中学部紹介・活動指針

  中学部紹介☆ 

中学部には、中学校に準じた学習を行う一般学級と、一人一人の障がいの状況にあわせて学習する重複障がい学級があります。障がいによる学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を身につける自立活動の学習にも取り組んでいます。また、進路学習会や職場体験等を通して、働くことの喜びや厳しさを体験する学習にも取り組んでいます。

 


  ◆在籍者数(令和元年度)◆
       1年:3人(男子2人、女子1人)一般学級2、重複障がい学級1
  2年:2人(男子2人)一般学級1、重複障がい学級1
  3年:2人(男子1、女子1人)一般学級2
  
          合計7人
  

 ☆中学部がめざす生徒の姿☆

(1)相手の気持ちや状況を考えて、周囲の人とかかわることができる生徒

(2)五感を活用して環境や状況を把握して、自分で考え、行動できる生徒

(3)夢や目標を持ち、様々な活動に主体的に取り組もうとする生徒 

 

中学部だより

中学部より

中学部だよりNo.8(8月6日号)

 1学期の中学部生徒会の活動をご紹介します。

 6月12日(金)、新入生歓迎会を行いました。生徒たちが中心となって、新入生が早く中学部生活になじめるようにと考えながら、内容等を計画、準備しました。始めに1人ずつ簡単に自己紹介をした後、「この人は誰でしょうクイズ」をしました。事前アンケートをもとに、「お菓子作りが趣味の人は誰でしょう?」などと中学部の生徒や先生たちについてのクイズを楽しみました。

 7月3日(金)、生徒総会を企画、運営しました。文化図書委員会、保健体育放送委員会、生徒会からそれぞれ今年度の活動計画を発表し、お互いの活動計画について活発に質問や意見交換が行われました。「委員会で検討して後日報告します」など、集団としての対応を学ぶ非常に有意義な機会となりました。

 生徒会の生徒たちは、コロナウイルス感染予防を念頭に置きながら、時間短縮や場の配置の工夫、活動内容の選定など一生懸命企画・運営をしていました。2学期も期待しています。

 新入生歓迎会の様子生徒総会の様子

中学部だより No.7 (5月18日号)

 中学部では、例年近隣の東町中学校と交流会を行っています。その時、東町中学校の生徒さんたちが驚かれることの一つが、点字で学習する生徒たちの教科書の厚さです。

 2年生の英語の教科書を例に取ると、一般の教科書は7ミリの厚さですが、点字の教科書は3冊で合計12センチです。点字の大きさや行の間隔などが決まっているので、これだけの厚みになるのです。

 では、3年生の英語の教科書の厚さはどうでしょうか?学年が上がると英文の量がぐんと増えます。15センチ?20センチ?答えは同じ12センチです。

厚みが変わらない理由は、点字の英語独特の「縮約語」です。これは、英語を速く読むために作られたものです。例えば、「but」は「b」、「people」は「p」で表します。ほかにも、色々なルールで単語を短く書き表すことで、1枚の紙により多くの英文を書くことができます。

 点字使用の生徒は、2年生から縮約語を学びます。正しいつづりと縮約語で書くつづりと2重に覚える大変さがありますが、読むだけでなく書く時間も短縮できるので、とても便利です。2・3年生の皆さん、毎日少しずつ練習してマスターしていきましょう!

縮約語の学習がない生徒の皆さんも、教科書やテレビ、ラジオなど身の回りの英語にたくさん触れて、楽しく勉強を続けてください。

 6月の学校再開まで2週間です。また一緒に楽しく学習できる日まで、生活リズムや体調をしっかり整えておきましょう。

(文責:中学部 渡邉幸美)

 

中学部だより No.6(5月14日号)

 ホッと一息、頭の柔軟体操です。

 

「一般的な円柱の缶コーヒーにおいて、底面の円周と缶の高さでは、どちらが長いですか?」

 

 答えは「円周の方が長い」です。これを実際に確かめるには、4本の缶を準備します。缶を3つ隙間なく並べたときの横幅と、缶の高さ(缶を横に倒して比べる)を比べると、缶3つの横幅の方が長いことが分かります。つまり、

 

 (缶の高さ)<(底面の直径)×3<(底面の直径)×(円周率)=(底面の円周)

 

となります。面白いですよね。説明を聞くと簡単ですが、これを思いつく人は本当にすごいと思います。

 コロナで自粛の日が続きますが、みなさんも身の回りの面白いことを調べたり、時には見つけることにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

文責:中学部 東川堅一

 

中学部だより No5(5月13日号)

 家庭科を担当しています、南です。私が休校になってから痛感していることは圧倒的運動不足感です。昨年までは、体育の授業にも補助として参加しており、ラジオ体操、5分間走、なわとびや球技、マット運動、持久走など、生徒と一緒に取り組んでいました。休校によって、今まで当たり前だった体育の授業がなくなり、運動する機会が減ってしまったことは、やはり心にも体にも影響しているなぁと感じました。

 そこで、自宅で、プランクと呼ばれる体感トレーニングや腹筋・背筋などの筋トレ、ラジオ体操を意識して行っています。軽く汗をかく程度のものですが、やはり運動すると気持ちがいいですね。固まった筋肉が伸びる感覚がとても好きです。プランクの持続時間が伸びると達成感が味わえます。

 「コロナ太り」という言葉も目にするようになりました。運動量が減ったなら食事の摂取量を減らせば太らない、という考え方もあるかもしれませんが、食べることが好きな私にとって、食べることを制限することはストレスなので、運動で調整をしていきたいと思う今日この頃です。

