学校より

取組紹介

幼稚部 冬の遊び

12月に、もちつきに向けて『もちつきぺったんこ』を歌いながら、杵に触れました。重い杵を両手で持ち上げて、おもちに見立てた白い布に向かって、つく練習をしました。

もちつき前日には、もち米洗いをしました。「おいしくな~れ♪」と魔法をかけていたからでしょうか、当日は、とてもおいしいおもちに変身しました。

順番におもちをついたり、丸めたり、食べたりして感触を存分に味わいました。    

    

  もちつきの練習「よいしょ~!」       もち米を洗って・・・

 

       

     ぺったん               ぺったん

        

     こねこね               びよーん

 

 

年賀状作りでは、干支のねずみの体をクレヨンやシールで色付けしました。1月1日に届くようにポストに出しに行きました。 

   

       丁寧に作って               ポストへ

 

1月は、かきぞめ、凧あげ、コマ回し、羽根つき、すごろくなど、お正月遊びを楽しみました。かきぞめでは、左から右、上から下など、筆の練習をしてから、今年頑張りたいことを書きました。すごろくでは、マスをのりで貼って手作りし、サイコロを順番に振ってお友達と遊びました。この時期ならではの、昔ながらの遊びも大切にしていきたいと思います。かきぞめの様子をご覧下さい。

     

        左から             右へ                点と丸

 

    

    丸いっぱい               墨をつけて             完成

 

オリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業

 12月20日(金)5・6時間目にオリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業を実施しました。

 これは、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツの意義や価値に対する理解や関心を高めるための取組です。講師として、本校職員の平井孝明先生に講話と視覚障がい柔道の実技指導をしていただきました。平井先生は、2012年ロンドンオリンピック・パラリンピックで視覚障がい柔道の日本代表として出場した選手でもあります。

 講話では、平井先生にとって柔道が、幸せな時間で、自分を成長させてくれるもの、人との温かい繋がりを感じられるものであることや、柔道を始めたきっかけ、パラリンピックを目指した理由、パラリンピックに向けて取り組んだことなどが語られました。誰よりも強くなるために、コツコツ努力を重ねることの大切さ、練習がきつくてもうだめだと思った時に自分を支えてくれるものが大きな目標であったことなど、全ての児童生徒に通じるメッセージが沢山盛り込まれ、将来に対する希望を感じることができる時間になりました。

 実技指導では、実際に武道場に移動して、平井先生の解説に合わせて、柔道を履修している中学部の生徒が受身を披露したり、平井先生から技を掛けられたりしました。一本が決まった時の畳の音に児童生徒は大興奮でした。また、平井先生と同じ柔道部の顧問である東川先生との模擬試合もあり、平井先生の十八番である寝技を実際に見ることができました。

 平井先生は、今後、2020年東京オリンピック・パラリンピックの選手選考会に出場する予定です。平井先生、頑張ってください!パラリンピックに出場した時の試合を見せてくださいました

中学部の生徒に技をかけているところです

RKKボーイズ&ガールズお話会を実施しました

12月13日(金)5時間目に、RKKの福島絵美アナウンサーと糸永有希アナウンサーが読み聞かせにきてくださいました。本校には、6年ぶりの読み聞かせで、現在の高校3年生が小学6年生の時以来でした。

小学部から高等部までの児童生徒が参加し、「蜘蛛の糸」「ぼくのじいちゃん」の2つの話を聞きました。

  

 

 

 

 


 

読み聞かせの場面に応じて、アンサンブル部の生徒たちが効果音を入れ、読み聞かせに花を添えました。

読み聞かせの後には、アナウンサーの2人への質問タイムがあり、「発声練習の方法」や「声の使い分けは何人くらいできるのか」などの質問に一つ一つ丁寧に実演を取り入れながら回答してくださいました。

 生徒会長のお礼の言葉の中には、アンサンブル部としてコラボレーションができたことの喜びと、年齢や時期によって同じ本でも感じることが異なるという本の奥深さが語られました。

長距離走記録会を実施しました

12月6日(金)3、4時間目に、幼稚部から専攻科までの幼児児童生徒が長距離走記録会に参加しました。

グラウンドでは、幼稚部は直線距離を、小学部は20分間走を、中高生は3キロ走・5キロ走を、専攻科はウォーキングをしました。また、共同教室や体育館では、15分間走をしました。

11月から長距離走に取り組み、それぞれ、「力いっぱい走る」や「自分のペースを保ちながら目標距離を走る」、「自己ベストタイムを出す」など、目標を立て、練習をしてきました。

また、当日は各学部の代表者が中心に準備運動や出発、計時、記録、ゴールテープなどの係りも担いました。

 

幼児・児童・生徒が一生懸命に自分の力を発揮する姿に、応援にも熱が入りました。

また、当日は、大変寒い中、寄宿舎の先生方や保護者の方々が駆けつけ、応援してくださり、ありがとうございました。実力以上の力を発揮できた幼児・児童・生徒も多かったのではないでしょうか。

行事は終わってしまいましたが、日頃から体力をつけ、寒い季節も健康に乗り切りましょう!

 

学校 オープンスクール実施しました!!

