育友会 活動報告

第69回全P連『京都大会』に参加しました

 8月22日(木)~23日(金)、京都市勧業館みやこめっせで、第69回全国高等学校PTA連合会大会『京都大会』が開催されました。熊本県団は前日から京都に入り、夕方は様々な学校と交流を図ることができました。全国から約1万人もの参加ということで、会場2カ所、6種の分科会はどれも大変な人でした。

会場横の平安神宮

 初日は京都府工業高等学校の吹奏楽部にアトラクションから始まり、御船高校育友会は第3分科会「すぐそこのしごと~ともに考えるSociety5.0において求められる人材像、学びの在り方~」に参加しました。「Society5.0」とは、狩猟社会を(Society 1.0)、農耕社会を(Society 2.0)、工業社会を(Society 3.0)、情報社会を(Society 4.0)とすると、それに続く新たな社会のことで、内閣府はこれを「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」と定義しています。片岡製作所の片岡社長、Classi株式会社の加藤副社長を講師に、岡山大学の中山准教授がコーディネーターとなって、これからの社会に求められる人間の在り方について、抽象的な概念を図示や協議で具体化でき、考えを深めることができました。

 

 2日目は、京都市立塔南高等学校の吹奏楽演奏と、京都府立鳥羽高等学校披講研究部による和歌の披講で開幕しました。平安装束を身にまとった高校生が和歌を吟ずる披講は、全国でも珍しく、京都ならではのアトラクションに皆静かに耳を傾けていました。
 その後の基調講演は、日本電算株式会社CEOの永守重信氏が「学校教育・家庭教育に思うこと」という演題で講演をされました。会場が静まり返り、どっと笑う緊張と緩和、息をのむフロンティアスピリッツの商魂に、参加者は一人の親としてというより、一人間として聞き入っている様子が漲っていました。

名物 にしんそば


 移動が多く、時に疲労の色も見え隠れしましたが、心身ともに大きな刺激を受けた京都大会となりました。ご参加の皆様、大変お疲れさまでした。

御船があーっぱ祭りパトロール(総務委員会報告)

 8月11日に総務委員会と二役(会長・副会長)の計13名で、地元で開催された御船があーっぱ祭りの巡回パトロールを実施しました。今年は天気にも恵まれ、20時半からは復興祈念の花火も上がり、大盛況の御船の街中を歩き回り、現役高校生、卒業生からも声をかけて頂きました。また、パトロールをすることで、犯罪の抑止効果につながることを実感しました。今後もこの活動は地域貢献として継続していく予定です。ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。(総務委員長 内村貴久子)

保護者対象ブライト企業関連行事のお知らせ

8.10(土)の研修会でご案内がありましたのでご紹介します。

保護者向けバスツアーのお申し込みは各自で熊日新聞社 地域創生推進部へお願いいたします。

第1回・・8/31(土) 見学先企業「(株)杉養蜂園」「(株)有明測量開発社」(8/23申込締切→熊日へ)

第2回・・9/ 7(土) 見学先企業「不二ライトメタル(株)」「(株)イズミ車体製作所」」(8/30込締切→熊日へ)

 

保護者向け8.31,9.7ブライト企業バスツアーお知らせ①.pdf

保護者向け8.31,9.7ブライト企業バスツアーお知らせ②.pdf

保護者向けブライト企業関連行事お知らせ.pdf

8.10進路対策研修会・健全育成研修会

 8月10日(土)、熊本市民会館で毎年恒例の研修会が行われ、本校から井藤会長、内村総務委員長が参加しました。

研修Ⅰは進路対策研修会で、白鷺電気工業(株)と税理士法人近代経営から若手社員の方々が体験発表をされました。その後、九州産業交通ホールディングス社長の矢田素史氏が「子どもと一緒に取り組んでほしいこと」という演題で進路講話をされました。

 

研修Ⅱは高校生の健全育成研修で、尚絅大学教授岩下紀子氏が「成人年齢18才、若者の権利と責任はどう変わる?~消費者教育の視点から~」という演題で講演が行われました。

いずれの研修も、変化を続ける日本社会の中で、親も子も意識改革をしていかなければならない重要性を示したものでした。内容については、次号の育友会通信でお伝えしたいと思います。

その後は水前寺共済会館に場所を移し、第1回熊本県中央地区公立高等学校PTA連絡協議会が行われ、本校からは井藤会長、山本進路委員長が参加しました。会の最後は、次年度御船高校が中央地区幹事校になることを受け、井藤会長の万歳三唱で終わりました。参加された役員の皆様、お疲れさまでした。