路。トンネルの蛍光灯拭きのアルバイトだった。長時間手を上げている作業がきつかった。下には猛スピードでトラックが走り抜けていく。怖かった。夜中の1時に休憩。路肩で弁当を食べていると、東北なまりのおじさんたちがハイライトを差し出しながら話しかけてきた。「兄ちゃんたち、学生さんかい?」「○○大学です。」「東京の学校?」「はい。でも出身は熊本です。」「熊本からかぁ、えらいねぇ。うちのせがれは中学生でね・・・。」と、家族の話、特に子どもの話をうれしそうにするのだった。秋田の人で、冬の間は東京に働きに出てきて、家族に仕送りをしているのだそうだ。「えらい」と言われて恥ずかしくなった。親のすねかじりのくせに仕送りを使い果たして、食いつめてここに来ているのだから。また、こんなところでと言ってはなんだが、親というものの愛情の深さに心がふるえた。それと同時に「お金をかせぐこと」の尊さを感じた。

 以来、私は仕事がつらいと思ったときは、あのおじさんたちのことを思い出す。仕事はきつくて当たり前、でも誰かのために働けることの幸せ。それは家族のためかもしれないし、世の中の誰かのためかもしれない。自分がやるべきことはやろうじゃないか。自分が選んだ仕事だもの。


「この道より 我を生かす道なし この道を歩く」
(武者小路実篤)


御船高校の生徒諸君、君たちにこの言葉を贈る。