 6月15日(土)に平成31年度(2019年度)「オープンスクール」を開催しました。雨天にもかかわらず、40名以上の参加がありました。学校概要、各学部説明後、校内見学や幼稚部、小学部、中学部、高等部の授業参観を通して、幼児児童生徒の普段の活動の様子や学校の雰囲気を体験してもらいました。同時に寄宿舎の見学や、個別の相談会も行い、参加された方々が熱心に話を聞かれたり、校内の教育環境を興味深く見学されたりしていました。

今後もこのようなイベントを通して、本校の教育活動の周知や視覚障がいに関する情報提供、支援に取り組んでいきたいと思います。

  

 

県庁表敬

教育長表敬訪問及びロビーコンサート

4月16日(火)に本校アンサンブル部の7人は、熊本県庁新館の1階にて、ロビーコンサートを開催しました。これは、平成30年度3月に北海道で行われた「第42回全日本アンサンブルコンテスト高等学校の部」で金賞を受賞した報告とお礼を兼ねて実施したものです。

 当日は、蒲島知事をはじめ両副知事、宮尾教育長ならびに多くの教育庁の方々のご参加をいただきました。また、12:20~12:50の時間帯だったため、昼休み中の県庁職員の方たちや訪れていた一般の方々など、1階ロビーだけでなく2階からもたくさんの方が見学してくださいました。

 まず、教育庁特別支援課の先生の司会進行で1曲目の演奏に入りました。曲はバッハ作曲の「MEIN JESU(マイン イエス)」で、この日は3年前の熊本地震の本震の日だということもあり、メンバーは鎮魂の思いを込めて演奏しました。

 金賞の表彰状と記念の盾会場のお客様の様子

 

 

 

 

 

演奏が終わると、昨年度まで本校のアンサンブル部の顧問で、今年度特別支援教育課に異動された松岡先生に司会がバトンタッチされました。すると、今まで緊張していた生徒たちでしたが、気心の知れた元顧問の先生の進行ということもあり笑顔も見られるようになりました。

まず、一人一人の自己紹介の後、全日本アンサンブルコンテストの報告を部長が行いました。そして、多くの皆様の応援の後押しがあったおかげで金賞を受賞できたことへの感謝の気持ちを伝えました。また、演奏する際に大切にしているところは、という質問では、曲のイメージをつかむためにメンバーで話し合いを行い、音の意味や構造、曲の持つエネルギーをどう表現するか等を追及していることを話したり、演奏方法を聞かれた全盲の生徒は、正しく美しい音を出したいと願いながら右手でマレットを持ち、左手で場所をたどって演奏していることなどを話したりしました。

次に2曲目の演奏です。これは、全日本アンサンブルコンテストで演奏したもので、グラスティル作曲「VOLCANO MIRROR(ボルケーノ ミラー)」です。この曲は、本部の創部時代から指導してくださっている、プロの打楽器奏者、冨田篤氏の作曲で、盲学校の生徒たちのために昨年書き下ろされた曲です。シーンと静まり返ったホールにかすかに聞こえるウィンドチャイムの音から始まり、徐々に大太鼓やコンガ、マリンバなど、12種類の打楽器がエネルギッシュな演奏を繰り広げ、その迫力のある演奏は会場中が息を呑むほどでした。生徒達の渾身の演奏が終わると、ホールには大きな拍手がしばらく鳴りやまず、生徒達も無事に演奏を終えた安堵感からか、この日最高の笑顔で応えていました。

そして、蒲島知事から花束の贈呈があり、「みなさんの演奏は素晴らしかった。でも、演奏だけでなく移動の際の介助や演奏する姿勢などを見て、本当に素晴らしいと感じた。こういうことがきちんとできている人たちだからこそ、あの素晴らしい演奏になるのだと思う。」という賛辞のお言葉をいただきました。そして、散会の後、生徒たちの「一緒に写真を撮っていただけませんか?」のお願いに快く応じていただき、生徒たちは大感激でした。

 

盲学校のアンサンブル部を応援してくださった多くの皆様に、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

                                                                                                                                            インタビューに答える生徒たちの様子花束贈呈の様子

平成31年度(2019年度)熊本県立盲学校入学式

校長式辞の様子

 今年度は、幼稚部2名、小学部1名、中学部2名、高等部7名の新入生を迎えました。

 新入生や保護者の方は、新しい生活に対する期待と不安が入り混じった様子でした。新入生代表の挨拶では、これからの学校生活への期待と自立に向けた意気込みが伝わってきました。多くのご来賓の方々にお越しいただき、ありがとうございました。

第42回全日本アンサンブルコンテスト金賞受賞!

