天草高校SSH概要とQ&A

 天草高校SSH概要図.pdf

 

■ 研究開発課題『地域の豊かな自然環境の中で多様な能力を身に付け、世界に飛躍する科学技術人材の育成』

→ この達成に向け、3つの柱(※下記参照)を立て、遠隔地での人材育成モデル校を目指して研究開発を行っています。

 

1.多様な自然環境を生かした多角的な視点を身につけるための探究活動の充実

→ SSH学校設定科目「天草サイエンスⅠ・Ⅱ・Ⅲ(通称ASⅠ・Ⅱ・Ⅲ)」を開発し、天草をテーマとした課題研究を全員が行います。

→ 科学部の研究を先行モデルと位置付け活動しています。※R01.世界大会出場!

  

 

2.自ら求め学ぶ探究心を身につけた人材の育成のための教育課程の開発及び授業改善

→ SSH合教科型学校設定科目「数科学探究Ⅰ・Ⅱ」を開発し、日常の事象を数学的に解決する力を育てる力を育てています。

→ 授業改革プロジェクトを実施し、主体的で対話的な深い学びの実践を行います。

→ 自学力育成プロジェクトを実施し、自ら学ぶ力を育てています。

 

 

3.我が国の科学技術の発展や安全に貢献できる人材の育成

→ SSH特別講演会やSSH関西研修、天高総合大学等で、研究者に学ぶ機会を設定しています。

→ 九州大学附属天草臨海実験所実習や遺伝子抽出実習等で、大学レベルの実習を行っています。

→ 国内学会や国際学会、各種発表会で研究発表を行っています。

地域との共同研究や、近隣高校との共同イベント開催、地域に向けた研究発表を行っています。

天草サイエンスアカデミーを実施し、高校生が地域の小中学生に科学の面白さを伝えるイベントを実施しています。

SSHマレーシア海外研修韓国土坪高校との合同授業といった海外研修プログラムを実施しています。

   

 

 

よくある質問に関するQ&A

Q:天草から世界へは可能ですか?

A:可能です。天草の地域課題を探究することで、世界の諸問題解決に向けた提案ができるようになります。具体的には、ASのトマトの水耕栽培の研究成果を用いれば、世界中のどの地域でも、おいしいトマトを栽培できる可能性があるといった提案をマレーシアで行いました。

Q:SSH開発教材のページに、数科学探究の解答や指導案を掲載してほしい。

A:生徒が授業で学ぶ教材であるため、解答や指導案は掲載しません。しかし、問い合わせがあった場合には、個別に解答及び指導案を送付しています。開発教材のページの下記にある問い合わせフォームより、問い合わせてください。

Q:ASクラスは特進クラスですか?

A:特進クラスではありません。文系や理系といった選択をする際に、希望者全員が選択できるクラスです。ASⅠをベースとして、より科学的な探究活動ができるといった特徴があります。