二高職員が、熱く、深く、優しく、時にはかるーく語ります。

【ルール】テーマや文章量は自由。順番は指名制。投稿期限は指名より2週間。
3 5 5 6 3

職員ブログ

お知らせ 二高にPepperがやってきた!

 情報科目を担当している篠倉です。教育現場において簡易ロボットを使ったプログラミング学習が勢いを増していく中、本校ではソフトバンクグループ(株)の「Pepper 社会貢献プログラム2」に参加することになり、10月30日(火)にロボット「Pepper」が納品されました。Pepperの知名度は高く、コンピュータ室に運び込む際には多くの生徒が「Pepper君だ!」と声を上げていました。その後は、授業の合間や昼休み・放課後に、生徒たちはPepperとのたわいない会話(ほとんど噛み合っていませんが・・・)や英会話ソフトでのやり取りを楽しんでいます。さすがに授業中はスリープさせますが。
 当面、理数科2年の学校設定科目「スーパーサイエンスⅡ」の情報班が、Pepperの効果的活用方法及びそれを実現するプログラミングの研究を実施します。将来的には、これまで情報科目において理数科のみに留めていたプログラミング学習を、普通科及び美術科まで広げていくことも視野に置いています。

先生たちもさらに頑張ってます職員研修②

 平成30年8月30日(木)セミナーハウスにて第二高校第2回職員研修が行われました。
 事前、事後アンケートはFormsという集計システムを使用し、ICT活用も浸透しています。
 当日は、ベネッセVIEW21高校版編集長 柏木崇氏をお招きし「社会環境の劇的変化にいかに対応するか」という演題で基調講演をしていただきました。



 次に、「主体的、対話的、深い学びに向けた授業改革」「探究型授業を目指した授業改革」としてSSH部主任福田先生が事例発表、SSH部・授業開発部・文部科学省指定教育課程指定校事業の担当として田尻先生が事例発表及び「ティーチング・ポートフォリオ・チャート作成(東京大学大学総合教育研究センター栗田佳代子先生の資料を参照しています。)」ワークショップの進行をしていただきました。



 今回のワークはそれぞれの授業改善の課題などを、枠内の内容に沿って付箋に書きだしていくことで、「個人の教育活動の視覚的整理」「自己省察による俯瞰と構造化」を行いました。





 ペアワークでお互いの内容を共有することで、お互いの実践や課題を理解することができました。

先生たちも頑張ってますH30職員研修

 7月9日(月)、「高大接続と進路指導」をテーマに平成30年度第1回職員研修がありました。
(1)基調講演 「生徒の可能性を引き出すために」山本校長

(2)事例発表1「eポートフォリオ導入に向けた準備の進め方」田尻教諭

(3)事例発表2「新テスト導入に向けた各教科の取組」各教科、科目代表



 進路指導主事による、総括と今後の動向に関する説明。

(4)協議
 ①各講演を受けて生じた疑問悩み等を個人で記入
 ②①をグループで共有する

 ③グループで本校が有する課題解決の為の新たなアイデアを一つ取り上げ、KP(紙芝居プレゼンテーション)を作成する。
 ④黒板に一斉に貼り出し共有する。
 ⑤各グループ発表

 例えば、「全ての授業を英語でしませんか?」

「読解力育成の為、図書館を活用しましょう!」

 2時間以上の長時間の研修でしたが、グループワーク、発表は和気藹々とした雰囲気でありつつ、今後の課題も共有できた充実した内容となりました。

(6)振り返り、ICEによる自己評価。 

 閉会。次回は8月30日、テーマは「探究型授業の開発」の予定です。授業開発部殻のお知らせで、今週まで実施の相互研鑽授業、この研修の機会をさらに発展させ来週まで行います。国語科スーパーティーチャーの研究授業、化学と美術のコラボ授業「プルシアンブルーをつくろう」も実施されます。
 「学ぶことは楽しいこと」だと、まずは教師私たちが思うことだと感じた一日でした。