平成31年(2019年)3月21日(木曜日)に北海道札幌市のコンサートホールKitaraにて行われた第42回全日本アンサンブルコンテストに出場しました。Jグラスティル作曲打楽器七重奏「VOLCANO MIRROR」を演奏し、結果は金賞をいただきました。

 今回のコンテストに向けて、5ヶ月以上前から練習を積み重ねてきました。最も力を入れて取り組んだのは、質のよい音を出すこと、音や楽曲そのものが持つものを感じること、音から想像されるイメージを膨らませること、膨らませたイメージを音に注ぎ込むことでした。ひとつのフレーズを何度となくくり返し、体にたたき込みました。気が遠くなるような道のりでしたが、この営みこそが、熊本県立盲学校アンサンブル部の個性につながったのだと思います。最後の一瞬まで問いかけ続けたことが、Kitaraホールでの演奏に結集しました。部員全員が『一点の曇りもない、最高の演奏』だったとふり返り、何ものにも替え難い達成感に浸ることができました。

 北海道での練習場所を提供くださいました札幌視覚支援学校の皆さま、楽器運搬でお手伝いいただきました札幌光星高校吹奏楽部ならびに玉名女子高等学校の皆さま、楽器を貸してくださいました札幌南高等学校の皆さま、御支援・御声援くださいました皆さま、ありがとうございました。

  本番前、声での練習を行っている様子 学校に帰ってきて、報告会の様子

九州アンサンブルコンテスト金賞受賞&全日本アンサンブルコンテストへの推薦獲得!

平成31年(2019年)2月10日(日曜日)に鹿児島県の鹿児島市民ホールにて行われた第44回九州アンサンブルコンテストに出場しました。J.グラスティル作曲打楽器七重奏「ボルケーノ・ミラー」を演奏し、結果は金賞をいただくとともに3月21日(木曜日)に札幌で開催される第42回全日本アンサンブルコンテストへの推薦もいただきました。

本番では、練習通りにいかなかった部分もありましたが、これまでの練習で意識して取り組んできたものを十分に表現できた部分もありました。審査員からそれらの点について講評をいただき、「3月の全日本アンサンブルコンテストでは、曲全体を通して思い描く演奏をしたい」と話す部員もいました。

また、今回は楽器のセッティングに際して玉名女子高等学校のみなさんにお手伝いをしていただきました。全国大会常連校である玉名女子高等学校は、勿論全国大会への推薦を受けられました。熊本から全国大会へ2校出場という嬉しさも重なり、喜びを共有できたことも非常に感慨深いものでした。

御支援・御声援を頂きました皆様、本当にありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。

前日のホール練習の様子本番直前、声でのリズム合わせの様子

第29回「手で見る造型展」見学

2月5日(火)、熊本県文化協会主催による第29回「手で見る造型展」が熊本県立美術館本館で開催されました。この見学会は「造型作品を視覚障がいの方々に見て、触れていただきたいということ、誰もが手にとって見る、あるいは手で触れてみるという本来の鑑賞方法を実現してみよう」という二つの目的から企画されているもので、毎年、盲学校の児童生徒たちが招待いただいている展示会です。

今回は、県立盲学校の児童生徒の作品をはじめ、県内の彫刻家や大学、高校、特別支援学校などの作品が370点ほどが出品されていました。

見学に先立ち、エントランスホールにおいて開会式が行われ、関係者のご挨拶の後、松﨑校長先生と児童生徒代表の中学部2年女子も加わって、テープカットが行われました。 また、エントランスホールにあるロダンの「接吻」やマイヨールなど4点の彫刻も触って鑑賞することができ、児童生徒たちは恐る恐る遠慮しながらも、興味深そうに触りながら、世界最高峰の彫刻を「手から心に」感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

   <テープカットの様子>           <ロダンの作品を触る生徒の様子>

 作品が展示されている文化交流室には、様々な作品が展示されていました。本校からは、幼稚部から高等部までの作品21点と、美術教師の作品を出品しました。空き缶を使って秋の音をイメージして作った太鼓や、針金を使って宇宙人をイメージしながら作った作品、また様々な陶芸作品など、それぞれに工夫された楽しい作品が展示されていました。他の特別支援学校からも陶器で作ったトーテンポールやペットボトルを活用したランプシェードなど、どれも素晴らしい作品ばかりでした。

 日頃はなかなか経験することのできない鑑賞方法で数々の作品に触れることができ、参加者の顔も笑顔でみんな大満足の時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 <作品い触って談笑する生徒の様子>        <本校小学部児童の作品>

 

『熊本青年会議所招待事業アイススケート』

 2月1日(金)にアクアドームくまもとにて熊本青年会議所招待事業アイススケートが行われました。幼稚部から高等部普通科までの約30人が参加しました。
 シンセサイザーの生演奏が流れる中、熊本青年会議所の方々とアイススケートを楽しみました。今回はアイススケートのほかにも、カーリング専用リンクで車椅子カーリング体験が行われました。車椅子カーリングは幼児児童生徒4人一組のチームを作り、いすに座った姿勢から交互にストーンをスティックで押し出し、目標のストーンに当てて、その点数を競いました。目標のストーンには鈴がついていて、当たったことが音で確認できるようになっていました。幼児児童生徒は、初めて耳にするストーンの音に興味津々になっていました。中には、氷に直に触れて目標のストーンの方向を確認する生徒もいて、熱心に点数を競い合っていました。

ストーンを押し出す小学部の児童   青年会議所の方とスケートを楽しむ生徒  ストーンを触って確かめる幼児

充実した2学期を終えて


充実した2学期を終えて

 

 2学期は行事や活動が盛りだくさんで、幼児児童生徒たちは、学習はもちろん、その他いろいろな分野において積極的に取り組み、たくさんの経験をしてきました。高等部の生徒たちもその先頭に立ち、活動の中心となってきました。

