フォトアルバム
お知らせ

生徒理科研究発表会「化学部門」最優秀賞!広報やまが2月号に掲載 

「総合的な探究の時間」で取り組む課題研究が紹介されました。地域と連携する産官学プロジェクトを今後も推進し、地域素材に「新たな価値」を吹き込む研究で地域発展に貢献していきたいと思います。             広報やまが2月号.pdf  【化学部門・鹿本高校】発表資料.pdf

新着
部活動3月練習計画 陸上競技・駅伝.pdf   野球.pdf   百人一首競技かるた.pdf   美術.pdf   茶道・華道.pdf   卓球.pdf 男子バレーボール.pdf   数学研究.pdf   水泳.pdf   吹奏楽.pdf   女子バレーボール.pdf   書道.pdf 柔道.pdf   写真.pdf   合唱.pdf   考古学.pdf   剣道.pdf   弓道.pdf   科学.pdf   家庭.pdf ハンドボール男子.pdf   ハンドボール女子.pdf   バドミントン.pdf   バスケットボール.pdf   テニス.pdf ダンス.pdf   ソフトテニス.pdf   サッカー.pdf   ギター・マンドリン.pdf
音楽の授業では今年度の様々な音楽活動を経て、グループごとにディスカッションをしました。 テーマは2つ。1つめは『私にとって音楽とは・・・』。2つめは『音楽の可能性とは・・・』です。 年間を通して多くの活動と経験を得たことで、それぞれが実体験を伴った説得力のある発言ができていました。 グループごとにまとめたレポートを見ると非常によく考えられており感動しました。 高校生の立場だからこそ見える『私にとって音楽とは・・・』と『音楽の可能性とは・・・』でした。 1時間しっかり話し合い、学びの深化へと繋がったと思います。 音楽の教科のいいところは明確な答えがないところです。 今年度だからこそ、今の世の中だからこそ見える音楽の世界を見つけることが出来ていました。 (文責:前村)
テニス部では6名の先輩方が卒業されました。新型コロナウィルスのせいで、3月の県ジュニア選手権大会から高校最後の総体までが中止となり、とてもつらい思いをされたと思います。それでもそれぞれの目標に向かって頑張られた先輩方、これからのご活躍をお祈りいたします。鹿本高校テニス部のことはずっとずっと忘れないで下さいね。  
本日は卒業式準備・予行練習の代休でした。 午後から合奏練習を行い、ミーティング後の16:30ごろ、外を見ると虹が出ていました! みんなで虹を眺めました(笑) (文責:前村)  
3月1日の佳き日に、令和2年度鹿本高等学校卒業式が執り行われました。 新型コロナウイルス感染症対策の観点から各家庭1名のみの出席をご協力頂き、無事に終えることができました。 208名の卒業生が本校から旅立ち、晴れやかな雰囲気に包まれています。 卒業生の皆さん、誠におめでとうございます!!   (文責:前村)  
いよいよ明日に控えた卒業式。 本日は午後より卒業式の予行練習を行いました。 さすが3年生、落ち着いた雰囲気の中凛々しい表情で臨んでくれました。 明日は感動的な式になりそうです。 (文責:前村)
明日3月1日は鹿本高校の卒業式です。 現在1・2年生のみんなで誠意準備中です。 今年度は新型コロナウイルスの影響で卒業式と各家庭より保護者1名のみの式となります。 在校生は出席できない分、丁寧に想いを込めて撮影に当たっています。   (文責:前村)
一般社団法人Glocal Academyが主催する第6回・高校生国際シンポジウム(後援:文部科学省、経済産業省、アメリカ大使館、他)に、本校2年生から2組が出場します。本シンポジウムは、日頃の研究成果をスライドやポスターとしてまとめ、生徒が自らの研究成果を発表するとともに、参加者間の交流を深めながら今後の進路選択や社会への理解を深めていくことを目的に開催されます。「人類の英知の上に立ち,未来を創る」という大会テーマに対し、以下の2つの研究が審査を通過しました。 ★高校生が贈る!山鹿の魅力まるごと発信&発見ツアー企画による山鹿市の観光振興への提案(地域課題分野・ポスター発表)★現代社会におけるポピュリズム政治に関する一考察(社会科学分野・スライド発表)  全国津々浦々から集う高い志を持った同世代の発表者たち、また講師の方々から、大いに刺激を受け、今後の課題研究の質を向上してくれることを期待しています。  なお本大会は鹿児島で開催される予定でしたが、今年度はコロナ禍によりオンラインでの開催に変更となりました。一般の方々の見学も可能です。(事前申込みが必要)  *高校生国際シンポジウムのウェブサイトはこちらか...
一年間取り組んできた課題研究発表会を開催しました。予選で勝ち上がった各クラスの代表5組が発表を行いました。防災に関するものやボランティア、感染症対策、などコロナ禍で見えてきたら社会課題を掘り下げ研究を進めました。 アプリの活用やリーフレットの作成など様々なら研究成果が発表されていました。  
全40班が5つの会場に分かれて発表を行いました。各会場で課題設定力やまとめ力(情報やデータを整理できているか)、考察力及び表現力や態度・姿勢を評価し合いました。 今回、評価は全員がパソコンから行い即座に集計されました。評価結果の良かった班がクラス代表として全体発表を行います。また、評価結果は全班に返され、振り返りに使います。 中間報告会ではこの作業が3日以上かかりましたが、1日で済むなどICTの活用も進められています。
