学校から

危機管理・防災に関するお知らせ

台風8号接近に伴う8月6日(火)の対応について

気象庁の予報によれば、台風8号が今後九州に接近、上陸する見込みです。

つきましては、明日(8/6)は生徒の登校、部活動は停止とします。不要、不急の外出は控えるようにしてください。なお、三年生の勉強合宿は引き続きホテル内で行います。

(一斉メール配信)

7月4日(木)の日程について

九州地方に前線が停滞し、今夜にかけて大雨の予報が出されています。

つきましては、明日も朝課外・自学は中止とします。

なお、その後の授業等の実施の有無についても本日と同様に、明日の午前6時の段階で一斉メールやホームページで連絡しますので御確認をお願いします。

7月3日(水)の休校について

気象庁から大雨の予報が出されています。

つきましては、本日7月3日(水)は休校とします。

不要、不急の外出は控え、安全を第一に考えて行動してください。

7月3日(水)の日程について

九州地方に前線が停滞し、明日にかけても大雨の予報が出されています。

つきましては、明日(7/3)の朝課外・自学は中止とします。

なお、その後の授業等の実施の有無については、明日(7/3)の午前6時の段階で一斉メールやホームページで連絡しますので御確認をお願いします。

明日(7/2)の日程について

明日(7/2)の日程について、お知らせします。
現在のところ、明日(7/2)の日程は通常通りの日程となります。
連日の大雨のため、地盤が弛んでいる箇所もあるかと思います。
安全を確認し、十分注意をして登校をお願いします。
なお、変更がある場合には、再度連絡をいたします。

台風25号接近に伴う対応について

大型で強い勢力の台風25号が東シナ海を北上してきています。つきましては、明日6日(土)は下記の対応をとりますのでよろしくお願いいたします。
                        
①1、2年生の土曜講座は中止します。
②3年生の模擬試験は、8日(月)に変更します。
③部活動等、学校への登校は13時以降は可とします。ただし、決して無理をせず、登校する場合には安全には十分注意してください。

台風24号接近に伴う対応について

非常に強い勢力の台風24号が今後九州地方に接近してくる見込みです。
つきましては、下記の対応をとりますのでよろしくお願いします。
                          
               記
①29日(土)の活動は通常通りとします。
②30日(日)は、部活動ならびに学校への登校を停止します。また、不要不急の外出は 控え、自宅で過ごすようにしてください。
③1日(月)は通常日課とします。なお、登校する際は、安全には十分に注意してから登校するようにしてください。
 
 なお、今後の台風の動き次第で、もし変更等がある場合は、再度一斉メールやホームページでお知らせします。

台風19号への対応について

非常に強い勢力の台風19号が九州の西の海上を北上する予報となっています。
(1)生徒の安全面を考慮し、明日8月22日(水)については、課外は中止、部活動も停止します。また、学校への登校も停止とします、不要、不急の外出は控えるようにしてください。
【メール配信2018.8.21 12:30】

(2)九大臨海実験場研修については延期し、8月23日(木)、24日(金)午前中に実施します。

(3)天草サイエンスアカデミーについても延期し、8月23日(木)に実施します。

1、2年生も課外が始まりました。

本日より、1、2年生も課外が始まりました。夏休みに入り、一カ月程経過しましたが、もし、お子様の様子で少しでも気になられる点などあられましたら、遠慮くなく担任まで御相談いただきますようどうぞよろしくお願いいたします。

【メール配信 2018.8.20 16:40】
ブログ

校長室よりブログ

サスティナブル(持続可能)【校長ブログ】

科学部が研究する「地球温暖化による海面上昇予測」が国内外で高い評価を受け、国立研究開発法人科学技術振興機構主催のコンクールであるSDGsアワードにおいて、次世代賞を受賞しました。自治体、企業、大学、高校が幅広く応募する大会で、高校としては全国唯一の受賞でした。
テーマである海水準の変動については3年生が学術的な研究を行い、それを引き継いだ2年生が研究を更に進め、地域社会や他校との連携、情報発信に努めていましたが、今回の受賞はこの取組が認められたものです。地球規模でのテーマであり、世界全体の課題である環境問題に関心をもち、「サスティナブル」持続可能な社会づくりに積極的に取り組む生徒を誇りに思います。学校全体としても「サスティナブル」に取り組んでいきたいと考えています。