12月21日(金)、本校体育館において終業式が行われ、校長先生より2学期の振り返りがあり、みんなの活躍を称賛されました。また、それに先立ち、今学期の各種表彰がありました。その中でも、高等部普通科の生徒たちの活躍は目を見張るものがあり、複数の分野で入選、入賞した生徒たちが賞状や盾、その他副賞をいただきました。

以下に入選・入賞したものを紹介します。(順不同)

・第40回「障害児・者のしあわせについての集い」 
 テーマ「ありがとう」の作文の部 優秀賞  小学部3年 女児

・第2回視覚障害者クロスカントリー大会IN阿蘇 
       男子3000mの部 第一位 中学部1年 男子

・第29回こどもの詩コンクール 優良賞 中学部2年男子

・熊本県がんばる高校生表彰 2年女子

・第31回熊本県高等学校総合文化祭標語募集 佳作 2年女子

・平成30年度熊本県高等学校弁論大会 優秀賞  2年男子

・第2回全九州高等学校総合文化祭鹿児島大会弁論部門 
                   奨励賞 2年男子

・第15回公徳文芸賞 俳句の部   入選  1年男子

           肥後狂句の部 努力賞 2年女子

           自由詩の部  努力賞 2年女子

・熊本ライオンズクラブ主催 第46回少年少女俳句会

           高校の部    入選 1年男子

                   佳作 2年女子

・第3回県内特別支援学校文化作品展 特別支援学校長賞  
                      2年男子

・第44回九州アンサンブルコンテスト 金賞・出田賞 
                      アンサンブル部

・第43回全国高等学校総合文化祭県代表選考会 器楽部門 金賞     
                      アンサンブル部 


    
  <表彰を受ける小学部児童の様子>  <表彰を受ける高等部の生徒たちの様子>

アンサンブルコンテスト金賞!九州大会出場!!

熊本県吹奏楽連盟の主催で行われた第44回九州アンサンブルコンテスト熊本支部予選高等学校の部に出場し、金賞を頂きました。J.グラスティル作曲打楽器七重奏「ボルケーノ・ミラー」を演奏しました。

当日の朝はギリギリまで学校で練習し、県立劇場に移動して音の調整を行った後も、直前まで入念な確認を行いました。

演奏については、審査員より「音も良いし音楽も多彩ですし、リズム感もノリも良い、緊張感からたくさんの要素を楽しむことができました」「導入から高テンションの場面まで全体の色彩感が素晴らしいです。まるで映像を見ているようでした!ブラボー!!本物の音楽に接しました。ありがとう」といった講評をいただきました。演奏終了後には、会心の出来に興奮を抑えきれない様子で喜び合う姿も見られ、部員にとっても満足のいく演奏ができた様子でした。

結果発表では、金賞と九州大会への出場推薦をいただいた喜びの中で、さらに出田杯という特別賞も受賞し、部員のみならず顧問にとっても喜びの大きい結果となりました。

来年2月に鹿児島県で行われる九州大会に向け、早速翌日から練習に励んでいるところです。

  演奏直前。全員での確認の様子

IBSA柔道世界選手権大会に出場しました!

11月16日から18日まで、ポルトガルのオディヴェラスで開催されたIBSA柔道世界選手権大会に、本校職員の平井孝明先生が出場しました。平井先生は、先日も、海外で行われたアジアパラ競技大会に出場したばかりで、精力的に活動しています。

結果は60キロ以下級に出場し、惜しくも入賞には至りませんでしたが、2年後の東京パラリンピックに向けて、常に前向きに取り組んでいます。

平井先生のコメント:

 今回は負けてしまいましたが、海外の選手と試合をして課題がたくさんみつかりました。この課題を克服して次は良い結果が残せるようにトレーニングを積んでいきます。応援ありがとうございました。

競技場の様子

第43回 全国盲学生点字競技大会

 点字の日(日本点字制定記念日)の111日に、第43回全国盲学生点字競技大会が行われました。2年に1回、全国の盲学校で同じ日、同じ時間に開かれる大会です。同じ問題を解くので、全国の点字を使っている友達と点字の力を競うことができます。問題は3種類あります。

50音書き(2分間)

50音を順番に書く。

②転写(2分間)

 与えられた文章を写し取る。

③聴写(2分間)

 読み上げられた文章を書きとる。


 本校からは、小学部2名、中学部3名が参加しました。小学部の児童は点字競技大会が初めてということもあり、緊張した様子で、中学部の生徒は今までに何度か経験していることもあり、慣れた様子で会場に入ってきました。
大会が始まると、
CDの音をしっかり聞いて、集中して点字を打っていました。それぞれの目標に向かって頑張ることができました。また、小学部の児童にとっては、後ろから聞こえてくる中学生の速いスピードで点字を打つ音が良い
刺激になり、新たな目標ができたようでした。
会場全体の様子 点字を打っている中学部の生徒 点字を打っている小学部の児童
 

 

県立劇場コンサートホールで演奏を行いました(アンサンブル部)

平成301025日(金曜日)に、熊本県立劇場で行われた第59回九州音楽教育研究大会熊本大会並びに第58回熊本県音楽教育研究大会熊本市大会で、アンサンブル部がウェルカム演奏を行いました。演奏したのは「ジ インペリアルコード」と「マイン イエス」の2曲です。

前日のリハーサルでは、コンサートホールの音の響きを確認しながら音のバランスや楽器の位置、動線などの最終調整・確認を行いました。「歌うように演奏する」ようにと指導を受けながら、集中してリハーサルに取り組むことができました。

本番では、会場が水を打ったように静まりかえり、息をのむような緊張感の中、気負うことなくいつも通りの演奏をすることができました。視覚障がいがあり、見えない・見えにくいことによる難しさをカバーするため、お互いの音をしっかり聞いたり、呼吸を合わせたりしながら取り組んできた練習の成果をしっかりと発揮できました。

演奏が終了すると、大きな拍手を頂き、部員も達成感を得た様子でした。


リハーサルの様子。コンサートホールにアンサンブルの音色が響きました。

アジアパラ大会報告!

