お知らせ
各科紹介
玉名工業高校では5つの学科があり、優れた施設、最適な環境の中でそれぞれ専門的な知識や技能を身につけています。
本校は5年連続、ジュニアマイスター取得の全国の認定者上位校に入っています。
(ジュニアマイスターについては最下部にて詳細を説明しています)


機械科紹介
kikai

 機械科では機械全般の設計・製図・加工・組み立て・検査等に必要な知識・技術を習得します。また、技術革新に伴う新技術の習得を目指し、パソコンによるアプリケーションソフトの操作習得・シーケンス制御実習・言語学習・数値制御・工作機械実習などを行ないます。あらゆる分野での機械関係の業務の必要性から、就職先は多岐に渡りますが、主に自動車関係・電子部品・金属加工・航空・鉄鋼・情報技術関係などです。

機械科詳細ページへ(旧ホームページへ)




電気科紹介

denki
 電気科では電気・電子・情報・制御の全分野のハードウェア・ソフトウェアを広く学び、エレクトロニクス技術者として国内外に飛躍する、自主性・想像性豊かな人材の育成を目標としています。また、第3種電気主任技術者の学校認定を経済産業省から受けており、授業・実習・設備等において認定基準にあったものになっています。

電気科詳細ページへ(旧ホームページへ)



電子科紹介
densi

 電子科では電子技術に関する基礎的・基本的な知識や技術を習得し、技術者として電子工業及びそれに関連する諸分野に従事するために必要な能力と態度を育てることを目標としています。併せて、情報化社会に対応するために、コンピュータ、パソコン制御、ファクトリーオートメーション(FAシステム)、CAD、情報通信など幅広い先端分野の実習を行い、技術の変化に対応できる人材の育成を目指しています。

電子科詳細ページへ(旧ホームページへ)



工業化学科紹介

kagaku2
 化学の知識と技術は、水や大気の分析、資源のリサイクルなど地球環境を守るためになくてはならないものです。また化学工業は新素材などの新しい物質を作り出して、社会の発展に貢献する工業です。工業化学科では、化学と工業の基礎・基本を授業や実習を通して身につけ、最新の機器やコンピュータを活用できる能力を養い、資格を取得して将来の工業技術者を育成することを目標としています。

工業化学科詳細ページへ(旧ホームページへ)



土木科紹介
doboku

 土木科では、近年の土木業界における技術の進歩や新工法の開発に即応できる生徒の育成を目標に教育活動を展開しています。情報技術教育において最新コンピュータやAutoCADシステムの導入、専門教育と実習では各種教育新鋭機器や新設備の設置、さらには「インターンシップ」の実施等、多岐にわたる教育内容の先取化に取り組んでいます。その他、在学中に国家試験や各種検定試験の取得を目指した受験指導にも積極的に取り組んでいます。土木科では、これからの「日本を担う若い技術者の育成」を今後の教育使命として大きく掲げています

土木科詳細ページへ(旧ホームページへ)



ジュニアマイスターとは・・・全国工業高等学校長協会が実施している顕彰制度で、高校在学中に取得した資格試験を得点化し、合計得点が30
点以上をジュニアマイスター・シルバー、45点以上の特に優れた者にジュニアマイスター・ゴールドの称号が与えられます。

ジュニアマイスターに関する詳しい情報は全国工業高等学校長協会ホームページをご覧ください