2 6 1 3 7

テニス部(女子)ブログ

女テニ 歓迎!1年生入部

 21日、部活動の集合があり、9人の1年生が入部しました。部員不足を心配していましたが、予想以上の入部に2,3年生も大喜びです。また、公式テニスやソフトテニス経験者がほとんどで、心強いばかりです。

 昨年、一昨年と本校テニス部女子は、秋の新人戦で上位に進出し、九州大会に出場しました。九州大会では県外の強豪校に手も足も出ずに、レベルの高さと悔しい思いを経験しました。

 第二高校テニス部はこれまで男子が県のトップに君臨し、全国大会に何度も出場してきました。女子はまだ優勝の経験がありません。今年は多くの1年生が入部し、心強い仲間が増えました。これから団体の優勝、九州、全国を目指して練習に励みたいと思います。

 1年生のみんな、優勝目指して頑張りましょう!


女テニ 居残り練習


 今日は初夏を思わせるような陽気の中で、しっかり練習ができました。ストロークやボレーなどの基本練習の後に、ダブルスの形式練習を行い、練習は終了です。
 1年生2人は、練習後も残って試合形式のストローク練習を続けました。冬場の練習で力強いストロークが身に付き、今後は大いに期待ができます。これからボレーなどネットプレーにも挑戦し、技術を伸ばしていきたいと思います。
 昨秋の全国選抜高校テニスの県予選では準優勝という結果に終わりました。次は優勝を目指し、チーム力を上げていきたいと思います。

女テニ 卒業おめでとうございます!


 3月1日、卒業式。暖かい春の日差しの中、第二高校53期生の卒業式が行われました。4月の熊本地震で体育館が使用できないため、今回は県立劇場での卒業式となりましたが、例年以上の卒業式だったと思います。
 53期のテニス部女子は9人、初心者やテニス経験が少ない者ばかりでしたが、入学以来、仲良く練習に励んできました。一昨年の秋はノーシードから勝ち上がり、九州大会に出場することができました。個人の力よりもチームワークの勝利でした。まさに『ミラクル第二』です。
 3年生の中には、すでに推薦で国公立大学の合格が決まっている先輩、前期試験を受験して結果待ちの先輩と様々です。今日は受験から解放されて久しぶりに笑顔を見ることができました。大学に進学しても、テニスを続けてほしいと思います。
 名残は惜しいのですが、先輩方の活躍をお祈りします。そして、先輩の分まで次の高校総体は頑張ります。
 卒業おめでとうございます。


女テニ 1年生の思い

 学年末考査が終わったある日の教室で、1年生女子4人が来年度の構想を練っていました。第二高校テニス部女子は現在部員11人(1年4人、2年7人)、まずは新入生の部員勧誘が最優先課題です。強くなるためには底辺拡大、つまり部員が多くなければ強くなれません。来年度は新入部員10人が目標です。
 次の目標は県大会優勝です。昨年の秋は全国選抜高校テニス県予選で準優勝で、九州大会に出場しました。この経験を活かして、優勝を意識した練習をします。最終目標は、再来年、つまり3年の最後の総体での優勝、インターハイ出場です。
 1年生は考えながら、そして前向きにテニスに向き合っています。4月に第二高校に入学してくる新入生の皆さん、一緒にテニスを楽しみましょう。

 

女テニ 二年連続の九州大会へ

先月行われた第39回全国選抜高校テニス大会の熊本県予選で第二高校女子は第三シードとして出場しました。
結果は、
○二回戦 3−2 宇土
○三回戦 3−2 東稜
○準決勝 3−2 九州学院(第二シード)
●決勝  0−3 八代白百合(第一シード)

と、大接戦ながらも大健闘し、準優勝という好成績を収めることができました。
昨年は3位での九州大会Bブロック出場でしたが、今年は2位での出場なので全国大会をかけた戦いが繰り広げられる九州大会Aブロックへの参加となります。去年よりも厳しい戦いが待ち受けていますが、自分たちの持てる力を存分に発揮できるように頑張りたいです。
また、今年の九州大会は熊本開催なので、被災地代表という思いも胸に応援してくれる方々に恥じないプレーをしてきます。

九州大会は、県民総合運動公園にて11月18日(金)〜21日(月)で行われます。
応援宜しくお願いします。

女テニ プロから学ぶ


 10月2日、夏を思い出させるような蒸し暑い中、箱島正隆選手のレッスンを受けました。これは、被災地の高校生を元気づけようと、箱島選手がボランティアでテニス教室を開かれました。先週は雨が多くて練習不足の女テニでしたが、選抜予選を前に中身の濃いテニスの時間を過ごすことができました。

 レッスンの内容は、ストロークの基本、特にステップなど体の使い方といった基礎が中心で、非常に参考になりました。ストロークは野球のスイングと同じ体の動かし方なのですが、元プロ野球読売ジャイアンツの山本選手からはバットを利用した素振りのレクチャーをいただきました。また、女子のウィークポイントであるサーブやボレーの基本動作を丁寧に教えていただきました。特にスライスサーブの打ち方は大変参考になりました。