 10月6日から13日まで、インドネシアのジャカルタで開催されたアジアパラ競技大会に、本校職員の平井孝明先生が出場しました。平井先生は、2012年ロンドンパラリンピックに出場した実績があります。平井先生が出場した種目は、視覚障害者柔道個人戦60キロ以下級と団体戦です。

 結果は、個人戦3位、団体戦5位でした。

平井先生のコメント:

「皆様の応援のおかげでメダルを取ることができました!2020年東京パラリンピックでのメダル獲得に向けて、もっともっとレベルアップしていきます。これからもよろしくお願いします。」

2年後の東京パラリンピックに向けて、期待が高まります。


メダルを手にして笑顔の写真

第62回 あん摩奉仕会を行いました。

平成30年9月28日(金曜日)に専攻科理療科の2・3年生9名が学校の近くにある東区役所に出向いて、あん摩奉仕会を行いました。
62年目を迎えたあん摩奉仕会ですが、一昨年度までは敬老の日の前後の日に、地域の高齢者の方を招待して校内で行っていましたが、昨年度より東区役所に出向き、区役所に来られる地域の方を対象に、無料であん摩を行っています。
 このあん摩奉仕会は、生徒の技術力向上、地域への奉仕活動、盲学校を地域の方々に知ってもらうこと等を目的に行っています。
 今年度は58名の方があん摩を受けにきてくれました。あん摩を受けられた方々は、「肩がすごく楽になりました」「とても気持ち良かったです」「疲れが取れました」等の感想を言っていただき、大変喜ばれていました。
 今回は椅子に腰かけてもらい、15分間のあん摩施術を行いましたが、生徒からは「15分で喜んでもらえるようこれからもっと技術を磨いていきたい」「楽になりましたと言っていただきとても嬉しかった」と感想を述べていました。

あん摩の様子 あん摩の様子2

体育祭に向けて(中学部)


中学部の生徒は、競技への参加はもちろんですが、体育祭の運営でも役割を果たします。体育祭実行委員会として閉会宣言を担当したり、放送委員会として競技のアナウンスをしたりと、中学生としての役割を果たす姿をぜひご覧ください。

また、応援団の副団長としても頑張る生徒もいますので、そちらもぜひご注目ください!

閉会宣言の様子 競技のアナウンスをしている様子 応援団でエール交換をしている様子

体育祭に向けて(幼稚部の取組)

 今月末の体育祭に向けて、幼稚部でも歌やダンスなどに取り組んでいます。赤団・白団に分かれて団対抗で歌を毎日歌っていると、「今日は〇〇団が勝つぞ~!」と徐々に気持ちが高まっていることがうかがえます。
 幼稚部単独の競技は『きのこの森のおつかい』です。きのこの森の子どもに変身し、おうちの人に果物を届けることにチャレンジします!
ラジオ体操 ようちぶ がんばるぞ!
うた合戦 おつかいに行こう!
赤がんばれ 白がんばれ 円陣くんでしゅっぱつだ!

平成30年度熊盲体育祭

体育祭結団式

 9月7日(金)、本校会議室において、全校幼児児童生徒による体育祭の結団式が行われました。

 今年の体育祭のスローガンは、児童生徒からの公募をもとにして実行委員で考えた、「つなげよう みんなの思い 絆リレー」です。

 校長先生からのお話の中に、前回の優勝は赤団だったとの紹介がありました。本校の体育祭は隔年ごとの開催のため、知らない幼児児童生徒もいましたが、この言葉を聞き、それぞれの団からは歓声やどよめきが聞こえました。

 その後、実行委員長から各団の団長と副団長に任命書が渡され、一言ずつ挨拶が行われました。どの生徒も体育祭を成功させたいとの意欲が感じられる挨拶でした。
 

次に、高等部普通科2年生による全校ダンスの紹介がありました。このダンスは、ゆずの「OLA!!(オラ!!)」という曲に、生徒が振付を考えたものです。アニメ映画の主題歌になっている曲ということで、ほとんどの幼児児童生徒が知っている曲でした。また、幼稚部や小学生でもすぐに覚えられる、簡単でかわいらしい動きで、紹介のダンスを見ながら早速踊りだす子もいて、どの顔も笑顔でいっぱいになりました。

 最後に、各団の団長から団員の一人一人に鉢巻が渡され、結団式が終了しました。

 

