お知らせ

◇甲佐高だより1,2月号を掲載しました。(2/14)
 甲佐高だより_167号.pdf

 ◇図書館だよりNo11を掲載しました。(2/12)
 H30年度甲佐高校図書館だよりVol12.pdf

 

◇校長室便り9号を掲載しました。(1/25)
 校長室便り_第9号.pdf


◇2月行事予定を掲載しました。
 2月行事予定.pdf

◇平成31年度入学志願者募集要項を公開しました。
 メニューの入試情報からご覧ください。



 

 

日誌 平成30年度3学期

平成30年度3学期

クライミングって何?“A to Z”第7回G:ガンバ!

ガンバ!はクライミングの応援の掛け声です。もちろん頑張れ!の意味で、クライマーがきつそうなとき、あと少しでホールドに手が届きそうなときなど、ここぞというときに使います。ネットでも調べてみましたが、誰が最初に言い出したかとか、どこで言われ出したのかとかはわかりませんでした。顧問Fがクライミングを始めた10年くらい前も、たしかに「ガンバ」でした。
体操競技の応援もガンバです。テレビの中継で聞いて、同じだ、と思ったことがあります。クライミング界に入って来たのは体操選手の影響では、という意見がネットにありました
「れ」をつけて「ガンバレ!」となると、少し長すぎるような感じもしますし、ちょっと普通すぎる感じもします。やっぱり、「ガンバ」の3音節がちょうどいいような。

英語では「come on!」。クライミングのDVDなど見ていると確かに言っています。「カァモ~ン」など感情をこめて抑揚をつけて言っています。これも3音節。フランス語では「Allez!」。(アレ?2音節?)ワールドカップの中継などで聞いたことがあります。「アレ!アレ!」と連呼しています。スペイン語では「ベンガ!」だそうです。

この「ガンバ」ですが、好き嫌いがあるのかネタになりやすいようでネットにはいろいろとのっています。「初めての人はちょっと恥ずかしい、抵抗がある」とか「古臭い、カッコ悪い」とか意外に否定的な意見も多いです。とあるジムでは「ガンバ」に代わる「カモン!」や「ゴー!」などを広めようとしたけどうまくいかなかったとか。

顧問Fは「ガンバ」は嫌いではありません。よく使います。ジムで知らない人に対しても「ガンバ」と声をかけて応援して、そこからコミュニケーションが始まります。目上の人、初対面の人には、すこしていねいに「ガンバです」と言うこともあります。

登っていて「ガンバ」と聞こえてくるともうひと頑張りしなきゃ、と思います。余裕がなくて聞こえないときもありますが、やっぱり応援はうれしいです。

日本女子のトップレベルのある選手が『お母さんがよく応援に来てくれるのですが、ここぞというときのガンバ!はいいけど、わたしが会場に入ったとたん「ガンバ!」と叫ぶのはやめてほしい』と言っていました(笑)

そういえば先週、初県体壁の部員Kに初対面の中学2年生の女の子(とても上手なクライマー)が「ガンバ」と応援してくれていましたが、彼の耳には届いたでしょうか。

学年末考査で目指せ!有終の美!

本日、19日(火)から学年末考査が始まりました。
一年間の学習成果を発揮する「ここ一番!」の場ですが、今ひとつ気合いが入らないそこの甲佐高生!イチオシの記事を見つけましたので読んでみてください。
春から甲佐町役場で働く小堀君(普通科3年、砥用中出身)の言葉に触れると、今の一瞬一瞬が将来につながっていることが分かります。
そして、「夢実現」に至るまで、険しい道のりを伴走してくれたあゆみ学舎の存在がいかに大きかったかにも気づきます。何年か後の自分をイメージして、頑張ってください(^_^)

https://kousakoueijuku.wixsite.com/ayumigakusha

試験勉強に疲れたら、一休みしながら読んでみてください(^_^)

先生も頑張りました!! 熊本城マラソン、完走!

