学校より

取組紹介

九州アンサンブルコンテスト金賞受賞&全日本アンサンブルコンテストへの推薦獲得!

平成31年(2019年)2月10日(日曜日)に鹿児島県の鹿児島市民ホールにて行われた第44回九州アンサンブルコンテストに出場しました。J.グラスティル作曲打楽器七重奏「ボルケーノ・ミラー」を演奏し、結果は金賞をいただくとともに3月21日(木曜日)に札幌で開催される第42回全日本アンサンブルコンテストへの推薦もいただきました。

本番では、練習通りにいかなかった部分もありましたが、これまでの練習で意識して取り組んできたものを十分に表現できた部分もありました。審査員からそれらの点について講評をいただき、「3月の全日本アンサンブルコンテストでは、曲全体を通して思い描く演奏をしたい」と話す部員もいました。

また、今回は楽器のセッティングに際して玉名女子高等学校のみなさんにお手伝いをしていただきました。全国大会常連校である玉名女子高等学校は、勿論全国大会への推薦を受けられました。熊本から全国大会へ2校出場という嬉しさも重なり、喜びを共有できたことも非常に感慨深いものでした。

御支援・御声援を頂きました皆様、本当にありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。

前日のホール練習の様子本番直前、声でのリズム合わせの様子会場前での記念写真玉名女子高等学校の皆さんと

第29回「手で見る造型展」見学

2月5日(火)、熊本県文化協会主催による第29回「手で見る造型展」が熊本県立美術館本館で開催されました。この見学会は「造型作品を視覚障がいの方々に見て、触れていただきたいということ、誰もが手にとって見る、あるいは手で触れてみるという本来の鑑賞方法を実現してみよう」という二つの目的から企画されているもので、毎年、盲学校の児童生徒たちが招待いただいている展示会です。

今回は、県立盲学校の児童生徒の作品をはじめ、県内の彫刻家や大学、高校、特別支援学校などの作品が370点ほどが出品されていました。

見学に先立ち、エントランスホールにおいて開会式が行われ、関係者のご挨拶の後、松﨑校長先生と児童生徒代表の中学部2年女子も加わって、テープカットが行われました。 また、エントランスホールにあるロダンの「接吻」やマイヨールなど4点の彫刻も触って鑑賞することができ、児童生徒たちは恐る恐る遠慮しながらも、興味深そうに触りながら、世界最高峰の彫刻を「手から心に」感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

   <テープカットの様子>           <ロダンの作品を触る生徒の様子>

 作品が展示されている文化交流室には、様々な作品が展示されていました。本校からは、幼稚部から高等部までの作品21点と、美術教師の作品を出品しました。空き缶を使って秋の音をイメージして作った太鼓や、針金を使って宇宙人をイメージしながら作った作品、また様々な陶芸作品など、それぞれに工夫された楽しい作品が展示されていました。他の特別支援学校からも陶器で作ったトーテンポールやペットボトルを活用したランプシェードなど、どれも素晴らしい作品ばかりでした。

 日頃はなかなか経験することのできない鑑賞方法で数々の作品に触れることができ、参加者の顔も笑顔でみんな大満足の時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 <作品い触って談笑する生徒の様子>        <本校小学部児童の作品>

 

『熊本青年会議所招待事業アイススケート』

 2月1日(金)にアクアドームくまもとにて熊本青年会議所招待事業アイススケートが行われました。幼稚部から高等部普通科までの約30人が参加しました。
 シンセサイザーの生演奏が流れる中、熊本青年会議所の方々とアイススケートを楽しみました。今回はアイススケートのほかにも、カーリング専用リンクで車椅子カーリング体験が行われました。車椅子カーリングは幼児児童生徒4人一組のチームを作り、いすに座った姿勢から交互にストーンをスティックで押し出し、目標のストーンに当てて、その点数を競いました。目標のストーンには鈴がついていて、当たったことが音で確認できるようになっていました。幼児児童生徒は、初めて耳にするストーンの音に興味津々になっていました。中には、氷に直に触れて目標のストーンの方向を確認する生徒もいて、熱心に点数を競い合っていました。

ストーンを押し出す小学部の児童   青年会議所の方とスケートを楽しむ生徒  ストーンを触って確かめる幼児

充実した2学期を終えて


充実した2学期を終えて

 

 2学期は行事や活動が盛りだくさんで、幼児児童生徒たちは、学習はもちろん、その他いろいろな分野において積極的に取り組み、たくさんの経験をしてきました。高等部の生徒たちもその先頭に立ち、活動の中心となってきました。

12月21日(金)、本校体育館において終業式が行われ、校長先生より2学期の振り返りがあり、みんなの活躍を称賛されました。また、それに先立ち、今学期の各種表彰がありました。その中でも、高等部普通科の生徒たちの活躍は目を見張るものがあり、複数の分野で入選、入賞した生徒たちが賞状や盾、その他副賞をいただきました。

以下に入選・入賞したものを紹介します。(順不同)

・第40回「障害児・者のしあわせについての集い」 
 テーマ「ありがとう」の作文の部 優秀賞  小学部3年 女児

・第2回視覚障害者クロスカントリー大会IN阿蘇 
       男子3000mの部 第一位 中学部1年 男子

・第29回こどもの詩コンクール 優良賞 中学部2年男子

・熊本県がんばる高校生表彰 2年女子

・第31回熊本県高等学校総合文化祭標語募集 佳作 2年女子

・平成30年度熊本県高等学校弁論大会 優秀賞  2年男子

・第2回全九州高等学校総合文化祭鹿児島大会弁論部門 
                   奨励賞 2年男子

・第15回公徳文芸賞 俳句の部   入選  1年男子

           肥後狂句の部 努力賞 2年女子

           自由詩の部  努力賞 2年女子

・熊本ライオンズクラブ主催 第46回少年少女俳句会

           高校の部    入選 1年男子

                   佳作 2年女子

・第3回県内特別支援学校文化作品展 特別支援学校長賞  
                      2年男子

・第44回九州アンサンブルコンテスト 金賞・出田賞 
                      アンサンブル部

・第43回全国高等学校総合文化祭県代表選考会 器楽部門 金賞     
                      アンサンブル部 


    
  <表彰を受ける小学部児童の様子>  <表彰を受ける高等部の生徒たちの様子>

アンサンブルコンテスト金賞!九州大会出場!!

