お知らせ
お知らせ

 お知らせ6月22日、甲佐高校野球部の紹介が放送されました。こちらから視聴できます!

https://kab-koshien.jp/schools/detail.php?id=260 

 

※大雨により危険を感じた場合には無理をせず自宅待機し、必ず学校へ連絡してください。大雨により臨時休校等の場合には、「甲佐高校安心メール」と「甲佐高校ホームページ」で連絡します。

☞ 悪天候時の登校について.pdf 

お知らせ
ブログ

令和3年度 1学期

令和3年度入学式

4月8日(木)の午後から入学式が挙行されました。

堀川校長が式辞で述べた「心に留めておいて欲しい3つのこと」について↓↓

 

①夢を持つこと

②自ら学ぶ姿勢と行動力を身につけること

③困ったことがあれば相談すること

 

新入生はしっかりと前を向いて話を聞いていました。

 

 

 

新入生代表宣誓では、新入生代表の生徒が

「私たちは多くの人に支えられ、高校入学を迎えることができました。一人ひとりが夢実現のため日々努力したいと思います。」

と宣誓しました。

 

 

新入生のみなさん、ようこそ甲佐高校へお祝い

在校生、職員一同、みなさんに会えるのを楽しみにしていました興奮・ヤッター!

困ったことがあれば(なくても)、いつでも話してくださいね。

 

令和3年度1学期始業式・新任式

昨年度、6名の先生方とお別れをし、寂しい思いをしていましたが、今年度は新たに7名の先生方をお迎えしました。

新任の先生方を代表して、堀川校長より

「赴任にあたり不安もありましたが、春休み中に学校に来ていた部活動生たちと話す中で、その不安は薄れ、明るい気持ちになりました。一緒に頑張っていきましょう。」

と挨拶がありました。

 

 

 

 

生徒会長の堅島君より

「甲佐高校へようこそおいでくださいました。甲佐高校は活気ある楽しい高校です。先生方には授業以外でもお世話になることが多いと思います。一緒に楽しんでいきましょう。」

と挨拶がありました。

 

 

始業式では、堀川校長から

「どのような気持ちで本日を迎えましたか?新たな年度に向けて前を向いていると思います。新しくなることは希望につながります。夢を叶えるためには目標が必要です。小さな目標を立て、一つひとつ達成していってください。」

と式辞が述べられました。

 

今日から新しい気持ちで、いろいろなことに前向きに取り組んでいきましょうにっこり

 

クライミング部 中学生が登りに来てくれました!

3月30日(火)、この日は熊本市内の中学生、少年Gが本校の壁を登りに来てくれました。先日の大会をお母さんと見学に来ており、そのときお母さんが「今度甲佐高校に連れていっていいですか?」、顧問F「どうぞ」ということで。春休みなので生徒も少なくゆっくり登れるでしょう。

 

クライミングは狭い世界で、県体壁でなんどか2人にお会いしたことがありました。そのころは少年Gもクライミングを初めて日が浅いころだったようですが、それから2年くらいたち、ずいぶん上手になっているでしょう。聞くと3級くらいはふつうに登る、ということ。顧問Fの限界グレードが4級なので顧問Fよりずっと強い。

 

甲佐高校の壁に興味があり登りに来てくれるのはうれしいですが、物足らないのでは???と心配していました。

 

 

じっさい登ってみると・・・まず、アップに「番号課題」、そして「黒スラ」をやってもらいましたが、なんというか、まったく問題なし。どうだった?と感想を聞くと、息ひとつ上がらず涼しい顔で「ふつうにきついです」と。そうですか・・・?

 

私顧問Fが作っている課題のうち難しめの、卒業した部員Kも手こずっていた4級程度の課題をいくつかやらせようと考えていたけど、やめました。たぶん、何ごともないように、「どこが核心?」ってかんじでできるのは目に見えているので。

 

この壁もたくさんの課題がありますが(課題:登るためのルートのこと)、なかには部員Kでも顧問Fでも登れない3~4級程度のものが何本かあります。それらはY下先生(熊本のクライミング界では有名)やボルダー天国の岩友(クライミング仲間ですね)が作ってくれたものです。作ってもらったのはいいが、難しくて手に負えない?もてあましていた?ものです。お蔵入り、というやつ。

 

 

いよいよこれらの課題の出番とばかり少年Gにやってもらったのですが、ほぼ一撃(オンサイト!)でした。2、3回落ちたかな?とにかくほぼ一撃。

驚きはしません、強い人はそういうものです。でも、いや、その、やっぱり恐れ入りました。

 

 

というわけで、後半は課題を作ってもらいました。4級程度の課題を、とリクエストしましたが、少年G、課題をつくるのも慣れているようでサラサラっと3つ作ってくれました。

楽しみです!まだ顧問F、登れません(笑)

 

 

最後は学校の事務室でお母さんと2人、お礼を言って帰られました。

 

「ありがとうございました。楽しかった!」とのこと。ほんとですか?!よかった・・・

 

「また来ていいですか?」いやいやもちろん、また来て課題作ってほしいです!(^^)!

