校長挨拶

校長あいさつ
 

 本校のホームページをご覧くださりありがとうございます。

 本校は、水俣市内の2つの県立高校(水俣高校・水俣工業高校)の再編・統合により平成24年4月に開校し、本年度で9年目を迎える新設高校です。
 全日制課程には普通科、商業科、工業科(機械科・電気建築システム科)が設置されており、定時制課程には商業科1クラスが設置されています。定時制では4年間の学びを基本としますが、プラスアルファの取組により3年間で卒業できる「3修制」を導入しています。
 また、開校後、体育館や特別教室等が新築され、実習棟や普通教室等の改修も進み、快適に学習・部活動に打ち込むことができる環境が整いました。

 本校では「自律・敬愛・創造」の校訓の下、徳・知・体のバランスのとれた全人教育を目指しています。
平成28年度からは、文部科学省による「スーパーグローバルハイスクール」の指定を受け今年度で5年目になります。水俣市、国立水俣病総合研究センター、水俣環境アカデミア等との連携や、総合高校としての特色を生かした様々な取組を充実させ、国内外での活動をとおして、グローバルリーダーの育成に努めています。国外では、これまでオーストラリア、シンガポール、アメリカモンタナ州、スロベニアでの研修、そして台湾への修学旅行など、語学研修やフィールドワークにチャレンジしてきました。今年度は、現時点では海外への渡航が困難な状況でありますが、工夫しながら成果を上げるべく準備をしているところです。

 新設水俣高校として、今春6期生を送り出しました。これまで普通科を中心に多くの国公立・私立大学、各種学校に進学し、専門学科を中心に就職率100%を継続するなど素晴らしい成果を上げています。また、部活動等においても、多くの団体・個人が全国・九州大会に出場したり、各種の表彰を受けたりしています。

 今年度は「今を大切に ~Seize the day!~」をスローガンに、日々の生活を大切にしながら大きな夢に近づこうと、生徒・職員一丸となってあらゆる教育活動に取り組んでまいります。家庭や地域との連携を大切にしながら、地元の若者の夢実現に貢献できるよう、着実に歩み、果敢に挑戦してまいる覚悟です。皆様のご理解・ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

                            令和2年4月
                            熊本県立水俣高等学校長  鶴山 幸樹