新着情報

農業科 NEWS

今、圃場は食材の宝庫!!(農業科)


 今週の農業科は情報満載です!
 作物の圃場に目をやれば、収穫目前の水稲とハトムギ。最近急激に成長しはじめたネギ・ジャガイモ・里芋・白菜・キャベツ・大根・カブ。野菜のハウスではメロン・スイカ。そして、昨日定植を行ったイチゴ。う~ん、農業科の圃場にいるだけで主菜からデザートまで何でも食材が揃いそうですね(^.^)




1週間でこんなに!?(農業科:開放講座)


 開放講座で定植した野菜は順調に成長しています!1週間前の写真と見比べると随分大きくなったのがわかります!

 また、大根が間引きの時期を迎えました!
 ご都合のよろしい時間に農場へお越しください。
 ※栽培の詳細につきましては16時以降にお越しいただくと職員がご説明いたします。



写真左側:先週の状況              写真右側:10月2日の状況
<上:白菜>
<中:キャベツ>
<下:大根>

人気の玉ねぎの苗作りスタート!(農業科)


 昨日の5限目。ふら~っと農場を歩いていると、農業科1年生が玉ねぎの播種を行っているところを発見!担当の職員のもとに駆け寄り詳しく話を聞くと、毎年多くの方からご注文をいただく玉ねぎの苗を作っているところだそうです。小さな種を丁寧に筋蒔きし、土寄せ、潅水、コモ掛けと、手際よく無駄のない作業をしていました。今後の生育が楽しみです。今年もたくさんのご注文をお待ちしています!!

 また、その圃場の周りに目を向けると3年生が刈払機で草刈りをしていました。熊本農業高校が綺麗な環境を維持できているのもこうした生徒たちのおかげなのだと改めて感じることができました。


稲刈りを目前に控えて(農業科)


 水稲の収穫を目前に控え、コンバインの点検を行いました。5月の大麦収穫と10月の水稲収穫の年に2度しか始動しないコンバインですが、担う役目は非常に重要なものです。収穫中に故障しないよう丁寧に分解・清掃をしました。整備士さんが部品を一つ一つ取り外しながら丁寧に説明をして下さり、生徒たちは初めて見るコンバインの構造を興味深そうにみつめていました。

農業は虫との戦い!(農業科:開放講座)

 朝夕めっきり涼しくなり、人も植物も過ごしやすい環境になってきました。生徒は実習に励み、それに応えて植物もみるみる大きくなるという良い相互作用がうまれています。しかーし!!過ごしやすいのは虫たちも一緒で、ヨトウムシや青虫が大量に発生(^^;) 雨続きで殺虫剤の散布ができない期間にあっという間に被害が広がってしまいました...。虫が食うほどおいしい野菜!とよく聞きますが、やっぱり消費者からしたらきれいな野菜のほうが好まれますよね。これからしばらくは虫との戦いの日々が続きそうです。


<左上>食害を受けた白菜
<左中>本葉が出た大根
<左下>キャベツ
<右上>ヨトウムシ
<下中>白菜の生育状況
<右下>本葉が出たカブ

早くも発芽しました!(農業科:開放講座)

 先週土曜日(9月15日)に播種した大根とカブが発芽しました。適度な気温と降雨のおかげであっという間に芽が出そろいました。また、白菜とキャベツも活着したようで葉が一気に大きくなり、ハリがでてきました。今後は週に1回ペースで生育状況を更新しますので、農業科のホームページをご確認ください。



<左上>カブの発芽の様子
<右上>大根の発芽の様子
<左中・右中>キャベツの生育状況
<左下・右下>白菜の生育状況

美味しい野菜は蜂のおかげ!?(農業科)

 「働き蜂」とはよく言ったもので、カメラを向けている間も休む暇なく花から花へと飛び回っています。早朝8時にもかかわらず、メロン温室内は30℃もありました。何もしないでも汗がにじみ出るような環境の中、ただカメラを構えるだけの私をよそに、蜂たちは本当によく働くなぁ~と朝から感心してしまいました。