 

クライミング部 2021年三重国体九州ブロック大会予選に出場!

3月21日(日)、1年生の部員HOと部員Yが三重国体九州ブロック大会熊本県予選大会に出場しました。

前日から雨が降り続き、当日朝も雨は止まず、結局夕方までずっと雨という恵まれないコンディションの中での大会でしたが2人とも最後までよく頑張りました。

 

 

午前中は上熊本の熊本県立総合体育館でリード競技でした。2人ともリードクライミングの練習を始めたのはわずか1ケ月くらい前とまだまだ経験不足なのですが、本番ではクリップ(ロープをカラビナにかけること)もうまくできて、安全に競技することができました。

 

 

午後は熊本市中心部を横切る形で移動して、東区の熊本県民総合運動公園、えがお健康スタジアムの地下でボルダリング競技でした。

 

たった一人で、あたえられた5分間に2つの課題に取り組む、それを5分の休憩をはさんで2回行うというかなり肉体的にも精神的にもタフな競技です。ふだん練習している学校の壁とは大きさもホールドの質も全く別もので、その難しさとスケールに圧倒され苦戦しました。

 

 

 

甲佐高校クライミング部としては2年前、部員K(今春卒業)が出場した大会に次ぎ2回目の出場でしたが(昨年はコロナの影響で中止)、とにかく大会を経験したい、学校の壁以外の大きな壁を経験したいという思いで出場しました。

今回、成績としては良い結果は残せませんでしたが経験はできました。どういうものか体(からだ)でわかりました。1年後に向けてどういう練習をすればよいかわかりました。

 

 

 

少年男子のカテゴリーの出場は6人でしたが、部活動としての出場は甲佐高校だけでした。本校生以外の4人は部活動ではなくクライミングジムなどで強くなった選手たちです。一般の営業のクライミングジムは本校の壁とは比較にならないくらい施設面で充実しています。強くなるためには練習の環境、つまり「壁」が大事ということをあらためて感じました。

日頃は学校でコツコツと練習しながら、ジムや県体壁に行く回数も増やしてこれから1年、頑張りましょう。

 

 

 

今回出場しなかった部員Nと部員HRですが、応援とともにいろいろ運営の仕事もしてもらいました。よく働くものだから競技部長の松井さんから「この2人、スタッフですよね」と言っていただき、急きょお昼の弁当を2つ追加で買ってくださいました。部員N、部員HRの2人、よかったね!そして、ありがとうございました。

 

また選手の送迎をしていただいて、朝は8時から夕方7時まで丸1日応援してくださった保護者の皆様、そして応援に来てくれた先生、ほんとうにありがとうございました。

来年、また頑張ります!!!

 

 

 

日誌 令和元年度3学期

令和2年度 3学期

ニュージーランドと日本の異文化交流(^-^)

3月18日(木)、1年1.2組の生徒と、ニュージーランドのSt.Bernard’s Collegeの日本語学習クラスで、オンラインによる交流学習を行いました。国語総合とコミュニケーション英語Ⅰの、クロスカリキュラムとしての初めての試みでしたが、両校の入念な準備と、高校生同士だからこそのわかり合える空気が、言葉の壁をやすやすと越えてしまい、あっという間の楽しい2時間でした。

先生たちには「?」の、漫画やアニメの話ではお互いの教室で歓声があがり、国や学校の紹介ではみんな真剣な表情で聞き入っていました。途中機器トラブルもあって、最初の1時間だけ参加していた1年3組の生徒の自己紹介ができなかったのが申し訳ありませんでしたが、かなりの手応えを感じた交流、必ずまた行いたいと思いますので、そのときは思いっきり自己紹介しましょう!

海外あるあるで、突然「この日!」と日程を告げられたにもかかわらず、立派な英語自己紹介の指導をしてくださった英語科の先生方、つきっきりで機器設定・調整をしてくださった宮部先生、本当にありがとうございました!またよろしくお願いします(!)

 

黒板アート♬

少し前のことになりますが、新型コロナの影響で卒業式に参加できなかった在校生が心のこもった黒板アートを作成しました。3年生が帰るのを待って「それいけ~!」とスタート。みんな頑張りました。美術の上野先生にもアドバイスを頂きながら、会心の作品が完成しました。

明日から4月、新たな1年が始まります。黒板アートが皆さんのスタートをバッチリ後押してくれますように!

 

ホームページ講座を開きました(^_^)

最近、ホームページの更新がやたら多いなぁ、、、とお気づきのみなさん。ご明察です!

