ブログ

鹿本高校の授業と授業改善

専門生物(担当分野解説と自作の問題を作成)

動物の発生分野と植物の発生の一部を8つに分け8つのグループがそれぞれ担当し、問題を作成。さらに、その問題が解けるように全体への解説や必要な資料を準備し配布する。問題を作成する際は大学の二次問題や模試の問題などをいくつも比較し、自作の問題を考え作っている。

KP法(紙芝居プレゼンテーション法)などを使って説明している様子。このほかにもプロジェクターを使用して教科書を写すグループや資料を提示する班もあった。

○説明ようの資料

 

○自作の問題

国語✖️生物

現代文の教科書に記載されている『なぜ、多様性は必要なのか』という文章を題材に、1年2組で国語と生物のクロスカリキュラムを行いました。

文章中には生物の多様性やエントロピーの増大の法則、動的平衡など様々な科学的な用語が含まれており、文章中の知識の広がりを感じると同時に様々な知識をつなげ深く思考していく必要があると感じました。

本田教諭の発案から生物の多様性を生物学の視点から理解とイメージしてもらうために国語✖️生物のリレー型クラスカリキュラムを実施しました。

ブロック崩しのオモチャの遊びを見せることで動的平衡をイメージさせます。

ブロック崩しから個体の動的平衡→種の動的平衡→生態系の動的平衡へとつないでいきました。

生徒からは「すごくイメージしやすかった」「動的平衡がすとんっと落ちてきました(理解しました)」などの意見をもらいました。

数学×物理×体育(野球)

 1年2組(みらい創造科グローバル探究コース)のクロスカリキュラムで進行中の企画「ボールを遠くに飛ばすための理論」の様子を紹介します。

 物理や数学の授業で導き出した理論の実践を行いました!!

 角度を調整したバッティングマシンを用いて実際に打ち出すということで、今回は安全面も配慮し本校野球部監督の伊藤教諭のご指導のもと実験を行いました。

 クラスの野球部員、マネージャーの手際のよい準備によりスムーズに計測できました!

  マネージャーは、日頃の練習でも補助をしてくれていますが、「この角度で打ち出すことははじめて」と言いながらも丁寧に打ち出してくれました!

 

 外野では野球部員がボール回収など協力してくれ、残りの男子を中心に計測に集中できました。

 

 記録をとりつつ、次はどの角度で打ち出すか、何度計測するかなどと試行錯誤しています。

 

 実験では計測ごとにデータにばらつきがあり、生徒たちは「風やボールの回転、マシンの温まり具合、ボールの入れ方」などが影響しているのではないかと分析しています。

この計測の結果をまとめることで、データに基づき思考を深め、次の仮説につなげるというサイクルを身につけてくれればと思います。

生物のAL型授業

専門生物では教師が授業をせず。生徒による授業が展開されている。

テーマを班ごとに調べレポートにまとめ、発表し、評価を行う‼️

各班発表に向けた念入りな準備や練習が行われている。

クロスカリキュラム(物理基礎✖︎防災)人を

物理基礎のベクトルの内容で、どのように倒れた人を担ぐと効率が良いのかをベクトルの知識を用いて考え、実際に正しいのか救助者の移動を行い、距離を測定しました‼️

各班色々な運び方を考え1番長い距離を運んだ班では700m近く運べたようでした。

クロスカリキュラム(物理✖︎数字✖︎体育)

本高校ではクロスカリキュラム(科目横断的授業)が実施されています‼️今回はその中で理論上の角度と実際の放物運動が一致するのかを考え、実行する物理と数学、さらに体育のクロスカリキュラムが実施されました‼️

写真は角度や初速を変えることでどのくらいの飛距離が出るかをシュミレーションすることのできるソフトを使用して理論上、より遠くに投げることのできる角度を調べている様子です。

福岡カタリバ×鹿本高校1年生 特別授業

 11/14(木)の5,6限を使い、福岡カタリバさんをお呼びして「カタリ場」授業をしていただきました。大学生を中心とした先輩方の話を熱心に聞き、グループでの座談会では学校生活や自分の進路について語り合うことができました。また、先生や友だちに中々打ち明けられない話を大学生に個別に相談する生徒もおり、「斜め上」の関係の貴重さを私たちも感じました。

 生徒たちは、

「自分の進路を考えるきっかけになった。」

「勉強が苦手で夢をあきらめそうになっていたけど、頑張ろうと思えた。」

「とてもすっきりした。またカタリバをしてほしい。」

といった感想をもったようです。

 今回の経験と宣言(大学生との約束)を忘れず、日々を大切に過ごしてほしいと思います。

 また、修学旅行でも再び大学生と交流し学ぶ機会を設けます。

 自分を見つめ、未来に向かって進んでいく鹿高生にご注目ください!

ベストスロープを目指して(数学と家庭科のクロス授業)

バリアフリーの目線から学校内のどこにどんなスロープを作ると良いのかというテーマで、使う人の視点に立って見方、考え方を家庭科の西村教諭より解説を受け、数学の三角比の知識を活用してベストなスロープを考えプレゼンする授業をが行われました。生徒達はこれまでに学んだ内容や数学の教科書を確認しながら、自分のアイデアなどを出し合い活発な議論を行っていました。この授業展開を考えた松永教諭は数学が身近に使われていることや優しさを数値にできることに生徒達が気づき、数学を学ぶ意味を知ってほしいという思いがあったようだ。授業後の生徒達の感想からは「数学をより身近に感じた」「学んだことを初めて生かした気がした」などこれまでに無い知的変化を起こしているようでした。このほかにも世界史と数学の関係などの授業を展開されるなど数学の魅力を生徒達に次々と示される松永教諭の活動に目が離せません。

英語で化学実験(身近な物質のpH)

2年生の化学の時間に阿蘇中央高校のALTを勤めるエリカ・ローギ先生を講師に迎え、実験内容から生徒間のやりとり全て英語で行われました。うまく会話ができるのか心配しましたが、受業を担当する岩本先生の実験で使いそうな単語を記載したサポート資料などを使い実験を進め、英語で学んだ会話力を生かし、班内でコミュニケーションを取っている姿に驚かされました。IMG_3819.MOV

英語スキット発表会

 令和元年(2019年)7月16日(火)4限目に3年4組で英語のスキット発表会が行われました。スキットとは寸劇のこと。テーマは自由。1週間前から一班3分程度で寸劇を作り練習をしてきました。日本の昔話をもとに作られた話や、未来のAIロボットを題材にした話など、班それぞれが工夫を凝らしたストーリーと演技力、歌唱力で聴衆を楽しませてくれました。指導は江崎緩奈講師とクリスティーナ外国語指導助手。生徒の豊かな発想力と表現力を引き出す授業でした。