校長  平田 浩一

熊本県立天草高等学校長の平田浩一です。本日は、本校ホームページをご覧いただきありがとうございます。

  本校は、明治29年熊本県尋常中学済々黌天草分黌として創設され、今年で125年を迎える歴史と伝統のある学校で、これまでにも政界、経済界、教育界をはじめとする各界に多くの人材を輩出しています。本校の校訓である三綱領「正大 剛健 寛厚」は、大正8年に創立の志をもとに作られました。正大は「正しく、清々しくあれ」、剛健は「心身ともに強く、逞しくあれ」、寛厚は「心広く、優しくあれ」と説明しますが、正しさは強さと逞しさになり、強さと逞しさは優しさに繫がるものと考えます。近年、教育スローガン「求學志成(求めて学べば志はなる)」を掲げ、天高SI(スクールアイデンティティー)、雛鵬プロジェクトと銘打った教育活動を展開し、高い志と希望を持って主体的に勉学に励むことのできる生徒の育成に取り組み、大学進学、部活動にもその成果が着実に現れています。

  さらに平成29年度から、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け、「サイエンスの宝島『天草』から世界へ」を合い言葉に、地域の豊かな自然環境の中で多様な能力を身に付け、世界に飛躍する科学技術人材の育成を目指して、種々の取組をスタートさせました。研究テーマは天草にこだわりながらも、活動フィールドは国内外の大学・企業と連携して進めており、学校全体として未知の問題にも果敢に挑戦し学び続けるスピリッツと行動力をもった生徒が育っています。

 また、定時制においても、進学・就職や定時制通信制体育大会・文化大会等において顕著な実績を残しており、天草地域における学びと成長の場として躍進しているところです。

 さて、本校の正門にある橋は「図南(となん)橋」といい、校歌の1番では生徒を雛鵬に例えて歌います。本校の使命は、地域を支えるだけでなく情報化、グローバル化がさらに進み変化の激しい社会にあっても、将来にわたり主体的に考え行動し、よりよい人生と社会の創り手となる生徒の育成にあると考えます。今後も、「来て良かった(生徒) やって良かった(保護者) 勤めて良かった(職員) あって良かった(地域)」学校を目指して、新たな一歩を踏み出していきたいと思います。

                令和2年4月1日 熊本県立天草高等学校校長 平田 浩一