《インテリア科の歴史》 昭和23年木材工芸科新設 → 昭和38年工芸科へ名称変更 → 昭和48年インテリア科へ名称変更

インテリア科blog

前期技能検定について(インテリア科)


 7月末の前期技能検定を受検した生徒に、合格証書が届きましたので紹介します。
 受検したのはインテリア科3年の女子3人で、全員が建築大工の3級に合格しました。3人とも運動部のマネージャーをしており、実習で木工を専門にやったわけでもありませんでしたので、放課後や休日を使って練習しました。失敗の繰り返しでしたが、めげずに取り組んだ成果です。


 後期技能検定も、1年生2人と2年生1人が申し込んでいますので、全員合格できるよう頑張りたいと思います

庄菅原神社への絵馬奉納(インテリア科)

インテリア科グラフィックデザイン班で取り組んだ、熊本市北区にある庄菅原神社拝殿新築にともなう絵馬の再現作業。

10月8日に拝殿の落成式が行われ、グラフィックデザイン班のメンバーも式典に参加してきました。

 

 

奉納した絵馬は2枚

天の岩戸からアマテラスが出てくる場面の絵馬と、力士の土俵入りの絵馬です。



テレビ局や新聞社の取材もあり、生徒たちにとってとても良い思い出になりました!

造形実習(インテリア科)


インテリア科2年と3年の造形実習では、陶芸に挑戦中です。今回は2年生の様子を紹介します。

この日は3回目。前回制作した器の高台削りからです。
中心を出して粘土で固定したら、ヘラで高台を削り出します。
しかし、そこは初心者ですから簡単にはいきません。3個は底が抜けてしまいました。調子にのって削りすぎてしまったのです。写真はうまく出来たものです。
 

その後は次の作品を作りました。基本のひも造りです。

 

形にする作業が早くはなったのですが、こんな失敗も。
口切りで弓が別のところに当たってしまったのです。



それでも、一時間でこれくらいの形にすることができるようになりました。
なかなかの上達っぷりだと思います。




まだまだいろいろな工程がありますが、自分なりの形を作り出せるように取り組んでいきたいと思っています。














日頃取り組んでいる学習内容を発表する場として、インテリア科作品展を開催しています。平成26年度より、ゆめタウン八代にて8月(夏)と2月(冬)の年2回開催しています。




インテリア科では家具デザインコンテストやものづくり競技大会、各種コンペ・コンテストに出場または出品しております。また地域貢献できる技術ボランティアも行っており、それらの取り組みは度々新聞などでも取り上げていただいてます。



技能検定(建築大工) カラーコーディネーター検定 福祉住環境コーディネーター検定
初級CAD検定    グラフィックデザイン検定  レタリング検定
トレース検定     ワープロ検定        プレゼンテーション検定
その他学校全体で取り組む資格検定などもあります。




インテリア科の進路は他の科と違い様々ですが、どのような企業に就職してもインテリア科で学んだデザインする力、創造する力、カタチにする力は役立ちます。ものづくりはデザイン無しでは成り立たないからです。また興味を持ったものづくりをさらに学ぶために専門学校や大学に進む生徒が多いのも特徴です。