2月17日(日)、晴天のまさにマラソン日和。今や熊本の一大イベントである「熊本城マラソン」に本校職員5名が参加しました。42.195kmの歴史めぐりフルマラソンコースを激走し、そして全員が無事に完走!(すごい!)
生徒に負けない先生方の走りに勇気をもらいました!大変お疲れ様でした(^^)

武士の祭典「戦国パーク」のご案内

本校きっての戦国武将マニア、桑野君より3月9日、10日に開催される「戦国パーク」のご案内です。全国の武将たちが熊本城に集結します。武将や忍者との写真撮影はもちろん、全国の武将グッズ販売や、チャンバラ合戦、一緒に茶の湯も楽しめます。

「おもしろいのでぜひ来てください!」
詳しくは、http://kumamoto-bushoutai.com/sp/

 

あゆみ学舎のスタッフが紹介されています☺

日々お世話になっているあゆみ学舎のスタッフ(写真では右から、ともみん、まーてぃん、しおりん)が甲佐町の広報誌「広報こうさ」2月号に掲載されました!3人の熱く温かいサポートのおかげで甲佐高生はすくすくのびのび成長しています(^_^)

いつもありがとうございます!

 

 

長距離走大会

校内長距離走大会を実施しました。
コースは、本校グラウンドを発着とした白旗グラウンド折り返す、男子10キロ、女子7キロ。 ゴールをした生徒は、保護者の方が準備してくださったうどんをおいしそうに食べ、寒さと長距離走で疲れた体をいやしていました。平成最後の大会ということで、5位入賞以外に30位賞を特別に設け表彰がありました。寒い中ご協力いただきました保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

   
   
   

にらかりんとうを作りました!

にらかりんとうを作りました☺

2月8日2年生の家庭科の時間に「にらかりんとう」作りをしました。甲佐でとれたにらを使い粉末とペーストに加工したものをかりんとうの生地に混ぜ合わせました。作ったかりんとうは全部で4種類!!にらの配合を変えて作り、味や見た目・にらの感じはどうであるかなど比較検討しました。「意外とおいしかった」「これは止まらない味~」「にらが強すぎる・・・」「にらの緑がきれい」といった生徒の感想が聞こえてきました。にらの風味と黒糖の甘さがくせになる味です。

   

 

初めて県立体育館の壁で練習しました

熊本市内のジム「ボルダー天国」で2回練習し、少しずつリードクライミングにも慣れてきた部員Kですが、2月11日(月)建国記念の日に初めて県立体育館の壁(以下、県体壁)で練習しました。
ボルダー天国は室内の練習用なので高さ7mですが、県体壁は国体仕様で高さが15mあり難易度が上がります。

最初はトップロープで1本、そしていよいよリードで5.10aと5.10bの課題を1本ずつ登りました。
顧問F的には期待と不安が入り混じりかなり緊張しましたが、最初トップロープで赤ホールド5.10aを難なく終了点まで行き、次は同じ課題をリードできっちり登れました。傾斜のきつい5.10bはさすがに1回テンションをかけて休んだものの、なんとか終了点まで抜けました。初めての15mの高さのクライミングとしては上々だと思います。

この日、本当は初めてだったのでひっそり練習したくて山岳連盟の方にビレイヤーをお願いしたら、それなら、ということで急きょ国体予選出場予定の人の練習会になり、大勢でにぎやかに登ることになりました。知らない人ばかりの中、初めての県体壁となった部員Kですが気後れすることなくしっかり登り、知り合いも一気に増え、よい練習になりました。
顧問Fも最後に、トライ中だった黄緑ホールド5.10cを登ることができて気持ち良く終わることができました。

