お知らせ

人吉高校記念図書館は地域のみなさまにもご利用いただけます。
   開館日時:平日9:00~16:30
       (学校行事に伴い、変動する場合があります。)
   貸出条件:10冊(2週間)まで

 


 ※ご利用の際は、まずは事務室へ「図書館利用の来校」の旨をお伝えいただいてから、ご来館ください。
 ※登録には身分証が必要です。詳細はカウンターにて学校司書へお尋ねください。

図書館より

人吉高校 図書館からのお知らせです

〈図書館〉ひな飾り&「令和」特集

梅の花が早くも咲き始めているようですね。

図書館入口には、今年も7段の立派なひな飾りがお目見えしましたキラキラ

また、梅の花が咲き始めるこの時期に合わせた展示が入口にあります。
元号の「令和」が『万葉集』(梅花の歌の序文)を基にしていることにちなみ古典作品(和歌に着目した展示です。
古典作品から現代の本へ旅してもらえるよう、和歌の解釈に合わせて、現代の本でおすすめの一冊を図書委員が紹介しています。
どんな和歌に対して、どんな本が紹介されているかはぜひ見に来てください。

0

〈図書館〉企画:ブックドア

とある書店で「ブックドア」企画をみた図書委員の生徒(3年1組の2名)が、「自分たちもやってみよう!」と思い立ち、制作してくれた力作です3ツ星
ドアのデザインには、人高キャラクター「じんきち」を描いてオリジナルの扉にする工夫が花丸

ブックドアは、ドアの扉にPOPやテーマが貼ってあり、気になる扉を開けるとテーマに沿った本が隠されている、という仕組みです。

3年1組は「文Ⅰ」クラスとも呼ばれ、公務員などの就職や、保育系や芸術系の学校への進学を目指す人が多いクラスです鉛筆
今回、その「文Ⅰ」クラスでよく利用されていた本を集めて、10のテーマに分けてドアの奥へ本を潜ませています。
卒業間近の3年生からの、素敵な置きみやげ、ならぬ置き展示?!

ぜひ、文系・理系にかかわらず、気になるドアを開けて、新たな本との出会いをお楽しみくださいキラキラ

0

<図書館>『れんが館倶楽部』冬休み号を発行

図書委員の生徒が季節ごとにテーマを決めて本を紹介しているお便り「れんが館倶楽部」。
冬休み号の特集は、「クリスマス」と「家族&団らん」です。
クリスマスパーティにぴったりの料理や小物づくりの参考になる本や、年末年始はいつもより家族と過ごしたり、人が集まる機会が多かったりするので、話しの種になりそうな本を紹介しています。

いよいよ明日は終業式!
図書館の本を借りて、冬休みは暖かい部屋で、ほっこり読書をしてみませんか?

0

<図書館>本の福袋

冬休みに向けた長期特別貸出のスタートに併せて「本の福袋」企画を始めました。
図書委員がお薦めの本を2,3冊ずつ紙袋に詰めて、クリスマスプレゼント風に準備したものです。
「福袋」ですので、中の本に何が入っているかは、借りて開けてからのお楽しみ音楽

本のテーマとなるカードや、人高のキャラクター「じんきち」くんをアレンジじたシール等で袋を可愛く飾って、再利用できる工夫もしています。
紙袋は、本の貸出バッグとして使ってもらってもいいですねひらめき

0

〈図書館〉12月の図書館だよりを発行しました

図書館タイムズ12月号.pdf」「新着図書案内12月号.pdf」ご覧ください。

図書館入口にクリスマス展示をしていましたが、カウンター前にも大きなツリーが登場!

(ある先生のお家から借りてきました。)

「みんな de 飾ろう」と題して、ツリーの側に飾りを置いておきました。すると、あっという間に利用者がいろいろと飾りを足してくれて、一気に華やかになりました星

0

〈図書館〉イチョウの葉

毎年、図書館の窓から臨むイチョウの木が色づく姿は、とっても素敵です。
写真は11/25の様子で、残念ながらこの1週間ですっかり散ってしまいましたが・・・。

『イチョウの絵本』濱野 周泰編/農山漁村文化協会(2016年)に
「イチョウの葉には、虫よけの効果があるとむかしからいわれてきた。(中略)紙を食べるシミなどの虫もよせつけないので、イチョウの葉を本のしおりがわりに本に挟んでおく人もいる。」(p37)
と紹介してあります。
図書館でも久しぶりに、図書委員が拾ってきたイチョウの葉でしおりをつくって、配付してみました。
しっかり乾燥させて押し葉にするのがポイントです了解

 

0

<図書館>「お仕事小説」特集

図書委員会が毎月テーマを決めて制作している展示コーナー
今回は、11/23「勤労感謝の日」にちなみ、働く大人たちの背中に迫れ!と題してお仕事小説を集めています。
さまざまな職業を身近に感じ、働くことについて考えて欲しいとの図書委員たちの思いが込められた展示です。

できるだけ、たくさんの職種になるよう本を準備しましたキラキラ

小説の主人公が就いている、さまざまな職業に着目して本を読んでみるのも面白いですよピース

 

0