SSH(スーパー サイエンス ハイスクール)について

 

1 SSHの概要  
 文部科学省が、将来の国際的な科学技術人材の育成を図るために、理数系教育に重点を置いた研究開発を行うSSH事業を平成14年度から実施しており、今年度は全国で218校が指定を受けています。全国の高校の数は約4,900校ですので、SSHの指定を受けている高校は全国の約4%,これに本年度本校が加わりました。熊本県では、これまで4校が指定を受けており、本年度は本校が県北初の指定校となり5校となります。

 

2 本校が取り組む研究開発題目 

「持続可能な社会の実現を目指すイノベーション人材の育成に向けたSTEAM(=スティーム)教育プログラムの開発」

 本年度は1年生を中心に、文理融合型の研究開発を全校体制で取り組みます。STEAM教育の「」は理科、「」は技術、「」は工学(設計・プログラ ミング)、「」は文系科目(感性や人間理解)、「」は数学と定義し、その要素を含む5分野のクロスカリキュラムの開発に取り組み、教育課程を豊かにします。

◇開発概要A(STEAMⅠ)
 文理融合の探究型クロスカリキュラム開発
 1つの教科の中で、STEAMの要素を取り入れて構成し、科学的発想力を鍛えます。
◇開発概要B(STEAMⅡ)
 理数探究(基礎)をベースとした課題研究とそれを支え深める探究科目の開発
 複数教科を組み合わせて、STEAMを構成し、課題研究を進めることで科学的探究力を鍛えます。
◇開発概要C
 普通高校では展開しにくい「T」、「E」の分野において、近隣の専門高校や、大学、企業等外部機関と共創したプログラムを開発します。

 これらを通して、バリエーションのある多様な答えを導きだすことができる科学技術(イノベーション)人材を本校から多数輩出します。 

 

3 実施期間
 令和3年4月1日~令和8年3月31日(5年間)  

 

4 SSH事業のメリット
 一番のメリットは大きな予算がいただけることで、これまで公立学校では取り組めなかったような新しい研究活動に取り組めます。また、予算の充実に伴い本校の教育環境の充実を図ることができます。



5 専門的見地を持たれた外部の方々から構成するSSH運営指導委員会 
 SSH運営指導委員会とは、本校の取組を専門的見地からご評価していただくたくための大学教授や地元自治体の代表様など8名程度から構成する組織です。本年度は大学教授の皆様(東京大学、熊本大学、崇城大学、東海大学から各お一人)、課題研究に深い見識をお持ちのご専門の方、山鹿市長様、熊日新聞社山鹿支局長様、熊本県立教育センター指導主事様にお願いしています。

 

6 本校のSSH概略図

  鹿本高校SSH概略図.pdf

 

7 その他
 活動の様子は、本校HPで随時紹介していきます。また,本年度の活動成果を報告する発表会を下記のとおり予定しています。詳細が決まりましたら、随時ご案内いたします。
 1年生代表生徒による中間報告会・・・・令和3年10月7日(木) → 中間報告会の様子はこちら
 活動成果発表会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・令和4年3月10日(木)

 

SSH通信
ブログ

SSHの授業

肥後銀行SDGsロビー展示

 肥後銀行山鹿東支店に本校生がSDGsをテーマに取り組んだ課題研究を展示しました。鹿本高校は地元企業とタイアップして,国連が定めた持続可能な開発目標であるSDGsの趣旨に賛同し,持続可能な環境・社会づくりに高い倫理観を持って主体的に取り組む科学技術人材を育成します。12月末日まで作品が展示されています。

1学年山鹿サイエンスプログラム(YSP1)「菊池川流域地域創生プロジェクト」~中間発表~

10月7日(木)

 一般財団法人GlocalAcademy理事長・令和3年度本校SSH運営指導委員の岡本 尚也 様をお招きして、課題研究の中間発表を行いました。7月から本格的に取り組み始めた課題研究ですが、文献調査だけでなくインタビューや現地調査などよく頑張っていました。岡本先生の鋭い質問にも代表者全員が粘って答えていました。

生徒の感想を紹介します。

「先生の質疑応答の時に、課題の根本解決が出来ていないことや、本来の目的からズレてしまっていることなどにはじめて気づきました。当事者の立場になった時のことを考えるのが大切だと分かりました」

「いろんな人の発表を聞いて『すごい、完璧だ』と思っていたけど、岡本先生のご指摘を受け、『まだまだ調べられることはたくさんある』と思いました。それぞれの班ごとの課題を的確に指摘されていて、自分の勉強になりました。」

 これから12月の完成を目標に、課題研究を進めていきます。3月には全員がポスター発表を行う予定です。

1・2年生希望者「アプリ開発講座」~菊池川流域の恵み体験協議会主催~

9月28日(火)

 熊本学園大学経済学部 境 章教授にアプリ開発のノウハウについて教えていただきました。守らなければならないルール、どのようなツールがあるのか、どのツールを使えば良いのか、いろんなことを分かりやすく教えていただきました。学んだことを生かして、課題研究を進めていきます。

1学年山鹿サイエンスプログラム(YSP1)「菊池川流域地域創生プロジェクト」~STI for SDGs理解講座~

6月17日(木)

 SDGsの理念を掲げ地元で活躍されている企業6社を講師としてお招きし、講座を開いていただきました。地域・企業の現状を知ると共に、地域の魅力、強みは何であるのか、地域の抱える課題はどのようなものなのか、また各企業のSDGsの達成に向けての各企業の様々なテクノロジーや科学的知見からの取組の実践をご紹介いただきました。
意外に知らない地元の強みやふるさとの伝統・資源に気づくことができました。
 今後は班ごとに地域をテーマに課題を考え、解決のための仮説を立て、文献調査や実験、現地調査などを元に考察していきます。

1学年山鹿サイエンスプログラム(YSP1)「菊池川流域地域創生プロジェクト」~外部講師講話①~

6月10日(木)

 1学年のメイン研究である「菊池川流域地域創生プロジェクト」がスタートしました。こちらは4人1組のグループ研究です。地域をテーマに課題研究を行い、3月にその成果を全員が発表します。この日はNPO法人菊池川流域の恵み体験協議会事務局長の山本 博様を講師にお招きし、山鹿地域の現状と課題、今後の探究活動の意義と、課題研究のための科学的手法を学びました。