部員Kの感想
最初、トップロープで赤ホールドを登ったときはこわかったけど、降りてくるときは楽しかったです。次に同じ赤ホールドをリードで登ったときは慣れてきました。今日は、落ちないようにしようと決心して臨みました。
紫ホールド5.10bは手順の間違いとかもあって、かぶっているところで疲れてきてテンションをかけてしまいました。上がるにつれ手繰るときのロープの重さを感じました。
足を確認するとき下を見たら、人が小さく見えて一瞬足がすくみました。
次回は、アドバイスの通りフットホールドをよく見て、手より足から先に上げていくことを心がけます。

写真左:たくさんの応援を受けて登りました。核心のハングを越えるところ。
写真右:渾身の終了点クリップ。

 

RKK女子駅伝大会に出場しました!

2月11日、第48回RKK女子駅伝競走大会に本校女子職員チーム、その名も「甲佐ニラガールズ☆」が出場しました。襷を繋ぎ全員が無事に完走することができました。結果は約300チーム中193位!!順位はまずまずでしたが、笑顔と元気は1等賞なニラガールズでした。寒い中、朝早くからの応援ありがとうございました(^^)

  

 

クライミングって何?“A to Z”第6回F:Free Climbing(フリークライミング)

今回はF、Free Climbingです。
フリークライミングとは登るために、前進の手段として自分の手と足以外に「道具を使わない」クライミングのことです。足に履くシューズと滑り止めの粉を入れるチョークバックは使います。さらにロープ、ハーネス(ロープを結ぶベルト)も使いますが、墜落を止めるために使うだけで、前進の手段としては使いません。フリーの意味は、手だけで定規など使わずに何かを描くときの「フリーハンド」や、砂糖なしの「シュガーフリー」、免税の「Tax-free」などと同じ意味で「(使わ)ない」という意味です。
ロープを手でつかんで登ったり、アブミ(携帯用の縄はしご)を使って登ったりすると、それはエイドクライミング(人工登攀)というものになります。
よく、「ロッククライミング」と言われますが、それはフリーも人工登攀も含めた「岩登り」の総称です。

高校でやっているボルダリングやリードクライミングもフリークライミングであるし、オリンピックの種目になっているものもフリークライミングです。最近では特にそのスポーツ性が強調され、ルールも確立されており「スポーツクライミング」とも言います。
もともとは高所登山において岩壁を突破する際の「手段」の一つであったフリークライミングが、それ自体「目的」となり、スポーツとして確立したようです。

現代につながるフリークライミングの歴史について調べると、「1950年代、60年代、ヨセミテ、アメリカ西海岸、ベトナム反戦運動、ヒッピー、ビートニク、カウンターカルチャー、社会からのドロップアウト、冬働き夏登る」などの体制(権力)や抑圧、束縛といったものからの解放・逃避、そして「自由」を希求するような言葉が並びます。
フリークライミングのフリーには「自由」という意味も込められているような気がします。そして、自分もクライミングそのものに加え、その周辺に漂うなにか自由な雰囲気、それに魅かれているのだと思います。

長いルートを登るとき、正確なムーヴも大切だけど、「自由にのびのびした感じ」で登ったとき、うまく登れたと感じることもあります。

写真は、今回の「F」にちなんで、顧問Fが大分八面山の「FRIEND(フレンド)5.10b」というルートを登ったときの様子です。左はレストポイントでチョークアップ、右は終了点でほっとしているところです。

日誌 平成30年度2学期

平成30年度 2学期

良いお年をお迎えください。

今日は仕事納めでした。雪がちらつく中、職員室の片付けをしたり、ネギと大根を収穫したりしました。
そして、今年最後に、嬉しいサプライズが!
兵庫県立姫路別所高等学校様より、応援メッセージが届きました。
姫路別所高校様とは、2年前の熊本地震の際に応援パネルを送っていただいたことをきっかけに交流が続いています。熊本城のゆるキャラ「ひごまる」と姫路市のキャラクター「しろまるひめ」ちゃんの周りに「Smile」「希望」「一日も早い復興を」「一緒にがんばる」など心のこもったメッセージがたくさん飾られています。3学期の始業式で生徒に紹介したいと思います。
別所高校ボランティア部のみなさま、ありがとうございました!!



