幼小学部だより

2018年2月の記事一覧

幼稚部の活動(1月)

1月の活動の様子を紹介します。

 <鏡開き>

  正月の飾りをおろして、みんなで鏡開
 きをしました。

  触ってみると、12月にもちつきをした
時のフワフワしだったもちが硬くなって
いて何度も手を伸ばして感触を確かめて
いました。

 
  
鏡もちを抱くように触る幼児

<正月の遊び>

  ①かきぞめ

   筆にたっぷり墨をつけて、今年のか
  きぞめをしました。

  筆を握る幼児

  かきぞめに使う道具をひとつずつ触っ
て見て準備をしました。スーッと半紙
の上を滑るように筆を動かしかきました。

自分で書いた墨の跡を見つめる幼児

  ②たこあげ

   幼稚部の前にある広い校庭へ出てた
こあげをしました。
 ♪北風小僧のかんたろう歌のように
吹く、冷たい風を感じながら校庭の隅々
まで駆け回りました。
 
たこを持ち手を高く上げて走る幼児

 

 高い木のてっぺんより上までたこが
 あがりましたよ。

風に負けないように糸を引ひく幼児
 

  ③はねつき

   一人ずつ羽子板を持って大きめの木の
球でつくった羽根をつきました。木と木
が「こつん!」とあたる音を探って勢い
よく羽子板を上下左右に振りました。

対戦中の様子

   友達と羽根つき大会をして、何度も対
戦しました。好勝負が続き、負けた方は、
水で濡らした筆で顔にばってんの印をか
かれ、大笑いしたりくすぐったそうにし
たり、みんなで楽しみました。

対戦中の様子②

 

<ゆき>

 1月は、熊本にも雪が降りました。登校
してきた子どもたちは、真っ白に変身して
いる中庭へ出かけました。冷たい雪を触っ
て「つめたい!」、集めた雪を触って「か
たい!」、大きく丸めた雪を持って「おも
い!」・・・いろいろな発見がありました。

 雪をたくさん入れたバケツを持つ様子

  遊んだあとは、みんなの足跡がいっぱい
の中庭になり幼稚部教室の前には、雪だる
まのユキコちゃんが登場しました。

 雪だるまのユキコ

 

<収穫>

 畑には、2学期にまいた二十日大根の種
がぐんぐん生長し収穫をむかえました。
まいた時には、茶色だった畑が一面葉っぱ
の緑になりました。

 
 畝の間に座る幼児たち
 

 土の中からたくさんの顔を出した葉っぱ
を引っぱると赤くて小さな大根が出てきま
した。収穫するとバケツが二十日大根で
いっぱいになり、畑はまた茶色畑にもどり
ました。

 次の日、収穫した二十日大根で味噌汁を
作って食べました。ホクホクしておいし
かったね。