第35回 日韓交流


第35回 日韓視覚障がい青少年プログラムを終えて

7月31日(火)、熊本ワイズメンズクラブと熊本YMCAの共催による「日韓視覚障がい青少年交流プログラム」が、盲学校で行われました。

今年度は、韓国の大邱光明(テグ クンミョン)学校から5人の高校生と4人の教職員が、YMCA関係者や熊本ワイズメンズクラブの方々と来校され、音楽やスポーツを通して和やかに交流が行われました。
   

 

音楽交流の様子

本校からはアンサンブル部による演奏を行いました。音楽室での実施ということもあり、打楽器の迫力ある演奏や高等部女子によるソプラノの独唱に、光明学校からはたくさんの拍手をいただきました。

 続いて光明学校からは、オカリナとギターの演奏がありました。オカリナのやさしい音色に一同癒されました。次に、韓国では誰もが知っているポップな曲など2曲のギター演奏がありました。

 初めは緊張が隠せなかった生徒たちも、お互いの校歌を交換しあう頃には、笑顔が見られるようになり、和やかに午前中の交流が終わりました。

   



【スポーツ交流の様子】

 午後からは場所を移して、卓球バレーとサウンドテーブルテニス(STT)でのスポーツ交流を行いました。

光明学校の生徒たちは、卓球バレーの板を触ることが初めてで、戸惑っているような姿も見られました。しかし、通訳の方の説明を聞きながら、生徒同士でルールの確認を行い、声を掛けあいながら、徐々に楽しむ様子が見られました。最後に行った試合では、光明学校の生徒たちに圧倒されてか、盲学校チームが惜しくも敗れるという結果に終わりました。

その後は、STTを行いました。光明学校の先生方もとても興味を持たれ、生徒の休憩時間にラケットを持って実際に体験される方もいらっしゃいました。光明学校の生徒の中には、STTのルールを知っていたり、実際にやったりしたことのある生徒もおり、前半に行われた卓球バレーの空気感そのままに、テレビ等で観る日韓戦のような盛り上がりの中で試合が行われました。

どの生徒たちも、笑顔の中にも真剣な表情で取り組み、交流を楽しんでいる様子がとても印象的でした。

 
   


最後に、閉会式を行いました。このころには全員がすっかり打ち解けた様子で、お互いに英単語を駆使して会話をし合う生徒たちの姿が多く見られました。

閉会式では校長先生の「韓国に行くのは来年ですが、気持ちの半分はすでに韓国に行っています。」との言葉に、光明学校の先生方からも嬉しそうな笑いが起き、生徒たちだけではなく、職員間の交流も行えたのだと温かい気持ちになりました。

最後にお土産の交換が行われ、再会を約束して、充実した交流会が終了しました。

 

九州地区盲学校体育体育大会の報告

平成30年7月5日(木)と6日(金)、佐賀県立総合体育館で行われた九州地区盲学校体育大会佐賀大会で、フロアバレーボールとSTTの部にそれぞれ参加してきました。

フロアバレーボールとは鈴の入った音の出るボールを転がして、ネットの下を通して打ち合う競技です。

STTとは、「サウンドテーブルテニス」の略で、金属の入った音の出るボールを転がし、ネットの下を通して打ち合う卓球の競技です。

フロアバレーボールには6名、STTには3名の生徒が参加しました。

結果は、フロアバレーボールは鹿児島盲学校に勝利、長崎県立盲学校に惜敗、通算成績1勝1敗となり予選敗退となりました。

STTでは、専攻科の生徒が個人戦で2位に入賞しました。団体戦では勝利することができませんでしたが、今後に繋がる良い経験となりました。


フロアバレーボールの試合の様子。コートは通常のバレーボールと同じ広さです。 STTの試合の様子。静かな室内にボールの転がる音が聞こえ、得点が決まると歓声が響きます。

新転任者研修を行いました


本校教職員を対象とした新転任者研修で、「歩行指導」を実施しました。

白杖の持ち方や姿勢、歩く際のテクニック等を確認してから、実際に寄宿舎生の通学路である「寄宿舎玄関から生徒昇降口まで」のルートを歩きました。実際の指導場面を想定し、直進歩行や分岐点を探すポイントを学びました。足の裏や白杖で点字ブロックの変化(誘導ブロック、注意ブロック)を感じることに難しさを感じた様子でした。

白杖の持ち方を確認している様子 短い距離を歩き、白杖の振り方を確認している様子

熊本青年会議所招待事業ボウリング大会が行われました!

平成30年7月11日(水曜日)に、スポラ九品寺にて、熊本青年会議所招待事業ボウリング大会が行われました。本校幼稚部から高等部普通科までの幼児児童生徒30名が参加しました。
会場に到着すると、青年会議所の方々に温かく迎えていただきました。大会開始の合図とともに、どのレーンでも子どもたちと青年会議所の方たちが仲良く楽しそうにボウリングする姿が見られ、会場全体が盛り上がりました。
また、青年会議所の方々が子どもたちに寄り添い、かかわっていただいたことで、子どもたちの緊張もすぐにとけ、会話もはずんでいました。
今回、子どもたちの将来の余暇活動につながる貴重な経験をさせていただきました。このような機会を設けていただいた熊本青年会議所の皆様には、心から感謝しています。
来年2月には、アイススケートへの招待も予定されています。次回もとても楽しみにしております。

新転任者研修を行いました


新転任者を対象とした研修で、「視覚補助具の選定」を実施しました。

普段から県内各地を飛び回っている本校の特別支援教育コーディネーターより、視覚補助具の種類や用途、補装具や日常生活用具についての知識など、実際に選定を行ううえで知っておくべき内容について、詳しく知ることができました。

 また、「選定して終わり」ではなく、選定した後の指導によって「実際に使える」ようにすることの大切さも併せて実感することができました。

 


本校所有の視覚補助具 単眼鏡を実際に使用している様子

オープンスクールを開催しました!