雛鵬たちよ、今こそ飛び立て!【校長ブログ】

本日、寒い中にも緊張感があふれ、清掃がいきとどいた校舎玄関前において、センター試験出発式が開催されました。既に進路が決まっている3年生が作成した横断幕が数多く掲示され温かい雰囲気の式となりました。先生方や1・2年生、保護者の皆様にも見送っていただきました。この日に合わせ、全教職員からの寄せ書きも贈られたところです。
3年生は、明日からの試験に向けこれまで精一杯努力してきました。先生方とともに保護者の皆様、育友会の皆様に支えられ取り組んできたところです。これまでの頑張りに敬意を表するとともにセンター試験では最後の最後まで自分を信じ、力を発揮してほしいと思います。
さて、本校玄関前に架かる橋は図南橋といいます。この図南は中国の古典『荘子』にある言葉で、鵬が豊かで理想の地である南に向かって天高く羽ばたくことを意味しています。
雛鵬に例えられる本校生にとって、大きな志をもちこの図南橋を渡り向かうセンター試験は、まさに生徒一人一人の夢をかなえ、未来への扉を開き、無限の可能性につながるものです。3年生雛鵬の飛翔を祈ります。

生きる力【校長ブログ】

昨日、天草市民センターにおいて「税に関する作品等表彰式」が開催されました。
本校は租税教育講演会の開催や税に関する作文の応募など、これまでの取組が評価され租税教育推進校として、感謝状をいただきました。また、本校の1年生が税に関する作文で、天草税務署長賞を受賞しました。
表彰式の中では、本校生が代表として作文の発表を行いましたが、その内容は素晴らしいものでした。
消費税増税について、その複雑なシステムについて数学的に分析するとともに、店舗や消費者への影響を感性豊かに表現していました。情報を正確に読み取るとともに、判断の根拠や理由を明確にしながら自分の考えを述べたものでした。また、よりよい社会づくりに貢献していきたいという気持ちも込められていました。
これからの社会は、情報化、グローバル化が急速に進展し、加速度的に変化していきます。そのような中にあっても、人間ならではの感性を働かせ、よりよい社会の創り手となる力が育っているのを感じた表彰式でした。

受験シーズン到来【校長ブログ】

3年生が受験シーズンを迎えています。公務員試験やAO入試、推薦入試がはじまり、それぞれ願書の作成や小論文の練習、面接の練習等に取り組んでいるところです。

これまで一生懸命に頑張ってきた3年生だけに、十分に力を発揮してもらいたいと思います。

さて、世の中には、“求めた者だけが達成できる”という原則があります。そのためには、まず、志を高くもち、強く願望することです。将来の自分の活躍している姿がカラーでイメージ出来るくらいに強く思うことです。そして、目標達成に向けひたむきに努力することです。現実的には、来る日も来る日も地道に学習に取り組むことです。“千里の道も一歩から”、毎日の積み重ねこそ大切です。

そして、ここぞという時には、プラス発想や積極的な思考など、前向きな心の持ち方が大きく影響します。面接時には、カラーでイメージした自分の姿を自信をもって伝えて欲しいと思います。

天草高校には、新たな自分を見つけ、目標に向かい努力し、成長する環境があります。天高での学びを力に、自信をもって試験に挑んで欲しいと思います。

 

文化祭を終えて【校長ブログ】

万葉集最後の歌から引用したテーマ「春栄~いや重け吉事~」のもと、全日制・定時制力を合わせ、感性あふれる盛り上がった文化祭ができたように思います。また、文化祭には、夜空に浮かぶ中秋の名月のように、個性が際だち、若者の輝きを放ち、皆を温かくするパワーがありました。「楽しむときはとことん楽しむ」天高の伝統の中で、主体性が育っているのを感じました。

お昼には、育友会・同窓会の協力を得て3年生合格祈願餅つきを行っていただきました。さらに、文化祭の中では「夢の途中」「エール」「栄光の架け橋」「ともに」など、3年生の進路実現を応援するメッセージがあふれていました。受験シーズン本番を迎える3年生にとっては、力強い追い風を感じたことでしょう。

最後に皆で校歌を歌いましたが、校歌にあるように1・2年生は命の潮の高鳴りを感じ、3年生は希望に燃えた文化祭であったように思います。

これからも雛鵬が力強く飛翔するよう、チーム天高で応援していきたいものです。

 

