2019年6月の記事一覧

英語で考える→「みつめる・きわめる・つなげる」~GRⅢ

 3年生GRⅢ(学校設定科目グローバルリサーチⅢ)では、テーマ研究の総仕上げとして、2年次の地震の探究ポスターを英語に翻訳する活動を行いました。

 英語による表現「グローバル」は①テーマ研究を異なる表現形式でプレゼンテーションすることで内容をブラッシュアップする、②英語に翻訳することで論理性を高めることを目的としています。

3時間という短い時間でしたが普通科8クラスと美術科で行いました。まずは表現してみよう、相手に伝えるために試行錯誤することを第一としています。この活動で、指導者側も気が付いたことは、「英語で考え、プレゼンテーションする」ことは第二高校SSHのテーマを体現する活動であったことです。

◆みつめる力→英訳によって課題を再発見する 

 ※例「ものづくり」って英語で何???から、その本質を考えるきっかけとなる。

◆きわめる力→英訳は論理的な思考を身につけるのに有効である

 ※英訳しやすいように日本文を見直し、文章が洗練される。

◆つなげる力→教え合いによって、互いの尊敬が生まれる。相手に伝えることをあきらめず、試行錯誤する態度が身につく。

 

 GRⅢ「グローバル」は第二高校では今年初めてであり、全クラスが英語による表現を行うなかなか難しい内容でしたが、脳をフル回転して取り組んでくれました。

 2学期はこれら英語のレポートを評価し、フィードバックする活動を行います。この新しい取り組みに協力いただいた先生方、外部機関の皆様本当にありがとうございます。そして、このGRが3年生の夢につながることを祈っています。