基本理念

  [ 校訓 ]

自 律   敬 愛   創 造

[ スクールミッション ]

 令和4年度水俣高校スクール・ミッション スクール・ポリシー.pdf

 

[ 教育目標 ]

  スクール・ミッション、スクール・ポリシーを踏まえ、校訓「自律・敬愛・創造」のもと、知・徳・体の調和がとれ、自ら考え、学び、夢に向かって主体的に行動する力を備えたグローバルリーダーの育成をめざす。

  そのため、全教職員は一体となり、教育者としての使命感と愛情を持って、家庭・地域社会との連携を深めながら、魅力ある学校づくりに努め、本校教育の充実・発展を図る。

令和4年度(2022年度)教育スローガン

「何事にも当事者意識を持ち、主体的に行動できる生徒の育成」

 

 

[ 具体的取組 ] 

(1)健全な心身の育成

  ア 基本的生活習慣の確立と社会規範意識の醸成を図る。

  イ SNSの使用のあり方等、情報モラル教育の充実に努める。

  ウ 他者を思いやり、命や人権を尊重する豊かな心を育成する。

  エ 安全教育を徹底し、実習中の事故や交通事故の防止に努める。

  オ 部活動の振興により、体力、精神力、人間力の向上を図る。

 

(2)確かな学力の育成と進路実現に向けた取組の充実

  ア 授業の充実に努め「主体的・対話的で深い学び」の実現を図る。

   イ 基礎学力の定着と「わかる授業」の実践に努め、学習意欲の向上を図る。

  ウ 教育の情報化を推進し、不測の事態に対応できる学習環境の整備に努める

  エ 図書館の活用や朝読書の推進を通して豊かな学力基盤の醸成に努める。

  オ キャリア教育を充実させ、将来の目標設定と進路意識の高揚を図る。

  カ 個々の能力・適性・進路目標に応じた個別のきめ細かな指導に努める。

 

(3)SGH事業の効果的な継承とグローバルリーダーの育成

  ア SDGsの理念を理解し、持続可能な社会の実現に貢献する人材を育成する。

  イ 「環境首都水俣」の一員として、環境問題に積極的に取り組む態度を育成する。

  ウ 思考力・判断力・表現力を高め、自ら発信する力を育成する。

  エ 地域から世界へと視野を広げ、異文化を理解する態度を育成する。

  オ 英語等の語学力を高め、コミュニケーション能力の向上を図る。

 

(4)保護者や地域社会に信頼される学校づくり

  ア 水俣高校生としての自覚と誇りを持たせ、郷土を理解し愛する心を涵養する。

  イ 情報発信と開かれた学校づくりに努め、本校教育への理解と信頼を高める。

  ウ  小中学校との交流や地域行事への参加をとおして、地域社会との連携を深める。

  エ 保護者との情報共有を図り、信頼関係に基づいた教育活動に努める。

  オ 総合型コミュニティ・スクールを活用し地域と連携した学校運営を図る。

 

[ スクールカラー ] 

もえぎ色(萌黄色)         #aacf53     

(選定理由)
 芽吹いたばかりの草木の色で、明るく新鮮なイメージは高校生の若々しさをあらわし、自然豊かな水俣地区にある学校のスクールカラーとしてふさわしい色です。
 また、エコをイメージさせる色であることから、エコスクールを目指す学校の色として選定しました。