熊本県吹奏楽連盟の主催で行われた第44回九州アンサンブルコンテスト熊本支部予選高等学校の部に出場し、金賞を頂きました。J.グラスティル作曲打楽器七重奏「ボルケーノ・ミラー」を演奏しました。

当日の朝はギリギリまで学校で練習し、県立劇場に移動して音の調整を行った後も、直前まで入念な確認を行いました。

演奏については、審査員より「音も良いし音楽も多彩ですし、リズム感もノリも良い、緊張感からたくさんの要素を楽しむことができました」「導入から高テンションの場面まで全体の色彩感が素晴らしいです。まるで映像を見ているようでした!ブラボー!!本物の音楽に接しました。ありがとう」といった講評をいただきました。演奏終了後には、会心の出来に興奮を抑えきれない様子で喜び合う姿も見られ、部員にとっても満足のいく演奏ができた様子でした。

結果発表では、金賞と九州大会への出場推薦をいただいた喜びの中で、さらに出田杯という特別賞も受賞し、部員のみならず顧問にとっても喜びの大きい結果となりました。

来年2月に鹿児島県で行われる九州大会に向け、早速翌日から練習に励んでいるところです。

会場前での写真 表彰状・トロフィーを持っての記念写真 演奏直前。全員での確認の様子

IBSA柔道世界選手権大会に出場しました!

11月16日から18日まで、ポルトガルのオディヴェラスで開催されたIBSA柔道世界選手権大会に、本校職員の平井孝明先生が出場しました。平井先生は、先日も、海外で行われたアジアパラ競技大会に出場したばかりで、精力的に活動しています。

結果は60キロ以下級に出場し、惜しくも入賞には至りませんでしたが、2年後の東京パラリンピックに向けて、常に前向きに取り組んでいます。

平井先生のコメント:

 今回は負けてしまいましたが、海外の選手と試合をして課題がたくさんみつかりました。この課題を克服して次は良い結果が残せるようにトレーニングを積んでいきます。応援ありがとうございました。

競技場の様子

第43回 全国盲学生点字競技大会

 点字の日(日本点字制定記念日)の111日に、第43回全国盲学生点字競技大会が行われました。2年に1回、全国の盲学校で同じ日、同じ時間に開かれる大会です。同じ問題を解くので、全国の点字を使っている友達と点字の力を競うことができます。問題は3種類あります。

50音書き(2分間)

50音を順番に書く。

②転写(2分間)

 与えられた文章を写し取る。

③聴写(2分間)

 読み上げられた文章を書きとる。


 本校からは、小学部2名、中学部3名が参加しました。小学部の児童は点字競技大会が初めてということもあり、緊張した様子で、中学部の生徒は今までに何度か経験していることもあり、慣れた様子で会場に入ってきました。
大会が始まると、
CDの音をしっかり聞いて、集中して点字を打っていました。それぞれの目標に向かって頑張ることができました。また、小学部の児童にとっては、後ろから聞こえてくる中学生の速いスピードで点字を打つ音が良い
刺激になり、新たな目標ができたようでした。
会場全体の様子 点字を打っている中学部の生徒 点字を打っている小学部の児童
 

 

県立劇場コンサートホールで演奏を行いました(アンサンブル部)

平成301025日(金曜日)に、熊本県立劇場で行われた第59回九州音楽教育研究大会熊本大会並びに第58回熊本県音楽教育研究大会熊本市大会で、アンサンブル部がウェルカム演奏を行いました。演奏したのは「ジ インペリアルコード」と「マイン イエス」の2曲です。

前日のリハーサルでは、コンサートホールの音の響きを確認しながら音のバランスや楽器の位置、動線などの最終調整・確認を行いました。「歌うように演奏する」ようにと指導を受けながら、集中してリハーサルに取り組むことができました。

本番では、会場が水を打ったように静まりかえり、息をのむような緊張感の中、気負うことなくいつも通りの演奏をすることができました。視覚障がいがあり、見えない・見えにくいことによる難しさをカバーするため、お互いの音をしっかり聞いたり、呼吸を合わせたりしながら取り組んできた練習の成果をしっかりと発揮できました。

演奏が終了すると、大きな拍手を頂き、部員も達成感を得た様子でした。


リハーサルの様子。コンサートホールにアンサンブルの音色が響きました。

アジアパラ大会報告!

 10月6日から13日まで、インドネシアのジャカルタで開催されたアジアパラ競技大会に、本校職員の平井孝明先生が出場しました。平井先生は、2012年ロンドンパラリンピックに出場した実績があります。平井先生が出場した種目は、視覚障害者柔道個人戦60キロ以下級と団体戦です。

 結果は、個人戦3位、団体戦5位でした。

平井先生のコメント:

「皆様の応援のおかげでメダルを取ることができました!2020年東京パラリンピックでのメダル獲得に向けて、もっともっとレベルアップしていきます。これからもよろしくお願いします。」

2年後の東京パラリンピックに向けて、期待が高まります。


メダルを手にして笑顔の写真