 参加していただいた先生方、ありがとうございます。

私の夢

安武先生からブログを引き継ぎました、野球部の甲子園出場が待ち遠しい中島健太郎(独身)です。ブログを引き継いでから本当に長い月日が過ぎてしまい、心からお詫び申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。今回は、私の夢について書かせていただきたいと思います。

 

僕の高校時代の夢は、甲子園出場、プロ野球選手になること、この二つでした。普通の進学校に入学した僕は、この夢を馬鹿にされたり、無理だと言われることも多々ありました。進路希望調査の第一希望にプロ野球選手と書いて提出したら、担任の先生から呼ばれて怒られました。真面目に書け!と・・・僕はいたって真面目でした。周りから何と言われても、自分の夢を叶えるために必死に頑張りました。しかし、結果として夢を叶えることはできず、次のステージである大学へ進学しました。そこでも、夢を諦めることはできず、必死にもがいた4年間でしたが、現実は厳しく、自分の力のなさを思い知りました・・・

 

僕の現在の夢は、生徒たちと共に甲子園出場することです。本校野球部は「感動野球」をスローガンに日々野球に取り組んでいます。勝っても負けても、野球を応援してくださる方々に感動を与えられるような熱い野球をしたいと思っています。そうは言っても、これが簡単なことではありません。上手くいかないことばかりです。心が折れそうになることも多々ありますが、そんな自分に力を与えてくれるのが、野球ノートに書いてある、生徒たちの言葉です。そこに書かれている一つ一つの熱い言葉に心が揺さぶられ、また夢を追いかることができています。

 

本校野球部はまだ甲子園に出場したことはありません。しかし、生徒たちは本気で甲子園目指して頑張っています。今年も多くの新入生が入部してくれ、本当に嬉しく思っています。強豪校のような力はありませんが、それでも熱い気持ちを持って頑張っています。野球部OBの方々も、同窓生の方々も本当に心強い応援をしてくださり、その思いに何としてでも答えたいと思っています。これまで、甲子園に行けず悔しい思いをさせてきた生徒の分も・・・

 

何度夢に挑戦しても負けてばかり、夢は叶うことなく悔しくてたまらない思いばかり、それでも本気で一生懸命頑張ってくれる生徒たちがいる。甲子園に行ったことのない私の指導に本気で向き合ってくれる生徒たちがいる。だから、私は絶対に夢を諦めず戦うことにしました。どんな難問にも必ず答えがある。挑戦すれば必ず答えは出せることを信じて。

 

これが私の夢です。余談ですが、私は腰の状態があまりよくないので、野球部の生徒からプレゼントしてもらった、電動マッサージ機と腰当てクッションを大切にしています。仕事の際には椅子にクッションを当て、毎晩マッサージ機を使用することで体のコンディションを整えています。本当に野球部のみんなありがとうございます。

 

最後に、どうすれば甲子園に行けるのか、いろんな指導者の方々に相談する中で、よく自分の生活を安定させろと言われます。すなわち「KK」が必要不可欠だということです。「KK」も私の夢の一つに追加させていただき、終わりにしたいと思います。

拙い話を読んでいただき誠にありがとうございました。

 

では、次のブログバトンは、顔は怖いけど実は優しいバスケットボール界のカリスマ佐藤勝利先生に渡したいと思います。ご期待ください。

ガンバレ科学系部活動生

地学の田上先生からブログを引き継いだ物理の安武です。

襷を託されてから一か月たってしましました。

その間に一年生の修学旅行や生徒理科研究発表会大分大会に行ってきましたので、今回は生徒理研大分大会について書きます。

 生徒理研九州大会は学年末考査直前の2/11(日),12(月)に大分の別府大学を会場に開催されました。開会式には、発表・運営の生徒総勢で400人を超える生徒が講堂に集まり、生徒の司会進行で幕を開けました。式の最後は次年度開催県(佐賀県)の生徒が元気よく佐賀大会への案内をしました。生徒主導が印象深い開会式でした。