盲学校の教育活動を知っていただこうと6月16日(土)に平成30年度「オープンスクール」を行いました。

40名を超える参加があり、学校概要説明の後、2校時3校時の幼稚部、小学部、中学部、高等部とすべての授業の中から興味があるものを選び、普段の授業の様子を観ていただくことができました。一つの教室でじっくりと見ていただく方、たくさんの授業の様子を観たいと次々に移動して行かれる方など普段は静かな盲学校の廊下や教室がたくさんの人でにぎわいました。

また、同時に寄宿舎の見学や、個別の相談会も行いました。

参加された方からは、

「生き生きと、暖かい雰囲気の中で子どもたちが育っている環境にとても感動しました。」

「普段は見たり知ったりできない学校の雰囲気や授業内容を見学できてとても参考になり、来て良かったです。」

「見えないことや今後のこと等を伺うことができ、ありがたかったです。」

「幼稚部、小学部、中学部と見学させていただきました。どこも、その子の個性や感性を尊重して授業の組み立てや取り組まれている印象で、子どもたちが生き生きと発言し、作業している姿がとても良かったです。」などたくさんのご意見やご感想をいただきました。ありがとうございました。

これからも様々な形で盲学校のことを知っていただこうと発信していきますので、よろしくお願いいたします。


 

   
 

新転任者研修を行いました


新転任者を対象とした研修で、「視機能評価の基本-ランドルト環による評価」を実施しました。

ランドルト環以外に使用される視標()について学んだ後、視力で0.1よりも小さい視力をどのように測るのかといった実施手順について、実技を通して学びました。

ランドルト環を用いた実技の写真1 ランドルト環を用いた実技の写真2

今回の研修では絵視標、森実ドットカード、テラーアキュイティーカードⅡ(TAC)、東京女子医大第2式グレーティングカード、バークレー・ルディメンタリ-・ビジョンテストを扱いました。

読書活動優秀実践校 文部科学大臣表彰を受けました。

『平成30年度 子供の読書活動優秀実践校』として文部科学大臣表彰を受けました。

本校は、蔵書以外にも県立図書館や市立図書館、県の点字図書館、他県の施設等の貸出を最大限利用し、本を必要とする幼児児童生徒に提供しています。また、一般的な書籍の中でも点訳される点字本は大変限られた中で、さまざまな点訳ボランティアの御支援・御協力により、多くの点字本を寄贈していただき、大いに利用させていただいています。今後も、幼稚部から高等部専攻科までの幅広い層の幼児児童生徒に対し、個々のニーズに応じた資料提供に努めてまいります。

  


 

新転任者研修を行いました。


今年度本校に赴任した職員を対象として、視覚障がい教育の基本的な内容について研修を行いました。

3日間かけて専門性の基礎となる部分について知ることで、これからの教育活動の一助になってほしいと思います。

【実施した内容】

本校の概要、視覚障がい教育、視覚障がいの理解と支援、点字の読み書き、手引き・白杖歩行、パソコン点訳、弱視教育


視覚障がい教育点字の読み書き

第28回「手でみる造型展」を見学してきました。

熊本県立美術館分館で行われている「手でみる造型展」を、小学部・中学部・高等部普通科の児童生徒が見学しました。

作品に触れることができるので、じっくりと感触を楽しんだり、形を確かめたりしながら鑑賞することができました。抱きかかえて大きさを味わえる作品や音も楽しめる作品などさまざまな作品が出展されていて、思い思いに作品を楽しんでいました。
作品を触っている様子1作品を触っている様子2

「手でみる造型展」へ招待いただいた熊本県文化協会の皆様、ありがとうございました。

文化祭が終わりました

当日は、雨天で足下の悪い中、本校の幼児児童生徒を日頃から支えていただいている地域や関係者の方々、第二高校の生徒等たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。

 午前中の幼児児童生徒の発表では、どの学部も練習の成果を十二分に発揮することができ、それぞれの発表に大きな拍手が送られていました。

 午後からの第二高校吹奏楽部でのステージでは、本校のアンサンブル部との交流ステージやダンスを組み込んだ演奏、ベルアップなどで大いに会場が盛り上がりました。

 フィナーレ行事では生徒実行委員会の企画による○×クイズや全員でのテーマソング合唱など、会場が一体となって楽しんでいる雰囲気を感じることができました。

発表の様子
第二高校吹奏楽部の演奏の様子

第41回全国盲学校珠算競技大会が行われました

2年に1回行われる全国大会が、全国の盲学校を会場とするサテライト方式で行われました。緊張した雰囲気の中、そろばんを使った計算や暗算に取り組みました。


競技大会の様子

【盲人用そろばんの紹介】
そろばんの写真

手で触って球の位置を確認するため、一般的なそろばんのように簡単には玉が動かないようになっています。

平成29年度第2学期始業式が行われました


長かった夏休みが明け、いよいよ第2学期が始まりました!

