部活動結果

2019年度城南大会の結果

結果は報告順に掲載しております

 

硬式テニス部

男子団体

予選
八代工業3-0松橋
八代工業2-0甲佐

決勝トーナメント
準決勝
八代工業2-0宇土
決勝
八代工業2-1八代

優勝(三連覇)
ケガ人もなく良い試合ができました。

 

空手道部

男子個人形
八代工業2-3秀岳館 1回戦敗退
女子個人形
八代工業1-4秀岳館 1回戦敗退

 

バドミントン部

男子
予選リーグ
八代工業 5-0 小川工業
八代工業 5-0 甲佐
決勝トーナメント
準決
八代工業 2-3 秀岳館
3位決定
八代工業 3-1 八代 第3位

女子
予選リーグ
八代工業 1-4 八代東
八代工業 5-0 松橋 予選敗退

応援ありがとうございました

 

柔道部

男子団体 3位
男子個人
73キロ級
川上(M2A)優勝
中村(M3A)2位
90キロ級
坂口(M2A)3位
90キロ超級
中野(C3)優勝
中山(E3B)3位
女子個人戦
軽量級
田中(S3)2位
岩本(M2A)3位
重量級
吉田(M3B)2位

 

男子卓球

団体
1回戦 八代工3-1八代
準決勝 八代工3-0秀岳館
決勝 八代工3-0八代清流
優勝


個人
1位 豊田
2位 豊永
3位 濱崎

 

 

女子卓球

団体
八代工業 3-0 秀岳館
八代工業 3-1 八代
八代工業 3-0 八代東
結果 優勝

個人
2位 岩本 來夏(s1)
3位 園田 美優(s3)

 

男子弓道

 団体
一次予選 
 男子A 20射12中 ⇒ 二次予選進出
 男子B 20射 8中 ⇒ 二次予選進出
二次予選
 男子A 20射16中 ⇒ 決勝リーグ進出
 男子B 20射6中 ⇒ 敗退
決勝リーグ
 1回戦 ○八工A 18-13 八代
 2回戦 ×八工A 13-14 秀岳A
 3回戦 ○八工A 17-13 小工A
 4回戦 ○八工A 16-14 秀岳B ⇒ 3勝1敗 ⇒ 準優勝

個人
決勝
 山下 ○○× ⇒ 3位(遠近法により)
 橋口 ○○× ⇒ 順位なし(遠近法により)

 

サッカー

準決勝:八代工業0-0(PK3-4負け)

 

男子バスケットボール部

Aパート優勝

 

女子バスケットボール部

八代工業 61-21 矢部高校 八代工業 64-50 芦北高校 Cパート優勝

 

ハンドボール部

1回戦 八代工業23対12水俣 決勝戦 八代工業14対22小川工業  結果:準優勝

 

女子弓道部

団体
一次予選 
 16射5中 ⇒ 決勝進出決定戦
決定戦

  4射2中 ⇒ 決勝リーグ進出
決勝リーグ
 1回戦 ×八工    5-8   水俣
 2回戦 ×八工    4-9   宇土
 3回戦 ×八工 9+0-9+2 八代A
 4回戦 ○八工    3-10  秀岳館 ⇒ 0勝4敗 ⇒ 5位

個人
準決勝
 吉田 ×○○× ⇒ 入賞なし

 

 

平成31年度全九州高校ハンドボール競技大会県予選(4月13日(土))

平成31年度全九州高校ハンドボール競技大会県予選1回戦は宇土高校と対戦し、31対32で負けました。前半は13対20と7点リードされる苦しい展開でしたが、今までのチームとは違い、後半は粘り強さを継続できました。
 新チームになり、大会毎に「セットオフェンス」、「ディフェンス」、「速攻」というテーマを決めて取組んでいたため、今回が「総合力」というテーマで大会に臨みました。結果は悔しさの残るものでしたが、テーマにそった練習の成果を発揮できる場面(収穫)もあり、総体に向けた課題(個人のディフェンス力、シュート力)を明確にすることもできました。次は城南大会、朝田旗と大会が続きますので、結果につながるようにしていきたいと思います。

文化部の活躍(2018年度)

総文祭以降の活躍をご紹介いたします。

 

写真部

第2回全九州高等学校総合文化祭《鹿児島大会》写真部門
文化連盟賞 橋本(M2B)

熊本県高等学校文化連盟写真専門部 前期写真コンテスト
優良賞 宮村 (S2)題名「未知との遭遇」
優良賞 森 (S2)題名「楽しいトンネル」
 
「くまもと教育の日」フォトコンテスト
 熊日賞 森山 (顧問)題名「墨壺を引く」
入選 
東 (M1B)題名「八代海の清掃活動」

「土木の日」絵画・写真コンクール
金賞 宮村 (S2)題名「カーブを描く上下道」
銀賞 柴田 (M2A)題名「鑑内橋」
銀賞 東 (M1B)題名「球磨川堰」
銀賞 曽佐 (M1B)題名「夕日に照らされるテトラポッド」
銅賞 松田 (M2A)題名「漂流物を堰き止める八の字橋」
銅賞 長尾 (J2)題名「暗闇に水を満たす用水路」
 