             山本選手の素振りの指導


           女子の苦手なボレーの基本練習
 

     ステップや左手の使い方を意識したストローク練習


          最後に箱島選手、山本選手と記念撮影

 箱島選手はとても明るく、楽しくレッスンを受けることができました。選抜予選までわずかですが、「100%」の力を発揮したいと思います。

 最後になりましたが、箱島選手、山本選手、そしてこのような機会を与えていただいた松井さん、渡邊さん、ありがとうございました。

 

女テニ 新人戦終了! 次は団体

 24,25の2日間、新人戦(個人戦)がありました。第二高校テニス部女子は、シングルスに7人、ダブルスに5組が出場しました。

 主な結果は次のとおりです。
シングルス
 矢加部(1年) 準々決勝進出(次は10/15)
 菅(2年)   ベスト16進出
ダブルス
 矢加部(1年)・菅(2年)組 ベスト8進出
 山田(2年)・玉井(2年)組 ベスト16進出


 2週間後に選抜高校テニス県予選(団体戦)があります。昨年はノーシードながらチームワークで3位入賞を果たしました。今年は第3シードとして出場します。昨年以上の結果を目標に練習に励みます。

 最近の第二高校テニス部は、男子が強豪校として結果を残しています。今年の総体は2年連続8回目の優勝を飾り、インターハイに出場しました。女子は、創部以来優勝はありません。シード校である以上、優勝を目指して戦いたいと思います。昨年の勢いがあれば優勝も夢ではありません。あと2週間気合いを入れて練習に励みたいと思います。

 個人戦は、家族をはじめ多くの人に応援をいただきました。団体戦の応援もよろしくお願いします。


女テニ 選抜予選前の最後の遠征

 今週末から新人戦(個人戦)が、来月初めに選抜予選(団体戦)が始まります。個人、団体ともに対戦相手が決まり、放課後の練習にも熱が入ります。

 22日は試合前の最後の休日ですが、鹿児島実業高校との練習試合です。久しぶりの県外の高校との練習試合で、本番を想定した緊張した雰囲気での試合ができます。本番前の最後の調整と思って、結果を意識して試合に臨みたいと思います。

 熊本大学医学部に在籍される50期生の先輩が挨拶に来られました。先輩は高校に入ってテニスを始められましたが、団体でベスト4まで進出されました。当時の第二高校女子テニス部はエース不在でしたが、チームワークで上位進出しました。現在もチームワークは健在です。先輩は大学に入学してもテニスを続けられ、持ち前のガッツで活躍されています。秋の新人戦を前に心強い先輩の来校でした。

 最近は天候に恵まれず、練習不足です。それでも気合いで頑張ります。

女テニ 選抜強化合宿


 今月末の新人戦のためにエコパーク水俣で合宿を行いました。これまでにない男女合同の合宿で、お互い刺激しあいながら充実した2日間を過ごすことができました。
 練習のほとんどはダブルスの練習に費やし、ボレーやスマッシュ、そしてポジショニングなど繰り返し練習しました。また、ダブルスのミニゲームでは、ポジショニングをはじめ、ラリー中の動きなどを確認しました。1日目の最後は、宿舎までの道のりを部員全員で走り、本当にヘトヘトになりました。
 これまで何度か遠征を行ってきましたが、今回は全員が揃って参加し、女テニは一層まとまりが強くなりました。大会を前に自信がつきました。
 また、宿舎の方には大変良くしていただき、楽しく過ごすことができました。ありがとうございます。


              2年生は元気です


       キャプテン・副キャプテンも坂道を激走です


        1年生仲良し4人組(まだ体力あります)


       楽しい食事!?(男子の前だからか意外と小食です)


         女テニ&男テニ 第二高校テニス部です

 明日からは学校生活に戻ります。合宿の反省を活かして、日々練習です。10月の選抜県予選では、昨年の先輩を超えます。
 

女テニ 台風一過


 台風12号の影響で、週末予定していた練習試合も中止となりました。日曜日は完全にオフで部員はゆっくり体を休めることができました。

 今月末から秋の新人戦が始まります。昨年の団体は、ノーシードながらシード校を次々と倒して第3位となり、九州大会に出場することができました。まさに「ミラクル第二」でした。
 現チームは、昨年より戦力アップしており、決勝進出を目標に練習に励んでいます。ラリーやサーブの安定性をはじめ、ダブルスの前衛のポジショニングやゲームの組立など課題は様々です。しかし、練習で一つ一つクリアして、昨年以上の結果を残したいと意気込んでいます。

 週末は、男子とともに2日間の強化合宿の予定です。厳しい練習を乗り越えて目標を達成したいと思います。