学校より

2018年11月の記事一覧

第43回 全国盲学生点字競技大会

 点字の日(日本点字制定記念日)の111日に、第43回全国盲学生点字競技大会が行われました。2年に1回、全国の盲学校で同じ日、同じ時間に開かれる大会です。同じ問題を解くので、全国の点字を使っている友達と点字の力を競うことができます。問題は3種類あります。

50音書き(2分間)

50音を順番に書く。

②転写(2分間)

 与えられた文章を写し取る。

③聴写(2分間)

 読み上げられた文章を書きとる。


 本校からは、小学部2名、中学部3名が参加しました。小学部の児童は点字競技大会が初めてということもあり、緊張した様子で、中学部の生徒は今までに何度か経験していることもあり、慣れた様子で会場に入ってきました。
大会が始まると、
CDの音をしっかり聞いて、集中して点字を打っていました。それぞれの目標に向かって頑張ることができました。また、小学部の児童にとっては、後ろから聞こえてくる中学生の速いスピードで点字を打つ音が良い
刺激になり、新たな目標ができたようでした。
会場全体の様子 点字を打っている中学部の生徒 点字を打っている小学部の児童