カテゴリ:硬式テニス部

新人大会団体戦と個人戦ダブルス(硬式テニス)

全国選抜県予選(10/10、17)

      団体戦 1回戦 八代工5-0翔陽  2回戦 八代工2-3学園大附属(その後準優勝)

 

新人戦個人ダブルス 

宮本り・下田 4回戦(ベスト16) 

宮本と・田中 3回戦(ベスト32)

山本・藤村 3回戦(ベスト32)

丸野・村田 2回戦

全国選抜テニス選手権大会熊本県予選(硬式テニス部)

令和2年10月10日 植木中央公園運動施設にて全国選抜テニス選手権大会熊本予選が行われました。

今年も十分に九州大会を狙える戦力はあるものの夏の大会で組み合わせに恵まれずポイントを2人しかとる事ができずノーシード。

届いた組み合わせをみると圧倒的な力を持つ第1シード第二高校の山ではなかったものの、その次に当たりたくなかった学園大付属高校と2回戦で当たるものでした。

実は学園大付属高校と団体戦の2回戦で当たるのはこれで4回連続となり、昨年もそこさえ乗り切ればという状況でしたが接戦で敗れ、学園大付属高校が九州大会に行きました。

今年も同じ状況でしたのでなんとか乗り越えて九州大会へ……という気持ちで挑みました。

 

1回戦 対翔陽高校

 大会結果をみるととても力のある学校ですし選手全員が集中力を切らさずに戦えるかがカギでした。

S1宮本6-1 D1山本宮本6-2 S2田中6-0 D2藤村堀7-5 S3下田6-0

終わって見れば5-0の完勝でしたが、D2ペアが2-5ダウンから逆転勝ちでの5-0でした。

 

2回戦 対学園大付属

 今大会もっとも山場となる一戦。本来は本校のオーダーは正攻法で挑む予定でしたが、相手のオーダーに対し現在の状況を踏まえ大きくオーダーを変更しました。

S1田中6-0 D1山本宮本1-6 S2丸野0-6 D2宮本藤村6-4 S3下田2-6

2-2で迎えたS3。お互いに我慢比べの流れになり最後まで頑張りましたが敗れてしまいました。

 

その後予想通り学園大付属が勝ち上がり最終的に準優勝で九州大会に進出しました。

 

ここ数年本校も十分に九州大会に行ける力を持ちつつも逃している状況にありとても悔しい思いがあります。

高校総体の団体戦は3本勝負のため小さいころからテニスをやっているジュニア選手が多い学校がかなり有利になるのですが、今回の敗戦をバネにして頑張っていきたいと思います。

 

たくさんの応援ありがとうございました。

熊本県高等学校夏季テニス選手権大会(硬式テニス)

2年生シングルス


1回戦 田中6-0(天工) 藤村5-7(御船)
2回戦 田中6-4(東陵) 山本6-0(小工) 宮本と6-1(済々黌) 宮本り6-2(北高) 下田6-0(九学)
3回戦 田中6-0(九学) 山本1-6(専玉) 宮本と2-6(第二:第9シード)

     宮本り6-0(第一) 下田1-6(専玉:第15シード)
4回戦 田中3-6(北高) 宮本り6-3(第二)
5回戦 宮本り5-7(専玉:第3シード)
結果 宮本ベスト16、田中こベスト32

 
2年ダブルス

 

1回戦 山本宮本と6-1(マリスト) 

2回戦 山本宮本と6-2(星翔) 宮本り田中6-0(宇土) 下田藤村6-?宇藤奥村(星翔)

3回戦 山本宮本と2-6(熊工:第9シード) 宮本り田中6-0(鹿本) 下田藤村3-6(熊本:第2シード)

4回戦 宮本り田中0-6(第二:第3シード)

結果 宮本り田中ベスト16

 

1年シングルス

1回戦 永松6-1(文徳) 

2回戦 永松6-4(北高:第7シード) 村田5-7(第二) 丸野4-6(済々黌) 本田6-2(湧心館)

3回戦 永松0-6(熊本) 本田0-6(済々黌)

 


1年生ダブルス


1回戦 本田永松6-1(大津) 丸野村田6-2(宇土)
2回戦 本田永松4-6(第二:第8シード) 丸野村田0-6(星翔)

 

 次の新人大会に向けてがんばります!

2020熊本県高等学校テニス競技大会(硬式テニス部)

7月25日に高校総体の代替え大会、熊本県高等学校テニス競技大会に3年生の希望者4人で参加してきました。

久しぶりの試合ということで緊張して自分のテニスができない部員もいましたが、それでもなんとか勝ち上がり全員がシード選手と戦うところまで勝ち進むことができました。

ベスト16には渡邊と花園の2人。渡邊は4-6でベスト8入りを逃し悔しい結果となりました。花園は2回戦がタイブレークまでもつれこみましたが、何とか勝利!ベスト8決めで第5シード選手と思い切りの良い試合をしましたが1-6で敗退。

ベスト32には丸野と鍬田の2人。丸野は第9シードの選手相手に5-7とこれも惜しい試合でした。鍬田はこれまでに見たことの無いような緊張した様子でしたが、なんとか今やれることに集中しタイブレークで初戦を突破。2回戦で第8シードの選手との対戦でしたが2-6で敗退もやれることをしっかりと頑張ったと思います。

 

保護者のみなさま、会場までの送迎や応援などご協力いただき本当にありがとうございました。

 

 

 

熊本県高等学校冬季ダブルス選手権大会(硬式テニス部)

Aクラス
結果:渡邊宮本り、花園丸野の2ペアがベスト8でした。

準々決勝も渡邊宮本り6-7(4)第二  花園丸野5-7学付と惜しい試合でした。

Cクラス
結果:宮本と山本ベスト8

こちらも準々決勝は5-7開新と惜しい試合でした。

インフルエンザによる1学年閉鎖、2年インターンシップ、修学旅行と練習がしっかりとできていない中、良く頑張りました。

あと一歩を勝ち抜く集中力が課題です!

八代オープンシングルスBCクラス準優勝(硬式テニス部)

インテリア科2年の渡邊くんが準優勝、インテリア科2年の丸野くん、工業化学科1年の下田くんがコンソレーションでベスト4でした。

ベテランの社会人から、成長著しいジュニア選手などと同じ舞台で競い合う経験はいろいろな学びがあります。

全国選抜高校テニス九州地区大会熊本県予選

1回戦 マリスト
S1渡邊2-6 D1藤村下田6-0 S2花園6-0 D2丸野鍬田6-1 S3宮本6-0

4-1で勝ち

 

2回戦 学園大付属(第6シード)
S1渡邊6-1 D1藤村下田2-6 S2花園2-6 D2丸野鍬田3-6 S3宮本6-2

2-3で負け

 

今年こそ九州大会へという思いで挑んだ団体戦でしたが、残念ながら2回戦での敗退となりました。

試合2日前に主力メンバーの負傷欠場というハプニングもありましたが、それ以上にまだまだチームとして甘いところがたくさんあり、それが今回の敗退につながったと感じます。

しっかりと悔しさを噛みしめて反省し、次の個人戦ダブルスで挽回してほしいと思います。