<左上>イチゴの苗
<左中>イチゴ温室の様子
<左下>スイカの生育状況
<右上>メロンの花に止まったミツバチ
<下中>スイカの花
<右下>メロンの生育状況

開放講座「秋野菜をたのしもう」(農業科)


 9月15日(土曜日)に開放講座が開講されました。農業科では「秋野菜を楽しもう」をテーマに、白菜、キャベツ、大根、カブの定植を行いました。気温30℃とまだまだ残暑が厳しい中での作業でしたが、ご参加いただいたみなさんは熱心に作業に取り組まれていました。また、今回は作物専攻の3年生が講師として参加してくれ、農作物のことや学校生活のことなど、いろいろな質問にきちんと受け答えをしてくれました。コミュニケーション能力の高さが垣間見えた瞬間でした。

休憩中の一コマ(農業科)

 先日の実習中での出来事。
 5・6限目の授業の間に10分間の休憩をとったところ、合鴨の周りに生徒たちの輪ができていました。泳いでいる姿を眺めている生徒もいれば、抱き上げて膝の上に乗せている生徒もいました。ヒナの頃から育ててきたことで、生き物を大切に扱う優しい心が自然と身についていたのかもしれません。ほのぼのとした農業高校ならではの光景に、見ている私の方まで心が穏やかになりました。

エサ取り合戦!(農業科)

ピッ、ピィー♪と宮崎先生の声が響く。これはアイガモたちのエサの合図。その声を聞くやいなやアイガモたちは猛然とエサ場へダッシュします。水鳥ってこんなに足が速かったっけ!?本当にビックリしました(^.^;)熊本農業高校に来て約1ヵ月半、アイガモたちはこんなに大きくなりました。宮﨑先生のポケットに入っていた頃が懐かしく感じます。

 

この植物をご存知ですか?(農業科)

 ハトムギ、玄米、月見草~♪のCMでお馴染みのハトムギ!では、実際の植物体を見たことがあるという方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?恥ずかしながら私は今年初めて知りました(^ ^;) 一説では美容に効果がある!ということで注目度も上昇中のこのハトムギ。ご興味のある方は、農業科の圃場まで足をお運びください。なお、圃場には日影がございませんので、熱中症対策はお忘れなく!

今週のアイガモ情報(農業科)


 「ピー、ピー」と可愛らしく鳴いていた頃が懐かしく感じる今日この頃。農業科のアイガモは日に日に大きく育っています!最近は鳴き声も力強くなり、成鳥への階段を一段一段登っている様子が伺えます!行動範囲が広がり、食欲も旺盛で今日もせっせと働いてくれるアイガモたち!今年も美味しいお米をよろしくお願いします(^人^)

アイガモは順調に成長中!(農業科)


 6月28日の到着から12日が経過したアイガモたち。熊本農業高校の環境にも慣れたようで、最近はエサの食い込みもよく、すくすくと成長しています!水に浸かって泳ぐ素振りをみせたりと、日に日にたくましくなってきました。水田に放たれる日も近そうです。

農業の朝は早い!!(農業科)


 午前7時30分。農業科の目玉商品の高級マスクメロンの収穫が始まりました。メロンに傷をつけないよう1個1個慎重に、丁寧に収穫していました。1玉1000円~(サイズ別)と、お求めやす~いお値段です!日頃頑張っている自分へのご褒美でもよし!大切な方への贈答品としてもよし!生徒たちが丹精込めて栽培したメロンを是非ご賞味ください。

熊農名物!1年生一斉田植え!(農業科)