2年生の3学期の授業ではピアノに取り組んでいました。本日はその集大成としてピアノの発表会を行いました。 授業でピアノに取り組んだのは1月に入ってからでした。僅か1ヶ月ですが何となく様になったようなところまでは辿り着きました。笑 初挑戦のながら、それぞれ弾けるようになったピアノ。今後は趣味として楽しみながら続けてほしいなと思っています。(文責:前村)
3月7日に行われる『高校生サミット』の広報ボランティアの打ち合わせ会が行われました。ボランティアとして本校のグローバル探究コースの生徒達が手をあげてくれました。SNSやポスターなどを駆使して会の広報活動はもちろんのこと、会の音響や撮影にも協力します。当日のポスターセッションなどのコーナーを配信するなどこれから活動を加速させていきます。 かなり大きな広報活動となるため、オンラインでの講習なども受けてました。社会に出る上でも生きる体験と経験ができていると思います。
学年末考査明け最初の2月12日(金)の部活は試奏会を行いました。今回は楽器店様の厚い御協力もあり新しくて綺麗な楽器をたくさん持ってきて頂きました。中には新品のものもあり、部員みんな大喜び!自分の楽器と新しい楽器を吹き比べてみたりしました。又と無い大変有意義な時間でした。 今回の経験で楽器の正しい状態を知ることができました。毎日同じ楽器を使い続けていると異変に気付きにくくなるものです。 豊かな音楽活動をするにあたって楽器のコンディションを良い状態に保つことは必須です。 今日の学びと経験を活かし、残り僅かとなった今年度の活動に邁進していきます! (文責:前村)
グロバール探究コースの3人は西教諭とALTのクリス氏の指導の基、放課後や休み時間を使って、動画の撮影に取り組んできました。納得がいかないと言って、再度休日返上で撮影に臨む姿を見ていたので、この表彰は本当に喜ばしいものでした。この経験を様々な場面で生かしてくれればと思います。  
02/01
パブリック
11月に行って中間報告会の評価結果や外部の教師による評価を基に2月に行われる最終発表会に向け活動を進めています。地域の医療機関にアンケートを実施したり、避難所を開設していた人吉の各事業所にインタビューしたりする班も出てきました。 ◎各班の発表評価と自己評価シート ◎外部教師の評価シート                 ◎発表評価の結果及び振り返りシート   1学年では課題研究に取り組むために必要なスキルを身につけ、2学年では自分で課題研究に取り組んでいけるようにすることを目標としています。最終発表会ではこの一年間で身につけたスキルを評価します。 ◎最終発表の評価と自己評価シート ◎外部審査者のシート(生徒のシートよりスキル評価の項目を細かく見ています) 結果を最後に返すことで自分がどの部分ができているのか、いないのかを可視化し、次にできていなかった部分をどのように改善していくかを考えさせていくいき2学年につなげていきます。
2月 部活動練習計画 陸上競技・駅伝.pdf  野球.pdf  百人一首競技かるた.pdf  美術.pdf  茶道・華道.pdf  水泳.pdf  吹奏楽.pdf 柔道.pdf  写真.pdf  合唱.pdf  考古学.pdf  剣道.pdf  科学.pdf  家庭.pdf  バドミントン.pdf バスケットボール.pdf  テニス.pdf  ソフトテニス.pdf  サッカー.pdf  ギター・マンドリン.pdf
Who am Iというテーマで生物基礎の授業で免疫について学んできた生徒達は、自分達が何の細胞なのかを他の生徒達に英語で質問し、その答えから自分達が誰であるかを予想して答えるゲームをしました。Where am I born?と聞かれてあれどこだっけ、と戸惑う姿が見られました。授業でわかっているつもりが、実は曖昧に覚えていたり、わかった気でいたことに気付かされる授業となりました。ALTのバッキー氏と西教諭のアイディアあふれる授業に僕も生徒も楽しく学ぶことができました。
1年生の音楽Ⅰの授業では自由課題発表会に取り組んでいます。 それぞれで音楽ユニットを組み、自分たちで演奏する曲を選び、担当楽器を決め、譜面をから自分たちで演奏できる形へアレンジを施し、練習に取り掛かっています。 また、今回の発表会に関連して譜面の著作権法についても学びを深めました。 新しい生活様式が謳われるようになり1年ほどが経とうとしてきています。 「ソーシャルディスタンス」を取り他者と距離を保つことが常識となってしまった中、今回の授業では『ミュージックディスタンス』ということで、仲間たちとアンサンブルする際の心の距離は密に。仲間と音を重ねる楽しさやパートを任せてもらう喜びなどを感じ取ってほしいと思っています。 (文責:前村)
{{item.Topic.display_publish_start}}
{{item.RoomsLanguage.display_name}}
{{item.CategoriesLanguage.display_name}}
{{item.Topic.display_summary}}
お知らせ

