2018年1月の記事一覧

1学年テーマ研究発表会

 1月11日(木)LHR相当の時間に1年生の普通科、美術科、理数科によるミニテーマ研究発表会を行いました(理数科は課題研究)。
 各クラス代表2班、美術科・理数科は3班、それぞれの科の持ち味を生かした発表となりました





 理数科手作りVR

 今日はとても寒く、カメラのレンズが曇ってしまったのか、写真がどれもピンボケでした。後日、他の写真も掲載します。

平成29年度GRⅠ・ASⅠ・SSⅠ
「テーマ研究発表会」発表班一覧
テーマ
1POWER OF THE YURUKYARA世界で1日に使う電力を
太陽光発電だけで賄うには?
2健軍商店街リニューアルオープン科学の発展が与える仕事への影響
3県ごとに学力の差があるのはなぜ?なぜ文理選択の比が5:5にならないのか?
4モテるゆるキャラの鉄則!Forth Of Frictions
5もし宿題がなかったら・・・?環境と身長の関係
6睡眠と集中力の関係ゆるキャラが誕生すると県がGrow upする!?
7アツアツの天津飯を食べたーい!!少女漫画を徹底解剖!!
8きれいな水をつくる!外来種の実態
A子どもに好かれる動植物園を目指そう次世代型防災リュックの開発
 アクリル絵の具の開発 
S白昼と夕方の太陽スペクトルの色の割合の分布疲労と睡眠の関係
~理数科のみんなに快適な眠りを~
 情報科学
~VRとは?~
 

 三科合同のテーマ研究発表会も5年目です。
 美術科は絵の具を作ったり、絵の具の廃液の浄化を考えるより科学的な研究テーマが増えました。また、デザインを通して、震災について考える班、震災後の動植物園を応援する班、美術史に正面から取り組む班と美術の多様性を感じさせました。
 理数科はScienceのスペシャリストを目指す人材らしく、内容・検証・発表全てにおいて、普通科、美術科へのお手本となってくれました。また、研究を深めるだけでなく、伝えることのスキルも年々向上しているのを感じます。
 普通科はテーマを一見すると簡単な内容に感じるかもしてませんが、「理系と文系はなぜ・・・?」の班は数学への展開ですし、「天津飯」も実験を通して科学的な検証を深めています。(さぞおいしい実験だったと思います)
 今回、特に熱かったのが「もし宿題がなかったら?」班です。ただの愚痴ではありません。自分たちでアンケートをとって宿題にかかる時間と成績の相関関係を検証し、第二高校生にとってベストの課題量を提案しています。そして、学校全体を巻き込む教育実験を考えていますが、どうなるでしょうか?
 内容は科学そのものではなくとも、大切なのは課題を発見し、それを論理的に検証し、結論に導く。そして、自分たちの思いを的確に伝える。というプロセスが何より大切なのです。
 3月のSSH成果発表会が楽しみです。