個性豊かな科学系部活動の生徒達ですが、いざプレゼンが始まると自分たちの研究を分かってもらおうと熱心に語ります。九州大会に出場してくる研究は部員たちの思い入れも強く、見ごたえ(聞きごたえ)のあるものばかりでした。

本校からは、化学部がステージ発表、物理部がポスター発表に出場しました。残念ながら上位入賞はかないませんでしたが貴重な体験となりました。理数科がある第二高校は県下でも珍しく物理・化学・生物・地学の科学系部活動全分野が揃う学校です。それぞれ少数精鋭の部活動ですが、4分野が揃う伝統を大事にして欲しいと感じた2日間でした。

ところで、大会前日の10日(土)に別府入りしたのですが、その日は久しぶりに本降りの雨で波乱を予感させる出発でした。案の定、11日(日)から寒波の影響がもろに出て横殴りの雪が降る荒れ模様の中での大会になりました。気温も3℃までしか上がらないのにポスター発表会場のエアコンはエラー表示。本部に問い合わせたところ、「人が集まれば多少は暖かくなると思いますよ」という慰めにもならない回答。悪い予感は的中し、その日の宿泊先に行くと旅行業者のミスで予約が入っていない。夕食を取りながら待つこと1時間半、ホテルのご厚意で部屋を準備していただき何とか最終日を迎えることができました。最終日も朝から雪模様の天気で高速道路も一部不通との情報が入りました。山越えのやまびこ号は大丈夫かと心配しましたが、何とか予定通り帰り着くことができました。ハプニング続きでしたが「旅行にハプニングはつきものです」と動揺することなく語る2-S,K君の逞しさにハッとさせられた大会でした。ガンバレ科学系部活動生!!

 

では、野球部の練習試合解禁日が待ち遠しい中島先生にブログを受け渡します。

俺を咲かせるのは、俺だ!

 同期の池下先生よりブログのバトンを受け取って一ヶ月・・・遅れ過ぎて登場したのは第二高校地学の田上です。第二高校に赴任して3年が過ぎようとしています。本年度は1年3組の担任をさせてもらっています。今年もよろしくお願いします。今回は3年生と1年3組の生徒へメッセージです。

 先日、3年生を励ますためセンター試験会場へ足を運びました。生徒控室で黙々と最終見直しをやっている姿がありました。2日目の地学基礎どうだったかな・・・地学の教員として当然気になるところです。今の3年生は2年次より地学の授業を楽しく受けてくれていました。私自身も授業をしていて楽しかったです。皆さんは私にとって思い入れのある学年でもありました(2年生の時は担任をさせてもらいました)。センター試験では上手く力を出せた人、そうでない人がいるかと思いますが、今大事なことは早く気持ちを切り替えて次の2次試験に向けて走り出すことです。最後まで諦めず全力で走り抜け!!


 次に、1年3組の皆さんへ、もうすぐ1年が終わりますね・・・。4月の入学式からあっという間に時間が過ぎたように感じます。自分を意識的に成長させた部分はありますか。

『俺を咲かせるのは、俺だ!』

皆さんの物事に対する考え方、姿勢ひとつで状況は大きく変えることができます。個性を花咲かせることができるか否かは君たち次第です。この3学期は2年生に向けて気持ちを引き締め直し、甘えている自分には思い切ってムチを打とう!他人のムチに頼るな。自分に自分のムチを打て!!


 では、このブログバトンを次は物理の安武先生へ繋ぎたいと思います。よろしくお願いします。


 

 

 

第二高校で初担任

濱﨑先生から約一か月前にバトンをもらい(もらったことを忘れ)、福田先生の中継ヘルプが入り、ようやく書きました。

第二高校三年目の池下学です。現在2年7組の担任をしています。
二年前に部活動(女子テニス)の九州大会出場の記事を書いたので、今回はクラスのことを書こうと思います。

私は2015年4月に第二高校へ赴任しました。昨年初めて1年4組の担任をし、今年で担任歴2年となりました。

今年受け持たせていただいている2年7組は普通科理系クラスで男子が多いです。(現在39人中27人男子、12人女子)
私自身、日本史担当なのでド文系であり、男子がクラスの3分の2を占めるというような経験はありませんでした。高校時代は44人中男子14人、女子30人でしたので、今は高校時代と全く逆だな~と思いながら日々過ごさせてもらっています。

〇学級目標

これは一学期の最初にクラス目標をクラス全員が案を出し、その後多数決で決まったものです。あのときは第二高校で1位を目指す気概に溢れていました。その時の気持ちを思い出し、残り三か月間を過ごしていきたいと思います。

〇文化祭


〇修学旅行 


〇クラスマッチ・決勝戦試合直前 ソフトボール優勝!



