アンサンブル部

練習風景

アンサンブルコンテスト金賞!九州大会出場!!

熊本県吹奏楽連盟の主催で行われた第44回九州アンサンブルコンテスト熊本支部予選高等学校の部に出場し、金賞を頂きました。J.グラスティル作曲打楽器七重奏「ボルケーノ・ミラー」を演奏しました。

当日の朝はギリギリまで学校で練習し、県立劇場に移動して音の調整を行った後も、直前まで入念な確認を行いました。

演奏については、審査員より「音も良いし音楽も多彩ですし、リズム感もノリも良い、緊張感からたくさんの要素を楽しむことができました」「導入から高テンションの場面まで全体の色彩感が素晴らしいです。まるで映像を見ているようでした!ブラボー!!本物の音楽に接しました。ありがとう」といった講評をいただきました。演奏終了後には、会心の出来に興奮を抑えきれない様子で喜び合う姿も見られ、部員にとっても満足のいく演奏ができた様子でした。

結果発表では、金賞と九州大会への出場推薦をいただいた喜びの中で、さらに出田杯という特別賞も受賞し、部員のみならず顧問にとっても喜びの大きい結果となりました。

来年2月に鹿児島県で行われる九州大会に向け、早速翌日から練習に励んでいるところです。


会場前での写真 表彰状・トロフィーを持っての記念写真 演奏直前。全員での確認の様子

希望荘フェスタに出演しました♪

平成301111(日曜日)に、イオン熊本中央店で行われた希望荘フェスタ2018に出演しました。希望荘フェスタは、熊本市障がい者福祉センター希望荘が主催しているイベントです。熊本地震の翌年から開催されており、今回のテーマに掲げられている「Link!」には、熊本地震で多くの困難を経験した中、障がいのある方もない方も、イベントをきっかけのひとつとしてともに手を繋ぎ支え合いたいという思いが込められています。

マリンバの2重奏、独唱、全員での合奏といろいろなスタイルで行いました。ステージイベントのオープニングということもあり、多くの御来場の方々に演奏を聴いていただきました。曲が終わるたびに大きな拍手をいただき、とても温かい雰囲気の中で演奏することができました。

 また、今回は演奏に加えて、曲紹介やコメントなども生徒が行いました。客席との距離が近く少し緊張しましたが、アナウンサー気分を味わいながら場を盛り上げることができました。司会や演奏を通じて、会場の方々と一体になって盛り上がることができました。


「恋」を演奏している様子 曲紹介を行っている様子

熊日学生音楽コンクールに向けて


熊日学生音楽コンクールに向けて、校内職員の前でリハーサルを行いました。

緊張している様子でしたが、演奏が始まると集中してマリンバに向かっていました。

演奏後、生徒は、「一人でコンクールという舞台に立つのが初めてなので、終わってからやりきったと思えるように精いっぱい頑張りたい」と意気込みを語っていました。
頑張ってきてほしいと思います。


演奏中の様子

練習風景

ストレッチや基礎練習の後は、小学生・中学生に分かれて練習に取り組んでいます。

 

小学生は、さまざまなバリエーションのリズム打ちをしながら、バチの持ち方や姿勢などの基本を身体に染み込ませていきます。


リズム打ちの様子

中学生は、新曲の練習に取り組んでいます。指導者の手本を聴きながら、音の感覚をつかんでいます。

マリンバの様子