熊本県高等学校文化連盟写真専門部 後期写真コンテスト
優良賞 長尾 (J2)題名「落ち葉のシャワー」
優良賞 宮村 (S2)題名「トーテム メイト」

平成30年度高文連写真専門部コンテスト 団体の部 2位 
  
【研究部門】
熊本県高等学校生徒理科研究発表会
研究「ドップラー効果を用いた重力加速度の測定 」  優秀賞 
柴田(M2A)・松田(M2A)・森(S2)・東(M1B)・曽佐(M1B)

熊本県科学研究物展示会
研究「ドップラー効果を用いた重力加速度の測定 」  優賞 

柴田(M2A)・松田(M2A)・森(S2)・東(M1B)・曽佐(M1B)

 

インテリア科ものづくりクラブ

第15回熊本県高校生ものづくりコンテスト 家具工芸部門 金賞 福田(S3)

 

機械クラブ

第15回熊本県高校生ものづくりコンテスト 旋盤作業部門  金賞 今村(M3B)

第17回高校生ものづくりコンテスト九州大会 旋盤作業部門 優勝 今村(M3B)

第3回熊本県高校生溶接技術競技会  団体優勝 岩田、今村、才荷
個人準優勝 才荷

個人優秀賞 岩田、今村
個人優良賞 槌田
 
第11回九州地区高校生溶接技術競技会 団体4位 岩田、今村、才荷
個人優秀賞 岩田
個人優良賞 才荷

 

 

運動部の活躍(2018年度)

高校総体以降の団体個人のベスト8以上をご紹介します。

 

陸上部

平成30年度熊本県学年別陸上大会 1年女子走高跳 第2位 泉

平成31年度熊本県高等学校新人陸上競技大会 3000mSC 第4位 松本

 

柔道部

平成30年度熊本県高校柔道大会 男子団体ベスト8

男子個人戦  66㎏級  3位 荒木(E2A)

男子個人戦  73㎏級  ベスト8 川上(M1A)

女子個人戦  63㎏級  優勝吉田(M2B)

女子個人戦  48㎏級  3位 田中(S2)

女子個人戦  57㎏級  3位 岩本(M1A)

平成30年度 九州新人高校柔道大会 女子個人戦  63㎏級ベスト8吉田(M2B)

 

硬式テニス

熊本県高等学校夏季選手権大会

1年男子シングルス ベスト8 渡邊

1年男子ダブルス ベスト8 花園・渡邊

2年ダブルス ベスト8 堤・加賀野

全国選抜テニス選手権県予選 男子団体ベスト8

熊本県高等学校冬季ダブルス選手権大会

男子Bクラス 優勝 水田・丸野準 3位 渡邊・花園

スリクソンチャレンジカップ高校1年生団体戦ベスト8

秋季八代オープンダブルスBクラス 優勝 堤・加賀野

球磨郡協会長杯ダブルスBクラス 優勝 渡邊・花園

八代市協会長杯シングルスBクラス 3位 花園

 

男子卓球部

新人大会 団体3位(九州大会出場)

 

男子バスケットボール部

ウインターカップ県予選 ベスト8

 

ソフトボール部

選抜大会熊本県予選 3位

 

男子弓道部

県新人 団体4位  個人3位 松永  5位 中村

県選抜 団体初優勝

全国選抜 団体3位

1年生大会 団体技能優秀賞 個人3位 山下

 

野球部

八代地区1年生大会 優勝(10年ぶり)

 

 

 

 

 

 

熊本県高校卓球新人大会3位(男子卓球部)

10月27日28日熊本県立総合体育館

予選リーグ 
八代工3-0天草拓心 
八代工3-0熊本西
 
予選リーグ1位
決勝トーナメント進出 
八代工3-0有明

ベスト4による決勝リーグ
八代工0-3慶誠
八代工0-3開新
八代工3-2熊高

結果3位

北九州で12月に行われる九州大会出場決定

硬式テニス部新人戦団体戦ベスト8


全国選抜の県予選であり、昨年惜しくも逃した九州大会出場を今年こそはと言う気持ちで挑みました。

夏の大会の個人戦でなかなかポイントをとれる組み合わせでなく、第8シードとして準々決勝で第1シードと戦わなければならないという組み合わせとなりました。

結果

2回戦 対開新
シングルス1 堤6-5(2)
ダブルス1 水田花園3-3相手負傷により棄権
シングルス2 加賀野6-0
ダブルス2 鍬田丸野2-0(切)
※結果としては3-0での勝利でしたが、相手には力のあるシングルス3が控えていたため、接戦となったシングルス1をものにできたことが勝ちにつながりました。