26日(金)、来年度に向けて職員向けのホームページ講座を開きました。「我こそは!」という先生方が8名参加され(時々校長先生、教頭先生も!?)、それぞれホームページ用の記事を掲載する練習をした成果です。

これからも、甲佐高校で起こる日々のできごとをお伝えしていきますので、どうぞごひいきに!

 

 

ボランティア部施設に花を配布

 ボランティア部で近隣の施設に花を届けました!

 甲佐町福祉団体等活動助成金を使って、3月19日(金)と25日、甲佐町にある綾の家と松樹苑に、プランターに植えた春の花を届けました。晴れて桜も満開の日、リヤカーに乗せてみんなで運びました。施設の利用者の方からも笑顔をたくさんいただきました笑う次年度はもっとたくさんの花が地域に届けられるといいなと思います。

転退任式

3月26日(金)、転退任式を行いました。本校からは、以下の6名の先生方が転退任されます。
本山 幸広 校長先生(商業)
大迫 明水 教頭先生(化学)
馬本 竜司 先生(商業)
前田 未宙 先生(公民)
有働 美保子 先生(養護)
梅本 玲二 先生(商業)

 

本山校長先生

『まだ今は自分に自信がないかもしれないが、自分を鍛えればどんどん伸びていくことに気付いてください。高校生は、力を発揮する場に自分を置くことで120%の力が発揮できます。』

 

大迫教頭先生

『生きていくことは難しいです。それでも生きていかないといけません。苦しみ、悲しみ、喜び、いろいろあります。今苦しくても、未来は美しい世界かもしれません。輝かしい未来があると信じて頑張ってください。』

 

馬本先生

『他人と過去は変えられません。変えられるのは自分と未来です。自分自身が変わってやろうという前向きな気持ちが強ければ、自分は変えられます。自分が変われば未来は大きく変えられます。』

 

前田先生

『みなさんにはすごい可能性があります。みなさんは自分が思っている以上に自由です。みなさんの既成概念を打ち砕いてください。「こうなりたい」と思う気持ちは応援したくなるし、失敗したとしても「頑張れ!」と思えます。』

 

有働先生

『「死ぬこと以外、かすり傷」という言葉を贈ります。かすり傷なら水で流せばいいし、絆創膏を貼れば治ります。ですが、傷が思ったより深くて痛いのなら人に見せてください。人を傷つけるのは人ですが、人を助けるのも人です。』

 

梅本先生

『4月以降もいます。ただ、授業以外でみんなの前に立つことがなくなるのは寂しいです。「社会と情報」を担当していたので、普通科や福祉教養コースのみなさんにも授業をしました。甲佐高校の全員に授業ができて本当によかったです。』

 

最後に、生徒会長の堅島君より先生方へ『ときには優しく、ときには厳しく接してくださった先生方、出会えたことに感謝します。』と挨拶がありました。

 

転退任される先生方、新天地でのご活躍をお祈りしております。

 

 

 

日誌 令和元年度2学期

令和2年度 2学期

ボランティア部 近隣の高齢者施設に「お年賀カード」を持参しました!

12月24日(木)に、「綾の家」(甲佐町)の方々に手作りのカード(駒や富士山が飛び出すお祝いカード)を持っていきました。12月の放課後にコツコツと作ったものです。この状況下で高齢者の方に直接お渡しすることはできませんでしたが、職員の方が代表でうけとっていただき、とても喜んでいただけました。みなさんと早くふれあえる日がくるといいです。お正月に開いて喜んでいただけるといいなぁ・・・。

 

 

日誌 令和元年度1学期

令和2年度 1学期

職員研修も進化中!

 2学期を目前にした8月25日(火)、職員研修を行いました。甲佐高校魅力化研修に始まり、ICT、適正経理、生徒理解など盛りだくさんの一日でした。

魅力化研修では、公営塾「あゆみ学舎」の立ち上げから御世話になっているプリマペンギーノの跡見様より講話とワークショップを行いました。予定では、来校いただいての研修になるはずでしたが、新型コロナ感染症対策としてリモートでの開催となりました。海士町の先進事例の紹介や、甲佐高校にあゆみ学舎ができる経緯、甲佐高校の魅力を伸長させていくためのアイデア、、、あっという間の1時間でした。

 

 次に、今春異動された葉玉先生を講師に招いて、WEBカメラやGoogleClassroomを実際に使いながら、ICT研修を行いました。新型コロナによる遠隔授業を想定するだけでなく、新しい時代に向けての授業の在り方を学びました。加甲先生との懐かしい掛け合いも見ることができて、終始笑いの絶えない時間となりました。

 

 その後、学校徴収金の適正な処理についての研修、生徒理解研修と続き、職員も様々な情報をアップデートすることができました。甲佐高生の皆さんは、新学期に向けての心構えはバッチリですか。2学期のスタートは27日(木)、始業式、服装検査、課題考査で始まります。元気に会えるのを楽しみにしています(^_^)