四枚の写真を掲載しましたが、言いたいことは、

【かけがえのない充実した時間を子どもたちのおかげで過ごさせてもらっている】

ということです。第二高校は素直な生徒が本当に多いです。クラスでも授業でもあらゆるところでそう感じます。
子どもたちと一緒に成長する第二高校生活にしたいと思っています。

2017年もあと少し。頑張ろう!

次のバトンは、同期で仲良しの田上剛範先生へ!

にっこり 創造的復興とは。

池下先生にバトンが渡る前に中継します。化学科の福田です。

 私は放送部の顧問をしています。放送部の活動はアナウンス,朗読,ラジオ・テレビ番組の制作があります。先日,報道で昨年の熊本地震で益城町の地表に現れた「布田川断層帯」の活断層3カ所が国の天然記念物に指定される見通しになったという記事がありました。本校放送部もこのことについて,8月から取材を始め,益城町教育委員会学校教育課の坂本先生,活断層の地権者で農業をされている永田さん(坂本先生の教え子さんです。)にお話を聴く機会があり,興味深い内容がありました。

 坂本先生のお話の中で,「活断層があって大きな被害を受けたのですが,一方で断層は豊富な湧水をもたらしています。その湧水のおかげで益城町は農業が盛んな町になりました。これまで,断層から多くの恵みももらってきたのです。これからの私の仕事は,断層を先生方や子どもたちに科学的に正しく伝えること,また,この断層と向き合っていくことだと思います。」とありました。


 熊本地震後,益城町には多くの学術関係者が訪れています。そこで益城町の現状を説明する場面があります。今年の夏,益城町では,地元の小学生から高校生まで熊本地震,断層のメカニズムについて学ぶ「地震火山こどもサマースクール
in益城町」が開催されました。坂本先生もサマースクールの実行委員になっておられました。そこに参加した子どもたちは,現在,益城町に訪れた方々に断層ついて説明する活動を行っています。また,活断層の地権者の永田さんも御自分の畑を用いて地震の語り部として活躍されています。これらの世代を超えた取組は,まさに熊本県が掲げる「創造的復興」の姿ではないかと感じました。


 この取材で制作した本校放送部のテレビ番組「この町で出来ること」は,12月16日から開催される第1回全九州高等学校総合文化祭沖縄大会放送部門で発表します。第二高校の生徒にも番組を見てもらい,校内の探究活動の役に立てば幸いです。

では,バトンを池下先生に渡します。


 

競技の面白さを知る

生物のスペシャリスト免田先生からバトンを受け取りました英語科の濱﨑です。

第二高校2年目で1年生の副担任をしています。

 

免田先生からバトンを引き継いでからかなり時間が開いてしまい申し訳ありません。今回は、顧問をさせていただいていますハンドボール部について書きたいと思います。

 

私は今年度からハンドボール部の顧問になりましたが、それまでハンドボールには全く携わったことがなく、ルールを少しずつ覚えることから始まりました。ですが、ハンドボール「初心者」の私から見ると、プレー中の身体の接触が多く、「あれ、今のはファールじゃないの?」というプレーが正当なプレーであるものもあり、ルールを覚えるのにも苦労していました。

 

ルールを覚えるのに苦労したのは私だけでなく、今年入部した新入部員たちもそうだったようです。9名の部員とマネージャー5名の1年生が入部しましたが、彼らも中学校までハンドボールの経験がなく、ルールはもちろんプレー中のベースとなる動きや、ボールのキャッチングとスローイングを上級生に習いながら身体に覚えこませるところから始まりました。