令和2年度国際理解講座「令和SDGs熊本」

シンガポール大学とのオンライン交流に続き

熊本県立大学国際教育交流センター特任教授 田中 耕太郎 先生と

JICAデスク熊本国際協力推進員 尾上 香織 さんによる

国際理解講座「令和SDGs熊本」の講義がありました。

「何もしなければ何も変わらないけど、何かすれば何かは変わる」「やらない後悔よりやる後悔」という先生方のメッセージは生徒の心に深く刻みつけられました。主体的に世の中をより良く変えていこうとする良い機会となりました。

講師の先生方

 次回は11月13日、JICAの皆さんからお話を伺うことになっています。  

お知らせ

〇熊本県教育広報誌「ばとん・ぱす」(vol.55)について

県教育委員会より、熊本県教育広報誌「ばとん・ばす」(vol.55)が発行されました。下記のPDFファイルでご覧ください。

ばとん・ぱすvol.55.pdf

〇新たな鹿本高校の「学び」を生み出す

~県立高等学校端末整備「先行実践校」に選ばれました~ 

 本校は県の学力向上研究指定校として、常に時代をリードする実践に日々取り組んでいます。このたび県教育委員会で進めているICT機器(1人1台端末)整備の「先行実践校」県内の16校の一つに鹿本高校も指定されました。先行実践校には来年度まで現1年生、次年度新入生に「生徒1人1台のタブレット」が貸与され、「大型提示装置(電子黒板)」、「無線LAN」、「高速インターネット回線」が校内整備される予定です。

本校の実践研究が、高校でのICT推進の一助になればと考えております。今後さらに進化していく鹿本高校での「学び」にご期待ください。

〇KAMOTO2020(体育発表会・文化発表会)について(御礼)

 新型コロナ感染症の対策としまして無観客で開催しました。生徒会をはじめとして、生徒が自分たちの力をいかんなく発揮し、近年にない笑顔満載の発表会として結実しました。発表内容につきましては、本ホームページ(写真)で随時紹介して参ります。ご協力ご支援ありがとうございました。

 

〇文部科学大臣からのメッセージのお知らせ。       新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見防止に向け、文部科学大臣のメッセージが発表されました。PDFファイルでご覧ください。                                      児童生徒等や学生の皆さんへ.pdf  保護者・地域の皆様へ.pdf

 

 

〇鹿本高校では、全職員および生徒に、新型コロナウイルス対策の徹底を呼びかけています。また、あわせて熱中症への対応も注意喚起しています。

 

※新型コロナウィルス感染症についての県からの通知等はこちら (11月10日更新)

・基本的な感染症対策について周知事項をご確認ください(周知事項.pdf

・家庭でのチェックリスト(鹿本高校版)です。ご活用ください 

 鹿本高校(家庭用)チェックリスト.xlsx

 Career Guidance(2020MAY vol.432)に、

「先生たちの思いを重ね合わせ、新たなチャレンジに向かう高校」の事例として本校の取組が掲載されました。詳細はこちら

 〇ホームぺージの改装について

5月末までの休校延長に伴い、HPの改装を行います。新型コロナウイルスに関わるお知らせ等は、別途新型コロナウイルス関連のボタンからご確認ください。

 〇本校に来校される方へ

こちらを御確認の上、お越しいただきますようお願いいたします。 

連絡先

〒861-0532 熊本県山鹿市鹿校通三丁目5番1号
TEL : 0968-44-5101 FAX : 0968-44-6899 
E-mail kamoto-h@pref.kumamoto.lg.jp
管理責任者:西村 浩二校長
運用担当:総務部