子どもたちは夏休み中のことをお互いに報告しあったり、久しぶりに会った友達と会話を楽しんだり・・・。子どもたちの賑やかな声で、学校の雰囲気が一気に明るくなりました。

 

また、始業式の前に表彰が行われました。

  第49回熊本市童話コンクール 特別賞

  第33回熊本県高等学校管打楽器独奏コンクール打楽器部門 金賞

始業式の様子

サマースクールを実施しました


午前中に体験講座(視覚補助具、水泳教室、パソコン活用)、午後に先輩講話とデザート作りを実施しました。また、拡大読書器やルーペといった視覚補助具の機器展示(4も行いました。

詳しい報告は、後日、教育相談のページにて行います。

サマースクールの画像

平成29年度第1学期終業式が行われました。


幼稚部から専攻科までの全校幼児児童生徒が体育館に集合し、校長先生からのお話を聴きました。梅雨明けし、暑さのある中での終業式でしたが、翌日からの夏休みに向けて意気揚々とした雰囲気を感じました。2学期の始業式に元気に会えるのを待ちたいと思います!

また、終業式の前には表彰が行われました。部活動や日々の学習の成果に、大きな拍手が贈られました。表彰は以下のとおりです。

九州地区盲学校体育大会 サウンドテーブルテニス大会 準優勝

九州地区盲学校体育大会 フロアバレーボール大会 第三位

歯・口の健康に関するコンクール ポスターの部 入選


終業式の様子

 

火災避難訓練を行いました。


幼児から成人の方まで在籍しているため、サイレンの音に驚いてしまった子もいたようです。ほとんどの児童生徒が落ち着いて避難することができていました。

避難にかかった時間は540秒でした。
避難後に集合している様子

東京2020フラッグツアーが行われました。


東京オリンピック・パラリンピックのフラッグが、510日(水)~11日(木)の2日間、本校会議室にて展示されました。

フラッグに触ることも特別に許可をいただき、五輪やスリー・アギトスを実際に触ってみることができました。

パラリンピックのフラッグに触れている様子

オリンピック・パラリンピックを紹介する動画も流されていて、これまでのオリンピック・パラリンピックの様子や東京2020に向けてのメッセージを聞き、「パラリンピックに出てみたい!」と意欲を見せる児童もいました。

動画を見ている様子

熊本高専「絵本アプリ」贈呈式


36日(月)、本校会議室にて「絵本アプリ」の贈呈式が
ありました。

「絵本アプリ」は、熊本高専電子情報システム工学専攻科1
年の3名の学生さんたちが授業科目「創生技術デザイン実習」
で研究開発された教材です。児童がスイッチを押すとページ
がめくれ、自分のペースで操作し絵本を楽しむことができます。
贈呈式では、熊本高専の学生さんたちが見守る中、小学部5
の児童が実際に操作し絵本を1冊見て聞いて楽しみました。
熊本高専の学生さんから「ユーザー目線でのモノづくりを目指
したい」と挨拶がありました。



式に、参列する児童と本校職員

熊本高専よりご挨拶

児童が絵本アプリを使って読書中

校長先生のお話

第27回「手でみる造型展」を見学してきました

熊本県立美術館分館で行われている「手でみる造型展」を、小学部・中学部・高等部普通科の児童生徒が見学しました。

「手でみる造型展」では、作品に触れることができるので、じっくりと感触を楽しんだり、形を確かめたりしながら鑑賞することができました。

 初めて参加した児童は、自分の作品が展示されていることに驚いたり、彫像の顔を触って「鼻だ!」と声を上げたりしていました。
作品を触っている様子1 作品を触っている様子2


「手でみる造型展」へ招待いただいた熊本県文化協会の皆様、ありがとうございました。

第50回招待アイススケートが行われました。

12月16日(金)にサンリースポーツパレス アスパにて、第50回招待アイススケートが行われました。

めてスケート靴を履いた幼児は、「先生も包丁の靴ばはいとると?」と楽しそうに尋ねながら、スケートを楽しんでいました。何度か経験している児童生徒は、昨年のカンを取り戻しながら、自分で滑ったり、手すりを使いながら滑ったりしていました。

 今年は4月の熊本地震の影響もあり、実施に至るまで、例年以上に多くの方々の御支援と御協力をいただきました。主催していただいた熊本青年会議所の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

両腕を支えられながら滑る様子 一人で滑っている様子

12月9日に長距離走記録会が行われました。


幼稚部・小学部は「目標記録を上回ること」、中・高等部は「自分のペースで走ること」を目指して取り組みました。

走り終わった後、小学部の児童が「応援を励みに、いつもよりも頑張れました」「きつかったけど、息を乱さずに走れました」との感想を話してくれました。

スタートの様子 手引き紐で誘導されながら走る様子

12月8日に移動動物園によるふれあい動物教室が行われました。


熊本市動植物園の飼育員さんたちに触り方を教わりながら、ウサギやヤギ、カメ、モルモットなどとのふれあいを楽しみました。

本物の動物たちに触れる中で、柔らかい毛並みに優しく触れたり、不意の動きに驚いたりしながら、子どもたちは興味津々の様子で体験していました。


動物とふれあっている様子