 本日は絶好の田植え日和!午後から1年生全学科による一斉田植えが行われました!慣れない手つきで一本一本丁寧に植え付けをしている生徒たち。中には足をとられてバランスを崩してしまう生徒もちらほら。最初は汚れることに抵抗を感じていた生徒も、最後は泥がかかっても気に留めず、笑顔で作業に励んでいました。田植えを通していい経験ができたようです。また、時を同じくして合鴨も到着しました。生まれたての小さなヒナが「ピー、ピー」と鳴く姿は、どれだけ眺めていても見飽きません。学校にお寄りの際は是非農業科の実習室まで足を運んでいただき、可愛い合鴨たちに癒されて下さい。

田植えスタート!(農業科)


 昨日より田植えが始まりました。農業科3年の作物専攻生が慣れない手つきで田植え機を操作をしていました。真っ直ぐに植えつけられた生徒も居れば、グニャグニャになってしまった生徒もちらほら...。乗車中は真剣な面持ちで取組み、降車後は苗の根切りをしながらほかの生徒の様子を見て談笑している姿がありました。農業を通じてとても良い勉強と経験ができているようです。

旬の農産物が豊富です!(農業科)

 今朝学校に着いてみると、農場から元気な声が...。気になって近づいてみると野菜専攻の3年生がスイカを収穫していました。朝どりの美味しいスイカを皆さんに届けるべく、生徒たちは7時半から収穫に励んでいたそうです。改めて熊農生の頑張りを目の当りにすることができました。
 スイカにトマト、スイートコーン、ジャガイモ。熊農の旬の農産物を是非ご賞味ください!

※メロン(品種:アールスヴェルダー)も予約受付中!収穫は7月上旬の予定です。
 詳しくは農業科野菜担当 廣田・鉄島 にお問い合わせ下さい。




<写真>
左上:トマト(品種:桃太郎) 200円/袋
右上:スイートコーン(品種:ゴールドラッシュ) 100円/本
右中:ジャガイモ(品種:アンデスレッド) 100円/袋
左下:スイカ収穫中の野菜専攻生
右下:スイカ(品種:ひとりじめBonBon) 500円~1300円/玉※サイズにより価格が変わります。

先週の作物実習(農業科)


 先週の農業科は大忙しでした。大麦の収穫に始まり、水稲の播種まで生徒たちは本当によく頑張ってくれました。

 大麦の収穫直前には、県立大学の学生さんをお招きし、本校作物専攻生とともに講師の浦松さんから大麦についての講義をいただきました。
 
 
 
 また、同時に水稲も播種の時期を迎え、生徒が播種機で1箱1箱丁寧に播種をしてくれました。その数、全部で800箱!!約7時間を費やし、最後の1箱まで集中して頑張っていました!

農場はとてもにぎやかです!!

 スイカ、メロン、トマトにトウモロコシ!農業科の農場は今、とても彩豊です!
トマトは今月中に販売が開始される模様で、その後はトウモロコシ、スイカ、メロンと順次販売ができそうな状況です!収穫まで今しばらくお待ちください!
 生命力に溢れる農場は、見ていて活力が湧いてきます!


(右上)袋掛けをした後のメロン
(左上)トウモロコシの様子
(左中)スイカの様子
(左下)着果したスイカ(まだまだ小さいですね)
(下中、下右)トマトの様子

いよいよ稲の季節です!(農業科)


(左上)水稲について勉強中
(上中、右)選種作業の様子。浮いてきた種子は未熟なので取り除きます。
(左下)浸種前の種子。これから4日間、水に浸します!!

 今年は良い米が収穫できるでしょうか!?収穫期を乞うご期待!!

春、農場の様子。



(右上)春はスイカ、秋はイチゴ用のハウスを準備中
(中上)当番実習
(左上)水はけをよくしています
(下段)オオムギを栽培しています。緑が綺麗です。

校内プロジェクト Ⅱ類最優秀賞

校内プロジェクト発表会において、古家さん(2A)他3名の研究『ハート形スイカの商品開発~幸せを新たな形で、農高生からの贈り物~』がⅡ類の最優秀賞を受賞しました。平成30年6月に行われる県大会に学校代表として出場します。