SSHニュース

第5回英語プレゼンテーション(理数科3年生)が開催されました。

7月5日(金)、理数科3年生による英語プレゼンテーションが行われました。

理数科では、入学直後から科学的探究能力を向上させるための取り組みを行っています。

その一つに、課題研究があります。

1年生では、プレ課題研究を行い研究の基礎を学びます。

2年生では、本格的に課題研究に取り組み、県内外の発表会や学会などに参加をしています。

そして3年生では、自身が行った課題研究を英語で表現するという取組を行っています。

この英語プレゼンテーションは、3年間取り組んできた課題研究の集大成ともいえる行事です。

 

今年は、熊本大学のグローバル教育カレッジから10名の留学生

フィリピン科学高等学校から20名の高校生をお招きして、このプレゼンを通して交流を深めてもらいました。

また、本校の理数科1、2年生や普通科・美術科の生徒もプレゼンを聞きにくるなど、

SSH事業の全校展開がとてもよく表現されていました。

緊張しつつも、一生懸命英語でプレゼンテーションしています。

少し慣れてくると笑顔を交えながらプレゼンができるようになっていました。

留学生からの質問にも英語で答えています。

終わるころには発表原稿を見なくとも、英語でプレゼンできるようになっていました。

 

2時間という短い時間ではありましたが、大変有意義な時間を過ごすことができました。

終了後の生徒たちからは、もっと英語を勉強したい!という声も聞こえてきました。

「主体的・対話的で深い学び」の1つの在り方を見ることができたと思います。

 

最後に全員で記念写真をパシャリ☆