今年一年、大変お世話になりました。
来る亥年、甲佐高校は創立99年を迎えます。甲佐高校は、100周年に向けて猪突猛進いたしますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまにおかれましては、亥亥(いい)年をお迎えください(^_^)

カーブミラー職人!

昨日とは打って変わって快晴となった27日、教頭先生と本校3年生徒が学校周辺のカーブミラーを拭き上げました。小中学生の通学路となっているためか、意外とたくさんのカーブミラーがあることに気づきました。その数約20個!ぼんやりくすんでいた鏡がピッカピカに磨き上げられると、気分もすっきり晴れ渡る気持ちになるものです。年の瀬は交通量が増えてヒヤリとすることもありますが、カーブミラー職人のおかげで、交通安全に少しだけ貢献できたのではないでしょうか。
みなさま、ご安全に~(^_^)
   

もと部長さんが遊びに来てくれました

もと部長のSさんが遊びに来てくれました。彼女はこの3月の卒業生で福岡のスポーツ系の専門学校に進学しています。冬休み、帰省中で「登りたいです」と連絡がありひさしぶりにクライミングを楽しみました。
福岡の近所にはいくつもクライミングジムはあるもののなかなか忙しくて行けない、とのこと。卒業以来、本当にひさしぶりだったようです。
このHPで以前紹介した「番号課題」にトライするもどうしても核心で落ちてしまいます。しかし身体の動きは完ぺきに記憶されており、もう一度来ることができれば、きっとクリアできるだろうと思いました。また、さすがもと部長、落ちても何度も何度もトライしていました。専門学校では実技も多く体はなまっていません。
顧問Sも来て3人で専門学校の様子などの話で盛り上がりました。卒業生が進学先や就職先を気に入って、充実している話をしてくれるのは何よりうれしいことです。

このせまい壁に2人同時に取り付くなどありえないのですが、記念撮影ということで、右の課題と左の課題、かぶらないように気をつけて、パチリ!

クリスマスケーキを作りました(^_^)

18日(火)、3年生福祉教養コース「フードデザイン」の授業で、クリスマスケーキを作りました。なんと、1人にひとつずつホールのデコレーションケーキを作るのが毎年恒例。完成したケーキを手にみんな嬉しそうです。大事に持ち帰ってそれぞれの家庭でおいしく食べたことでしょう(^_^)
   

大掃除レクリエーションに参加しました(^_^)

少しさかのぼること12月8日(土)。福祉教養コースの1年生男子2名が「桜の丘」の大掃除レクリエーションに参加してきました。「桜の丘」は、福祉実習やボランティアで甲佐高生がいつもお世話になっている特別養護老人ホームです。この度の大掃除やレクリエーションで、日頃お世話になっているお礼ができたでしょうか?「桜の丘」の皆さま、今年一年お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

   
日誌 平成30年度1学期

平成30年度1学期

あゆみ学舎体験授業

8月24日(金)、27日(月)
夏休みの学習会の時間を利用して、1年生があゆみ学舎のデモ版授業を体験しました!
「コミュニケーションとは何か!?」と「聴くスキルを磨く」というテーマで2日間に分けて行いました。あゆみ学舎の教室は、丸い形のちょっと不思議な空間なのですが、今回、初めて足を踏み入れたという人も多くいました。話を聴く時のちょっとした態度やしぐさが、相手にどんな影響を与えるのかという実験では、男子がなかなかの演技力を披露していました。同じ学校内ではありますが、普段と違う教室、先生方と楽しい時間を過ごしたことで、あゆみ学舎での学びを肌で感じたのではないでしょうか。

始業式は、8月30日(木) 8:30登校です。
課題考査(国・数・英)がありますので、昼食の準備をお忘れなく!