SSHボード(お知らせ等)    表示件数変更で過去の掲載情報へ ↓

2018(SSH)

令和元年度SSH『探究の「問い」を創る授業』公開授業及びロジック・スーパープレゼンテーション(課題研究成果発表会)の案内

令和元年7月25日(木)に午前・午後に分け開催します。

教育関係者、小中高校生、学生、保護者等、多くの来場をお待ちしております。

授業内容・研究発表内容等、詳細は随時、ホームページにて御案内します。

【3046:宇土】ロジック・スーパープレゼンテーション案内.pdf

【3046:宇土】ロジック・スーパープレゼンテーション・申込書.docx

 

【午前・公開授業及びSSH情報交換会】

■公開授業 探究の「問い」を創る授業

 学校設定教科「ロジック」SS探究物理・SS探究生物・探究科学・化学・探究数学等、理数系科目公開

■SSH情報交換会

【午後・ロジック・スーパープレゼンテーション】

■SS課題研究発表 :代表生徒によるステージ発表・英語

■GS課題研究発表 :代表生徒によるステージ発表・日本語

■ライトニングトーク:全課題研究ショートプレゼンテーション

■パネルディスカッション「探究活動を通して拓けた世界」

 

 

平成30年度探究の「問い」を創る授業研究会・SSH情報交換会

13:30 開会行事
□日程説明  「後 藤 裕 市 SSH研究主任」
□授業紹介  

13:55 公開授業  探究の「問い」を創る授業
SSH第Ⅱ期実践型では、探究の「問い」を創る授業を設計し、探究型授業を全教科で実施し、
生徒の主体的・対話的でかつ深い学びの充実を図ることを研究課題の1つに掲げています。

15:00 授業研究会
ポスターセッション形式で授業に関する意見交換・情報交換を実施します。授業担当者が、本時の授業または平時の授業、取組についてボードに掲示している資料を活用し、探究の「問い」を創る授業を説明します。

15:30 SSH情報交換会
SSH第Ⅱ期実践型の概要説明として、研究開発主題「未知なるものに挑むUTO-LOGICで切り拓く探究活動の実践」を進めるうえで掲げたテーマ「①探究の「問い」を創る授業」、「②探究活動」、「③社会と共創する探究」の実践について報告した後、参加者からの質問にお答えします。
□研究開発部長 「梶尾滝宏」
□SSH研究主任「後藤裕市」

平成30年度探究の「問い」を創る授業公開・SSH研究成果発表会

お知らせ 
2019年1月30日(水)探究の「問い」を創る授業 (公開授業13:55~14:45)

2019年1月31日(木)スーパープレゼンテーション
  【3046】熊本・宇土SSH研究成果発表会案内.pdf
  【3046】熊本・宇土SSH研究成果発表会・申込書.docx

ココでしか味わえない特別な宿泊研修が開始!

 【全国数ある高校の中で、ココでしか味わえない特別なプログラムが開始!】
つくばエリアにある最先端科学施設でのSSH未来体験学習「関東研修」(2泊3日)が始まりました。参加生徒は1年SSコース希望者の65名。この3日間で、科学技術立国を支える基礎研究の重要性や、先端研究の解明に励む研究者の姿勢を学び、これからのSSH課題研究の取組に生かしていきます。

 詳細はブログに随時アップしています!