ご挨拶

 

 

ご挨拶                          
    人高新時代 ~BYH・3つの力・笑いあふれる学校~ 
                               熊本県立人吉高等学校長 光永幸生

 

 人吉高校のホームページにようこそ!2年目となりました校長の光永です。


 人吉高校は、今年創立96年目を迎える伝統校であり、これまで約38,000名の卒業生が、地元はもとより全国各地や、海外でも活躍しておられます。本校は人吉・球磨の中心となる進学の拠点校として、地域から大きな期待を寄せられている学校です。
 生徒たちは、創立40周年式典で制定された「礼節・勤労・進取」の三綱領の精神をもとに、そのよき伝統を受け継ぎ、自覚とプライドをもった学校生活を送っています。そして、生徒たちへの激励の意味も込めて「磨き 鍛えん 青春の志高く」というスローガンを平成13年に校舎第一棟壁面に掲げ、人高生の指標としました。

 

 今年の3月の進路状況を見ますと、生徒一人一人の進路目標実現に向けて取り組んだ結果、国公立大学では東京大学(2年連続)の合格者を輩出したほか、医学部医学科(熊本大学、鹿児島大学)や北海道大学、九州大学など、計83名が合格しました。また、難関である早稲田大学、青山学院大学、同志社大学、立命館大学をはじめとして、私立大学は計178名が合格しました。公務員においても17名が合格するなど、素晴らしい成果を挙げましたH31.3卒進路状況

 

 部活動でも、6つの部(山岳部、カヌー部、陸上競技部、書道部、放送技術研究部、吹奏楽部)で全国レベルの大会へ進出したり、10以上の部で九州大会、県下上位レベルで活躍しています。

 

 平成31年度は、授業改革を中心に、総合的な探究の時間「BYH(Broaden Your Horizons)プログラム」や、オーストラリア語学研修はじめとするグローバル教育プログラム、ICTスマホによる新しい教育活動の研究を行っていきます。また、55年ぶりに名称を復活させた体育祭や、文化祭の2日開催など、学校行事もグレ―ドアップし、「楽しく学び、笑いあふれる」学校を目指します。
 それらをとおして、人高生がつけるべき3つの力「知識・技能・体験力」「論理的思考力」「アート力」の定着を目指し、来る100周年(令和5年度)へ向けて邁進します。そして、生徒が“行ってよかった”、保護者が“行かせてよかった”という学校を目指して、生徒・職員が一体となって挑戦していきます。

 

 未来を見つめる人吉高校の進化にどうぞご注目ください!