3K・人生を動かす歯車【校長ブログ】

これは、ある研修会でうかがった言葉です。講師によると『 “3K”は、「きつい、きたない、きけん」ではなく、「心、言葉、行動」の3Kである。そしてこの3Kは一体で、どの歯車から回しても3つの歯車はまわり、人生を動かす。また、使わないと錆びる。潤滑油は人や集団と関わることである。』ということでした。

さて、本日、茶道部の練習におじゃましました。文化祭に向けて真剣に練習している中で、美味しいお菓子を頂戴し、お手前をいただきました。短い時間ではありましたが、お茶を点ててくれた生徒のあいさつや作法、立ち振る舞いに、凝縮された心と言葉と行動を感じました。美味しいお茶と同じように清々しい気持ちになりました。この心のこもったおもてなしやコミュニケーション力が、きっと自分や周りの人の人生を動かす歯車になるのでしょう。

 

進路検討会【校長ブログ】

8月下旬、一人一人の生徒の進路目標を把握し、各担任、教科担当者が2学期以降の学力向上、進路指導につなげることを目標に、2・3年生の進路検討会を開催しました。

2年生については、2学期から本格化する就職・進学に向けての学習のスタートに当たり、生徒たちの意識付けと教員としての情報共有に取り組みました。一人一人の生徒の良いところを伸ばし、弱点の補強など具体的なアドバイスについて確認を行ったところです。

3年生については、今年度3回目の進路検討会でした。三者面談を終え、勝負の夏を乗り越え、2学期の進路指導に反映することを目的に開催しました。

今後、受験に向けた出願書類等の作成、面接の練習、試験など受験シーズンを迎えます。この検討会をもとに一人一人の進路プランを作成し、進路実現に向けて支援していきたいと思います。

検討会に向け、3年部・進路指導部を中心に時間をかけて資料を作成していただきました。熱心に検討いただいた先生方に感謝します。

 

地域貢献3【校長ブログ】

先日開催された天草宝島起業塾において、本校は最優秀賞と優秀賞を受賞しました。

最優秀賞は「Sea Jewelry (あおさ石鹸)」です。天草の特産品である「あおさ」の効用に着目した商品開発です。しかも、これまで捨てられていた商品にならないあおさを活用しようというもので、経済的な効果も期待できます。優秀賞を受賞したのは「自然の対決でみんなを笑顔に!」です。これは、熊本から天草への移動時間が長いのを長所として捉え「クイズで対決しながら楽しむツアーの開発です。どちらも、天草の課題を解決しようという思いが込められています。また、どちらも2年生文系の生徒の取組です。1年生時に学んだASⅠの授業の「天草学連続講義」がこの研究につながっています。このように、学校全体で柔軟な視点、挑戦するスピリッツ、プレゼンテーション力がついてきているのを嬉しく思います。

 

地域貢献2【校長ブログ】

先日、「社会を明るくする運動天草市推進委員会」委員長 中村五木 様からお礼状をいただきました。本校が同運動に全校をあげて取り組んだことからです。また、同運動標語コンテストの最優秀賞として本校2年生の生徒の作品が選ばれました。

「差しのべた その手が繋ぐ 笑顔の輪(ループ)」

感性の豊かさを感じる素晴らしい作品です。

また、同大会においては、本校生徒が天草に関わる研究発表も行いました。天草についての熱い思いを伝えることができたと思います。これからも、少しでも地域貢献ができるよう取り組んでいきたいと思います。

 

地域貢献【校長ブログ】

天草の地にある天高として、天草にこだわり、天草の地域活性化に少しでも貢献できればと常に考えています。生徒達もその気持ちは同じで、地域の行事やボランティア等には積極的に参加しているところです。

先日、この地域貢献の一つとして、サイエンスアカデミーを開催しました。本校生が地域の小中学生に科学の面白さを伝えるものです。本校SSHの一環として取り組んでいます。

「せっけんづくり」、「割れないシャボン玉」、「ダイラタンシー」、2020年から小学校にも取り入れられる「プログラミング」の4講座を開講し、約120人に参加いただきました。

実験を中心に科学の面白さだけではなく、理論についても学べるよう生徒達が工夫してくれました。

この事業は募集をかけるとすぐ定員が埋まってしまう程好評で、参加者は「おもしろかった」「楽しかった」「また参加したい」とみな笑顔でした。今後も工夫を重ね、小中学生の好奇心や関心・意欲を高めることができればと考えています。

 

特集 【熊本地震 支援】