中学部だより No.4(5月11日号)

こもりがちな日々に一石を投じるべく、思いついた歴史名前遊びです。

「自分の苗字で、歴史上の人物って誰だろう ~一文字ずつ分解!~」

「ふ」…福沢諭吉、フランシスコ=ザビエル など

「な」…夏目漱石、ナポレオン など

「お」…織田信長、大久保利通 など

感動したり、意外性を感じてみたり。「これ習ったなあ」なんて懐かしい気持ちになりつつ、歴史上の人物に親近感を抱いたり、思いを馳せたりしてみてはいかがでしょうか。

文責:中学部 舩尾

中学部だより No.3

中学部だより No.3 (5月8日号)

外出自粛が長期化しているため、ストレスが溜まり、コロナ疲れに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今日は、私のおすすめの曲を紹介しようと思います。

チャイコフスキー作曲の「くるみ割り人形より 花のワルツ」という曲です。

この曲はバレエ音楽のみならず、単独のオーケストラ曲としても絶大な人気を得ています。

クラシック音楽の中で私が一番大好きな曲です。聴いているととても幸せな気持ちになれます。ぜひみなさんも聴いて音楽に癒されてみてください。  

                   中学部 坂井 鈴奈

 

 

中学部だより No.2

中学部だより No.2(5月1日号)

「みなさん、元気ですかー!元気があれば何でもできる。」

盲学校のアントニオ英紀(えいき)こと、園田英紀(そのだえいき)です。  

私から、心に残る言葉、またそれが、生きる活力になっていることをお伝えいたします。

その言葉とは「願生る」です。「願い生きる、願われ生きる」の意味をもっていて、「がんばる」と言います。私が以前、落語家露の新治(つゆのしんじ)さんの公演にて聴いた言葉です。「頑張る」は、突っ張っていつ切れてもおかしくない状態で生きづらいとのことで、願い生きる、願われ生きる自分でありたい、みなさんにもそう思い願生(がんば)ってほしいと思っています。

 今は命を大切に、自分の命、家族の命、世界の人々の命を大切に、一人一人ができる願生(がんば)りをしていきましょう。

1、2、3、ダー!

                                                          文責:中学部 園田 英紀

 

中学部便り(第一回目)

中学部の生徒の皆さんは、元気に過ごしていますか。

自宅で長期間過ごしている人たちの中で、いろいろなストレスがたまり、精神的にも肉体的にも疲れが蓄積していく「コロナ疲れ」が広がっているようです。

臨床心理学の先生によると、ストレスをためない生活をするためには、以下の2点について意識して生活すると良いそうです。

 

(1)1日の時間割を作る

・午前9時頃から1コマ45分程度とし、休み時間を15分設ける。

・1時間毎の内容は、自分で決めたり、家族の人と決めたりする。

・5教科以外の内容も取り入れる。特に、家庭科、体育は必ず1日の中で取り扱う。

・休み時間は、家族との談話、間食(おやつ)を行ってもよい。

【5教科以外の内容の例】

・体育では、ストレッチ・体操・縄跳び・散歩等

・技術・家庭科では、掃除・洗濯・ご飯作り・育児(兄弟と遊ぶ時間)等

・音楽では、曲の歌唱・鑑賞等

・美術では、粘土遊び・モノづくり等

・その他に、DVD鑑賞や読書の時間を設けても良いそうです。

 

(2)家の中で、勉強、休憩、遊びをする場所をそれぞれ決める。

・勉強をするための机、テレビを見るためのソファ、遊ぶための場所など、場所ごとの役割を自分で決めて、過ごすようにする 等

 

時間と場所のメリハリをつけて生活をすることで、ストレスがたまりにくくなるということでしょう。この長期休業中に、是非試してみてはいかがでしょうか?

(文責 中学部 澤)

 

中学部総合発表会「希望」

2月22日(金)に、中学部の総合的な学習の時間「希望」の発表会を行いました。

発表テーマは以下の2つでした。

・「熊本と世界~4つの国の食べ物について~」(重複障がい学級)

・「熊本と世界~イギリスと韓国にズームイン~」(一般学級)

生徒達は今年度「熊本と世界」をテーマに取り組んできた内容を整理し、気付きや発見、それぞれの考え等をまとめて発表しました。重複障がい学級の発表は、それぞれが得意なことや自立活動で取り組んできたことを活かし、ピアノ演奏や見本合わせなど実演を交えながら行いました。一般学級の発表は、アンケート結果をもとにした考察や参観者参加型のクイズなどの工夫を凝らした内容で行いました。

参加いただいた保護者や校長先生、寄宿舎の指導員の方々、ありがとうございました。

 

 重複障がい学級の発表の様子 一般学級の発表の様子

修学旅行に行ってきました

1018日(木)~1019日(金)の2日間、福岡方面へ修学旅行に行ってきました。

公共交通機関(新幹線、地下鉄)を利用したり、グループに分かれて博多座や劇団四季で観劇したり、九州国立博物館で体験的な学習をしたりと、とても有意義な体験ができました。

生徒達は、日常ではなかなか経験することのない活動に胸を躍らせながら、分からないところを尋ねたり自分からいろいろなものを触ったりして、意欲的に学ぶことができました。


ひよこ本舗吉野堂での工場見学 九州国立博物館での体験学習
ホテルでの出発式 大宰府天満宮、手水所でのお清め