 

徐々にベースの動きに慣れてくると、チームとしての連動した動きを身につけていく段階に移りましたが、単純に動きをこなすだけでなく、どういった状況でこの動きが必要なのか、その動きをすることでどのような展開が次に考えられるのか理解・予測することも求められます。日々の部内での練習だけでは、この実戦的な部分はイメージしづらいものですが、大会での上級生のプレーや、1年生大会で実際にプレーすることを通して、徐々にこういった実戦的な部分の理解が進んできているようでした。

 

このような実践的な部分の理解と同時に、このハンドボールという競技の奥深さにも生徒たちは徐々に気づいてきているように思います。私も素人目にではありますが、この競技の面白さに気づかされてばかりいます。ちょうど今、県の新人戦が行われていますが、本校も先日なんとか1回戦を突破することができました。勝ち進むことで生徒自身がより見えるようになる競技の面白さもあるかと思います。その面白さにどれだけ気づけるか、そしてその面白さをどれだけ知ろうとするのか、生徒たちの成長を見守っていきたいと思います。

 

また現在、震災による復旧工事のため校内の本来の場所で練習ができず校外での練習になっています。復旧工事が終わり校内での練習ができるようになって本校の他の生徒たちの目に触れることが出来るようになった際、「初心者」から始めた生徒たちが、今度はこの競技の面白さを伝えられるようになっていってほしいと思いますし、私自身もより競技の奥深さを知っていきたいと思います。


次は、2年生の担任をされている池下先生にバトンをお願いしたいと思います。

知らないことを知る楽しさを知る

皆様、はじめましてこんにちは。

今年度より、第二高校に勤めることになりました免田 隆大(めんだ たかひろ)です。

よろしくお願いします。

担当教科は生物で、現在はアーチェリー部生物部の顧問をしております。

中山先生からバトンをいただいてからはや2カ月、ようやくここに書くに至りました。

大変遅くなりまして申し訳ありません。

バトンをいただいてから何を書こうかなーと考えていましたが、やはりここは自分の専門分野について語りたい!!と思いましたので、自分が今までやってきて現在も携わっている生物について書きたいと思います。

どのような方が読まれているのか分かりませんので、面白くなかったらすいません^^;

私は現在、生物の授業を担当しておりますが、専門は、ヤスデ類の分類になります。

みなさんヤスデという生き物を御存じでしょうか?

よく植物のヤツデと勘違いされる方がいますが、いわゆる多足類という脚の多い生き物のグループに含まれる動物です。

ここにはさすがに写真を載せられないので、御存じない方や気になる方はぜひ検索してみてください^^

個人的にお勧めはアマビコヤスデヒラタヤスデです☆

ちなみに、熊本県には現在50種程度のヤスデが生息しています。

大きさは1mm前後の小さいものから、8cm程度の大型のものまで様々です。

体の色も、、白、黒、深緑薄桃乳白色などなど、実に様々で見た目にもとても楽しませてくれます^^

中には毛の生えたものまでいます!!(フサヤスデというグループです。)

幼いころから生物好きを公言している自分でも、ヤスデについては大学まで知らなかったので、知れば知るほど興味深く面白い世界だなーと感じています。

知らない世界を知ることはとても刺激になります。

私の場合、それが自分の専門とする生物の分野ならなおさらです。

私は、知的好奇心が強まり実際に自分から動くようになったのは大学からでした。

しかしもっと早くに動くことができていれば、もっと違う世界も見られたのではないかといつも思います。

現在、第二高校はSSHの指定を受けています。

SSHのおかげで、一部の特別な活動や取組が行われています。

このチャンスを活かして、生徒の皆さんにはぜひとも知らない世界に飛び込んで行ってもらいたいと思います。

さて、なんとなくまとまったところでこの辺で終わりたいと思います^^;

次は同じ1学年に所属しているデキる男、濱崎先生にお願いしたいと思います。

それではよろしくお願いします。