3回戦 対東稜
シングルス1 堤6-4
ダブルス1 水田花園6-4
シングルス2 加賀野0-6
ダブルス2 鍬田丸野3-6
シングルス3 渡邊7‐5
※2-2で迎えたシングルス3。相手の粘り強いテニスに苦しみましたが接戦をものにしてベスト8進出。
この試合もどちらがシングルス1、ダブルス1ともに接戦を勝利できたために勝てましたが、薄氷の勝利となりました。

準々決勝 対マリスト(第1シード)
シングルス1 水田0-6
ダブルス1 堤加賀野6-2
シングルス2 鍬田0-6
ダブルス2 花園丸野6-4
シングルス3 渡邊1-6
※圧倒的なシングルス3本の力を有するマリスト高校に対し、何とかダブルス2本を取ってシングルス3の試合にプレッシャーをかけチャンスを探りましたが勝利することはできませんでした。


全国選抜県予選は目標としてきた九州大会出場はかなわず、ベスト8という結果でした。

全九州高等学校選手権新人水泳競技大会


平成30年9月29日に全九州高等学校選手権新人水泳競技大会(末弘杯)が行われ、水泳部が参加してきました。

男子50m背泳ぎ 
37位 松下

男子400m個人メドレー 
13位 西村

男子400mフリーリレー 
23位 原田、西村、井樋口、杉浦

男子400m自由形 
24位 原田 
30位 井樋口 
杉浦 棄権

男子200m個人メドレー 
13位 西村

熊本県高等学校水泳選手権新人戦

男子400mメドレーリレー 予選 
原田、井樋口、西村、杉浦 
4位通過 決勝進出

女子400m自由形 タイム決勝 
田島遥 6位

男子400m自由形 タイム決勝 
原田  3位 
杉浦  4位

男子100mバタフライ タイム決勝 
西村  5位

男子100m自由形 タイム決勝 
古庄  67位 
寺本  55位 

男子100m 平泳ぎ タイム決勝 
森下  23位 
松元  30位 
下山  29位 
井樋口  10位

男子400mメドレーリレー 決勝 
原田、井樋口、西村、杉浦 
4位


2日目 
男子400mリレー 予選 
杉浦、井樋口、西村、原田 
2位通過

男子200m 個人メドレー タイム決勝 
松下  11位 
井樋口  5位 
原田  6位 
西村  2位

男子200m自由形 タイム決勝 
杉浦  6位 
田川  16位

女子200m自由形 タイム決勝 
田島  2位

男子200m 平泳ぎ 
森下  12位 
下山  13位

男子50m自由形 タイム決勝 
古庄  97位 
緒方  100位 
寺本  67位 
田川  68位 
田中  98位

男子50m背泳ぎ タイム決勝 
緒方 21位 
松下  10位

男子50m平泳ぎ タイム決勝 
田中 44位 
松元  19位

男子400mリレー 決勝 
杉浦、井樋口、西村、原田 
5位 

夏季選手権大会の結果(硬式テニス部)



8月8~10日にかけて熊本県高等学校夏季テニス選手権大会がおこなわれました。

結果
1年シングルス
1回戦 鍬田61(水俣) 花園60(真和) 渡邊61(熊高) 北森36(北高)
2回戦 鍬田62(玉名) 花園36(熊商) 渡邊60(翔陽)
3回戦 鍬田60(熊工) 渡邊63(熊工)
4回戦 鍬田26(熊商:第8シード) 渡邊63(北高)
準々決勝 渡邊16(東稜:第3シード)
結果:渡邊:ベスト8

1年ダブルス
1回戦 鍬田北森WO(高森) 花園渡邊61千(開新)
2回戦 鍬田北森62(小川工業) 花園渡邊60(鹿本商工)
3回戦 鍬田北森16(星翔:第1シード) 花園渡邊61(専玉)
4回戦 花園渡邊67(2)(第二:第3シード)
結果:花園渡邊:ベスト8 鍬田北森:ベスト16

2年シングルス
1回戦 丸野16(文徳) 入田46(御船) 水田06(熊工) 山口64(第二) 堤62(文徳)
2回戦 加賀野63嶋田(九学) 山口06今村(熊高) 堤26(学付)
3回戦 加賀野67(15)(玉名)

2年ダブルス
1回戦 
2回戦 水田丸野67(5)(玉名) 加賀野堤62(第二)
3回戦 水田丸野26(東稜) 加賀野堤63(文徳)
4回戦 加賀野堤64(熊工:第3シード)
5回戦 加賀野堤36(専玉:第6シード)
結果:加賀野・堤:ベスト8

今回学校としては3人がポイントをとる事ができましたので、他校の状況次第ではシードに入る可能性が出てきました。
目標としていたところまでは到達できませんでしたが、この悔しさをバネに新人戦に向けてそれぞれ努力を重ねてほしいと思います。